静岡 高校 野球。 夏季県高校野球 108チーム対戦決定 役員が代理抽選 7月11日開幕 /静岡

静岡)高校野球の県独自大会 組み合わせ決まる

静岡 高校 野球

来月11日開幕の「夏季静岡県高校野球大会」の組み合わせが27日、代理抽選によって決まった。 優勝候補の静岡商は2回戦から出場し、星陵対桐陽の勝者と対戦。 昨夏県王者の静岡高は、1回戦で三島北と対する。 両校はこの日、校内のグラウンドで練習試合を行い、静岡商のエース高田琢登投手(3年)が昨秋県王者の藤枝明誠戦に先発。 4回1安打無失点と好投した。 静岡は加藤学園と対戦。 7回に4番関宮楓馬捕手(3年)が犠飛を放ち、6-5でサヨナラ勝ちした。 序盤は、直球を主体とした投球を披露。 途中から変化球中心の配球へ変え、相手に的を絞らせなかった。 4回、2番から始まる相手の攻撃に「全部三振を狙った」とギアを上げ、3者凡退に仕留めた。 4イニングで4奪三振無四球。 許した走者は、味方エラーと左前打による2人だけだった。 この日、プロ6球団のスカウトが集まり「緊張するかと思っていましたが、そんなに気にならなかったです」とあっさりした様子。 「まだ球速も足りないし(この日最速は144キロ)、コースの使い分けができていなかった」と、冷静に反省点を述べた。 県独自大会の組み合わせも決まり、「やっと大会が始まるという感じ。 もっとモチベーションを上げて頑張りたい」と意欲を示した。 来月18日に迎える初戦は、星陵対桐陽の勝者が相手。 「相手は勢いを持って来ると思うが、自分の投球でその勢いを止めたい」と力を込めた。 1週間後の来月5日には、ライバル静岡との練習試合を予定している。 「絶対に負けたくないので、静高戦に向けて最高の状態に持っていきたい」。 高田の夏が、熱くなってきた。 【河合萌彦】 photo• 野球 矢野監督「波に乗れないな」一問一答 []• プロ野球 [6月28日 23:32]• コラム [6月28日 22:39]• プロ野球 [6月28日 22:29]• プロ野球 [6月28日 22:26]• プロ野球 [6月28日 22:26]• プロ野球 [6月28日 22:18]• プロ野球 [6月28日 22:13]• プロ野球 [6月28日 22:11]• プロ野球 [6月28日 22:10]• プロ野球 [6月28日 22:10]• プロ野球 矢野監督「波に乗れないな」一問一答 []• プロ野球 [6月28日 23:32]• プロ野球 [6月28日 22:29]• プロ野球 [6月28日 22:26]• プロ野球 [6月28日 22:26]• プロ野球 [6月28日 22:18]• プロ野球 [6月28日 22:13]• プロ野球 [6月28日 22:11]• プロ野球 [6月28日 22:10]• プロ野球 [6月28日 22:10]• コラム [6月28日 22:07]• 高校野球 明石商1年金岡ほろ苦デビュー 監督期待の主砲候補 []• 高校野球 [6月28日 21:01]• 高校野球 [6月28日 20:10]• 高校野球 [6月28日 18:56]• 高校野球 [6月28日 13:54]• 高校野球 [6月28日 13:53]• 高校野球 [6月28日 10:37]• 高校野球夏の地方大会 [6月28日 9:55]• 高校野球夏の地方大会 [6月28日 9:55]• 高校野球夏の地方大会 [6月28日 9:55]• 高校野球夏の地方大会 [6月28日 9:55]• 大学・社会人 