スペイン 風邪 日本 死者。 スペイン風邪(スペインかぜ)とは

神戸新聞NEXT|総合|100年前のスペイン風邪 神戸新聞が伝える惨状

スペイン 風邪 日本 死者

新型コロナウイルス禍がパンデミックの模様を呈している()。 パニックや流言飛語も相次いでいる。 しかしこのようなパンデミックは、20世紀を含め過去に何度も起こり、そして人類はその都度パンデミックを乗り越えてきた。 今次の新型コロナウイルス禍への対策と教訓として、私たちは人類が遭遇した過去のパンデミックから学び取れることは余りにも多いのではないか? 本稿は、20世紀最悪のパンデミックとされ、世界中で2000万人~4500万人が死亡し、日本国内でも約45万人が死亡した 「スペイン風邪」を取り上げる。 そして日本の流行状況と公的機関の対策を追い、現在のパンデミックに抗する教訓を歴史から得んとするものである。 速水(左)、内務省(右) ・100年前のパンデミック「スペイン風邪」とはなにか 1918年から1920年までの約2年間、新型ウイルスによるパンデミックが起こり、当時の世界人口の3割に当たる5億人が感染。 そのうち2000万人~4500万人が死亡したのがスペイン風邪である。 現在の研究では、そのウイルスはH1N1型と特定されている。 スペイン風邪の発生は、今から遡ること約百年前。 1918年春。 アメリカ・カンザス州にあるファンストン陸軍基地の兵営からだとされる(速水,38)。 当時は第一次世界大戦の真っ最中で、ドイツ帝国は無制限潜水艦作戦によって中立国だったアメリカの商船を撃沈するに至った。 このドイツの粗暴な振る舞いがアメリカの参戦を促し、アメリカは欧州に大規模な派遣軍を送ることになる。 アメリカの軍隊から発生したとされるスペイン風邪は、 こうしてアメリカ軍の欧州派遣によって世界中にばら撒かれることになった。 当時のパンデミックは、航空機ではなく船舶による人の移動によって、軍隊が駐屯する都市や農村から、その地の民間人に広まっていった。 ちなみに、アメリカから発生したのになぜスペイン風邪という呼称なのか。 それは第一次大戦当時、スペインが欧州の中で数少ない中立国であったため、戦時報道管制の外にあったからだ。 そのためこの新型ウイルスの感染と惨状が、戦時報道管制から自由なスペイン電として世界に発信されたからである。 スペインでは800万人がスペイン風邪に感染。 国王アルフォンソ13世や政府関係者も感染した。 日本では当初「スペインで奇病流行」と報道された(速水,49)。 ・「スペイン風邪」、日本に上陸 日本でスペイン風邪が確認されたのは、1918年、当時日本が統治中であった台湾に巡業した力士団のうち3人の力士が肺炎等によって死亡した事が契機である。 そののち、同年5月になると、横須賀軍港に停泊中の軍艦に患者が発生し、横須賀市内、横浜市へと広がった(速水,328)。 当時、 日本の報道でのスペイン風邪の俗称は「流行性感冒」である。 速水によれば、日本に於けるスペイン風邪流行は「前流行」と「後流行」の二波に別れるという。 「前流行」は1918年の感染拡大。 「後流行」は1919年の感染拡大である。 どちらも同じH1N1型のウイルスが原因であったが、現在の研究では「後流行」の方が致死率が高く、この二つの流行の間にウイルスに変異が生じた可能性もあるという。 ともあれ、このスペイン風邪によって、 最終的に当時の日本内地の総人口約5600万人のうち、0. 8%強に当たる45万人が死亡した。 当時、日本は台湾と朝鮮等を統治していたので、 日本統治下全体での死者は0. 96%という(速水,426. 以下、図表参照)。 1945年、東京大空襲による犠牲者は10万人。 日露戦争による戦死者約9万人を考えるとき、この数字が如何に巨大なものかが分かるだろう。 単純にこの死亡率を現在の日本に当てはめると、120万人が死ぬ計算になる。 これは大阪市の人口の約半分にあたる。 筆者制作 ・「スペイン風邪」の凄惨な被害~一村全滅事例も 「前流行」と「後流行」の二波による日本でのスペイン風邪の大流行は、各地で凄惨な被害をもたらした。 以下速水より。 *適宜筆者で追記や現代語訳にしている。 福井県九頭竜川上流の山間部では、 「感冒の為一村全滅」という見出しで、面谷(おもだに)集落では人口約1000人中、970人までが罹患し、すでに70人の死亡者を出し、70人が瀕死の状態である旨報道されている。 出典:速水,146 (1919年)2月3日の東京朝日新聞は、東京の状況を「感冒猛烈 最近二週間に府下(当時は東京府)で1300の死亡」という見出しのもと、警視庁の担当者談として「今度の感冒は至って質が悪く発病後直肺炎を併発するので死亡者は著しく増加し(中略)先月11日から20日までに流行性感冒で死んだ人は289名、肺炎を併発して死んだ人は417名に達し(後略)」と報道している。 各病院は満杯となり、新たな「入院は皆お断り」の始末であった。 出典:速水,161 (岩手県)盛岡市を襲った流行性感冒は、 市内の各商店、工業を休業に追いやり、多数の児童の欠席を見たため、学校の休校を招いた。 (1919年11月)5日には厨川(くりかわ)小学校で2名の死者を出し、さらに6日の(岩手日報)紙面は「罹患者2万を超ゆ 各方面の打撃激甚なり 全市困惑の極みに達す」との見出し 出典:速水,168 神戸には、夢野と春日野の二箇所に火葬場があったが、それぞれ100体以上の死体が運ばれ、 処理能力を超えてしまい、棺桶が放置されるありさまとなった。 