腰痛 左側 おしり。 左側が痛む腰痛の3つの原因!あなたは、どれに当てはまりますか?

左側だけに腰の痛みがある病気とは

腰痛 左側 おしり

腰痛の 痛みの指数 痛みの強さ• まずは4つのタイプを把握 もはや「国民病」ともいえる腰痛ですが、実は、解明されていない部分もたくさんあるのです。 そこでまずは、腰痛の全体像を大まかにつかむところから始めましょう。 腰痛は、「ときに手術が必要で、原因を特定できる腰痛」と「手術が不要で、原因を特定しづらい腰痛」の2つに大別されます。 そしてそれぞれの腰痛は、以下のように整理できます。 A:ときに手術が必要で、原因を特定できる腰痛 (全腰痛の15%) 腰椎圧迫骨折、脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛など B:手術が不要で、原因を特定しづらい腰痛 (全腰痛の85%) 筋性腰痛、椎間板性腰痛、椎間関節性腰痛、仙腸関節性腰痛など 一般的に腰痛というときは、手術が不要な後者を指します。 そこで今回は、この4つのタイプについて解説しましょう。 なお、この記事では便宜上、それぞれの腰痛について、表に記したような呼び名を使いますね。 かがむと痛い? 反ると痛い? あなたの痛みを判別しよう ではこれから4つの腰痛の特徴を見ていきますが、いずれも共通するのは、加齢とともに腰まわりの筋肉や関節が衰え、こわばって柔軟性が失われることが原因だと考えられています。 そんな脆さを抱えた状態のところへ、無理な動きが加わることで発症します。 筋性腰痛(10%) のけぞり腰痛は、電車のつり革を持つ、洗濯物を干す、赤ちゃんを抱っこするなど反り気味の姿勢を取ったときに、背骨の後ろ側にある椎間関節がぶつかることで痛みが生じます。 腹筋が弱いために反り腰になっている人に起きやすく、女性に多く見られます。 この腰痛も、揉みほぐしても改善しません。 お尻腰痛(10%) お尻腰痛は、厳密に言うと腰ではなく、お尻近くにある仙骨のつけ根の歪みや炎症が原因で起こります。 産後の女性に圧倒的に多い腰痛です。 妊娠中に分泌されるホルモンの作用で緩んだ仙腸関節の靭帯が、出産後に正常に戻らないことで起きるケースが多いようです。 さて、あなたの腰痛はどれに当てはまりましたか? 次のブロックでは、特に悩む人が多い「前屈腰痛」と「のけぞり腰痛」について、おすすめの対処法をご紹介します。 間違った筋トレは逆効果! 正しいやり方を身につけて まず最初に、腰痛回復の鉄則は2つあることを覚えておきましょう。 これを両輪で行えば、慢性化した腰痛にも回復の見込みが見えてきます。 どちらとも、2~3種類の運動を20秒ずつでいいので、「毎日」続けることが大切です。 私が日ごろ、腰痛の方にお伝えしている運動をまとめました。 まずは、すべての腰痛におすすめのストレッチです。 太ももの前面を伸ばすストレッチ• 立った状態で、かかとをお尻に近づけるようにして膝を曲げましょう。 お腹に力を入れたまま、膝を後ろに引きながら、足のつけ根を前に突き出しましょう。 そのまま20秒間キープ。 もう片方の足も同様に。 太ももの背面を伸ばすストレッチ• あお向けに寝た状態で、太ももの裏を持って膝をお腹に近づけましょう。 限界まで来たら、膝をできる限りまっすぐ伸ばしましょう。 そのまま20 秒間キープ。 もう片方の足も同様に。 なぜ腰痛なのに太もものストレッチを行うのでしょう?太ももの裏側には、ハムストリングスという筋肉があります。 この筋肉が硬い人は、前に傾くとき、背骨をより曲げなければかがむことができません。 このような人は背骨に大きな負担がかかりやすく、それが腰痛の原因となります。 そのため、太ももの周りの筋肉を柔らかくすることは腰痛の予防にもなるのです。 次に行う筋トレは、腰痛タイプによって動きが異なります。 ここでは、「前屈腰痛」と「のけぞり腰痛」におすすめの筋トレを1つずつご紹介します。 [前屈腰痛]背筋を鍛える筋トレ• あお向けになって膝を曲げ、両手は体の横に伸ばします。 首から膝まで一直線になるまで、お尻を持ち上げましょう。 そのまま20 秒間キープ。 [のけぞり腰痛]腹筋を鍛える筋トレ• 膝を立てた状態であお向きになり、息をゆっくり深く吸いながら、お腹を膨らませましょう。 お腹が膨らみ切ったら、今度は息をゆっくり吐きながら、お腹を凹ませましょう。 これを5~10回繰り返します。 立ったり座ったりしても行えるので、気がついたときに実践しましょう。 筋トレで気をつけたいのが、痛みが出ない範囲で行うこと。 また患者さんを見ていると、腹筋運動のつもりが背筋を使っているなど、間違ったやり方をしている人もいます。 そうすると、休めなければいけない筋肉を酷使することになり、症状が悪化しかねません。 「なにかおかしいぞ」と感じたら、自己流で判断せずに専門家を訪ねることも検討してください。 あるある! 腰痛にまつわるこんな悩み 最後に、患者さんからよく寄せられる質問をご紹介します。 この痛みはいつまで続くの? 回復までの期間は個人差がありますが、適切な運動と正しい姿勢を心がければ必ず良くなります。 どんな動きをしたときにどこが痛むのかをセルフチェックして、自分の腰痛タイプに合った運動を行いましょう。 それでも改善しない場合は、他の疾患の可能性もあるので、医療機関を受診してください。 痛いときにやってはいけないことは? どの腰痛も、痛くなる方向に動かさないことがポイントです。 筋性腰痛は、テニスボールや握りこぶしなどを使うと痛む箇所を上手にほぐせますよ。 お尻腰痛は、重い荷物を持たないように気をつけて。

