ジャンプ チ 炭 治郎。 舞台『鬼滅の刃』、炭治郎役・小林亮太ら登場のメインビジュアル

集英社

ジャンプ チ 炭 治郎

『鬼滅の刃』が社会現象になっている。 「関連商品も大ヒット中で、コンビニで販売されたコラボグッズには行列ができたほどです。 2・5次元舞台も上演され、客席の多くは女性で埋まりました。 『鬼滅』は少年漫画ですが、非常に女性ファンが多いことも特徴のひとつ。 炭売りの少年・竈門炭治郎(かまどたんじろう)は家族を鬼に惨殺され、妹の禰豆子(ねずこ)は一命を取り留めたが鬼にさせられてしまう。 「60代の女性が『鬼滅』にハマっているという話を聞きました」 そう話すのはマンガソムリエの兎来栄寿(とらいえいす)さん。 強い敵を倒すために修行し、強くなるという従来の少年漫画の王道に加えた魅力がある。 兎来さんは、「『ワンピース』や『ドラゴンボール』などにピンとこなかった人でも、『鬼滅』ならもしかしたらハマるかもしれません」と言う。 「主人公の炭治郎は家族思い・仲間思いで、歴代のジャンプ漫画でいちばん優しい主人公と言ってもいいくらい。 女性視点でいえば、結婚するならこういう男性としたいと思わせる魅力があると思います。 妹の禰豆子のように守られたいみたいな。 あと料理が得意であったり家庭的な部分もあり、令和の時代に求められている男子像かなと思いますね。 しかし、『鬼滅』は、敵である鬼にも魅力がある。 「敵の鬼もみんなもともとは人間で、戦った後に、その鬼の人間時代の悲しい過去が描かれる。 戦っているときはすごく憎たらしい鬼でも、大切な人が殺されていたり……。 炭治郎の兄弟子や先輩を何人も殺した鬼がいた。 彼は鬼になったことで、いつも手を引いてくれていた仲のよい兄を食い殺してしまった過去を持っていた。 そんな鬼を倒した後、炭治郎は、 「神様どうか、この人が今度生まれてくるときは、鬼になんてなりませんように」 兄と同じように、手を握って、このように語りかけるのだ。 『鬼滅』のコミックスは、発売当初から右肩上がりに部数を伸ばしていたが、あるときを境に、さらにその伸びを加速させている。 「去年の4月にアニメが始まった段階では、350万部程度でした。 その後、4月に500万部、7月に800万部、9月に1200万部と、何倍にも増えていった。 『鬼滅』のヒットは、アニメが起爆剤になっていることは間違いないと思います」 そう話すのは、国内外のアニメに詳しい映画ライターの杉本穂高さん。 「アニメは『刀剣乱舞』も担当した『ufotable』という制作会社が作っているのですが、作品の質がとても高いスタジオということで、アニメファンの間ではすごく信頼が厚い。 1本1本の作品を本当に大事に作る会社です。 『鬼滅』では、監督がOKを出したパートを、指示されたわけではないのに、担当のスタッフが、それをさらにブラッシュアップしてよりよくしたということがけっこうあったらしいです。 この人気は、今年中はかげりそうにない!? 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww•