出典:速水,128 など、日本を襲ったスペイン風邪の猛威は、列島を均等に席巻し、各地にむごたらしい被害をもたらした。 とりわけ重工業地帯で人口稠密であった京都・大阪・神戸の近畿三都の被害(死亡率)は東京のそれを超えていたという。 だが、上記引用を読む限り、大都市部であろうが農村部であろうが、スペイン風邪の被害は「平等」に降りかかっているように思える。 ・「スペイン風邪」に当時の政府や自治体はどう対処したのか さて、肝心なのは当時のパンデミックに日本政府や自治体がどう対応したかである。 結論から言えば、様々な対処を行ったが、根本的には無策だった。 なぜならスペイン風邪の病原体であるH1N1型ウイルスは、当時の光学顕微鏡で見ることが出来なかったからだ。 人類がウイルスを観測できる電子顕微鏡を開発したのは1930年代。 実際にこのスペイン風邪のウイルスを分離することに成功したのは、流行が終わって十五年が過ぎた1935年の出来事であった。 つまり当時の人類や日本政府は、スペイン風邪の原因を特定する技術を持たなかった。 当時の研究者や医師らは、このパンデミックの原因を「細菌」だと考えていたが、実際にはウイルスであった。 当時の人類は、まだウイルスに対し全くの無力だったのである。 それでも、政府や自治体が手をこまねいたわけではない。 今度は内務省を中心に当時のパンデミックに対し、公的機関がどう対処していくのかを見てみよう。 大正8年(1919年)1月、内務省衛生局は一般向けに「流行性感冒予防心得」を出し、一般民衆にスペイン風邪への対処を大々的に呼びかけている。 驚くべきことに、スペイン風邪の原因がウイルスであることすら掴めなかった当時の人々の、未知なる伝染病への対処は、現代の新型コロナ禍における一般的な対処・予防法と驚くほど酷似している。 以下、内務省から抜粋したものをまとめた。 *適宜筆者で追記や現代語訳にしている。 ・はやりかぜはどうして伝染するか はやりかぜは主に人から人に伝染する病気である。 かぜ引いた人が咳やくしゃみをすると眼にも見えないほど細かな泡沫が3、4尺(約1メートル)周囲に吹き飛ばされ、それを吸い込んだものはこの病にかかる。 ・(はやりかぜに)かからぬには 1. 病人または病人らしい者、咳する者に近寄ってはならぬ 2. たくさん人の集まっているところに立ち入るな 3. 人の集まっている場所、電車、汽車などの内では必ず呼吸保護器(*マスクの事)をかけ、それでなくば鼻、口を「ハンカチ」手ぬぐいなどで軽く覆いなさい ・(はやりかぜに)かかったなら 1. かぜをひいたなと思ったらすぐに寝床に潜り込み医師を呼べ 2. 病人の部屋はなるべく別にし、看護人の他はその部屋に入れてはならぬ 3. 治ったと思っても医師の許しがあるまで外に出るな (内務省,143-144) 部分的に認識違いはあるが、 基本的には「マスク着用」「患者の隔離」など現在の新型コロナ禍に対する対処法と同様の認識を当時の政府が持っていたことが分かる。 そして内務省は警察を通じて、全国でこの手の「衛生講話会」を劇場、寄席、理髪店、銭湯などで上演し、大衆に予防の徹底を呼び掛けている。 またマスク励行のポスターを刷り、全国に配布した。 マスクの無料配布も一部行われたというが、現在の新型コロナ禍と全く似ていて、マスクの生産が需要に追い付かなかったという。 ただ失敗だったのは、内務省が推進した予防接種である。 病原体がウイルスであることすら知らない当時の医学は、スペイン風邪の予防に苦肉の策として北里研究所などが開発した予防薬を注射させる方針を採り、接種群と未接種群との間で死亡率の乖離を指摘しているが、これは現代の医学から考えれば全くの無意味な政策であった。 だが、当時の技術ではそれが限界だった。 ・100年前も全面休校 休校イメージ、フォトAC 各自治体の動きはどうだったか。 とりわけ被害が激甚だった神戸市では、市内の幼稚園、小学校、中学校等の全面休校を決めた(速水,198)。 1919年には愛媛県が県として「予防心得」を出した。 人ごみに出ない、マスクを着用する、うがいの励行、身体弱者はとりわけ注意することなど、おおむね内務省の「流行性感冒予防心得」を踏襲した内容である。 学校の休校や人ごみの禁忌など、これまた現在の状態と重複する部分が多い。 そしてこれもまた現在と同じように、各地での集会、興行、力士の巡業、活劇などは続々中止か、または閉鎖されていった。 このようにして、日本各地で猛威を振るったスペイン風邪は、1920年が過ぎると自然に鎮静化した。 なぜか?それは内務省や自治体の方針が有効だったから、というよりも、スペイン風邪を引き起こしたH1N1型ウイルスが、 日本の隅々にまで拡大し、もはやそれ以上感染が拡大する限界を迎えたからだ。 そしてスペイン風邪にかかり、生き残った人々が免疫抗体を獲得したからである。 つまり、 スペイン風邪は突然の嵐のように世界と日本を襲い、そして自然に去っていったというのが実際のところなのである。 残念ながらヒト・モノが航空機という、船舶よりも何十倍も速い速度で移動できるようになった現在、新型ウイルスの伝播の速度はスペイン風邪当時とは比較にならないだろう。 