アキュラ タイプ s。 アキュラ・タイプSコンセプト TLXタイプSを示唆 モントレーカーウィーク

ホンダの高級ブランド、アキュラにタイプSの名称が復活!モントレー・カーウィークでコンセプトモデルを発表!

アキュラ タイプ s

ホンダ・ノースアメリカはこのほど、8月9〜18日に米国カリフォルニア州モントレーで開催されるイベント群「モントレーカーウィーク」において、「アキュラ・タイプSコンセプト」を披露すると発表した。 次期型「アキュラTLX」に設定するタイプSを示唆 アキュラ・タイプSコンセプトは、2世代目のNSXからスタートしたアキュラの「プレシジョン・クラフテッド・パフォーマンス」の本質を表すもの。 10年ぶりに「タイプS」を復活させる契機として、アキュラの次期型「TLX」に設定するタイプSを示唆する。 パワフルで表情豊かなスタイルは筋肉質なラインを描き、クリーンでまとまりのあるシルエットが特徴。 2016年に開催されたデトロイトモーターショーで披露された「アキュラ・プレシジョンコンセプト」からディテールを進化させ、エンジンやブレーキへのエアフローレベルを高めている。 フロントやリヤのスプリッターやサイドシル、リヤデッキリッドスポイラー、そしてマルチスポークデザインの21インチホイールには鍛造カーボンを採用。 鍛造カーボンは、カーボンの層を交互に結合させることにより、一般的なカーボンファイバーより高い強度を実現する。 「ダブルアペックスブルーパール」のボディカラーは歴代「タイプS」モデルへのオマージュとして特別に作られた塗料で、光沢と輝きを高めるクリアコートによって、ボディにダイナミックな走りのイメージをもたらしている。 「タイプS」の復活を宣言するこのアキュラ・タイプSコンセプトは、8月15日に開催されるアキュラ主催のプライベートイベントで披露された後、16日の「クワイル・モータースポーツキャザリング」、そして18日の「ペブルビーチ・コンクールデレガンス」で一般公開される予定。 なお、アキュラでは今後2年の間に、2モデルの「タイプS」をデビューさせる方針を明らかにしている。

次の

アキュラTLX新型、特許画像がリーク!強力な「タイプS」は290馬力

アキュラ タイプ s

Contents• アキュラ タイプSコンセプトの概要 タイプSコンセプトの力強い印象は、トレッド幅の広さと、低いスタンスによって生み出されています。 ワイドなダイヤモンドペンタゴングリルとフロントバンパーダクトも、全幅の広さの賜物です。 全幅はかなり広い。 フロント周りは複雑な造形だが、キレイにまとまっている。 Jewel Eyeと呼ばれるLEDヘッドライトには、「シケイン」形状のデイタイムランニングライト(DRL)が組み合わされています。 なおシケインDRLは、ウインカーとしても機能するようです。 シケインのような形状のデイタイムランニングライト。 ボディ側面のラインは絶えず変化し、流れるような印象を生み出しています。 ルーフラインも非常に滑らかです。 一方で筋肉質なリアフェンダーは、鍛造カーボン製のリアスポイラーへとつながっています。 ちなみにフロントおよびリアスプリッター、サイドステップ、21インチホイールなども鍛造カーボン製です。 美しいサイドビュー。 このホイールも鍛造カーボン製だ。 LEDテールライトもDRLと同様のシケイン形状となっています。 タイヤは285サイズ、ブレーキはブレンボ製の4ピストンキャリパーです。 リア周りはレーシーな雰囲気。 テールライトもシケインを模してある。 マフラーは左右に2本ずつのクアッドエキゾースト。 ボディカラーの「ダブルエイペックスブルーパール」は、かつてのTL タイプS(2007-2008)に敬意を表すもので、特別に調合されました。 アキュラ タイプSコンセプトは、モントレー・カーウィークで展示されます。 8月15日にアキュラ主催のイベントでプライベートデビューした後、8月16日のモータースポーツギャザリングにおいて一般公開されるそうです。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 以下の関連記事もぜひご覧ください。

次の

アキュラ新型「TLX」2021モデルの発表は2020年中を予定!「タイプSコンセプト」通りになるのか?

