プルーム テック プラス フレーバー。 【全11種】プルームテックプラスのフレーバーの種類を総まとめ!おすすめ銘柄も紹介

【2020年最新】プルームテック全銘柄/フレーバー11種実吸レビュー!

プルーム テック プラス フレーバー

この記事を2行でまとめると• プルームテック向けに現在販売されているのは12銘柄。 銘柄ブランドは「メビウス」と「ピアニッシモ」の二択 PloomTECH用フレーバーは現在11種類! メンソール系 レギュラー系 ピアニッシモ(Pianissimo) 「ピアニッシモ・アリアメンソール」 「ピアニッシモ・ストロベリー・マンゴーピンク・クーラー」 「 ピアニッシモ・パイナップル・ピーチイエロー・クーラー」(販売中止) 「 ピアニッシモ・ブルーベリー・ヨーグルト・クーラー」(販売中止) 「ピアニッシモ・サクラ・クーラー」(期間限定) 「 ピアニッシモ・レモンティー・ゴールドアロマ」(販売中止) メビウス(MEVIUS) 「メビウス・ミックス・グリーンクーラー」 「メビウス・レッド・クーラー」 「メビウス・パープル・クーラー」 「メビウス・メンソール」 「メビウス・マッチャ・クーラー」(期間限定) 「メビウス・ブラウン・アロマ」 「メビウス・レギュラー」 「 メビウス・バニラ・アロマ」(販売中止) 「メビウス・アズキ」(期間限定) ということで、現状販売されている2個の期間限定銘柄を含めると、現状は「レギュラー系4種類、メンソール系8種類」の銘柄が販売されています。 どんな種類がある? 銘柄ブランドは「メビウス」と「ピアニッシモ」の2種類 ピアニッシモ(Pianissimo) メビウス(MEVIUS) 価格 490円 490円 銘柄数 5種類 7種類 カートリッジ 白色 黒色 ということでプルームテック専用のたばこカプセルのブランドは「 ピアニッシモ(Pianissimo)」および「 メビウス(MEVIUS)」です。 値段は同じで、中身は独自のカプセルとカートリッジが入っています。 当然カプセルは全ての銘柄で異なりますが、カートリッジは一部に互換性があったりなかったりします。 (色はメビウスが黒、ピアニッシモが白ですが、特に意味はありません。 ) カートリッジの互換性について カートリッジの互換性が少しややこしいので、簡単に解説しておくと。。。 レギュラー系はメビウスもピアニッシモも他のカートリッジと互換性なく、メンソール系であればメビウスとピアニッシモのカートリッジは相互互換! ということです。 通期販売銘柄と、期間限定銘柄がある ということで、プルームテックは期間限定販売が大好きなんですよね。 これまでにも上記以外の夏限定銘柄などを販売してきました。 というわけで現在の冬シーズンで期間限定で販売されている銘柄は上記の3銘柄です。 プルームお兄さん 曰く 開発めちゃめちゃ難しかったらしい。 でもしっかり最後まで吸い込むと、最後に レモンティーの渋さ残ってる。 もう少し、やりようがあったのではないか??これは酷い💧一年で一番まずいタバコです。 どれも個人的には非常に美味しく感じました。 上記同様のレビューは以下の記事にて行なっているので、ぜひご覧ください!• ピアニッシモ・ブルーベリー・ヨーグルト・クーラー・フォー・プルーム・テック• ピアニッシモ・パイナップル・ピーチイエロー・クーラー・フォー・プルーム・テック• メビウス・パープル・クーラーフォー・プルーム・テック ということになりました。 正直一位の「 ピアニッシモ・ブルーベリー・ヨーグルト・クーラー・フォー・プルーム・テック」に関しては、ヨーグルト味のタバコって如何なものか。 と思っていましたが、これが意外と美味しいんですよね。 続いての 二位の「 ピアニッシモ・パイナップル・ピーチイエロー・クーラー・フォー・プルーム・テック」。 これもタバコというよりもVapeに似た楽しみ方になってしまうのですが、しっかりと桃の旨味が感じられて美味しかったです。 第三位の「 メビウス・パープル・クーラーフォー・プルーム・テック」は、やはりどのタバコでも外せない「パープルメンソール系銘柄」ということでランキングに入れておきました。 とはいえ基本的にどの銘柄も美味しく、ハズレだなと思った銘柄はありませんでした。 上のレビューを参考にしながら、自分に一番あった銘柄を探してみてください!.