だが100年前のパンデミックと違うところは、私たちの医学は驚くべきほど進化し、そして当時、その原因すらわからなかったウイルスを、私たちは直接観察することが出来、なんであれば人工的にウイルスすら制作できる技術力を保有しているという点だ。 このような状況を鑑みると、100年前のパンデミックと現在。 採るべき方針はあまり変わらないように思える。 すなわちウイルスの猛威に対しては防衛的な姿勢を貫き、じっと私たちの免疫がウイルスに打ち勝つのを待つ。 実際にスペイン風邪はそのようにして終息し、日本は内地45万人の死者を出しながら、パンデミックを乗り越えている。 ウイルスの存在すら知らなかった当時と違って、現在の私達の社会におけるパンデミックは、伝播速度の違いはあれど集落が全滅したり、火葬場が満杯になったりするという地獄絵図には向かいにくいのではないか、というのが正直な感想である。 ・100年前もデマや流言飛語 満員電車イメージ、フォトAC 最後に、スペイン風邪当時の日本で起こったデマや流言飛語の事例を紹介する。 現在ですらも、「57度から60度近いお湯を飲めば予防になる」などの根拠なき民間信仰が闊歩しているが、人間の恐怖の心理は時代を超えて共通しており、当時も様々な混乱が起こった。 とりわけ医学的には無意味な神頼みは尋常ではなく、例えば現在の兵庫県神戸市須磨区にある多井畑(たいはた)厄除八幡宮では、神戸新聞の報道として、「善男善女で…非常な賑わいを呈し 兵庫電鉄は朝のほどから鮓(すし)詰めの客を乗せて月見山停車場に美しい女も職工さんも爺さんも婆さんも十把ひとからげに吐き出す」(速水,198)で、駅から神社まではさらに二キロ程度の山道で、社務所が用意した護符は飛ぶように売れた(速水,同)という。 人ごみを避けろ、と言っておきながら満員電車はOKというダブルスタンダードまで、現在の日本の状況と何ら変わらない。 日本に於けるスペイン風邪の大流行から、私たちは時代を超えた共通項を見出すことが出来る。 そして人間の心理は、100年を経てもあまり進歩がない、という側面をもさらけ出しているように思える。 どうあれ、私たちはスペイン風邪を乗り越えていま生きている。 デマや流言飛語に惑わされず、私たちは常に過去から学び、 「スペイン風邪から100年」という節目に現出したパンデミックに泰然自若として対応すべきではないか。

次の

スペイン風邪は第二波の感染が酷かった?過去のパンデミックから学ぶこととは?

スペイン 風邪 日本 死者

・初めて公開された新型コロナウイルスCOVID-19の画像。 なぜ100年前の日本人は新型インフルエンザであまり死亡しなかったのか 1918年から流行が始まった新型インフルエンザのパンデミックだったスペインかぜは、世界人口の3分の1が感染したとされています。 そして、2005年のアメリカの研究においては、最大で 1億人以上が亡くなったとされています。 感染率や致死率は国や地域により差があったのですが、 「致死率がとても低い国」には、日本が含まれていました。 日本にはスペインかぜについてのかなり正確な統計が残っていて、致死率については、統計上の問題なのか、数値に幅がありますけれど、 日本でのスペインかぜでの致死率は、 0. 2300万人が感染して、38万人が亡くなるというのは、確かに大きな厄災ですが、それでも、致死率の点からだけでは、世界平均より極端に低いのです。 感染率そのものは特に低いわけではなく、当時の日本国民の 4割くらいがスペインかぜに感染したと思われますが、しかし、 死者が少なかったということは「重症化する人が少なかった」ということだと言えます。 私はこの、 なぜ日本の致死率は極端に低かったのか ということについて以前から考えていましたけれど、「過去のことだし、別にいいや」と、最近はどうでもよくなっていたのですが(おいおい)、最近の新型コロナウイルスの流行の中で、また考えるようになりました。 インフルエンザにしてもコロナウイルスにしても、高齢者や基礎疾患のある人の重症化とは別に、一般の元気な方々が重症化する原因として、 「 サイトカインという物質が過剰に放出される」 ということがあります。 サイトカインとは体内にあるタンパク質のことで、これが悪い物質であるわけではなく、病原体に感染した際などに免疫機能としての反応を起こしてくれる物質であり、病原体を排除するインターフェロンなどの放出させることで、病原体を速やかに排除させるという意味で重要な物質です。 しかし、風邪などを引いた時に身体に起きることなどを考えれば、病原体に対しての身体の反応は、悪寒だったり嘔吐だったり、倦怠感、頭痛、発熱であったりと、苦痛を伴う反応が多いものです。 それがあまりに進行すると、身体の危険度も高まることになってしまいます。 このように、 サイトカインの「過剰な放出」により、症状が激しくなってしまうことがあるのです。 それが重症化に結びついてしまう。 若くて病気のない元気な人が重症化する場合、 「免疫反応によりサイトカインが過剰に放出し、結果として、免疫系が自分を守るのではなく、自分を攻撃するものとなってしまう」ことにより、悪化してしまうという場合があるのです。 スペインかぜでは、亡くなった人たちの多くが若い世代でしたが、それは普通のインフルエンザと違う(普通は乳幼児や高齢者の死亡率が高くなります)状況でした。 