て を た た きま しょう 歌詞。 証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし) 歌詞と試聴

RADWIMPS 万歳千唱 歌詞

て を た た きま しょう 歌詞

あなたのキスを数えましょう 作詞 高柳恋 作曲 中崎英也 唄 小柳ゆき 散らかった床の上 うずくまり膝を抱いた 守れない約束がカレンダー汚してる こんな日が来るなら 抱き合えばよかったよもっと Missin' you あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine 髪の毛を束ねても昨日とは違う顔で 何をして紛らわす? 孤独とか不安とか すごく好きだったよ それだけは変わらない事実 Missin' you あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触われたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine あなたのキスを忘れましょう 嫌いになって楽になって 夜を静かに眠りたい I'm alone and you were mine Do the nights and days cure my feel of pain? Please somebody, say All of my heart is almost cryin' Yeah In your eyes, in your sight, was it certainly my place? Tell me please the reason of your love for me Can I cry now? あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触われたのに 出逢わなければよかったの? All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 小柳ゆきさん『あなたのキスを数えましょう』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 小柳ゆきさん『あなたのキスを数えましょう』の歌詞 アナタノキスヲカゾエマショウ words by タカヤナギレン music by ナカザキヒデヤ Performed by コヤナギユキ.

次の

花(春のうららの隅田川)歌詞の意味

て を た た きま しょう 歌詞

春のうららの 隅田川 のぼりくだりの 船人が 櫂(かい)のしづくも 花と散る ながめを何に たとふべき 見ずやあけぼの 露(つゆ)浴びて われにもの言ふ 桜木(さくらぎ)を 見ずや夕ぐれ 手をのべて われさしまねく 青柳(あおやぎ)を 錦おりなす 長堤(ちょうてい)に くるればのぼる おぼろ月 げに一刻も 千金の ながめを何に たとふべき 一番の歌詞の意味 「うらら」とは、空が晴れて、日が柔らかくのどかに照っているさま。 うららか(麗らか)。 「櫂(かい)」は、船を漕ぐ道具。 オール。 「花と散る」は、花びらのように散る。 ここでは「花」は桜か。 「何にたとふべき」は、何にたとえたらいいだろうか、といった意味。 源氏物語「胡蝶」の和歌 一番の歌詞は、源氏物語「胡蝶」の巻で詠まれた次のような和歌が元になっている。 春の日の うららにさして 行く船は 棹のしづくも 花ぞちりける <紫式部> 和歌の意味:春の陽がうららかに射す中、棹をさして(掛詞)行く舟は、そのしずくも花が散る様のようだ。 二番の歌詞の意味 「見ずや」は、「(こんな素晴らしい眺めを)見ないでいられようか」といった反語。 結果として、「見よ、ご覧なさい」といった意味で使われる。 「あけぼの」は夜明け、明け方。 が有名。 「露(つゆ)」は朝露(あさつゆ)。 「われにもの言ふ」は、私に語り掛けるような。 「夕ぐれ」は、における「秋は夕暮れ」を意識したものか。 もちろんここでは春の夕暮れ。 「さしまねく」の「さし」は、語調を整えたり強めたりする接頭語(意味はない)。 「まねく」は「招く」。 三番の歌詞の意味 「錦おりなす長堤」は、美しく織られた錦のように花に彩られた川の長い堤防・土手。 「おぼろ月」とは、もやで霞んだ春頃の月。 参考:『』 「げに」は、本当に、いかにも、まちがいなく。 「一刻も千金の」とは、ほんの少しの時間でも千金に値する、価値の高い様子。 漢詩『春夜』の一節に由来している。 元ネタの故事成語「春宵一刻値千金」 「一刻も千金の」のくだりは、中国北宋時代の詩人・蘇軾(そしょく)の詩『春夜』に登場する次のような一節に由来している。 春宵一刻直千金 花有清香月有陰 意味:春の夜はわずかな時間でも千金の値打ちがある。 花は清らかな香りを放ち、月はおぼろに霞んでいる。 関連ページ 『荒城の月』、『花(春のうららの隅田川)』、『箱根八里』など、明治時代に活躍した瀧 廉太郎(たき れんたろう)の有名な曲 解説と視聴まとめ 「春のうららの隅田川」でも歌われる中国の詩文 春夏秋冬それぞれの季節における趣深い情景や風物詩 『春よ来い』、『春が来た』、『花(春のうららの隅田川)』など、春をテーマとした日本の童謡・唱歌まとめ 菜の花畠に入り日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし.