アキュラ タイプ s

走りを極めたホンダのスパルタンモデルといえば、「タイプR」だろう。 初代NSX以来、刺激的な走りを楽しめるタイプRが多くの車種に用意され、今も最新のシビックにタイプRを設定している。 が、そこまでハードに味付けじゃなくても、というファンは少なくない。 そういった人たちのために開発され、送り出されたのグレードが「タイプS」だ。 文:片岡英明 写真:HONDA、編集部 復活を遂げたタイプSコンセプトはFRスポーツ!? 米国ホンダが2019年8月に発表したアキュラ タイプSコンセプト 公開された最新のアキュラ タイプSコンセプトは、アキュラのブランドコンセプトで、現行のNSXから掲げるようになった「Precision Crafted Performance」 正確に、緻密に作られたパフォーマンス を引き継ぐものだ。 ベースとなるのはTLX(日本名:レジェンド)の次期モデルで、正式発表のときに復活させる「タイプS」のプロトタイプだと思われる。 力強いウエッジシェイプと伸びやかなファストバックのシルエットだから2ドアクーペだと思うだろう。 が、よく見ると、ヒドンピラーを備えた4ドアクーペだ。 フードが長く見えるし、ブレンボ製の4ポットブレーキキャリパーが前輪の後ろ側に配されていることから後輪駆動の可能性が高い。 操る楽しさに満ちたFRのスポーティモデルなら、新たなファン層を開拓できそうだ。 この方式なら、エンジンは縦置きのV型6気筒ターボを期待できる。 フロントマスクはアキュラらしいダイヤモンド・ペンタゴングリルに4眼のジュエルアイLEDヘッドライトの組み合わせとした。 だが、これまでのアキュラにはないスポーティなルックスで、グリルからはメッキの縁取りもない。 バンパー左右の大きなエアインテークは、NSXと似たデザインだ。 これから先の2年で、アキュラは2機種の「タイプR」を出すと公表している。 新たな「タイプS」伝説が始まるのを楽しみに待ちたい。 歴代タイプS「ベストの1台」は? 1996年に発売された5代目プレリュードの最上級グレードとして設定された「タイプS」 これまで日本で発売された「タイプS」は、インテグラ、アコード、S2000、初代NSX、そしてプレリュードの5車種だ。 なかでも筆者が最高の「タイプS」だと思うのは、1996年秋にベールを脱いだ5代目プレリュードである。 ベースとなった「SiR」が積む2. 2Lの直列4気筒VTECエンジンは200psだった。 これに対しタイプSは、圧縮比を10. 6から11. 0に高め、ポート研磨を行うとともにVTECの味付けも高回転型に変えている。 最高出力はリッターあたり100psを超える220psで、トランスミッションも5速MTだけと割り切った。 エンジンは軽々と7000回転オーバーまで回り、レスポンスもシャープだ。 5000回転を超えてからは音色が変わり、6000回転からは刺激的な加速を見せつけた。 しかも実用域のトルクも不満のないレベルにあるから街中の走りも苦にならない。 燃費もよかった。 また、ショートストロークの5速MTも気持ちよく狙ったギアに入る。 シャシー性能も非凡だ。 ハブベアリングやアームなども補強しているから剛性が高い。 しかもデフの直後にトルク再配分機構を追加し、外輪に大きなトルクを与えて曲がりやすくするATTS(アクティブ・トルク・トランスファー・システム)も標準装備。 だから意のままの気持ちいい走りを存分に味わうことができた。 運転がうまくなったように、狙ったラインに正確に乗せることができる。 最後のプレリュードはデートカーブームが去ったため渋めの評価となっている。 だが、タイプSは痛快なFFスペシャルティカーだった。 運転するのが楽しいだけでなく日常使いも難なくこなす。 2台目はNSX タイプS 1997年発売のNSX タイプS。 イメージカラーのイモラオレンジ・パールは現行モデルでも2018年の改良で復活した NSXに追加設定されたタイプSも、タイプRに迫る魅力を備えた名車だ。 