その理由のひとつに、サイトカインの過剰な放出(サイトカインストーム)があったのではないかという推測はあります。 また、2009年の新型インフルエンザのパンデミックでも若い世代の死亡率が高かったのですが、サイトカインストームが理由であった可能性があります。 そして、現在流行している新型コロナウイルスでも、このようなサイトカインストームが起きる可能性はあると思われます。 そういう意味では「感染しないように気をつける」ということは大事なことなのかもしれないですが、しかし、新型コロナウイルスの場合、これだけ感染力が強い上に、エアロゾル感染の可能性も高くなっている中で、「感染しないようにする」という完璧な手段は存在しないと思われるわけで、それよりも、 「重症化しないためにはどうするべきか」 ということを考えたほうがいいのかなと思っていました。 それで、1918年のスペインかぜで、日本人の致死率がとても低かった理由は、 おそらくは、当時の多くの日本人には「サイトカインの過剰な放出」があまり起きていなかったのではないかと考えていたのです。 そうしましたら、最近、アメリカ国立衛生研究所のライブラリーで、以下のふたつの医学論文を見つけました。 論文の表現はどちらも難しいものですが、ごく簡単に理解したところでは、 「フコイダンはサイトカインの発現パターンを変化させ、肺炎の症状を抑制する」 というようなもののようです。 つまり「 重症化を防ぐ」と。 どうやら、ワカメとかモズクとかメカブとかに含まれるフコイダンには、ウイルス感染時に、サイトカインの過剰な放出を抑制して、症状を鎮める作用があるようなのです。 さらに、2014年の科学記事で、以下のようなものを見つけました。 アメリカの代替医療やホメオパシーなどの研究が専門の科学者のページです。 ・ (紅藻エキスはエボラ、HIV、SARS、C型肝炎と戦う) 「紅藻」というのは、たくさんの種類がある海藻のカテゴリーですが、食用としてわかりやすいものとしては「岩のり」とか「テングサ(寒天やところてんの材料)」、あるいはフノリなどで、日本人にはそれほど特別なものではありません。 この記事の中で注目したのは、2006年に、 アメリカ保健福祉省が、この紅藻から抽出させる成分を「特許申請した」ことが記されていたことでした。 国の機関が岩のりの成分を特許申請しているのです。 この「 米国特許 」を見てみますと、 紅藻から抽出された成分に、抗 RNA ウイルス作用があることが書かれています。 インフルエンザウイルスもコロナウイルスも RNA ウイルスですが、 そのようなウイルスに感染にしくくなると書かれているのです。 特許の説明の中には、「ニュージーランドの海で採取された紅藻から抽出されたグリフィスシンという成分を投与した後」として、以下の文章がありました。 メカブやモズクなどの海藻に含まれるフコイダンは、サイトカインを抑制して症状を和らげ、岩のりとかトコロテンなどのグリフィスシンという成分は、ウイルス感染そのものを抑制する。 これをまとめていて、自分でも、 「ホンマかいな」 と思いました。 「メカブとかトコロテンがそんなスーパーな食べ物なのかよ」 などと、他の資料などを見ていたのですが、ふと見た「マップ」を眺めていて、 「あ」 と驚いたことがありました。 スペインかぜの死者数の都道府県別の比較を見てみると まず、以下の図は、東京都健康安全研究センターの「」という資料にある 「 スペインかぜの都道府県別の月別死亡者数」です。 資料では、全期間のマップが載せられていますが、表示が小さくなってしまいますので、わかりやすい部分として、日本で最もスペインかぜの感染が激しかった、 ・1918年11月 ・1920年02月 のスペインかぜの死亡者数のマップです。 茶色が濃くなるほど死亡率が高く、緑は死亡率が低いことを示します。 実際のマップに県名は書かれていませんが、特に死亡率が「低い」都道府県を書き込ませていただいています。 2018年11月と1920年2月のスペインかぜの都道府県別の死者数 ・ 一回目の流行の時には、山形や宮城、山梨などが死亡率が大変に低く、そして、二回目の流行では、青森などの東北と、石川や福井などの死亡率がとても低いのですが、この二回目のスペインかぜの流行期だった 1920年2月のこの分布図と、 「とてもよく似た傾向のあるマップ」を見つけたのです。 それは、下のマップです。 ・ 二回目のスペインかぜの流行時に、著しく死者が少なかった県の色がとても濃くなっていますが、これは何の分布を示す図だと思われますか? 実はこれは、 ワカメの消費量上位5位 1位 岩手県 2位 静岡県 3位 秋田県 4位 宮城県 5位 福井県 () 海藻の消費量と、スペインかぜの死者数の率がわりと「逆相関」でリンクしているのです。 もちろん全部がそうではないですが、全体として、海藻の消費が多い県のスペインかぜでの致死率が低く、海藻の消費の少ない県はその逆となっている傾向はかなりあります。 スペインかぜは 100年前ですので、今とは消費量は変わっているかもしれないですが、都道府県別の比較としての傾向はそんなに変わっていないのではないかなと思います。 なお、さきほどのスペインかぜの死亡者数の都都道府県別の比較で最も注目すべき県は、実は、 「沖縄県」 です。 