峠 の 茶屋。 『鷹ヶ峰から氷室の里へ 京見峠茶屋が店仕舞いなんて聞いてませんよ』今出川・北大路・北野(京都)の旅行記・ブログ by koumeさん【フォートラベル】

味処 峠茶屋

峠 の 茶屋

国道246号線沿い、横浜市青葉区との境にある交差点名「峠茶屋前」。 交差点からあたりを見回してみても、茶屋どころかカフェすら見当たらない。 前回に引き続きエージェントTが調べた。 ここは大山街道とも呼ばれ、古くは大山詣りで賑わったであろう通り。 大山詣りに向かう人々の疲れを癒す、有名な茶屋でもあったのだろうか。 宮前警察署に聞くと、「現在コンビニの場所に昔ドライブインがあって、そこから名付けられたようだと聞いている。 1973(昭和48)年に信号機がついたので、その時に交差点名も一緒に付けられたかと」。 交差点名は地域住民に案を募るらしい。 なお直接コンビニに足を運び聞いてみたが、情報はつかめず。 しかし駐車場の一角に「皆川園」という植木屋の看板が。 こちらに直接話を聞いた。 話を聞かせてくれたのは、社長の皆川善康さん(65)。 戦前から続く植木屋の三代目。 コンビニに土地建物を貸していて、古くは植木畑だったという。 そこに善康さんの祖母にあたる故ムツエさんが、パンや牛乳を売る小さな店舗を構えた。 そして善康さんが小学生の頃に母のキミエさんが、ドライブインを開いた。 「たぶん、東京から初めての大型車を停められるドライブインだったんじゃないかな。 繁盛していた覚えがあるよ」と善康さん。 交差点名はちょうどそのころに付けられ、「え?茶屋ってうちの事かと大層驚いた」と、笑いながら話してくれた。 インターネット上などでも数々の不思議の声が上がっている「峠茶屋前」。 「ドライブイン前」でも良かったのではと思いつつ、今では綺麗に整備された道にも眠る歴史の深さと、粋な名前を付けた計らいに感心させられた一件だった。

次の

峠の茶屋

峠 の 茶屋

からを登りつめたところ。 前方奥には下った先のが見える。 峠(とうげ)とは、を登りつめてそこから下りになる場所。 山脈越えの道が通る最も標高が高い地点。 なお、峠の片側にのみ大きな高低差があってもう一方の側が平坦に近いものを 片峠という。 日本での片峠の代表的な事例としてはがある。 峠は、で あるいは とも書き、「たお」「とう」「たわ」「たわげ」などと呼ぶ地方があり、地名などにも見られる(安ケ乢など)。 用語では 乗越(のっこし)、または単に 越(こえ、こし)などとも言い、山嶺・道に着目した場合は 鞍部(あんぶ)、 窓、 コル(col)とも言う。 かつて峠はクニ境であり、その先は異郷の地であった。 そのため、峠は、これから先の無事を祈り、帰り着いた時の無事を感謝する場所でもあったことから、を設けている所が多い。 この祠は、異郷の地から悪いものが入り込まないためのの役割も果たしていたと考えられる。 本来の意味から転じて、何らかの物の勢いが最も盛んな時期のことを峠という。 峠のは「手向け(たむけ)」で、旅行者が安全を祈ってに手向けた場所の意味と言われている。 「」という文字はにで会意で形成された()である。 異説として北陸から東北に掛けた日本海側の古老 [ ]の言い伝えがある。 「たお」は湾曲を意味していた。 稜線は峰と峰をつなぐ湾曲線を描いており、このことから稜線を、古くは「たお」と呼んでいたと言う。 「とうげ」とは、「たお」を越える場所を指し、「たおごえ」から、「とうげ」と変化した。 従って、稜線越えの道が無い所は、峠とは呼ばないのが本来である。 或いは実が沢山なって枝が湾曲する状態を「たわわ」と言うようになったと説明している。 なお、では、「嶺」(は 岭)という字で峠の地形を表す事が多い。 例えば、のある「」や、の公開時の題名『 啊! 野麥岭』などがある。 また、「山口」と表記する例もある。 では、アリランゴゲのように、コゲ( )という言葉で峠を表すほか、 재(ジェ)を用いている地名も多い。 コゲは単独でもよく使われるが、ジェは主に複合語で接尾詞的に現れる。 の( 치、チ)と嶺( 령、リョン)も使い、特に峙は漢字音としては珍しく読み方が2つあり、漢字は同じでもなどでは読み方が異なる。 ドライブコースとしての峠 [ ] 自動車等のドライブコースとして呼称される「峠」とは、必ずしも上記のような限定的な意味ではなく、山間部にある道路において峠を含むの区間全体を指すことが多い。 「峠攻め」などの言葉がある。 日本国外でも、近年「touge」として使用されている。 道路幅が狭く多数の急カーブや急勾配がある峠道は夜になると「」や「峠族」と呼ばれる()が出没することもあり、や暴走行為が地域のとなることも多い。 世界の主な峠 [ ] アジア [ ]• ( 壽峠、壽𡶛、壽卡) のとの間、南迴公路()に「 寿峠」という日本統治時代の名残の地名がある。 台湾のにある地名。 台湾のにある地名。 (アリランコゲ) 元来『』という中に出てくるの峠であったが、同曲に因み各地の峠に命名される。 ベトナムの南北を隔てる峠。 ここを境に気候、人間の性格、食事の味付けまでも変わるとまで言われている。 を使っていた頃のベトナムでは、峠のことを「」(山へんに条)と書いた。 のにある地名。 日本 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

峠 の 茶屋

おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の