いつも遊ぶ本体 登録できない。 本体2台、ソフト1本で『スプラトゥーン2』を対戦・協力プレイする。

PS4で「いつも使うPS4」に登録するメリットとは?

いつも遊ぶ本体 登録できない

・「条件付きで」できる ・「いつもあそぶ本体」機能は本来、そのための機能ではない この2つは押さえておきたい。 同時起動の方法については、後ほど。 さて、引用したツイートにある「ファミリー機能」とは、 「いつもあそぶ本体」という機能のこと。 (ツイートされた方も、リプライで訂正されていますね) ちなみに、Lite固有の機能ではなく、現行Switchでも使える機能。 「いつもあそぶ本体」の説明にはこうある。 「いつもあそぶ本体」とは、複数のNintendo Switch本体を使用する場合に、購入したダウンロードソフトや追加コンテンツを優先して遊ぶことができる本体のことです。 どの本体を「いつもあそぶ本体」に登録するかで、購入したダウンロードソフトなどを遊べる条件がそれぞれの本体で変わります。 なるほどわからん。 任天堂HPの図をみてみる。 この図は分かる。 自分なりに解釈してみる 「複数台のSwitchがあるとき、どの本体を優先させるか」 と理解すればよろしい。 最初に引用したツイートだけを読むと、 「いつもあそぶ本体」機能が、 「1つのダウンロードソフトを複数の人であそべる」機能のように 理解してしまいそうになる。 公式ページの次の説明を、 もう一度読む。 「いつもあそぶ本体」とは、複数のNintendo Switch本体を使用する場合に、購入したダウンロードソフトや追加コンテンツを 優先して遊ぶことができる本体のことです。 どの本体を「いつもあそぶ本体」に登録するかで、購入したダウンロードソフトなどを遊べる条件がそれぞれの本体で変わります。 スマブラのローカル対戦ならできるってことか。 <2019. 04追記> はじめにツイートを引用した方が、分かりやすい4コマを作っていた。 スイッチのDLソフト1本で2台同時起動について4コマでまとめておきました。 この場合下の本体はオフラインでも遊べますが上の本体はオンライン認証が必須です。 またローカル通信はできないみたいですね。 昨日一応訂正したけどファミリー機能とは関係無いので悪しからず...

次の

2台のPS4で1本のゲームをDLC共有プレイする方法(MHW実践済)