BC神奈川の注目ルーキー杉浦、1回2失点デビュー []• アマ野球 [6月28日 8:48]• アマ野球 [6月27日 17:46]• アマ野球 [6月25日 15:58]• アマ野球 [6月24日 16:28]• アマ野球 [6月24日 16:27]• アマ野球 [6月23日 23:14]• アマ野球 [6月23日 18:51]• アマ野球 [6月23日 6:00]• アマ野球 [6月20日 19:19]• アマ野球 [6月19日 17:59]•

次の

静岡高校野球部 2020メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

静岡 高校 野球

静岡高校野球部2020の出身中学 2019秋季県大会メンバーの出身中学一覧です。 番 名前 位置 年 出身中学 中学所属 1 松本 蓮 投手 2 静岡 吉田 中学軟式野球部 2 関宮 楓馬 捕手 2 静岡 福田 掛川シニア 3 吉﨑 翔大 内野手 2 静岡 伊東南 中学軟式野球部 4 神谷 侑征 内野手 2 静岡 菊川西 菊川ボーイズ 5 城 航希 内野手 2 東京 松江第一 江東ライオンズ 6 相羽 寛太 内野手 2 静岡 旭が丘 磐田ボーイズ 7 和泉 大輔 外野手 2 静岡 富士根南 調査中です 8 金子 裕人 外野手 1 静岡 細江 浜松南シニア 9 鈴木 壮水 外野手 2 静岡 元吉原 沼津シニア 10 鈴木 悠介 控え 2 静岡 静岡南 中学軟式野球部 11 高須 大雅 控え 1 静岡 磐田東 中学軟式野球部 12 池田 惟音 控え 1 静岡 菊川西 菊川ボーイズ 13 座馬 礼央 控え 1 静岡 浜北北部 新城ボーイズ 14 永島 周 控え 1 静岡 富士南 調査中です 15 相田 康慎 控え 1 静岡 掛川東 中学軟式野球部 16 川端 慶 控え 1 静岡 静岡大附属 静岡葵ボーイズ 17 宮本 兵馬 控え 1 静岡 静岡大附属 静岡蒲原シニア 18 舩橋 龍右 控え 1 静岡 長泉北 中学軟式野球部 19 松本 直也 控え 2 静岡 静岡東 静岡葵ボーイズ 20 内村 聡志 控え 2 静岡 金岡 沼津ヤングBBC 19名が静岡県内中学の出身選手です。 静岡県以外の出身中学選手の内訳です。 東京都 1名 県下トップの県立進学校ですので 県外出身選手はほとんどいないようです。 定員の3%程度を野球部員として裁量選抜 で入学者を取っています。 この制度で県内10名程度入学し、 一般入試を突破した数名で1学年が構成 されているようです。 かなり学力も優秀でないと入学できません。 強豪校を維持しているのはすごいです。 静岡高校野球部2019の出身中学 2019第101回夏甲子園大会メンバーの出身中学一覧です。 番 名前 位置 年 出身中学 中学所属 1 松下 静 投手 3 静岡 大浜 中学軟式野球部 2 小岩 和音 捕手 3 静岡 富塚 中学軟式野球部 3 夏目 武尚 内野手 3 静岡 三ヶ日 浜松シニア 4 神谷 侑征 内野手 2 静岡 菊川西 菊川ボーイズ 5 城 航希 内野手 2 東京 松江第一 江東ライオンズ 6 相羽 寛太 内野手 2 静岡 旭が丘 磐田ボーイズ 7 関宮 楓馬 外野手 2 静岡 福田 掛川シニア 8 片平 吉信 外野手 3 静岡 清水庵原 静岡JYBBC 9 齋藤 來音 外野手 3 静岡 磐田東 中学軟式野球部 10 石田 直孝 控え 3 静岡 東海大翔洋 中学軟式野球部 11 松本 蓮 