次の

プルームテックプラス(PloomTECH+)全4種類のたばこカプセルのフレーバーを徹底比較レビュー!

プルーム テック プラス フレーバー

新フレーバー「アップル」「レモン」概要 以下でプルームテックプラスの新フレーバーの価格や発売についてまとめました。 JTオンラインショップ• 全国のプルームショップ• 一部タバコ販売店 これら、3箇所で先行して販売されます。 コンビニは全国発売に分類されているので、5月29日から販売されるようです。 発売日は延期になりそうな気も・・・ 一つ懸念しているのはコロナの影響で販売が延期するのではないか?ということ。 実際に、なんかは、コロナの影響を受けてタバコ屋への入荷が遅延しました。 グローストア自体もコロナの影響で営業自粛しましたしね・・・ ただ、今回の新味発表はコロナの影響下で発表されたものです。 コロナの影響も織り込み済みだとは思いますが、誰もコロナの影響を予測できないので販売延期の可能性もゼロではありません。 レモン味に関しては今まで販売されたことのないフレーバーなので、楽しみですね。 柑橘系の味はリキッドタイプと相性が良いので、期待が高まります。 一方のメビウス・ゴールド・レッド・ミント アップル味 は既出のフレーバーになります。 もともと、プルームテックプラスではレッドミントの味があります。 今回、ゴールドシリーズ キック感を強くしたもの としては初のアップル味ですが、どのように味わいが変化しているのでしょうか。 過去に販売されたレッドミント味はアップル感が少ないと感じたので、今回のゴールドシリーズで改善されていればなと思います。 まとめ いかがでしたでしょうか。 プルームテックプラスの新フレーバー、「アップル」と「レモン」について紹介しました。 最近のトレンドはフルーツ系のフレーバーに力を入れている印象ですね。 プルームテックはフルーツ系のフレーバーに定評があるので、今から楽しみですね! 【関連記事】.

次の

【2019年最新】プルームテックプラス全銘柄/フレーバー8種実吸レビュー!

