宝塚 朝美 絢。 朝美絢・宝塚月組時代をざっくりレビュー

雪組・朝美絢(あさみじゅん)さんのトップへの道は?

宝塚 朝美 絢

微妙かな…と思います。 今回のポスターでも彩凪さんの後ろに来ており、抜けていないことは確実でしょう。 トップにと考えているならば、劇団としては専科に送るなり退団させるなりして彩凪さんをどかしてもいい頃のはずです。 また、ここまでの扱いでおきながら、彩凪さんが一本もののワンスで退団するとも思えませんし、仮に望海さんと同時退団にしても、ここまできたら彩凪さんに最後に花を持たせないでしょうか。 彩風さんの代になって朝美さんが三番手を一度も経験せずにいきなり二番手になるほど扱いが強いとも思えず、微妙としか言えないです。 ちなみに原作映画は存じ上げないのですが、キャロルはキーパーソン的な存在と聞きました。 しかしながら、宝塚仕様で設定が変わっていることとスター制度を考えた場合、キーパーソンほど大きな扱いは受けないことが予想されます。 そうしないと真彩さんの立場がなくなってしまいますしね。 外部のるろ剣を見て気付きましたが、小池先生は宝塚のスターランクにはかなり気を遣って脚本を作られる先生だと思いました。 難しいと思います。 今回の女役は汚れ役に近いです。 夫のいる身でありながら複数人の男性を相手にする、妻のいる男性の情婦になる、本命ではない、強姦されるという役どころです。 またどの期からも最低一人はトップもしくはトップ娘を出すという不文律があるため、 同じ期のなかからトップになれる人材というのは限られています。 すでに95期は娘役3人、男役2人がトップとなり、月組の月城かなとさんが二番手になりおそらくトップになられるでしょう。 これ以上は難しいとおもいますし、すでに前例がない事態です。 ほかの95期には桜木さんがおられますが彼女は現在三番手、朝美さんより先を走っています。 非常に厳しいところかと思われます。 あーさファンはトップになるならない、番手にとらわれず贔屓を応援する、という覚悟を決められたほうがよい時期蚊と思います。 正直なところ、微妙な気がします。 本来ならばトップ娘役が演じておかしくないような役、「エリザベート」エリザベート、「風と共に去りぬ」スカーレット、「王家に捧ぐ歌」アイーダなどでしたらこの先明るくなったと思いますが、それとは違うようですし。 「ガイズ」のアデレイドのように、新人公演でこの先トップ娘役になるような方が演じていたら、いい方向かもしれません。 ストーリーを詳しく知らないのですが、今回のキャロルという役は、映画版ではセックスシンボルといわれた女優さんが演じているようです。 路線娘役が演じるにはちょっと躊躇われるのではないかという印象。 そのために男役の朝美さんになった、とも思われます。 これが早霧さんトップ時だとしたら、妖艶な女性がお似合いだった大湖さんが演じていたと思われる役かな。 そう考えると・・・微妙というところです。

次の

朝美絢さんの娘役について。宝塚雪組次回作で朝美絢さん娘役なんで...