控え 2 静岡 吉田 中学軟式野球部 12 安竹 俊喜 控え 3 静岡 大富 中学軟式野球部 13 鈴木 壮水 控え 2 静岡 元吉原 沼津シニア 14 樋口 裕紀 控え 3 静岡 静岡東 静岡JYBBC 15 吉﨑 翔大 控え 2 静岡 伊東南 中学軟式野球部 16 鈴木 陸 控え 3 静岡 清水第六 静岡蒲原シニア 17 斉藤 颯斗 控え 3 静岡 清水 静岡裾野シニア 18 渡邉 奏太 控え 3 静岡 大富士 フジヤマBBC 2019夏季県大会メンバーの出身中学一覧です。 番 名前 位置 年 出身中学 中学所属 1 松下 静 投手 3 静岡 大浜 中学軟式野球部 2 小岩 和音 捕手 3 静岡 富塚 中学軟式野球部 3 夏目 武尚 内野手 3 静岡 三ヶ日 浜松シニア 4 神谷 侑征 内野手 2 静岡 菊川西 菊川ボーイズ 5 城 航希 内野手 2 東京 松江第一 江東ライオンズ 6 相羽 寛太 内野手 2 静岡 旭が丘 磐田ボーイズ 7 関宮 楓馬 外野手 2 静岡 福田 掛川シニア 8 片平 吉信 外野手 3 静岡 清水庵原 静岡JYBBC 9 齋藤 來音 外野手 3 静岡 磐田東 中学軟式野球部 10 石田 直孝 控え 3 静岡 東海大翔洋 中学軟式野球部 11 松本 蓮 控え 2 静岡 吉田 中学軟式野球部 12 安竹 俊喜 控え 3 静岡 大富 中学軟式野球部 13 鈴木 壮水 控え 2 静岡 元吉原 沼津シニア 14 樋口 裕紀 控え 3 静岡 静岡東 静岡JYBBC 15 吉﨑 翔大 控え 2 静岡 伊東南 中学軟式野球部 16 鈴木 陸 控え 3 静岡 清水第六 静岡蒲原シニア 17 斉藤 颯斗 控え 3 静岡 清水 静岡裾野シニア 18 鈴木 悠介 控え 2 静岡 静岡南 中学軟式野球部 19 細越 基 控え 3 静岡 高洲 焼津シニア 20 渡邉 奏太 控え 3 静岡 大富士 フジヤマBBC 静岡高校野球部2018の出身中学 2018第90回選抜大会メンバーの出身中学一覧です。 華麗なグラブさばきを見せる守備に関しては すでに文句のつけようのない上手さがあり ます。 1年夏にはベンチ入りしていて、 2019夏甲子園でも1番遊撃手として初戦の 津田学園高戦に出場しています。 プロ野球に進んだ前佑囲斗投手の前に4打席 無安打に抑えられましたが、下級生で甲子園 の舞台を経験しました。 2020チームでは主将 も務めるプロ注目のドラフト候補です。 小学6年時に中日ドラゴンズジュニア 2013に選抜選出されています。 力強いスイングで左右に伸びのある 打球を打ち分けます。 50m6. 0秒の 俊足で肩も強く守備範囲も広いです。 2018春選抜大会・2019夏甲子園大会に 出場。 打撃の良さを全国大会で披露し ました。 プロ注目のドラフト候補です。 50m5秒8の俊足と広角に器用に打ち 分ける巧打者。 前チームでもレギュラーとして活躍。 2017春選抜大会でも2試合に出場し ています。 不動の1番遊撃手として2018チーム でもリードオフマンとして突破口を 開いていきます。 豊富な経験を生かして活躍が期待 される選手です。 投手としてはあまり身長が高く ないですが、最速144キロの速球 を投げ込む左腕。 速球主体でスライダー・カット ボールなどの変化球を織り交ぜ、 投球します。 大学には進学せず、社会人野球で 自分を磨いてプロ野球を目指す そうです。 投手として均整のとれた体格から、 最速141キロの速球を投げ込む右腕。 