次の

腰の片側の痛みを改善!自宅でできる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第5回】

腰痛 左側 おしり

腰痛で左側や右側だけ痛む原因とは? 片側だけ痛む腰痛について。 腰痛で左側や右側だけ痛む原因とは何でしょう? 実は左側や右側の片側にだけ出る腰痛の方というのは、かなり多いのです。 ほとんどの場合はその理由や原因もはっきりして、短期間で改善・解消されることも多いです。 ここでは左側や右側だけの腰痛について解説します。 片側だけの腰痛でお悩みの方、ご参考下さい。 理学療法士や作業療法士、事業団選手も来院する整体院 腰痛で左側や右側だけ痛む原因とは? 左側や右側だけずっと腰痛が続いていると、なんで片側だけなんだろう?と思われる方は多いです。 しかし、それにはちゃんと原因があります。 痛みを感じているのは筋肉です。 筋肉に何らかのかたちで負荷がかかっているため、片方だけに腰痛が出るのです。 日常生活で左や右の片側の腰に負荷をかけている 片側の腰だけに負荷をかけているのは、日常生活の姿勢や動きに問題がある場合がほとんどです。 例えば、 片方の足に体重を乗せて立っていたりしないでしょうか。 女性の方は床に座るとき、横座りをしていないでしょうか。 机に頬杖をするクセがないでしょうか。 そんな些細なことですが、少しの負荷が積み重なって回復力の許容範囲を超えると、左や右の片側だけに腰痛が出るのです。 背中から腰にかけて背骨のバランスが悪いと、左や右の片側だけに腰痛が出る 背中から腰にバランスが悪いと、左や右の片側だけに腰痛が出ることがあります。 左や右の片側だけに腰痛が出ている方は、背骨がカーブを描くように曲がっていたり、片方の肩が下がっていたりと上半身のバランスが悪い場合が多いです。 そのため、負荷が同じ部分にだけかかり片側に腰痛が出る原因になっています。 例えば上の図ようなバランスだと、左側と右側のどちらに腰痛が出るでしょうか。 正解は右側です。 上半身が左に流れて、骨盤が右に出たような形になっています。 この形ならほぼ100%の確率で右側に腰痛が出ています。 こんなバランスの人いるの?と思われるかもしれませんが、けっこう多いです。 皆さん気付いていないことがほとんどなのです。 このバランスを戻すだけでも、片側の腰痛が解消されることもよくあります。 上の図のようなバランスだと元に戻るのかと思ってしまいますが、たいていは真っすぐな状態に戻ります。 ただし、ご自分で戻そうとすると変なところに負荷をかけて悪化するリスクがあります。 自分ではやらずに、必ずどこかの治療院で治療を受けましょう。 骨盤のゆがみが原因で、左や右の片側に腰痛が出る 骨盤のゆがみで左や右の片側に腰痛が出ることがあります。 図で説明するとこんな感じです。 右の骨盤が上に上がっていますね。 これだと右の腰に負荷がかかっている状態です。 右の骨盤だけ上に上がっているので右足も短くなっているでしょうし、背骨も左にカーブしている場合が大半です。 これだと右側に腰痛が出ます。 多少のゆがみや左右差などは誰でもあります。 左右対称だったり骨格にゆがみが無いというのはどんな人でも絶対ありえませんので、無理して矯正して戻す必要はありません。 無理してバランスを取ろうとして、今までかかっていなかった場所に負荷がかかるほうがリスクがあるのです。 しかし、骨盤の急なゆがみが原因で腰痛につながっている場合は矯正してあげる必要があります。 骨盤のゆがみが原因の場合は筋肉を緩めるだけでは痛みは解消されませんが、骨盤のゆがみを矯正するだけですぐ痛みが解消されます。 内臓疲労が原因の、左側や右側の腰痛 内臓疲労による左側や右側に腰痛が出るというのは聞いたことがあるかもしれません。 例えば胃が悪いと、胃は中心より左側にあるため、左の腰痛につながりやすいといった感じです。 右の腎臓が悪ければ右側に腰痛が出るという具合です。 この内臓疲労も、前述した背中から腰にかけてのバランスとつながります。 胃が疲れていると、左側の筋肉が縮むため左肩が下がって背骨が右にカーブします。 結果、左の腰に負担がかかるために左側の腰痛が出るという感じです。 内臓疲労といっても内臓が病気になっているわけではありません。 さほど神経質に考えすぎないほうが賢明です。 病気が原因で左側や右側だけ腰痛が出ることも あまり多くはありませんが、病気が原因で左側や右側だけに腰痛が出ることもあります。 代表的なのは尿路結石でしょうか。 尿管に石が触れて激しい痛みを伴う病気ですが、これは左か右のどちらか片方だけに出ます。 痛みの王様といわれるくらいの激痛で、普通の腰痛の痛みとは違うため判別はつきやすいかと思います。 その他の病気の場合でも病院で検査すればわかると思いますので、あまり心配な方は内科や泌尿器科、婦人科などで検査されるとよいでしょう。 左側や右側の腰痛でお悩みの方へ 左側や右側の腰痛について解説してきましたが、参考になりましたでしょうか。 病気の場合を除き、左側や右側の腰痛というのは必ず原因があります。 ほとんどが前述してきたパターンに当てはまりますので、何らかの治療を受ければすぐに解消できることも多いです。 悪化する前に、必ず早めに解消するようにしましょう。 左側や右側の腰痛は坐骨神経痛につながりやすい 片側の腰痛のリスクとしては、放置しているとお尻や下肢のほうに痛みやしびれが出る坐骨神経痛という症状につながる場合が多いということです。 坐骨神経痛になると、完治までの期間や施術回数がかなりかかってしまうことも多いです。 症状の度合いも腰痛が懐かしく思えるほど重度のものですので、腰が痛いだけのうちに必ず処置しておきましょう。 左側や右側の腰痛なら、越谷市の整体院オーラウェーブ療術院へ。 お気軽にお問い合せ下さい。