宝塚 朝美 絢

朝美ジャッキーが見たい 男役が娘役、は路線の登竜門 大劇場千秋楽が終わった「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」で、朝美絢さんは男役ジェンヌでありながらキャロルという女性を演じています。 男役さんが女性を演じる事は珍しい事ではなく、むしろ路線スターの登竜門といった印象です。 娘役がバッチリだった朝美絢 朝美さんがもう、美人で美人で、そして張りのある非常に美しい歌声で。 で・・・頭に中でパンと「ジャッキーが似合いそうだな」と浮かびました。 キャロルの、ちょっと気の強そうな雰囲気がまた、ジャッキーにピッタリ。 ジャッキーについて このブログを読んでくださる方のほとんどがご存知だとは思いますが、ジャッキーは「ミー・アンド・マイガール(ミーマイ)」に出てくる女性。 いかに自分がラクして、お金の心配なく楽しく生きていくかばかりを考えている、若く美しいお嬢様です。 歌うのがまた「自分の事だけ考えて」なんてタイトルだったりするんですね。 ここまで徹底してると何か、アッパレです。 で、このアッパレお嬢様を何人もの路線男役ジェンヌさんが演じてまして、後にトップになった方も複数います。 歴代のジャッキー(一部抜粋) 1995年月組 真琴つばささん(71期) 2008年月組 明日海りおさん(89期)、 龍真咲さん(87期) 2009年花組 朝夏まなとさん(88期)、 壮一帆さん(82期) 2013年月組 凪七瑠海さん(89期)、美弥るりかさん(89期) 2016年花組 鳳月杏さん(92期)、 柚香光さん(95期) 太字は、後にトップスターになったジェンヌさん。 明日海ジャッキーが素晴らしくかわいい 私は楽天TVのタカラヅカ・オン・デマンドプレミアムで真琴つばさん、明日海りおさんのジャッキーを見ました。 明日海さんのジャッキーはもう、さいっこーーーにかわいいです。 ずっと自宅に飾っておきたい、そんなかわいさ。 しかも歌もバッチリ!声までさいっこーーーにかわいいです。 朝美ジャッキーも素晴らしいに違いない 朝美絢さんも素晴らしく美しく、そして歌上手!少々小柄に感じるところもまた、女性としては良さそう。 明日海ジャッキーは階段降りの際、真っ白なウェディングドレス姿でした。 すばらしくかわいらしかった!あの姿を朝美絢さんがしたらどれほどに美しいか、妄想するだけでご飯がすすみます。 実現は困難 ミーマイは、月組と花組でしか公演していません。 現在の在籍が雪組である事や、学年を考えても、今後朝美さんがジャッキーを演じる事はまずない事はわかっています。 あくまで妄想ですのでよろしくお願いいたします。 おまけ ちなみに朝美さんは2009年~17年まで月組に在籍していました。 なので2013年の月組ミーマイで何かしらの役をやっていたと思うのですが、ネットで調べても確認出来ませんでした。 追記:コメントよりご指摘いただき、朝美さんはバウ公演『月雲(つきぐも)の皇子(みこ)』 -衣通姫(そとおりひめ)伝説より- に、大長谷皇子(おおはつせのみこ)として出演していたためミーマイには出演していない事を知りました。 教えてくださりありがとうございいます。 心より御礼申し上げますとともに、ここに追記させていただきます。 ちなみに2013年月組ミーマイのビル(トップ)は龍真咲さん、サリー(トップ娘)は愛希れいかさん。 愛希さんは朝美さんと同じ95期です。