縦のスライダーなどの変化球を 織り交ぜ投球します。 これからは整形外科医として スポーツドクターの道へ進むそう です。 静岡高校の監督紹介 名前 栗林 俊輔 生年月日 1972年9月8日 出身地 静岡県 学歴 磐田南高ー筑波大学 進学校である磐田南高校では 捕手で活躍。 進学した筑波大学では野球部に 入部したがケガの影響などもあり 学生コーチなどを務め指導者の 基礎を学びました。 大学卒業後、1999年に磐田北高 の監督に就任しました。 4年間の指導の後、浜松工業高 の監督を5年間務めました。 2008年より静岡高の監督となり 静岡県を代表する名門校を春夏 合わせて複数回自身の手で甲子園に 導いています。 チーム目標を和を大切にすること を掲げ、まとまりのある野球で 負けない野球、負ける可能性を 減らす野球で戦うスタイルを 目指しています。 旧制中学時代から長い歴史を誇り県下No. 1 の進学校で 偏差値は71。 昭和天皇が二度視察で来校しています。 文武両道を掲げて、スポーツも盛ん。 野球部や男子バスケットボール部が 特に有名です。 名門校らしく、卒業生は色々な方面で 活躍されています。 静岡高校2020戦績 出場した主な大会 大会戦績 秋季県大会 ベスト8 2020チームも昨夏甲子園メンバーが残り、県内上位の 力を維持しています。 秋季県大会では加藤学園高に 4-5で競り負けています。 静岡高校2019戦績 出場した主な大会 大会戦績 秋季県大会 ベスト4 秋季東海大会 1回戦で敗退 春季県大会 地区大会で敗退 夏季県大会 優勝 第101回選手権大会 1回戦で敗退 2019夏選手権大会結果 2019夏選手権大会 1回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 津田学園 0 2 1 0 0 0 0 0 0 3 静岡 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 静岡はプロ注目の前佑囲斗投手に対し 4回二盗に成功するなど機動力を絡め、 攻撃を仕掛けるもあと一本がなかなか 出ず。 8回の1点止まりでした。 しかし、4回からリリーフした2年生の 松本蓮投手が好投。 無失点に抑え試合 の流れを静岡に引き込みました。 チャンスを必ずものにし、内野ゴロでも セーフになりそうな俊足の選手が多いです。 上位に進出しそうな実力を感じました。 2018春選抜大会 3回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 東海大相模 0 2 0 2 0 0 0 3 1 8 静岡 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 強豪校同士の対戦で接戦が予想され ましたが、点差のついた試合となり ました。 序盤の攻防がカギになると 思いましたが、2回に 渡辺選手の 本塁打で東海大相模が先制すると、 試合のペースを握りました。 静岡は5回裏に 野口投手の制球の 乱れに乗じて、押し出しで得点。 押し気味の場面であと一本ヒットが 出ていれば展開は変わったかなと 思いました。 静岡高校甲子園戦績 甲子園出場・好成績実績 出場回数(春選抜大会) 17回 (夏選手権大会) 25回 優勝 1回 準優勝 2回 静岡県を代表する名門校。 甲子園には2019夏選手権大会を加え、 春夏通算42回の出場を誇ります。 🏆 栄 光 の 歴 史 🏆.

