プロ 野球 いっ きゅう 速報。 【衝撃野球動画】悪球打ちがうまい現役プロ野球選手ベスト9

なるほどヒヨコ:プロ野球の日ハムは引っ越すの?

プロ 野球 いっ きゅう 速報

日本ハム新庄剛志外野手(34=SHINJO)が、4打数2安打で、チームのシリーズ3勝目に貢献した。 今日26日にも本拠地で日本一が決定。 同時に今季限りで引退を表明している新庄にとっては、ラストゲームの可能性もある。 28年間の野球人生の最後を最高のハッピーエンドで結実させる。 ベンチを飛び出して出迎えにいった。 新庄が、お立ち台での謝罪を終えた金村の体を抱き寄せた。 「ありがとう…」。 耳元で優しくお礼を言った。 最高の舞台を演出してくれた、この日のヒーローにどうしても感謝の言葉を伝えたかった。 出場停止処分中に何度も「待っているよ」とメールを送信した、投手陣の柱の復活劇で日本一へ王手。 得点にはつながらなかったが、2安打を放った。 一緒に、ミラクル達成を手の届くところまで引き寄せた。 長い「引退興行」のゴールがようやく見えた。 4月18日、東京ドームでのオリックス戦。 試合中の広報発表の打法命名が出発点だった。 「28年間思う存分野球を楽しんだぜ。 今年でユニホームを脱ぎます打法」。 試合後のお立ち台でも固い意志を表明。 そこから約6カ月、全力で走り続けてきた。 その翌日、ヒルマン監督に理由をこう説明したという。 「より1人でも多くのファンに球場へ足を運んでもらいたいから」。 最高の置き土産はもう目の前だ。 勝てば日本ハム球団としては初、前身の東映以来44年ぶりの日本一。 快進撃を支えたのは、超満員ファン。 その新庄の「1人でも-」の思いが少しずつ積み重なり、大きな力になった。 この日の4万1835人の観衆も、その証し。 自ら築き上げた本拠地での胴上げが「引退セレモニー」という劇的なラストへ。 ファン、チームメート全員の力に支えられながら、ここまできた。 5回裏、左前打を放った日本ハム新庄(右)は平野コーチと笑顔をみせる(撮影・清水貴仁) 1度はあきらめた「夢」が、かなうかもしれない。 札幌ドームでの6月6日の阪神戦。 天井からつるされたゴンドラに乗って降りる仰天パフォーマンスで沸かせた。 だがそれは妥協案。 実は当初、新庄が発案したアイデアはジェット噴射機のような機械を背負い、空中を飛ぶ計画だった。 札幌ドームの「空」を飛びたい-。 断念した壮大なプランよりも、低空飛行かもしれない。 滞空時間は短いかもしれない。 だが一緒に戦ってきたチームメートたちの手で、宙を舞えるチャンスが大きく広がった。 最後まで信念を貫く。 勝てば王手のこの日の試合前、金村におきゅうを据えた。 モットーの「楽しめ」と声を掛けると、金村は「楽しめないかもしれません」。 すると、きつくしかり飛ばしたという。 「後ろからケツを蹴り上げるからな」。 帰り際も言葉は発せず「(コメント)ないよ~」と話しただけ。 もちろん今日26日の第5戦も、いつも通り楽しく…。 nikkansports. 新庄が引退宣言の時に発した言葉通りに日本の頂点に立ったのだ。 今年の日本シリーズは正に新庄劇場の最後を... トラックバック時刻: 2006年10月26日 23:12.

次の

【速報】元プロ野球選手 清原和博容疑者、覚せい剤取締法違反で逮捕

プロ 野球 いっ きゅう 速報

高く舞い上がった打球を見上げ、阪神の青柳が呆(ほう)然(ぜん)とした。 3-1で迎えた五回、無死一塁から宇佐見に同点2ランを被弾。 ボールが3球先行した後、カウントを取りにいった5球目を右翼席中段まで運ばれた。 「長打を打たれてはいけない場面で打たれてしまった」と青柳。 さらに2死一、二塁のピンチを招いて降板。 急(きゅう)遽(きょ)リリーフした岩崎も3連続適時打を浴びた。 昨季から6連敗中だった苦手左腕の田口から二回までに3点を奪い、試合の主導権を握っていただけに、手痛い逆転負けだ。 前夜は秋山が八回まで投げたが、今週は小野も岩田も五回まで投げ切れていない。 この日も勝利投手の権利を得る五回で暗転した青柳に、金本監督は「(交代には)いろいろな要素があるけれど、あそこで一皮むけてほしいところ」と嘆く。 8月上旬にメッセンジャーが離脱した後も、打線が好調でチームは貯金を増やしてきたが、投手事情に目を移せば、先発投手のコマ不足で厳しいやりくりが続いている。 (丸山和郎).

次の

【プロ野球】阪神青柳5回もたず、金本監督「一皮むけてほしい」

プロ 野球 いっ きゅう 速報

2016年2月2日夜23時半頃、驚くべきニュースが速報で伝えられた。 元プロ野球選手の清原和博さんが逮捕されたというのだ。 TBSニュースによると、覚せい剤取締法違反の疑いだという。 同局のニュース23は、23時45分の段階で「詳細がわかり次第伝えます」としている。 ・黒い噂があった 清原さんといえば、西武・巨人・オリックスで活躍したスター選手だった。 近年は野球解説やバラエティ番組に出演していたのだが、黒い噂が絶えず、一時テレビ出演が激減していた。 この黒い噂について、再三にわたり危険ドラッグに警鐘を鳴らし続けるドラッグ事情通の「」氏にコメントを求めてみたところ、 ボブ「たしかに、どんどん黒くなっていった」 と述べている。 それにしても、一体何があったというのだろうか? 最近になって再びバラエティにも出演するようになり、再起の機運が高まっていたはずなのだが。 続報が待たれる。 参照元: 執筆: イラスト:.

次の