次の

【雪組】朝美絢のファーストフォトブックLABO

宝塚 朝美 絢

一応大学院から入学許可は出たものの、本当に夏から学期がスタートするのかはあやしいですねえ。 とはいえ、ウイルスの完全な殲滅を短期間で成し遂げるのが不可能なのは明白なので、ワクチンの完成を待ちながらどうやって共存していくかを考えていかなければいけないんでしょう。 賢い人たちがんばって。 日本は全然期待できないけどフランス政府は超応援してます。 というわけで、ということもないですが、最近は宝塚のことばっかり考えています。 仕事が暇すぎて、好きな宝塚ブログ5年分一気読みがブームです。 そのときどきの人事への反応や劇評など、当時の雰囲気を窺い知れてたいへんおもしろいところ。 わたしは誰が好きかと言えば、でも触れた通り真彩希帆さんと朝美絢さん。 真彩さんの退団公演せっかくチケット取れたのに公演スケジュール組み直しじゃあね…まあ組み直し自体は素晴らしいことと思いますもちろん。 ブログを通して彼女たちの歩みに感慨深くなってしまったので、勝手にまとめておきたいと思います。 本日は朝美さん。 略歴(勝手に抜粋) 2009年 95期生として入団 2012年 『ワード8世-王冠を賭けた恋-』新人公演メンス(本役:珠城りょう) 『』新人公演マーキューシオ(本役:美弥るりか) 2013年 『月雲の皇子』大長谷皇子 2014年 『TAKARAZUKA 花詩集100!! 』新人公演で役(一部) 『PUCK』新人公演パック(本役:)初主演 2015年 『A-EN ARTHUR VERSION』バウW主演 『舞音-MANON-』新人公演シャルル・ド・デュラン(本役:)主演 2017年 『グランドホテル』エリック・リトナウアー/ラファエラ・オッタニオ(暁千星と役替わり) 2017年 に組替え(月城かなととトレード) 『路』ルイ・アントワーヌ・ド・ 2018年 『妖狐夢幻桜』ヨシツネ バウ単独初主演 『ファントム』アラン・ショレ/フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵(彩凪翔と役替わり) 2020年 『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』キャロル 堅実に注目されていた若手時代 当時のブログを読む限り、若手時代から印象に残る役者さんだったようです。 一番早い時期に言及されていたのがワード8世のメンス役。 やはり美貌が際立っていたということと、大きな目で語る演技にも注目されていたよう。 観劇の感想にもちょくちょく言及されるようになり、礼真琴、柚香光、月城かなとに続く4人目の95期新公主演として期待されていたようです。 そう、知らなかったけど、主演は桜木みなとさんより早かったんですね(単に公演順の問題だとは思いますが)。 ちなみに月城さんまで主演されていた時点ですでに朝美さん、桜木さん、水美さんも頭角を現していたようで、娘役トップも2人。 このときの95期の時代がくるぞ感、すごかったでしょうね。 PUCKとA-ENの好評、舞音でダメ押し 満を持してのPUCK主演。 これが演目の妙もあり、朝美さんはじめキャストにぴったりはまり、とても好評だったようです。 "本公演超え"と評されているブログ多し。 まあ写真で見るだけでも美しすぎてびっくりしますもんね。 明日海りおさんも妖精の似合う男役さんでしたが、彼女がまさに的な昭和麗し系作画なのに対し、朝美さんはデジタル線のぱっきり作画だと思います。 続くA-EN。 暁さんとWとはいえバウ初主演。 こちらも彼女の持ち味にぴったりはまる作品でした。 THEジャニーズ。 当時の暁さんの爆上げぶりを見れば、で(あからさまに)飛び越される可能性もなかったことはないと思うのです。 そして、2回目、スタンダードな男役主演経験を、ということでラスト新公で舞音。 輝月さん待望論もあったようで、輝月さんも好きな私としては残念な思いもありつつ、やはり主演1回と2回では結構差があることもあり、この2回目が彼女の立場を固めてくれたのだと思います。 へ組替え 珠城りょうトップのもと3番手かと思いきや、異動で4番目へ。 トレード相手の月城さんが朝美さんよりも御曹司だったのもあって、当時かなり心配されたようです。 暁さんという爆上げ下級生の突き上げから逃れられたのかといえば、にも同じポジションの永久輝さんがいるというね。 実力面でいえば、暁さんはダンス以外は結構心配されていたのに対し、永久輝さんの評価は上々。 暁さんの上に(朝美さんより強い)月城さんを置いてゆっくり育成し、永久輝さんはさくっと上げようみたいな構想があったんでしょうかね。 知らんけど。 当たり役 がしかし蓋を開けてみれば、としての大劇場デビュー作『路』役で大当たり。 私も映像で鑑賞しましたが、いやー終始美しい朝美さんにくぎ付けでした。 そりゃ評判も上がろうというもの。 完全にですが、朝美さんは華やかな狂気の似合う美貌だなあと思います。 月城さんは静かな忍耐が似合う。 歌唱力の向上も言われていますね。 一説によるとショーも含めこれらの厚遇は「組替えご褒美」であり、どこまでできるのか試されていたとも言えるのかもしれません。 とすれば、朝美さんは期待以上の結果を出したわけですね。 あとから振り返っても、あのが転換点の一つだったよねとなりそうな気がします。 順風満帆と思いきや女役? それからも永久輝せあを2番手に従えてのバウ単独初主演、ファントムでの彩凪翔との役替わり、おいしい役(そして全て好評)と乗りに乗っていた彼女。 昨夏のFNSでの話題沸騰も記憶に新しいところです。 写真集増刷とかね。 