ツイッター 過去 の ツイート 見れ ない。 過去のツイートを見る方法まとめ!過去ログや全ツイート履歴を検索しよう!

【解決】Twitter 過去のツイートが表示されずお困りの方へ Twilog その他の方法

ツイッター 過去 の ツイート 見れ ない

Twitterを運用している時に「あれ?なんでツイートが見れないんだろう?」と思ったことはありませんか? Twitterでは、ツイートを発信する側・受け取る側ともにツイートを見れなくする機能が存在します。 「ツイートの非公開」や「ミュート」「ブロック」というように、類似した機能が多く存在するため、それぞれどのようなことが行えるのか混乱してしまうかもしれません。 今回は Twitterの公開・非公開に関わる機能をまとめて解説します。 自分の見たくないツイートを見えないようにしたり、逆に自分の見られたくない情報を見えないようにしたりという機能は、知っておいて損はない情報です。 また、相手 ユーザーの公開・非公開設定によっては、自分の予想している反応が受け取れない場合もあるので事前に注意点をおさえておきましょう。 ですが、 アカウントの設定を変更することにより、自分のフォロワーしか見ることができないようにする「非公開」設定を選ぶことができます。 では、「非公開」設定を行っている ユーザーには、「公開」設定の ユーザーと比べてどのような違いがあるのでしょうか。 参考: フォロー認証が必要 アカウント名の横に鍵のアイコンがついている ユーザーは、ツイートの内容を非公開にしています。 このような ユーザーのツイートを見るには、その ユーザーのフォロワーになる必要があります。 アカウントの ページから「フォローする」をクリックし、 ユーザー自身によって認証されるのを待ちましょう。 ツイートのリツイートができない ツイートを非公開にしている ユーザーのツイートは、リツイートができません。 フォロー認証を受け、その ユーザーのツイートを見れるようになっても画像のように「リツイート」のアイコンが暗くなっています。 このようなツイートはリツイートはできないので注意しましょう。 ツイート検索にヒットしない 非公開にされているツイートは、キーワードで検索しても除外されてしまいます。 アカウントの基本情報を検索することはできるので、ツイートを見たい場合はフォローするようにしましょう。 なお、現在はツイートを非公開にしている ユーザーであっても、非公開当初は公開していた当時のツイートが Googleのような 検索エンジンでヒットする場合があります。 その場合は、 Googleにリクエストを行い、早期に削除することもできます。 参考: 非公開アカウントでなくても見れないアカウントやツイートがある ツイートを非公開にしている ユーザーでなくても、検索してもでてこない ユーザーや見ることのできないツイートがあります。 2つの例を見てみましょう。 検索にヒットしない事例 検索を行っても、 アカウントやツイートが見つからない場合があります。 この場合、以下の可能性が考えられます。 【アカウント】 ・自己紹介や名前を記入していない。 ・Twitterをほとんど利用していない・更新頻度が低い。 このような場合、検索の優先順位が下がり、表示されづらくなっています。 もし自分の アカウントを検索しても見つからないということがあるなら、上記の2点を改善しましょう。 【ツイート】 ・ツイートに不適切な内容が含まれている。 に反していることが疑われている場合、ツイートが 検索結果に表示されない場合があります。 あらためてツイートを見返してみましょう。 参考: 画像の警告文がついている事例 ポルノ画像や暴力的な表現が含まれる画像を発信する可能性のある ユーザーは、画像に警告文を含むように設定している場合があります。 その場合 ユーザーはツイートを押すごとに「 コンテンツを表示」をクリックするか、常に表示するように設定を行わなければ画像を確認できません。 また、このように発信する側が設定している場合でなくても「これは Twitterのルールに違反しているのでは?」という画像に対して Twitterに報告することができます。 参考: Twitter Twitterとは140文字以内の短文でコミュニケーションを取り合うコミュニティサービスです。 そもそもTwitterとは、「小鳥のさえずり」を意味する単語ですが、同時に「ぺちゃくちゃと喋る」、「口数多く早口で話す」などの意味もあります。 この意味のように、Twitterは利用者が思いついたことをたくさん話すことのできるサービスです。