次の

RADWIMPS 万歳千唱 歌詞

て を た た きま しょう 歌詞

春のうららの 隅田川 のぼりくだりの 船人が 櫂(かい)のしづくも 花と散る ながめを何に たとふべき 見ずやあけぼの 露(つゆ)浴びて われにもの言ふ 桜木(さくらぎ)を 見ずや夕ぐれ 手をのべて われさしまねく 青柳(あおやぎ)を 錦おりなす 長堤(ちょうてい)に くるればのぼる おぼろ月 げに一刻も 千金の ながめを何に たとふべき 一番の歌詞の意味 「うらら」とは、空が晴れて、日が柔らかくのどかに照っているさま。 うららか(麗らか)。 「櫂(かい)」は、船を漕ぐ道具。 オール。 「花と散る」は、花びらのように散る。 ここでは「花」は桜か。 「何にたとふべき」は、何にたとえたらいいだろうか、といった意味。 源氏物語「胡蝶」の和歌 一番の歌詞は、源氏物語「胡蝶」の巻で詠まれた次のような和歌が元になっている。 春の日の うららにさして 行く船は 棹のしづくも 花ぞちりける <紫式部> 和歌の意味:春の陽がうららかに射す中、棹をさして(掛詞)行く舟は、そのしずくも花が散る様のようだ。 二番の歌詞の意味 「見ずや」は、「(こんな素晴らしい眺めを)見ないでいられようか」といった反語。 結果として、「見よ、ご覧なさい」といった意味で使われる。 「あけぼの」は夜明け、明け方。 が有名。 「露(つゆ)」は朝露(あさつゆ)。 「われにもの言ふ」は、私に語り掛けるような。 「夕ぐれ」は、における「秋は夕暮れ」を意識したものか。 もちろんここでは春の夕暮れ。 「さしまねく」の「さし」は、語調を整えたり強めたりする接頭語(意味はない)。 「まねく」は「招く」。 三番の歌詞の意味 「錦おりなす長堤」は、美しく織られた錦のように花に彩られた川の長い堤防・土手。 「おぼろ月」とは、もやで霞んだ春頃の月。 参考:『』 「げに」は、本当に、いかにも、まちがいなく。 「一刻も千金の」とは、ほんの少しの時間でも千金に値する、価値の高い様子。 漢詩『春夜』の一節に由来している。 元ネタの故事成語「春宵一刻値千金」 「一刻も千金の」のくだりは、中国北宋時代の詩人・蘇軾(そしょく)の詩『春夜』に登場する次のような一節に由来している。 春宵一刻直千金 花有清香月有陰 意味:春の夜はわずかな時間でも千金の値打ちがある。 花は清らかな香りを放ち、月はおぼろに霞んでいる。 関連ページ 『荒城の月』、『花(春のうららの隅田川)』、『箱根八里』など、明治時代に活躍した瀧 廉太郎(たき れんたろう)の有名な曲 解説と視聴まとめ 「春のうららの隅田川」でも歌われる中国の詩文 春夏秋冬それぞれの季節における趣深い情景や風物詩 『春よ来い』、『春が来た』、『花(春のうららの隅田川)』など、春をテーマとした日本の童謡・唱歌まとめ 菜の花畠に入り日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし.

次の