次の

静岡高校野球掲示板|爆サイ.com東海版

静岡 高校 野球

昨日は静岡商の最速148キロ左腕・ 髙田琢登の今季練習試合初登板をチェックしてきました。 先発して2イニングにパーフェクトに抑え、上々のスタート。 まだ試運転ながら最後の打者の際に、少し力を入れて142キロを計測しました。 試合は髙田のあとを受けた、 深澤歩夢、 勝亦赳太、 塚本礼史も無失点に抑える完封リレー。 「今日は投げることが楽しかった」という髙田は、7月11日開幕の大会に向けて「今日のように投手陣が力を合わせて全試合無失点に抑えたい」と意気込みを語ってくれました。 ここからどこまでエンジンを上げていくのか。 楽しみしかありません!(編集部・栗山) <写真/練習試合初戦で2イニングをパーフェクトに抑えた髙田(静岡商)> 常葉大菊川が今年度、初の練習試合を静清と行い、2対0で勝利。 3月に就任した石岡諒哉新監督が初陣を飾りました。 エース左腕の 渡邉優心が安定感のある投球で4回を無失点に抑えると、2番手の 安田優斗も好投。 そして、最終回は、最速143キロ左腕の イヤム・オリンがマウンドに上がります。 すると、いきなり連続三振。 四球を挟み、最後も三振に斬って取る圧巻の投球を披露しました。 ストレートの威力と伸びが違います。 打線は、ただフルスイングするだけでなく、石岡監督が目指す状況に応じた攻撃力が身についている様子。 4回には相手エラーからチャンスを作り、犠飛で得点を挙げました。 一方、静清は先発の 高橋楽が気になった存在。 身長187センチの大型右腕で角度があります。 昨秋の県大会は背番号で18でベンチ入りしていますが未登板。 こんな原石が眠っていたのかと驚きました。 大学で一気にブレイクする予感がしました。 (編集部・栗山) <写真上/初陣を白星で飾った石岡諒哉監督(常葉大菊川)> <写真下/長身右腕の高橋楽(静清)> 代替大会開催決定から一夜明けた昨日、静岡商ではドラフト候補の 髙田琢登がシート打撃でマウンドに上がりました。 打者を相手に投げるのは約2カ月ぶりとのこと。 7割程度の力の入れ具合ながら、143キロを計測しました。 軽く投げてその数字もすごいですが、元気な姿を見ることができたのが何より。 大会まであと一カ月。 紅白戦、練習試合と段階を踏んでいく中で、どこまで進化していくのか。 「静岡の宝」が迎える高校ラストサマーをしっかり見届けたいと思います。 そのシート打撃、野手で目についたのは身長189センチの 相原大地です。 髙田晋松監督によると、「春の大会があればブレークする可能性があった」という大砲。 昨秋は控えの内野手でしたが、一冬を越えて体のキレが少しずつ出てきているとのことでした。 昨日は芯でとらえた打球があっという間に左中間を抜ける場面を何度も目撃しました。 右の長距離砲は希少価値があると言われる中で、この相原は大学で大きく化ける可能性があるタイプ。 今後も注目していきたいです!(編集部・栗山) <写真上/シート打撃で登板した髙田琢登(静岡商)> <写真下/快音を連発する相原大地(静岡商)> 編集部が静岡の野球人を応援する企画。 最終回は今春、山岸ロジスターズに入団した大型内野手の 高橋駿です。 静岡西ではエース投手として活躍。 3年夏は初戦敗退も、「このままでは終われない」と大学進学を決意した。 岐阜聖徳学園大に入学すると、すぐに小山貴本監督の目に留まり、1年春から抜擢された。 長打力を武器に、2年春と3年春にベストナインを獲得した。 しかし、キャプテンを任された4年時は苦しむ。 思うような結果を残せず、打順も4番から降格する試合もあった。 「チーム全体のことを考える中で、心の底から野球を楽しめていない自分がいました」 当初、高橋は卒業後、企業チームでのプレーを目指していた。 けれども、不調に加え、企業チームの壁は厚く、野球を続ける選択肢が狭まっていた。 そんなときに声をかけてくれたのが、山岸ロジスターズの天野義明監督だった。 「自分を必要としてくれている。 