次の

左側の腰からお尻にかけて痛みがあります

腰痛 左側 おしり

左腰が痛い原因 ぎっくり腰 急に重いものを持った時や、無理な体勢をとった時に強烈な痛みが出ますので、多くの場合は原因はわかりますね。 しかし、ちょっと背伸びをした時や、顔を洗おうと中腰になった時など、いつもの動きの中で急に痛みが出る場合もあります。 これは筋肉が疲労している状態の時に起きるぎっくり腰です。 年齢とともに筋肉は疲労しやすくなりますので、若い頃と同じ生活をしていると気づかないうちに筋肉が疲労しているということもあります。 日頃から軽い運動をしたり、バランスの良い食生活を送るよう心がけましょう。 体の歪み まっすぐ立っているつもりでも肩が片方だけ下がっていたり、まっすぐ座っているつもりでも傾いているという方はたくさんいます。 また、利き手ばかりで作業をする仕事をされている場合にも、体の歪みは生じます。 偏った姿勢に負荷がかかることが多いと、少しずつ体に歪みが生じ、その負担が片側の腰にかかり続けて痛みを生じるようになります。 体の歪みが生じていることは意外と本人は気づかないものです。 自宅で過ごす時の姿勢については家族に確認してもらいましょう。 職場での姿勢は同僚などに聞いてみたり、自分で意識してみるようにしましょう。 普段の姿勢やクセを見直し、体の歪みを少しずつなおすと腰痛もおさまってきます。 筋肉の炎症 普段あまり運動していないのに、たくさん歩いたり、なにかスポーツをすると筋肉が疲労し、炎症を起こしてしまうことがあります。 腰の付近にも筋肉はたくさんあり、この部位の筋肉で炎症を起こしていたり、疲労により筋肉が硬直し痛みが生じているということも考えられるのです。 この場合は、マッサージやストレッチで筋肉をもみほぐし、疲労をとってあげることが大切です。 また、氷水を当てたりして冷やすことで炎症を抑えることができますのでぜひ試してみてください。 椎間板ヘルニア 腰の近くにある椎間板が外に飛び出して背骨内部の神経を圧迫することで腰に痛みが生じる病気です。 特に腰は、上半身の体重を支えているため負荷が大きくヘルニアになりやすい部位となっているのです。 発症原因としては、加齢と過剰な負荷が考えられます。 年を重ねると椎間板が壊れやすくなり、ヘルニアを発症しやすくなってしまいます。 また、20代などの若い世代の方でも激しいスポーツをしたり、重い荷物をもったりして腰の椎間板に大きな負荷をかけ続けると椎間板ヘルニアの発症につながってしまうのです。 左腰が痛いときに疑うべき内臓系の病気 左側の腰に激痛が走ったり、体勢を変えても変わらない痛みがある場合は内臓疾患の可能性があります。 すい臓、膀胱、脾臓などの疾患による痛みは左側の腰に出やすいです。 また 腎臓や胃腸の炎症による痛みが左側にだけ出ることもあります。 筋肉の痛みであれば、体勢を変えることで痛みに変化が現れますが、内臓疾患による痛みは体勢を変えてもあまり変化しません。 また体を休めている時でも痛みが続くこともあります。