次の

Twitterのプライベート機能を徹底解説!ツイート・リストの公開/非公開、ミュート・ブロック機能とは|ferret

ツイッター 過去 の ツイート 見れ ない

tech Twitterデータの全ツイート履歴を見られるように簡易ビューアを作った - Kotet's Personal Blog• HOME• ABOUT• DOWNLOAD• TAG• FEED Twitterデータの全ツイート履歴を見られるように簡易ビューアを作った Created: 2019-10-12 Table of Contents• 追記: おそらくTwitter側の仕様変更により、現在自分の作ったビューアは正常に動作しません。 他のビューア作者が対応しているかもしれないので当記事下部のリンクから他の作者のビューアも確認してみてください。 Twitterには全ツイート履歴をダウンロードして閲覧する機能がありました。 しかし最近はJavascript. jsファイル としてのデータだけを渡すようになり、一般ユーザーが閲覧する方法がなくなっているようです。 実際ググってみると「ツイート履歴 index ない」、「twitterデータ ダウンロード 見れない」、 「twitterデータ ダウンロード js」などが関連検索キーワードとして出てきたりします。 というわけでごくごく簡易的に全ツイートを見られるようなサイトを作りました。 新しい「Twitterデータ」はツイート履歴だけではなく本当に「全データ」が得られるらしく、 なにを検索したか、どんな広告を閲覧したかや、これまでツイートやDMで送ってきた画像もすべてそのまま入っています。 今回はそのうち全ツイート履歴に相当する「 tweet. js」だけを見るためのツールです。 使い方 と以下のような素朴な選択画面が出てきます。 ファイル選択ボタン 上の画像では"Choose File"と書かれているボタン をクリックするとファイル選択ダイアログが出てくるので、ダウンロードしてきたTwitterデータの中にある tweet. jsを選択します。 すると少しの読み込み時間の後、ツイートが表示され始めます。 「Show details」ボタンを押すとその場にツイートが埋め込まれ、詳しい情報を見ることができます。 全ツイートを一度に読み込み一度に表示するので、大量のメモリを消費します。 大量と言っても tweet. jsの数倍程度なのですが、普段からメモリが足りなくて動作が重いような人には厳しいかもしれません。 おわりに この素朴さではたしてどれくらいの人の役に立つのか疑問ですが、とにかく作りました。 Twitterが公式に閲覧方法を用意してくれればそちらを使えばいいし、 もし公式からビューアが現れることが今後なかったとしても誰かがもっと便利で多機能なビューアを作ってくれるでしょう。 作ってくれるはずです。 誰か作ってください。 このビューアがそれまでのつなぎになってくれると良いなと思いました。 動かない等なにか問題があればまで連絡ください。 追記: 他の人が作ったビューア 記事の公開からしばらく経ちますがアクセスが途切れることがありません。 かなりの人が困っているんだろうなと感じます。 そろそろ他の人もビューアを公開し始めているので紹介しようと思います。 自分のビューアはこれ以上の機能追加等を行う予定はないので、 機能不足を感じたら以下のビューアも試してみてください。 オンライン Webサイトに tweet. jsをアップして処理するタイプです。 オフライン tweet. jsのあるフォルダと同じ位置に保存して開くタイプです。 捨てる神あれば拾う神あり 有志がつくってくれた index. html として保存。 それを全ツイート履歴のトップフォルダに放り込めばいいみたい— ォヶラ okerror から情報提供をいただきました。 上のオフラインビューアの作者が専ブラを作り始めたようです。 リリースページはこちら: インストール方法メモ Win10 1 リンク先で最新バージョンのタイトルをクリック(現在だとAlpha 3) 2 Twitter-Archive-Browser-Setup- version. 執筆時点ではzipファイルを渡すとクラッシュしてしまうようなので、展開したフォルダを渡してあげましょう。 Twitterデータの全ツイート履歴を見られるように簡易ビューアを作った 2019-10-12.

次の

twitterが見れなくなった時に行ってほしい4つの対処法

ツイッター 過去 の ツイート 見れ ない

アカウント(ユーザー)指定• 日付・期間指定 ざっくり言えば「ユーザー名 ()と日時を入れて検索すればok!」という感じですよ。 順番に説明していきますね。 基本的なコマンド検索方法(sinceなど) では、実際に基本的なコマンド検索のやり方を見てみましょう。 スマホでツイッターのアプリを開いたら、画面の下部の 「虫めがね」マークをタップして検索モードに入ります。 画面の上部に検索窓が表示されるので、ここに「コマンド」を入力していけばokです。 まずは、検索したいアカウント(ユーザー)の指定の仕方を紹介しますね。 検索窓で「 from:アカウント」と入力してください。 「コマンド」と言っても、たったこれだけのことなんですよ!全然ビビることありません(笑) じゃあ、さらに「特定の日付・期間」を指定してみましょう。 「〜まで」のように日にち指定したい場合は、「 until:年月日」と入力してください。 例えば「2017年4月21日まで」の投稿を範囲指定したいなら「until:2017-04-21」となります。 これで日付の指定はばっちり。 例えば「2016年12月31日から」の投稿を見たいなら「since:2016-12-31」となりますよ。 ツイッターを日付指定して遡るにはこんな感じでコマンドを入れればokです。 日付指定・期間指定の応用(時間指定) 日付の指定については、「日にち」だけでなく「時間」まで指定することも可能です。 ハイフンとアンダースコアを間違えると検索できませんので! 公式サイトの「高度な検索」を使う方法 2つ目は、ツイッターの公式サイトが用意している『高度な検索』を使う方法です。 これはスマホではなく pc(ブラウザ)限定の方法ですね。 インターネット検索で「ツイッター 高度な検索」と入力して探してみてください。 一番上に表示されるはずですよ。 なんとこんな便利なページが用意されていたんですね〜。 「高度な検索」では、以下の4種類の内容が指定できますよ。 キーワード• ユーザー• 日付 アプリ(webサービス)を使う方法 最後はアプリを使う方法です。 ツイッターの公式アプリ以外に、過去の投稿が検索できるアプリ・webサービスが幾つかあるんですよ。 いろいろありますが、最も有名なのは「twilog(ツイログ)」ですね。 画像引用:twilog 公式サイト こちらはダウンロード不要なwebサービスです。 こういったサービスを利用しても昔の投稿を検索できますよ。 過去ツイートをうまくコマンド検索・日付指定検索できない4つの原因 ラストは、うまくコマンド検索できない原因も紹介しておきますね。 コマンド検索がうまくできない時は、以下の4つの原因をチェックしてみてください。 コマンド検索がうまくできない原因• アカウント直前に「:」を付けていない• コマンドを並べるとき、間に「半角スペース」を入れていない• 日付の入力で「0」を忘れている(例:4月なら「4」ではなく「04」)• 「-(ハイフン)」と「-(アンダースコア)」を間違えている 僕も「:」の付け忘れや「半角スペース」の入れ忘れで検索できなかった経験があります。 ええ、それはもう何度も(笑) これらをミスすると絶対にエラーになってしまうので、くれぐれも気をつけてくださいね! まとめ:日付検索・期間指定検索はコマンドで! 最後に、今回ご紹介した「特定の日付・期間指定できる3つの検索方法」をまとめて並べておきますね。

次の