嬉しかったです。 7日のオープン戦(対ハナマウイ)では「4番サード」で出場すると、いきなり本塁打デビュー。 ポテンシャル高さをアピールした。 だが、全日本クラブ選手権予選の決勝(対浜松ケイスポーツBC)では無安打に。 チームも2対4で敗れた。 その後は新型コロナウイルスの影響で全体練習が休止となった。 4月からは社会人としてもスタートし、ドライバーとして仕事を覚える日々が続く。 そんな中でも、大学4年時の悔しさを胸に「野球を楽しむ」という原点に立ち返ってバットを振り続ける高橋。 メジャーリーガーのアーロン・ジャッジ(ヤンキース)やマイク・トラウト (エンゼルス)のフォームを研究し、自分との違いを分析した。 立命館大のリリーフ投手として最速149キロを誇る山梨智也。 全日本大学選手権は中止、リーグ戦の開催も不透明だが、今は真っすぐに前を向いている。 「モチベーションは保てています。 両親だったり、 高校時代の仲間だったり、周りで応援してくれる人がいるから頑張ることができています」 静岡東では無名の存在だった。 「 勉強面も一生懸命に取り組みたかった」と進学校に入学し、1年時は三塁を守っていた。 ピッチャーへの転向を勧めた内藤文武監督(現榛原副部長)が当時を振り返る。 「三塁から投げるボールのスピンが良くて、他の選手よりも球が速かったのでピッチャーをやってみたらどうかなと。 大学で、まさかここまで球速が出るとは思っていませんでしたが…」 2年秋からエースとなり、最速は136キロをマーク。 静岡市内大会では静岡高打線相手に好投して話題になった。 迎えた3年夏。 初戦(対清水桜が丘)は先発し、延長11回の末に勝利したものの、2回戦(対沼津商)では大敗を喫した。 3年春にリーグ戦で初登板を飾ると、145キロを計測。 そして、秋には149キロという驚きの数字を叩き出した。 スピードが上がった要因について、「トレーニングの効果が大きい」と語る。 「大学に入って最初に感じたのは先輩たちとの体つきの差でした。 このままの自分の体では追いつけないと思いました」 ウエイトトレーニングで体重を約8キロ増やし、それに比例するように球速がついていった。 プロを本格的に考えるようになったのは1年秋のこと。 3学年先輩の東克樹(横浜DeNA)がドラフト1位で指名され、その盛り上がりを見て、「自分も同じようになりたい」と触発された。 キャンプ、オープン戦と順調に調整を進めていたが、新型コロナウイルスの影響で、チームは4月3日から活動停止。 アピールの場となる全日本大学選手権の中止も決まった。 また、リーグ戦の開催については、5月末もしくは6月初旬の臨時常任理事会で決定することになっている。 山梨は 今年の全日本大学選手権で戦ってみたい選手がいた。 高校時代のチームメートで静岡大の主将を務める河本昌範だ。 「静岡東の同級生で硬式を続けているのは2人だけ。 秋はお互いに勝ち上がって、明治神宮大会で対戦したいです」 大台となる150キロ超え、そしてプロの世界へ。 先が見えない不安の中でも、ひたむきに努力を続ける。 学童時代は「静岡ツインズ野球スポーツ少年団」、中学は末広中でプレーする。 高校入学後、2年秋から本格的に投手となり、3年夏は2回戦で敗退。 立命館大では3年春にリーグ戦初登板を飾る。 177cm84kg、右投右打。 編集部が静岡の野球人を応援する企画。 第6回は京都両洋に進学した女子選手の 漢人茉彩(京都両洋)です。 そんな兄2人を見て育った長女の茉彩(まあや)が野球の道に進んだのは自然の流れだった。 小学2年時に「桜木野球少年団」で野球を始めるとすぐに頭角を現し、6年時のしずちゅう旗静岡県学童軟式野球大会ではエースを務めて準優勝に輝く。 一方で、女子チームの「中遠ヤングガールズ」の一員として、全国ベスト16入りに貢献した。 友也にそっくりな、腰を捻ったフォームから、勢いよく腕を振り、球速はすでに100キロを超えていた。 「フォームは見よう見まねでした。 自然に兄と同じになった感じです」 中学は桜が丘中でプレー。 