タイプRの販売が打ち切られ、ファンは残念がっていたが、ホンダは1997年2月のマイナーチェンジでNSXに「タイプS」を設定。 エンジンは3. 2LのV型6気筒DOHC・VTECとなり、5速MTは6速MTに進化した。 また、タイプSだけでなくサーキット走行を意識したエアコンレスの「タイプSゼロ」も用意している。 タイプSは200ccの排気量アップとクロスレシオの6速MTを手に入れたことにより、力強い走りに加え、フレキシブルな走りも実現した。 飛ばしたいときは7000回転まで無理なく使い切ることができ、渋滞した道路状況でも扱いやすいのだ。 軽量ボディだから、加速も軽やかである。 また、チタン削り出しのシフトレバーを備えた6速MTは、5速の時代よりシンクロも強力になったし、変速レスポンスも鋭くなっているから変速するのが楽しい。 サスペンションに専用チューニングを施し、BBS製の鍛造アルミホイールを履いたタイプSは、バネ下重量が軽く、ミッドシップだから意のままの気持ちいい走りを無理なく引き出せる。 マイナーチェンジ後のNSXは、軽量化させながらボディやサスペンションをしっかりと補強した。 また、パワーステアリングも改良されたから操舵フィーリングも見違えるほどよくなっている。 制動能力も素晴らしい。 タイプRよりコントロールしやすく、運転がうまくなったように感じられるのがタイプSのいいところだ。 快適性も高かった。 ベスト3のラストはS2000 タイプS 2007年に追加設定されたS2000 タイプS。 エンジンが2. 0Lから2. 2Lへ替わり、マイルドになったという評価も多いが、扱いやすさと総合性能は極めて高い S2000の最終モデルに登場したタイプSも魅力的なスポーツグレードだ。 2005年のマイナーチェンジで2Lの直列4気筒エンジンに換えて海外向けに使われている2. 2LのDOHC・VTECエンジンを搭載。 ドライブバイワイヤを採用し、出力制御システムも変更、サスペンションのセッティングも見直している。 この後期モデルをベースに2007年秋に登場したのがタイプSだ。 精悍なエアロパーツを身にまとい、サスペンションも専用としている。 従来の2Lエンジンは9000回転まで実用になったが、2. 2Lはマイルドな性格だ。 高回転のパンチも失せた。 が、もともと素性のいいエンジンで、7000回転までは軽やかに回る。 しかも常用域のトルクは大幅に増え、シフトダウンしなくても街乗りを無理なくこなす。 全域にわたって扱いやすくなり、同乗者も快適になった。 もちろん、俊敏なハンドリングは健在だ。 オープンでもボディ剛性は高いし、サスペンションもシャキッとしているから狙った通りに意のままのコーナリングを楽しめる。 トラクションコントロールは解除できないが、十分すぎるほどスポーティだ。 郊外の道では爽快なオープンエアも楽しむことができる。 「硬派じゃないけど間口が広い」タイプRにはないタイプSの魅力 「タイプR」ではないもうひとつのスポーツモデル、アコードに設定されたユーロR(2002年発売) 硬派の「タイプR」と比べると「タイプS」は間口が広い。 多くの人がスポーティな走りを楽しむことができるのが最大の魅力だ。 これはアコードとシビックに設定された「ユーロR」にも言える美点である。 テクニックに応じて気持ちいい走りを楽しめ、その気になればサーキット走行もこなすことができるのだ。 また、快適性の高さでも「タイプR」を凌ぐ。 デートや街乗りからサーキット走行まで使うことができる許容度の高さがある。 無理なく維持していけるのも長所のひとつだ。 それなりにパーツ代はかかるが、「タイプR」より維持するのはラクだった。 今の車より軽量だからパーツの負担も小さい。 ただし、気持ちいい走りの「タイプS」は新車のときでも少数派だった。 だから中古車になっても手に入れるのが難しくなっている。 これが悩みどころだ。 となれば、テクニックを磨くのに最適な「タイプS」の復活を熱烈に期待したい。

次の