沖縄はスペインかぜの一回目の大流行の際も、二回目の大流行の際も、どちらも薄い緑であり、つまり、スペインかぜの流行期間の全体において、沖縄では死者は少なかったといえそうなのです。 つまりは、「 沖縄では重症者が少なかった」といえるかと思います。 そして、沖縄で独占的に生産されているもののひとつは「 もずく」なんですね。 他の県の順位を示す必要がないほどなんです。 1位 沖縄県 生産量 15,336トン 日本での生産の 99. もずくは先ほどの論文でご紹介しましたように、サイトカインを抑制するフコイダンを豊富に含んでいる食品です。 もずくの「消費量」の分布のほうはデータが見当たらなく、正確にはわからないのですが、しかし、これだけ生産している沖縄で消費量が低いとも考えられず、また、スペインかぜの流行した 100年前は、現在のような全国規模の流通がそれほど発達していなかったと思われますので、むしろ、 当時の沖縄の人は、今よりもずくをよく食べていたのではないかと考えられます。 最近は周囲にあまり沖縄料理屋さんがないですので、あまり行かなくなりましたが、かつてはよく沖縄料理屋さんに行っていました。 以前住んでいた東京の西荻窪という街には、沖縄料理屋さんがたくさんあったんです。 それで知ったのですが、私たちのもずくの食べ方は、三杯酢とかそういう食べ方ばかりですが、沖縄料理では、天ぷらにするんです。 もずくの天ぷらは沖縄のソウルフードとさえ言われています。 ですので「食べる量が違う」。 三杯酢などのもずくをどんぶり一杯食べるのは難しいですが、天ぷらだと、食べるもずくの量そのものがとても多いのですね。 沖縄では昔からそのような食べ方をしていたと思いますので、たくさんもずくを食べていたんだと思います。 その結果として、沖縄の多くの人たちは「 フコイダン大量摂取人」ということになり、新型インフルエンザのような重篤な感染症でも重症化する率が低かったのだろうと推測します。 沖縄も、今は昔とは食生活が変わったでしょうけれど、そういう食文化だったことが、先ほどのような「スペインかぜの低い死亡率」に結びついたのだろうなと。 まあ、この海藻消費量のマップの比較だけで、どうこう言うつもりはないですが、先ほどのフコイダンに関しての2つの論文や、アメリカ保健福祉省の「紅藻」の成分に関しての特許取得などを見ましても、少なくとも、 「海藻を食べることは感染症の流行の時期に悪いことはない」 と思います。 なお、世界で海藻を日常的に食べる国は、日本と韓国くらいだと思いますが、そうです( 742万人が感染し 14万人が死亡)。 致死率 0. ちなみに、私はめかぶとかワカメとか大好きなんですけれど、日常的に食べ始めたのは、東京に出てきてしばらく経ってからでした。 私は北海道出身ですけれど、何となく北海道は海藻類をたくさん食べているような雰囲気があるかもしれないですけど、 「全然食べない」 のです。 少なくとも、私が子どもや少年のときには、ダシをとる昆布以外では見ることもなかったですからね。 実際、今でもデータを見ますと、北海道では昆布の消費は全国 38位、ワカメの消費に至っては、全国 44位でした。 今でも北海道では海藻はあまり食べられていないようです。 なお、今回の海藻のことを調べていたのは、この数日なんですが、調べた後に、子どもに、 「 2日に 1度はメカブかモズクを食べるように。 買っておきますから」 と言いつけるほどにもなっています。 幸い、子どもはメカブが好きですので大丈夫でしょうけれど。 ただ、スペインかぜの時の状況を見ましても、日本では「感染率が下がっているわけではない」ですので、 フコイダンの効果は、サイトカインの抑制で重症化を防ぐことにあると思われ、感染の予防とは関係ないようです。 感染そのものの抑制効果に関しては、アメリカ保健福祉省が特許をとった紅藻がいいのでしょうね。 紅藻に関しては、に紅藻類の一覧と説明があります。 食用としては、以下のようなものがあるらしいですが、知らないものも多いです。 食用の紅藻 ・イワノリ ・トサカノリ ・イギス ・エゴノリ ・ギクンナンソウ ・フノリ ・テングサ 新型ウイルスどうのこうのということではなくとも、風邪や感染性胃腸炎などの今のような感染症が流行しやすい時期に海藻類をよく食べるのは悪いことではないと思います。 なお、フコイダンや紅藻などの医学的研究が、日本よりも、むしろ西欧で活発な理由は、西欧では海藻を食べる習慣がまったくないからだと思います。 なので、あちらの国ではサプリメントなどにして服用するしかないようなのです。 フコイダンのサプリメントは存在しますが、私たち日本人は素直に海藻からとればいいのだと思います。 恵まれた食習慣だと実感します。 1918年のスペインかぜで日本の致死率が著しく低かった理由を探っているうちに突き当たった「抗ウイルス策あるいはサイトカインストーム防御策」。 それは海藻とフコイダンに INDEEP ********** 引用ここまで ********** 確か昨日の閣議でも今、日本でコロナウイルスは流行していると言えるのかそうでないのかといったどうでもいいような内容が話し合われたなんて報道もあったようですが、こんな全く感染拡大の抑制に何ら意味のない話し合いをするような政府などあてにせず、意味のない外出をできるだけ避けせっせとぬるぬる海藻をよく食べて重症化を防ぎましょう。

次の

よく昔はスペイン風邪、香港風邪、ソ連風邪で多くの死者を出している...