2年秋から主戦としてマウンドに上がった。 だが、県大会には縁がなく、掛川地区や西部地区の大会で涙を飲んだ。 それでも本人は「小学生のときよりも、中学ではコントロールがついて、低めに投げられるようになった」と成長を感じている。 複数の県外の強豪校を回った中で、本人が決めたのが京都両洋だった。 同校の女子硬式野球部は2012年に創部。 18年の全国高校女子硬式野球選手権では初優勝を飾っている。 「2回練習を見に行きましたが、みんな声が出ていて、すごく雰囲気が良かったです。 練習で分からないことが出たら、上田(玲)監督が全体を集めて話あったり。 ここでやりたいと思いました」 さらに、18年の全国優勝メンバーの大城結衣(浜松市出身)から「いいチームだよ」と聞いたことも決め手となった。 しかし、新型コロナウイルスの影響で、登校したのは入学式の日だけで、あとは自宅での待機が続く。 それでも、ZOOMを使いながら毎日、約1時間半、オンラインで他の選手と一緒にトレーニングを行っている。 また、友也も帰省している関係で、キャッチボールをすることもある。 漢人は「兄のボールはキレが良くて伸びてくる感じ。 カーブなんて、捕れないこともあります。 私もああいう球を投げたいです」と刺激を受けている。 高校での目標は「全国優勝」と決めている。 「小学生のときは普通に勝てていたけど、中学に行ったら勝てなくなってしまいました。 だから、高校ではもう一度、勝てるピッチャーになりたいです」 全国大会の決勝でマウンドに立っているイメージを描き、今は粛々と自分を高める。 小学2年時に「桜木野球少年団」で野球を始め、6年時のしずちゅう旗静岡県学童軟式野球大会で県準優勝。 「中遠ヤングガールズ」 では全国ベスト16入りを果たす。 桜が丘中では2年秋からエースとなり、京都両洋に進学した。 158cm、右投左打。 編集部が静岡の野球人を応援する企画。 第5回は藤枝東から筑波大に進学した 堀田伊吹です。 早く練習したいですね」 藤枝東から筑波大に進学した堀田伊吹は不安な様子でそう語る。 194センチの超大型右腕。 藤枝東では1年夏から出場し、2年春からエースに。 3年夏は初戦で敗退したものの、高校で完成するタイプではなく、底知れぬスケールの大きさを持っていた。 「高校では周りから期待してもらった分の活躍ができませんでした。 このまま終わることはできないですし、もっと成長したいと思いました」 夏の大会後、筑波大の練習に参加。 レベルの高さ、充実した施設に触れて、「自分もここでやってみたい」との思いが芽生えた。 また、その際に筑波大で活躍する村木文哉(静岡高出身)からチームの魅力を聞いたことも決め手となった。 その後は、約半年で体重を10キロアップ。 大学仕様の体を作り、入学に備えていた。 だが、新型コロナウイルスの影響で筑波大の課外活動が禁止となり、4月以降も自宅待機のまま。 他の選手と一度も顔を合わすことができていない。 小学校、中学校で一緒にプレーした紅林弘太郎(オリックス)はプロの世界に入り、すでに2軍の試合でプレーしている。 「紅林からは『早く俺のところまで上がってこい』って言われているんです(笑)」 現在は自宅でのネットスローに加え、筑波大の硬式野球部からオンラインで送られてくるトレーニングメニューを必死にこなす。 先が見えない日々が続くが、堀田は前を向く。 「まずは球速は140キロまで上げて、Aチームに入れてもらえるように頑張っていきます」 大学では野球だけなく、勉学にも全力で取り組む。 理工学群社会工学類に籍を置き、建築関係を学ぶ方向だ。 将来的には建築士の資格を狙っていく。 明るい未来だけを信じ、大学生活のスタートを待つ。 小学2年時に「青島ホークス野球スポーツ少年団」に入団。 青島中では全日本少年軟式野球大会で県ベスト8進出。 3年夏に藤枝選抜に選ばれる。 藤枝東入学後、1年夏は捕手で出場。 2年春からエースとなる。 3年夏は初戦敗退。 194cm95kg、右投右打。

次の