が、最新作『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』でキャロルというまさかの女役。 結構な衝撃をもって受け入れられたようです。 私もびっくりしました。 ポスターの彼女、美しすぎると。 確かに、男役11年目でいっそう成熟させていこうというときに女役かよ!というのももっともだと思います。 ただ、演目が完全に望海さん(・真彩さん)ありきの原作つきだったことを思えば、キャロル以上に比重の大きい男役を作るのも難しかったでしょう。 さすがに彩凪さんにまた女役やらせるわけにもいきませんしね。 レ等のグッズまでキャロルなのはなんでだろうと思いますが。 結果その輝く美貌と歌唱力の向上を世に知らしめたわけですから、吉と出たのではないでしょうか。 もちろん凶と出た可能性だってあったわけで、その天秤をしっかりいいほうに傾かせた朝美さんの努力たるやすごいですね。 依怙贔屓とはちょっと違うのですが、美しくないものは美しくないとはっきり区別してしまうような厳しさを感じます。 それを態度に出したり、ましてや人に対して差別的な取り扱いをしたりする人だとは全く思いませんよ、念のため。 朝美さん自身はあんまり見た目のことばっかり言われたくないかもしれないけど、その抜きんでた美貌が強力な武器なのは間違いないし、それで誰かの心の特別な位置を占めるって素敵なことだなあと思うのですよ。 お二人が朝美さんの面倒を見ている図を想像すると、一般人は到底入り込めない的な匂いがしてたいへん素敵じゃありませんこと?美しい人同士でキャッキャうふふしてるのを見るの、宝塚の大いなる楽しみの一つだと思うのですが、ここに極まれり感があります。 何が言いたかったのか分からなくなってしまった。 笑 暁千星と永久輝せあ 95期より下のスターといえばこのお二人。 95期をもしかしたら抜かせるかもしれない感があるのもこのお二人だけだと勝手に思っています。 で、今まさにでバトルが始まりそうなのを除けば、この二人と直接やったのって朝美さんだけなんじゃないでしょうか。 当時を直接知らないので想像ですが、永久輝さんが月城さんを抜かせる感はあんまりなかったんじゃないかなあ。 暁さんも然り。 月城かなと、強し。 特に暁さんとは最後役替わりもやったわけで、時代は常に背水の陣のような状況だったのかもしれません。 たとえばPUCKがいまいちだったら?A-ENがコケていたら?に来てからも、ほどの大当たりがなければ、ファントムは永久輝さんとの役替わりだったかもしれません。 知りませんけどね。 追い詰められながら結果を出し続けるそのメンタルと努力、半端じゃないなと思います。 少なくとも最初から月城さんと永久輝さんの両方を雪から出す構想ではなかったと思うんです。 永久輝雪トップもありえたはず。 よしんば永久輝さんがVISAの関係でやむなしとなったとしても、朝美さんでは力不足と判断されればたとえば水美さんがやってくる可能性とか、あったかもしれないじゃないですか。 その場合はにもうちょっと補充が必要そうだけど…。 下級生御曹司の猛追をかわして自身の地位を確立した朝美絢もまた、強し。 とかなんとかいっても結局、 暁さんも永久輝さんも朝美さんに懐いてそうなのがめちゃくちゃ素敵じゃないですか。 これだけを言いたくてこの項目立てたのに、なんか人事についてうだうだ語ってしまった。 スカステカレッジで暁さんが朝美さんを相手役に指名したときの海乃さんの顔が忘れられません。 こいつやりよった的な。 永久輝さんはもう、朝美さん大好きオーラ放ちすぎです。 よく公共の電波に乗せて「あそこまで泣いたのはJの前だけ」とか言えますね?すごつよだわ。 朝美さん、相当いい人なんだろうなあと思います。 いつの日にかルで月城ー朝美ー永久輝ー暁の並びを見てみたいものです。 胸熱すぎて想像するだけで萌える。 これからの朝美絢 トップ当確かと言われれば、そういうわけではないでしょう。 でも、いくら美人揃いのといえども地上波に出るたび話題を席捲する人はそう多くないし、出すグッズ出すグッズめちゃくちゃ売れてるし、お茶会の人数も相当なものという噂。 肝心の舞台技術のほうも、元々特別下手でもないのに公演ごとに向上されているという評が圧倒的です。 ほかの95期がすごすぎるだけで、特別遅咲きというわけでもない。 加えて、劇団にとってはある意味諸刃の剣なのかもしれないなあと思うようになりました。 世間に露出したときの反応があまりに激烈で、それは動員数や売り上げの増加に繋がりうる一方で、「宝塚」の世俗化を招きかねない。 それが一概に悪いこととは思わないですが、「」であることは間違いなく宝塚のの一つなので、それをよく分かっていない新規ファンが大量にすることにはもしかしたらリスクがあるのかもしれません。 がしかし、明らかな新規顧客大量獲得チャンスを劇団がみすみす逃すとも思えませんが…。 結局一ファンとして確実に言えることは、朝美さんはこれからもきっと舞台で輝いている姿を見せてくれるだろうし、できる限りそれを観に行きたい、ということだけですね。 次作のはずだった『fff~に歌え!』で、『月雲の皇子』のリベンジ(出来が良くなくて舞台稽古で台詞を削られてしまったそう)を果たされるところを観るのをとても楽しみにしていました。 ウエクミ御大が今の朝美さんにどんな役を宛てるのかもみたかったなあ。 あと勝手に思っていることとして、まだまだ先の話ではありますが、退団したらぜひ一度映画かドラマの主演をしていただきたいです。 どれだけの人の耳目を集めることになるのか、本当に楽しみ。 画面は割れます。 コロナ禍の収束はまだまだ遠そうではありますが、また舞台に立つ朝美絢に会えることを願って。 tinquitepas.

次の