スペイン 風邪 日本 死者

スペインかぜ( スペイン風邪、: Spanish Flu influenza )は、(7年)-(9年)に世界各国で極めて多くの死者を出したによるの俗称である。 時にであったためがされていなかったでの流行が大きく報じられたことに由来する(スペインが発生源という訳ではない)。 1918年パンデミックとも呼ばれる。 1月から12月までに世界中で5億人が感染した とされ、これは当時の世界人口の4分の1程度に相当する。 その中にはの孤島やの人々も含まれた。 死者数は1,700万人 から5000万人との推計が多く、1億人に達した可能性も指摘されるなど人類史上最悪の感染症の1つである。 ではパンデミックの最初の年にが約12歳低下した。 近年の研究により、スペインかぜはインフルエンザウイルスによるものと判明した。 H1N1によるは、スペインかぜと の2回である。 概要 [ ] 中の士気維持のため、、、、での病状や死亡の初期報告はにより最小限に抑えられた。 一方で中立国における伝染病の影響は自由に報道され 、の重病を初めとする多数の記事はスペインが特に大きな被害を受けたという誤った印象を生み出した。 ここから「スペインかぜ」という呼称が広まった。 しかし歴史的・疫学的データは、地理的起源を確実に特定するには不十分であり 、その起源には諸説ある(後述)。 ほとんどのの流行では、死者がとに偏り、その中間の年齢層の生存率は高いが、スペインかぜでは若年成人の死亡率がその他のインフルエンザと比較して高かった。 科学者たちは、1918年のインフルエンザ大流行の死亡率の高さについて、いくつかの可能性のある説明を提示している。 いくつかの分析は、がを引き起こし、強い致死性を得ることを示している(サイトカインストーム)。 サイトカインストームは、若年成人の強い免疫システムを破壊する。 これとは対照的に、パンデミック期以降の医学誌に対する2007年の分析では、スペインかぜのウイルス感染は、以前のインフルエンザ株よりも攻撃的ではなかったことが判明した。 その代わり、栄養失調、過密な医療キャンプや病院、劣悪な衛生状態が、細菌性の重複感染を促進していた。 ほとんどの犠牲者は、この重複感染が死因であり、重篤期間はやや長期化することが多かった。 表記 [ ] PSIカテゴリー スペインかぜと表記されることが多いが 、などでは スペインインフルエンザと表記する。 スパニッシュインフルエンザ(英語のSpanish Fluより)と表記されることもある。 当時の日本では(インフルエンザの総称である)「 流行性感冒(かんぼう)」とも表記された。 起源 [ ] スペインかぜ(1918年パンデミック)の起源については諸説あるが、いずれも仮説の域を出ていない。 フランス [ ] ウイルス学者 ()は、1918年パンデミックの起源を第一次世界大戦中フランスの ()に存在した大規模なイギリス陸軍の駐屯地と推定している。 オックスフォードの研究によれば、エタプル駐屯地では1916年末にスペインかぜと症状が類似する致死率の高い新種の病気が流行し 、その後1917年3月にはイギリス本土のにある陸軍の兵営でも同様の流行が発生しており 、イギリス軍の病理学者はのちにエタプルおよびオールダーショットで流行した病気が1918年のスペインかぜと同一のものであったと結論づけている。 オックスフォードはエタプル駐屯地について、常に約10万人の兵士が密集した状態で存在しただけでなく、敷地内に大規模なの飼育所があり、周辺の市場から生きたや、が持ち込まれていたなど、呼吸器系ウイルスが流行するためには理想的な環境であったと指摘している。 北米 [ ] アメリカ合衆国は複数の研究者によってスペインかぜの起源と考えられている。 歴史学者は1918年パンデミックがアメリカのに起源を持つと述べている。 同様に、 ()はカンザス州ので1918年1月に発生した病気の流行がスペインかぜの起源であるとしている。 CDC は、アメリカではとに既にインフルエンザと肺炎による死亡率の急増が見られていたと指摘する一方で、この現象と1918年パンデミックとの関連性は不明としており、パンデミックの地理的な発生源を特定するには歴史的・疫学的なデータが不足していると述べている。 他に、ののがのブタに感染したとの推定もある。 中国 [ ] のウイルス研究者クロード・アヌーン Claude Hannoun は1993年、スペインかぜのウイルスは中国からもたらされた可能性が高いと主張した。 アヌーンは、中国に由来するウイルスがアメリカのボストン近郊で変異したのち、フランスのに渡ってヨーロッパ全域に広まり、その後の兵士を主な媒介者として全世界に広まったとの見解を示した。 歴史家マーク・ハンフリーズ Mark Humphries は、第一次世界大戦中イギリス・フランス軍後方での作業に約9万6000人の中国人労働者が動員されたことが1918年パンデミックを引き起こした可能性があると述べている。 ハンフリーズによれば、1917年11月に中国北部で流行した呼吸器系の病気はのちに中国当局者によってスペインかぜと同一のものと確認されている。 進化生物学者マイケル・ウォロビー Michael Worobey が中心となった研究チームは2019年、スペインかぜの中国人労働者起源説に対する反証を示した。 ウォロビーらは、ヨーロッパに渡った中国人労働者の間でインフルエンザの症例が報告された時期は同地点の他の集団に対して遅れているなどの理由を挙げ、彼らが最初の感染源であった可能性は低いと指摘した。 近年のコンピューター解析によって、1918年型インフルエンザウイルスのが頃に発生したことが判明している。 経緯 [ ] 起源に諸説あることから、必然的に経緯も諸説ある。 以下は諸説の1例に過ぎないと考えるべきである。 スペインかぜは、記録にある限り人類が遭遇した最初のインフルエンザの大流行()である。 第1波は1918年3月にアメリカのや付近などで最初の流行があり 、のヨーロッパ進軍と共にを渡り、5月から6月にで流行した。 第2波は1918年秋にほぼ世界中で同時に起こり、がさらに強まり重篤なを起こし死者が急増した。 第3波は1919年春から秋にかけて、第2波と同じくで流行した。 さらに、最初に・の感染者が多く、してしまったため、感染被害が拡大した。 この経緯を教訓とし、の際にはを医療従事者に優先接種することとなった。 世界規模で猛威を振るったスペインかぜであるが、世界規模に広がったことにより、死者も甚大になった一方で、生き残った人はを獲得して、を形成することによって、感染者の減少へと繋がって収束した。 被害状況 [ ] マスクをつけるの女性たち。 当時の世界人口は18億人から20億人と推定されている。 