次の

【鬼滅の刃203話ネタバレ】炭治郎が鬼化し人間に戻るカギは禰豆子かカナヲ?|ワンピースネタバレ漫画考察

ジャンプ チ 炭 治郎

今週の表紙、ルフィ、おでん、ゴールドロジャーが揃い踏みでめちゃくちゃエモい。 「時空を超え、引き継がれる意志」のキャッチコピーも好き。 ワンピース 976話 ついにジンベエ合流!!役者が揃ってきた感ある。 現実の時間だと長い長い時を経ての再登場。 打倒カイドウ・オロチに向けてさらに戦力が増強。 ますます決戦が楽しみになってきた。 それにしても裏切り者・カン十郎の能力は非常に厄介。 広範囲攻撃や飛行までと描く対象によって能力の幅が広い。 かつての同志である侍たちが彼と決着を着けてくれるのだろうか。 鬼滅の刃 201話 「日本一慈しい鬼退治」ってそういうことかよ吾峠先生!炭治郎の鬼化は予想していたとはいえ、やっぱり目にすると辛い。 無惨、死に際まで見苦しい。 黙って死んでおけば良かったものを。 無惨の意志まで炭治郎に引き継がれるとは思いもよらなんだ。 「人を殺す前に炭治郎を殺す」と即座に判断した義勇に敬意を。 自らもボロボロになってようやく無惨を倒した末の悲劇。 本意ではないだろうに… 「仲間だからこそ斬れない」と伊之助が躊躇するのも当たり前。 ずっと一緒に戦ってきた仲間を切り捨てられるほど、簡単には割り切れない。 ギリギリのところで炭治郎が踏みとどまるのか。 それともさらなる悲劇が襲うのか。 禰豆子が鬼から人間に戻ったように、長男である炭治郎も復活してくれるのを祈っている。 禰豆子合流で炭治郎が人間に戻ってめでたしめでたし。 もしくは炭治郎が鬼のまま脱走、第二部へ…とどちらも可能性あるから、まだどうなるか全然分からない。 僕のヒーローアカデミア 267話 表紙のミルコが麗しかっこいい。 本編での必死の活躍もまた惚れそうなくらいのかっこよさ。 堀越先生の性癖詰め詰めなだけある。 ホークス死んだかと思ってドキドキした。 荼毘のセリフが黒塗りなのは、正体がほぼ分かっているとはいえ明言するべきときは今ではないということなんだろうか。 エンデヴァーに憧れた男が、エンデヴァーの息子に殺される皮肉かと… 師匠のピンチに弟子の常闇が参戦!どんなときでも諦めないのがヒーロー。 高まる展開! ぼくたちは勉強ができない 154話 理珠ルートでまさかうるか、文乃が諦める描写まで入るとは。 これから何度も胸が張り裂けそうな失恋シーンが描かれるのか…? 紗和子が助けにきたのはグッドだけども、今じゃねえ、今じゃねえんだ!もう少しで曖昧な関係性に変化がありそうだったのに! とはいえそんなにすぐ切り替わったら話が終わっちゃうから、もう少し引っ張るんじゃないでしょうか。 アクタージュ 108話 あゆみちゃん、千世子や王賀美、夜凪からファンサービス受けてて良かった〜〜〜!結局、彼女がサイド甲乙のどちらに投票したのか気になりますね。 花子さん、散々人の感情を利用して舞台を作り上げて、自分では見出せなかった解釈を提示されて浄化されてしまった…芸術家としての彼女は死んでしまったのか… 宴は終わり、新章開幕。 星アリサがマネージメントにアキラ帰還、新キャラ登場とめまぐるしく状況が動き出す。 鳴乃皐月ちゃん、「メイ」の「サツキ」とな。 五月の五月ちゃんじゃん。 可愛い 可愛い。 呪術廻戦 102話 表紙がおしゃれで好き。 冥冥さんの「縛り」を自分じゃなく烏に強制させて能力を底上げするの痺れるかっこよさ。 「神風」を防いだ人間は五条悟しかいない、偽夏油に止められるフラグのように思えてならない。 かつて最強と肩を並べるのを諦めた男が、肉体を利用されて五条悟に並ぶかもしれないのは皮肉か。 チェンソーマン 65話 闇の悪魔の恐ろしさがありありと伝わってくる回。 圧倒的な力を見せたクァンシまであっさりと… どんな手を尽くしても敵わなそうな絶望感。 これからどうなってしまうんや一体… ハイキュー 389話 アニメでちょうど合宿〜春高開幕までやったときに本誌で今回の話やるの、タイミングがドンピシャ。 相乗効果恐るべし。 「おりこうさん」の下りもちょうど指摘されてましたね。 北川第一での経験も、烏野での経験も、すべて今の影山に繋がっている。 「コート上の王様」はもはや蔑称ではなく、賞賛されるべき渾名だ。 影山は「来年から海外」だそうで、描かれるかどうかは別にしてVS及川も実現しそうな気配がありワクワクするな! AGRAVITY BOYS 16話 脱獄後の再登場シーンは笑った。 なんつう格好してんだよと。 ただ、掲載順がドベまで落ちるとは…ギャグ漫画はジャンプで生き残るのは厳しいのか!? 関連記事 スポンサーリンク kwusbb.

次の

【ジャンプ45号感想】鬼滅の刃 第81話 重なる記憶 : ジャンプ速報

ジャンプ チ 炭 治郎

『舞台「鬼滅の刃」』のメインビジュアルが公開された。 吾峠呼世晴が『週刊少年ジャンプ』で連載中の同名漫画をもとにした同作。 大正時代の日本を舞台に、主人公の少年・竈門炭治郎が、鬼に変貌してしまった妹・禰豆子を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、「鬼狩り」の道へ進む様を描く。 主人公の竈門炭治郎役を小林亮太、炭治郎の妹・禰豆子役を高石あかりが演じる。 脚本と演出を末満健一が担当。 メインビジュアルは、炭治郎を中心としたメインキャラクター9人の姿を捉えたもの。 漫画アプリ「少年ジャンプ+」では、『週刊少年ジャンプ』定期購読者を対象としたチケット最速先行予約を11月17日まで受け付けている。 一般販売は12月14日10:00からスタート。 『舞台「鬼滅の刃」』は、2020年1月18日から東京・天王洲銀河劇場、1月31日から兵庫・AiiA2. 5TheaterKobeで上演される。

次の