プルーム テック プラス フレーバー

低温加熱式タバコの中でも、比較的喫味が強いJT「プルーム・テック・プラス」。 ニオイは抑えたいが、ある程度の吸い応えが欲しいという喫煙者に適した機種だ。 これまでは、専用リフィルが4種類しかないのが弱点だったが、ここにきて待望のラインアップ追加となる。 新たに発売されるのは、「メビウス・ゴールド・ロースト」「メビウス・ゴールド・クリア・ミント」「メビウス・レッド・ミント」「メビウス・パープル・ミント」の4種。 2019年11月1日から全国発売開始予定で、価格は500円(税込)だ。 そのうち2種は、「プルーム・テック」の専用リフィルで人気のフレーバーとなっている。 「メビウス・ゴールド・ロースト」「メビウス・ゴールド・クリア・ミント」の2種は、「メビウス・ゴールド」という新ライン。 なお、メンソールに関しては、3種とも天然メンソールを100%使用しているという。 さっそく、4種の追加ラインアップを順に味わってみたい。 たっぷりのリキッドで、VAPE(電子タバコ)に近い豊かな蒸気を出すことができる「プルーム・テック・プラス」 「メビウス・ゴールド・ロースト」 長い歴史を持つJTの技術の結晶で生まれたというゴールド・リーフを使用しているのが、「メビウス・ゴールド・ロースト」だ。 今回のラインアップの中で、唯一のレギュラータイプである。 実際に吸ってみると、以前より少しドロー(吸い込む力)が重くなった気がする。 味は従来のレギュラーや、VAPEによくあるナッツ感のある味わいがベースだ。 これがゴールド・リーフの威力なのだろうか。 これは確かに今まで味わったことのないおいしさだ。 レギュラータイプはなかなか素直においしいと感じられることが少ないが、ロースト感に葉の旨味を追加した「メビウス・ゴールド・ロースト」は、タバコらしさが強化されている。 従来のレギュラーのイメージを覆す旨味! もちろんニオイの少なさは健在だ ちなみに「プルーム・テック」シリーズのレギュラータイプを吸うと喉がイガイガするという人がたまにいるが、それは吸うスピードが早すぎるのが原因なことが多い。 加熱蒸気の発生が追いつかないとイガイガとした刺激が起きやすいので、ゆっくり吸ってみたい。 またデバイスの電源をオンにした後、ひと吸いめは肺に入れずにそのまま吐くのも有効だ。 この「メビウス・ゴールド・ロースト」も、早吸いせずに楽しむのがおすすめ。 「メビウス・ゴールド・クリア・ミント」 ゴールド・リーフを使用したメンソールタイプが、「メビウス・ゴールド・クリア・ミント」だ。 果たしてゴールド・リーフはメンソールを添加した後でも感じることができるのだろうか。 吸ってみると、清涼感はさほど強くない。 控えめなタイプのメンソールで、吐き出した蒸気に「メビウス・ゴールド・ロースト」と同様、旨味が乗ってくる。 バランスが非常によく、タバコ感のある味わいにほどよい清涼感を追加する、加熱式に向いたバランスのよい仕上がりになっている。 タバコ感のある味わいにほどよい清涼感でバランスがいい 「メビウス・レッド・ミント」 「プルーム・テック」用リフィルではすでにおなじみのフレーバーラインが、やっとプラス用にも登場した。 このレッドは激辛という意味ではなく、りんごの赤だ。 甘みのあるアップルフレーバーに冷感のある天然メンソールが追加されており、その刺激はやはり強すぎず心地よい程度の清涼感に抑えられている。 これから寒くなることを考えると、このくらいがちょうどよいかもしれない。 ほんのりスイートなりんごのフレーバーメンソール。 蒸気に少し甘さが欲しい人にオススメ もっとメンソールを強力に感じたいのなら、口にいったん蒸気をためてから吸うMTL方式(口吸い)ではなく、直接深呼吸のように肺まで吸い込むDL方式で吸うといい。 ペパーミントタイプの辛みがガッと高まり、刺激が大きくなる。 「メビウス・パープル・ミント」 高温加熱式、低温加熱式、VAPE、いずれでも人気が高いベリーフレーバーとなっているのが「メビウス・パープル・ミント」だ。 ベリー特有のほんのり甘酸っぱい味わいを、天然メンソールの爽快さで包み込んでいる。 これはかなりおいしい。 万人受けする味で、これをまずいと言う人は珍しいと思う。 「レッド・ミント」が少し甘すぎると感じるなら、この引き締まったほどよい甘酸っぱさとクールなメンソールのハーモニーが向いているはずだ。 人気のベリーメンソール まとめ 4種類を吸ってみての感想は2つある。 まずはゴールド・リーフ採用の2種類で、「低温加熱式にもついに旨味の時代がやってきた!」という感動だ。 「レギュラーといえばナッツ感」というのがタバコ味系リキッドのなかばお約束のようになっているが、そこに新たな旨味というジャンルを追加してくれたと思う。 もうひとつは、フレーバーラインにおける、天然メンソールの100%採用だ。 刺激ばかりが注目されるメンソールだが、喉をヒリヒリさせるだけがメンソールの役割ではないと感じさせてくれる芳醇で自然な清涼感が、実においしく感じた。 4種類の中でその2つの要素を同時に味わえるのは、「メビウス・ゴールド・クリア・ミント」だろう。 この味わいは一度体験してみてほしい。

次の