世界全体の推定死者数は1700万人から1億人と幅がある。 アメリカでも50万人が死亡したとされる。 これらの数値はのみならずやなどすべてのの死因の中でも、最も多くのヒトを短期間でに至らしめた記録的なものである。 日本 [ ] 日本では4月、当時にて巡業していたなどの力士3人が謎の感染症で急死。 同年5月のでは高熱などにより全休する力士が続出したため、世間では「相撲風邪」や「力士風邪」と呼んでいた。 その後、1918年10月に大流行が始まり、世界各地で「スパニッシュ・インフルエンザ」が流行していること や、国内でも多くの患者が発生していることが報じられた。 第1回の大流行が10月から3月、第2回が12月から3月、第3回が12月から3月にかけてである。 当時の人口5500万人に対し約2380万人が感染したとされる。 第1回の患者数・死亡者数が最も多い。 第2回では患者数が減少する一方、致死率は上昇している。 第3回の患者数・死亡者数は比較的少数であった。 日本におけるスペインインフルエンザの被害 流行 患者 死者 1918(大正7)年8月-1919(大正8)年7月 2116万8398人 25万7363人 1. は死亡者を約45万人(肺結核、気管支炎等が死因とされていた者を含む) と推計している。 特徴 [ ] スペインかぜはH1N1型が原因とほぼ特定されているにもかかわらず、他のインフルエンザ流行とは異なる特徴がいくつか見られる。 ただし、第1次世界大戦中の流行であり、当時の記録には様々な混乱要素が含まれ得ることを考慮する必要がある。 被害者の年齢層 [ ] 若年成人が死に至りやすい傾向が見られた。 一般にインフルエンザの犠牲者は乳幼児(0—2歳)、高齢者(70歳以上)、者に集中することから、これはスペインかぜの際立った特徴と考えられる。 65歳未満の死亡率は65歳以上の6倍であった。 日本の記録でも同様の傾向が見られた。 若年成人の死亡率の高さについては、スペインかぜのウイルスが引き起こすが若年成人の強い免疫システムを破壊する ことが原因の一説として挙げられている。 妊婦の死亡率が特に高い ことも若年成人の死亡率を高くした要因と見られる。 また、実際にはスペインかぜのほとんどの犠牲者が栄養失調、過密な医療キャンプや病院、劣悪な衛生状態による細菌性のを死因としているとの指摘もあり 、第一次世界大戦による過酷な兵役、軍需産業への動員が若年成人の死亡率を引き上げた可能性もある。 高齢者の死亡率の低さについては、この時代の高齢者は頃に流行した「ロシアかぜ」で免疫を獲得していたのではないかとの説もある。 流行時期 [ ] 夏から秋にかけて大流行した。 一般のインフルエンザの流行ピークは冬季である。 病原体 [ ] 患者の遺体から見つかったゲノムより復元されたスペインかぜウイルス スペインかぜの病原体は、()である。 ただし、当時はまだウイルスの分離技術が十分には確立されておらず、またであるやに対しては病原性を示さなかったことから、その病原体の正体は不明であった。 ヒトのの病原性については、にを用いた実験で証明された。 その後、スペインかぜ流行時に採取された患者中にこの時分離されたウイルスに対するが存在することが判明したため、この頃に流行していたものと類似のインフルエンザウイルスがスペインかぜの病原体であると考えられた。 その後、8月にアメリカ合衆国のより発掘された4遺体から組織検体が採取され、ウイルスが分離されたことによって、ようやくスペインかぜの病原体の正体が明らかとなった。 これにより、H1N1亜型であったことと、ウイルスに由来するものであったことが証明された。 よってスペインかぜは、それまでヒトに感染しなかった鳥インフルエンザウイルスがし、受容体がヒトに感染する形に変化するようになったものと考えられている。 つまり、当時の人々にとっては全く新しい感染症()であり、ヒトがスペインかぜに対するを持っていなかったことが、の原因になった。 スペインかぜについては、ゲノム解読された遺伝子からウイルスを復元したところ、マウスに壊死性の、出血を伴う中程度から重度の、を引き起こすことが判明した。 このような強い病原性は、ウイルス表面にあるHA(、)が原因である。 また、スペインかぜウイルスは、現在のインフルエンザウイルスよりも30倍も早く増殖する能力を持つことが分かっている(増殖を司る3つのによる)。 通常の流行では小児と老人で死者が多いが、スペインかぜでは若年成人層の死者が多かった点に関して、5月に ()はウイルスによって引き起こされるが原因 であるという仮説を提唱したが、これに反対する説もある。 一方1月に、とが、人工合成したウイルスを用いてで実験した結果では、スペインかぜウイルスには強い致死性のと反応の調節に異常を起こす病原性があることを発表している。 12月に、のなど日米の研究者グループによって、強い病原性を説明する3つの遺伝子を特定したことが発表された。 画像 [ ]• 西班牙流行性感冒を、当時のが西班牙 感冒 ( かぜ )と読ませたからとする出典もある。 病院の1918年のには、病名が流行性感冒と記されていた。 誤解される場合も多いが、は病名ではなくインフルエンザを含む病気の総称としての風邪症候群である。 よって、病名においてこの「かぜ」という名称を使うべきでないと主張する研究者もおり、議論されている [ ]• 2009年7月のでは、のCeder Rapids Swine Festivalを流行の起源としているが、当時豚インフルエンザ様の疾患が豚に大流行していたとの記録からの類推に過ぎない。 かぜのほうが古い記録であるという説もあるが、確証されていない。 第一次世界大戦:戦死者900万、非戦闘員死者1000万、負傷者2200万人。 : 戦死者1500万、軍人負傷者2500万、一般市民の死者数3800万。 控えめな推定。 ただし第一次世界大戦の戦死者には戦闘活動以外による死亡者が多く占め、スペインかぜによる戦病死も含まれていることから、スペインかぜの死亡者と第一次大戦の戦死者には重複がある。 サイトカインストーム説の出所はF・マクファーレン・バーネットの免疫過剰反応説である。 スペイン風邪の第2波でRNAのPB2の627番目がに変わって強毒性となったという。 第1波のアミノ酸が何であったかは不明である。 出典 [ ]• Emerging Infectious Diseases 12 1 : 15—22. January 2006. Spreeuwenberg Dec 1, 2018. 187 12 : 2561—2567. World Health, Organization. 9 December 2005. Jilani, TN; Jamil, RT; Siddiqui, AH 14 December 2019. flu. gov. 2016年3月31日閲覧。 