宇部 三菱 セメント。 構造改善とセメント各社の再編

日刊建設工業新聞 » 宇部興産、三菱マテリアル/セメント事業を統合/新会社設立、事業規模6千億円想定

宇部 三菱 セメント

宇部興産と三菱マテリアルはセメント事業を統合する(宇部興産の伊佐セメント工場) とは12日、両社のセメント事業を統合することで基本合意したと発表した。 2022年4月をメドに新会社を発足させる。 両社はすでにセメントの販売・物流機能を統合している。 セメントの国内需要の減少に歯止めがかからず、エネルギー価格も高止まりするなか、生産機能を含む完全統合に踏み切ることでコスト削減につなげる。 両社は同日、統合協議を開始する合意文書を交わした。 今年9月に最終契約を結ぶ。 新会社は両社の折半出資とする予定。 統合の対象事業は建材や生コンなども含む。 両社は1998年に、セメントの販売・物流機能を統合した宇部三菱セメント(東京・千代田)を設立した。 宇部三菱セメントの業界シェアは国内でに次ぐ2位。 新会社は宇部三菱セメントを吸収合併し、売り上げは約6千億円となる見通しだ。 宇部興産は国内に3カ所、三菱マテリアルは5カ所のセメント工場を持つ。 両社は宇部三菱セメント設立時にも生産機能の統合を検討していたが、合理化の条件などで折り合えず、いったん検討を中断した。 その後、事業環境が厳しさを増すなか、単独での生き残りは難しいと判断した。 三菱マテリアルは同日、2020年3月期の連結最終損益が570億円の最終赤字(前期は12億円の黒字)になりそうだと発表した。 従来予想を670億円引き下げ、10年ぶりの最終赤字に転落する。 自動車向けのアルミ部材を手掛ける子会社などで事業構造改革に伴う特別損失を計上する。 宇部興産とのセメント事業統合に関連する費用は今期は織り込んでいないという。

次の

宇部興産と三菱マテ、セメント事業を統合 4年に新会社 山口

宇部 三菱 セメント

宇部興産と三菱マテリアルはこのほど、セメント事業などの統合に関する基本合意書を締結したと発表した。 12日開催の各取締役会で、2022年4月をめどに両社のセメント事業とその関連事業などの統合実施に向けた、具体的な協議・検討を開始することを決議した。 今年9月末をめどに、統合に関する最終契約書を締結する予定。 統合の範囲は、両社の国内・海外のセメント事業と生コンクリート事業、石灰石資源事業、エネルギー・環境関連事業、建材事業その他の関連事業とすることを予定している。 統合の方法は、両社の折半出資により統合のための新会社を設立し、会社分割などの方法によって、それぞれの対象事業(対象事業に従事する子会社などの株式を含む)を新会社に承継させるとともに、新会社を存続会社、宇部三菱セメントを消滅会社とする吸収合併を行う予定だ。 統合後の両社の新会社への出資比率は、承継する事業の価値の調整を行った上で、宇部興産・三菱マテリアル各50%とする基本方針の下に協議・検討していく。 これらの事項を含む統合の諸条件については、最終契約書の締結までに両社間での協議を経て決定する。 両社は1998年、折半出資により宇部三菱セメントを設立。 両社単体のセメント販売・物流機能を統合して、物流費や本支店費の削減を含む一定の効果を実現してきた。 現在、国内セメント事業は、需要の減少やエネルギー価格の高止まりなどによるコストアップなど、事業を取り巻く環境は大きく変化しており、両社のセメント事業の将来の成長のためには、従来の関係を発展させた新たな体制の構築が必要となっている。 そこで、両社グループのセメント事業全般とその関連事業などを統合する方向で、具体的な協議・検討を開始することを決定した。 この統合により、国内セメント事業で創出されるキャッシュフローを、国内外で成長が期待できる事業に集中的に投下することで、社会インフラの整備と循環型社会の発展に貢献する企業として持続的な成長を図り、両社にとって最適な運営体制を構築していく。 新着ニュース一覧•

次の

構造改善とセメント各社の再編

宇部 三菱 セメント

宇部興産と三菱マテリアルはセメント事業を統合する(宇部興産の伊佐セメント工場) とは12日、両社のセメント事業を統合することで基本合意したと発表した。 2022年4月をメドに新会社を発足させる。 両社はすでにセメントの販売・物流機能を統合している。 セメントの国内需要の減少に歯止めがかからず、エネルギー価格も高止まりするなか、生産機能を含む完全統合に踏み切ることでコスト削減につなげる。 両社は同日、統合協議を開始する合意文書を交わした。 今年9月に最終契約を結ぶ。 新会社は両社の折半出資とする予定。 統合の対象事業は建材や生コンなども含む。 両社は1998年に、セメントの販売・物流機能を統合した宇部三菱セメント(東京・千代田)を設立した。 宇部三菱セメントの業界シェアは国内でに次ぐ2位。 新会社は宇部三菱セメントを吸収合併し、売り上げは約6千億円となる見通しだ。 宇部興産は国内に3カ所、三菱マテリアルは5カ所のセメント工場を持つ。 両社は宇部三菱セメント設立時にも生産機能の統合を検討していたが、合理化の条件などで折り合えず、いったん検討を中断した。 その後、事業環境が厳しさを増すなか、単独での生き残りは難しいと判断した。 三菱マテリアルは同日、2020年3月期の連結最終損益が570億円の最終赤字(前期は12億円の黒字)になりそうだと発表した。 従来予想を670億円引き下げ、10年ぶりの最終赤字に転落する。 自動車向けのアルミ部材を手掛ける子会社などで事業構造改革に伴う特別損失を計上する。 宇部興産とのセメント事業統合に関連する費用は今期は織り込んでいないという。

次の