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 ウイルスの感染などにより胃や十二指腸の粘膜で炎症が起こり、ただれてしまう病気です。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍により左腰に痛みが出るほか、• 吐き気• 背中の痛み• 胸やけ などの症状も表れるのが特徴です。 腎臓病 急性腎炎などの腎臓が悪くなる病気でも左腰に痛みが生じます。 ただ、腎臓は初期にほとんど自覚症状が表れず、知らずしらずのうちに病気が進行してしまっているということが多くなっています。 腰痛のほかにも尿の異常が表れることが多いです。 尿の色が白っぽくなったり茶色っぽくなると腎臓病の兆候である可能性がありますのでぜひ病院で診察を受けてみるようにしましょう。 参考: 膀胱炎 膀胱に細菌などが感染して炎症を起こしてしまう病気です。 特に女性の方が発症する確率が高いので注意するようにしましょう。 膀胱炎になると腎臓病と同様、尿に異常が表れることが多いです。 排尿時に痛みが生じたり、色に変化が出ることもあります。 参考: 膵炎 膵臓の病気によっても腰の左側に痛みが生じることがあります。 膵臓は「沈黙の臓器」とも言われていて、悪くなっても症状がかなり表れにくいのが特徴です。 膵炎が悪化してくると、以下のような症状が表れてきます。 左腰の痛み• 吐き気• 体がだるくなる 発症原因としては、アルコールの過剰摂取である場合が多いです。 よく飲酒をする方は気をつけるようにしましょう。 膵臓がん もうひとつ膵臓の病気として膵臓がんがあげられます。 膵臓に癌ができると、左腰や背中の痛みが生じたり、食欲の低下、体重の減少などが生じてきます。 喫煙、生活習慣の乱れ、肥満などにより発症確率は上がってくるというデータがありますので健康的な生活を送ることが何よりの予防法です。 婦人系の病気 女性の場合、 子宮筋腫や卵巣のう腫瘍・月経困難症・更年期障害などが原因となっていることも考えられます。 これらの場合も炎症などの位置により片側の腰に痛みを生じることがあります。 内臓疾患の場合は痛みの症状だけで自己判断すると危険です。 治療が遅れると深刻な事態になることもあります。 筋肉の痛みと違う場合は一刻も早く医療機関で相談しましょう。 左腰が痛いときはしっかりと原因を察知しよう! 腰痛の原因は専門家でもなかなかわからないといいます。 筋肉に負担がかかって生じる腰痛はその負荷のかかり方により、片側だけに痛みを生じることがよくあります。 自身の体に無理のない行動を心がけ、気づかないうちに生じる体の歪みにも注意してみましょう。 腰痛と言えば筋肉や骨格が原因と思いがちですが、内臓疾患により生じることもあります。 内臓疾患の場合、筋肉の痛みとは違い、体の体勢に関わらず生じる痛みがあります。 がんなど、早期治療が重要な病気の可能性もありますので、放置せず早めに医療機関で相談しましょう。

次の