いつも遊ぶ本体 登録できない

関連記事: 上の記事で、ニンテンドースイッチの一部ダウンロードソフトは、本体が2台あればソフトが1本だけでも同時起動でき、さらにオンラインでの対戦・協力プレイもできることを書いた。 で、同じことが『あつまれ どうぶつの森』でもできた。 これを使えばソフト1本でも、たとえば家族でAの島とBの島に分かれて住んで遊びに行ったり来たりできるし、ひとりで北半球と南半球の島をつくって行ったり来たりすることもできる。 楽しいし便利だ。 基本的なやり方はと同じ。 下記に手順をまとめた。 必要な環境が整っている人は、ぜひやってみてほしい。 【要点】 ・ソフトはダウンロード版なら1本でOK。 パッケージ版なら2本必要。 今回はダウンロード版を前提とした記事。 ・ ニンテンドーアカウントが2つ必要。 ファミリー登録はしていてもしていなくてもよい。 ・ ローカル通信プレイでは一緒に遊べない。 1本のDL版を2台で同時起動するとき、ローカル通信プレイでは必ずエラーが出る仕様になっている。 ・ インターネットによる通信プレイでは一緒に遊べる。 2アカウントともニンテンドースイッチオンラインへの加入が必須。 家族ならファミリープランを契約すると合理的。 【やり方】 1. ニンテンドースイッチオンラインを契約したアカウントを2つ用意する。 www. nintendo. jp スイッチを複数台持っている人向けに「いつも遊ぶ本体」の設定機能というのがあって、これがまあまあややこしい。 ややこしいのだが、基本的には「いつも遊ぶ本体はいままで通りメインでもサブでも遊べて、そうじゃないほうの本体はメイン専用機っぽくなる(厳密には違うが)」くらいの理解でいれば、だいたい大丈夫。 今回は、通常のスイッチを「いつも遊ぶ本体」に設定。 妻や子どもたちにはこっちでプレイしてもらう。 ぼくはスイッチライトでプレイする。 「いつも遊ぶ本体」でサブアカウント、「じゃないほうの本体」でメインアカウントを選び、『あつまれ どうぶつの森』を起動する。 ニンテンドースイッチでは、アカウントが違えば1本のDLソフトを2台まで同時起動できる。 (同じアカウントでは2台同時起動はできない) なお、『あつまれ どうぶつの森』はクラウドセーブ(セーブデータお預かり)やセーブデータ引っ越しに対応していない(2020年4月現在)ため、場合によっては最初からのスタートになることに注意。 準備が整ったら、飛行場に行ってオンラインプレイの手続きをしよう。 なお、ローカル通信ではエラーが出て一緒に遊べない。 一緒に遊ぶ! ウッヒョヒョーーーーイ! もともと、ひとつの島に複数人が住む形での協力プレイはできる『あつ森』だが、このやり方だと島がふたつつくれるので、違う季節や違う発展のさせ方を楽しめるのが大きい。 協力プレイをするときも1画面をひとりずつ使えるので、リーダーとフォロワーの権限奪い合いでモメることもない。 とっても便利。 いろんな遊び方ができる『あつ森』の遊びの幅をさらに広げてくれる、このテクニック。 覚えておいて損はないので、ぜひやってみてほしい。

次の

2台のswitch&1つのダウンロード版で島を2つ作るとデメリットがあった【あつ森】

いつも遊ぶ本体 登録できない

・「条件付きで」できる ・「いつもあそぶ本体」機能は本来、そのための機能ではない この2つは押さえておきたい。 同時起動の方法については、後ほど。 さて、引用したツイートにある「ファミリー機能」とは、 「いつもあそぶ本体」という機能のこと。 (ツイートされた方も、リプライで訂正されていますね) ちなみに、Lite固有の機能ではなく、現行Switchでも使える機能。 「いつもあそぶ本体」の説明にはこうある。 「いつもあそぶ本体」とは、複数のNintendo Switch本体を使用する場合に、購入したダウンロードソフトや追加コンテンツを優先して遊ぶことができる本体のことです。 どの本体を「いつもあそぶ本体」に登録するかで、購入したダウンロードソフトなどを遊べる条件がそれぞれの本体で変わります。 なるほどわからん。 任天堂HPの図をみてみる。 この図は分かる。 自分なりに解釈してみる 「複数台のSwitchがあるとき、どの本体を優先させるか」 と理解すればよろしい。 最初に引用したツイートだけを読むと、 「いつもあそぶ本体」機能が、 「1つのダウンロードソフトを複数の人であそべる」機能のように 理解してしまいそうになる。 公式ページの次の説明を、 もう一度読む。 「いつもあそぶ本体」とは、複数のNintendo Switch本体を使用する場合に、購入したダウンロードソフトや追加コンテンツを 優先して遊ぶことができる本体のことです。 どの本体を「いつもあそぶ本体」に登録するかで、購入したダウンロードソフトなどを遊べる条件がそれぞれの本体で変わります。 スマブラのローカル対戦ならできるってことか。 <2019. 04追記> はじめにツイートを引用した方が、分かりやすい4コマを作っていた。 スイッチのDLソフト1本で2台同時起動について4コマでまとめておきました。 この場合下の本体はオフラインでも遊べますが上の本体はオンライン認証が必須です。 またローカル通信はできないみたいですね。 昨日一応訂正したけどファミリー機能とは関係無いので悪しからず...

次の