2016年3月31日閲覧。 demog. berkeley. edu. 2016年3月31日閲覧。 2015年11月17日時点のよりアーカイブ。 2020年3月25日閲覧。 3-8, :。 , p. 171. MacCallum, W. 1919. JAMA: The Journal of the American Medical Association 72 10 : 720—723. Hirsch, Edwin F. ; McKinney, Marion 1919. Journal of Infectious Diseases 24 6 : 594—617. The Journal of Infectious Diseases 196 11 : 1717—1718; author reply 1718—1719. December 2007. The Journal of Infectious Diseases 195 7 : 1018—1028. April 2007. , 2007 Full Text of the Initial Report outlining PSI , , USA• 『』 改訂32版2刷(2004年1月)での表記• 厚生科学審議会 2003年11月26日. 2009年12月25日時点のよりアーカイブ。 2020年4月3日閲覧。 2006年11月. 2020年4月3日閲覧。 これまで一般に、スペインかぜと表記してきたものについて、スペインインフルエンザと表記• 国立感染症研究所感染症情報センター. 2020年4月3日閲覧。 内務省衛生局発行 『流行性感冒』 1921年• 『史上最悪のインフルエンザ』 p. 404• 『史上最悪のインフルエンザ』 p. 404• (「YOMIURI ONLINE」2005年5月17日)• 2009年4月20日時点のよりアーカイブ。 2020年4月13日閲覧。 2001年12月29日. 2020年4月15日閲覧。 Connor, Steve 2000年1月8日. The Guardian UK. 2009年5月9日閲覧。 Vaccine 23 7 : 940—945. January 2005. の12 March 2020時点におけるアーカイブ。 2020年3月12日閲覧。. Crosby, Alfred W. 2003. 2nd ed. Cambridge University Press. Journal of Translational Medicine 2 1 : 3. January 2004. 2009年2月18日時点のよりアーカイブ。 2020年4月9日閲覧。 日本の新型インフルエンザ対策に関する検討小委員会(2003年)における委員の説明(厚生科学審議会)。 同資料が述べているのはswine fluと言う英語の起源が豚と人のインフルエンザの同時流行から『当時の人が』人のインフルエンザは豚起源であると考えての命名(という推定)であり、「豚から人に感染した」とは推定していない。 Hannoun, Claude 1993. 8-069-A-10. La Grippe Espagnole de 1918• War in History 21 1 : 55—81. Vergano, Dan 2014年1月24日. の2014年1月26日時点におけるアーカイブ。 2016年11月4日閲覧。 財団法人 労働科学研究所. 2009年12月31日時点のよりアーカイブ。 2020年2月9日閲覧。 国立感染研究所 感染症情報センター• 毎日新聞 2020年5月15日. 2020年5月17日閲覧。 読売1918. 25「世界的感冒 到る処猖獗を極む」。 岡田晴恵、速水融、立川昭二、田代眞人 強毒性新型インフルエンザの脅威 p. 32 2009増補新版第1刷• 『「スペイン風邪」大流行の記録』平凡社東洋文庫、2008年、p. 104。 国会デジタルライブラリー『流行性感冒』。 速水融、日本を襲ったスペイン・インフルエンザ p. 234-9、2006• L, Simonsen 1998年7月. The Journal of infectious diseases. 2020年3月29日閲覧。 www. tokyo-eiken. 2020年3月29日閲覧。 Ms, Payne 2014年11月27日. Frontiers in immunology. 2020年3月29日閲覧。 Hanssen, Olav. 1923. 66 s. ill. Haukeland sykehus. Med. avd. Arb. 2 Klaus Hanssens fond. Skr. Osterholm, Michael T. 2005. New England Journal of Medicine 352 18 : 1839—1842. プレスリリース , 、, 2007年1月18日 , 2020年4月3日閲覧。 AFP. 2008年12月30日. 2020年4月3日閲覧。 参考文献 [ ]• Emerging Infectious Diseases 12 1 : 15—22. January 2006. ジョン・バリー『グレート・インフルエンザ』平澤正夫訳、共同通信社、2005年3月。 原著「 The Great Influenza Feb. , 2004」-ブッシュ大統領の2008年夏の読書3冊としてアメリカで有名である。 アルフレッド・W・クロスビー『史上最悪のインフルエンザーー忘れられたパンデミック【新装版】』西村秀和訳、みすず書房、2009年1月7日。 原著「 AMERICA'S FORGOTTEN PANDEMIC 1989」-出版局・日本語版序文は2003年5月• ピート・デイヴィス『四千万人を殺した戦慄のインフルエンザの正体を追う』高橋健次訳、文藝春秋〈文春文庫〉、2007年(原著1999年)。 『流行性感冒 「スペイン風邪」大流行の記録』衛生局編、平凡社〈〉、2008年9月。 - 大正期の克明な調査報告書。 Niall Johnson: Britain and the 1918-19 Influenza Pandemic: A Dark Epilogue. Routledge, London and New York 2006. , really bigger. Need to be translate. 関連項目 [ ]• - スペインかぜと同じH1N1亜型。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (インフルエンザ情報サービス)- 中外製薬• 新型コロナウィルス感染拡大に際して過去のスペイン風邪の記事等の紹介.

次の