フレッツ光 スピードテスト。 【光回線が遅い時】NTTが提供するNGN速度テストでフレッツ光回線の速度を計測する方法

光回線の簡単!ワンクリック速度測定(スピードテスト)

フレッツ光 スピードテスト

一般的に、インターネットで Webサイトを閲覧するには、最低でも15Mbps以上あればストレスなく閲覧できます。 また、PCなど大きな画面で 動画を高画質再生(1,080p)する際は、10Mbps以上あれば問題ないでしょう。 インターネットの利用目的に応じた、適当な回線速度はこちらです。 利用目的 適当な回線速度 Webサイトの閲覧 15Mpbs(画像多め)~5Mbps(画像少なめ) 高画質動画の視聴(1,080p) 5Mpbs~10Mpbs 中画質動画の視聴(720p) 2. 5Mbps~5Mbps オンラインゲーム 2Mbps ゲームのダウンロード(30MB) 200Mbps:20分ほど 10Mbps:6時間超 ひかりTV 20Mbps Wi-Fiの接続帯域については、通信速度が遅い2. 4GHzと、通信速度が速い5GHzがありますが、その端末のWi-Fiが2. 4GHzの帯域に接続されている場合は、5GHz帯域に変えます。 ただ、5GHzは壁や床などの障害物に弱い特徴があるため、ご利用の環境に合わせて接続帯域を変えましょう。 Wi-Fi接続帯域 長所 短所 2. 4GHz 壁や床などの障害物に強く遠くまで電波が届きやすい 様々な端末に対応している あらゆる製品で使われるため混雑して不安定になりやすい(集合住宅では他の部屋の電波の影響をうけることもある) 5GHz 2. 4GHzに比べ 高速通信が可能 基本的にルーターのみで利用するため繋がりやすく安定している 壁や床などの障害物に弱く、距離が遠くなると繋がりにくい 旧世代の端末では5GHzに対応していない場合がある IPoE方式に対応しているプロバイダーには、以下のようなものがあります。 nifty. so-net. dmm. biglobe. 最後にあげられる原因は、 回線の問題です。 具体的には次のような原因が考えられます。 同じ光ファイバーを利用するユーザーの一斉利用 一般的な光回線のプランで、例えばファミリータイプの場合、1本の光ファイバーをNTT局内でスプリッタ(分岐装置)で4本に分け、それが住宅エリアに到達するとさらに8本に分けて通信しています。 つまり、1本の光ファイバーを32世帯で共有して利用します。 光回線の最大速度は1Gbpsですが、32世帯のユーザーが一斉にインターネットを利用すれば、1世帯あたり最大30Mbpsまで速度が落ちてしまいます。

次の

ネットが遅い|設定・トラブル解決|フレッツ光公式|NTT西日本

フレッツ光 スピードテスト

NTT東日本 下のボタンから「サービス情報サイト」へ移動します。 IPv6境環 下のボタンから「サービス情報サイト(NGN IPv6)」へ移動します。 ページが表示できない場合は、 NGN IPv4の接続設定を行ないます。 IPv4境環 サービス情報サイト(NGN IPv6)が利用できない場合は、測定する前に機器の設定が必要です。 ホームゲートウェイやブロードバンドルータなどに、下記の情報を登録しましょう。 認証方式: PPPoE ユーザ名: guest v4flets-east. jp パスワード: guest IPアドレス: 自動取得 DNSサーバアドレス: 自動取得 設定したのち、下記のボタンからアクセスすることで速度測定が行えます。 ただし前述の設定が正しくない場合は 「このサイトにアクセスできません」と表示されます。 NTT西日本 下のボタンから「NGNサービス情報サイト」へ移動します。 IPv6の場合 居住している地域のボタンが光っている場合は「その該当府県名」を選択します。 居住している地域のボタンが光っていない場合は「大阪府」を選択します。 フレッツ速度測定サイトに移動したら「通信速度計測」を選択します。 通信速度の結果は、僅か数秒で表示されます。 この速度はプロバイダを経由していない、 光回線のみの速度です。 別のスピードサイトと比較して著しく結果が相違するようであれば、プロバイダが主な原因。 よりスピードアップを目指したい場合は、 プロバイダの変更を検討しましょう。 IPv4の場合 簡易測定に対応していないため、測定する前に機器の設定が必要です。 ホームゲートウェイやブロードバンドルータなどに、下記の情報を登録しましょう。 認証方式: PPPoE ユーザ名: speed speed. flets-w. jp パスワード: speed 設定したのち、下記のボタンからアクセスすることで速度測定が行えます。 ただし前述の設定が正しくない場合は 「このサイトにアクセスできません」と表示されます。

次の

IPv6回線のスピード テストのおすすめサイト5選!回線速度を測定しよう!

フレッツ光 スピードテスト

目次 この記事でわかること• 光回線の速度が遅いと感じた時まず試しておきたいこと 光回線の速度が遅いとどうしても、機器の故障や回線の不具合を疑ってしまいますよね。 しかし、回線速度が遅いからといって必ずしも修理を要する故障や不具合が生じているとは限りません。 ちょっとしたことで回復することがありますので、業者や契約元に連絡をする前に確認や試しておきたいことについてまずは紹介します。 回線の契約プランを確認する 利用している光回線がそもそも速度の遅い契約プランではないか確認をしてみてください。 光回線にはさまざまな契約プランが存在しますが、 すべてのプランが最大速度1Gbps(一般的な光回線の速度)ではありません。 月額利用料の安いプランを選択していた場合には最大速度が遅い可能性がありますので、注意が必要です。 モデム ONU や無線LANルーターを再起動して接続しなおす モデムやルーターのコンセントを抜いて再起動・再接続するだけでも速度に対して効果が表れる可能性があります。 特に、 再起動・再接続は接触不良を起こしている場合に有効な方法です。 再起動の順番は「ルーター」の次に「モデム」の順番で電源を切ってください。 機器のランプが消えたらモデムから先に電源を入れ、モデムのランプが点灯し落ち着いたらルーターの電源を入れてください。 PC・スマホ・タブレット端末を再起動して接続しなおす インターネットに接続する PC・スマホ・タブレットなどの各端末を再起動することで速度が回復することがあります。 回線速度に限らず、PCなどでの作業中に何か不具合があったら、一度情報をリセットすることで動きが良くなることがあります。 光回線の速度を計測してみよう さて利用している中で「速度が遅いな」と感じても、具体的なスピードがどれだけ出ているのかは実際に計ってみないとわかりません。 そんな時、速度測定のスピードテストサイトなどを利用することで、速度を数値として確認ができます。 イメージとしては、自動車の速度メーターのようなもので、自分の感じたスピード感が実測値としてどのくらいなのかを数値化してくれるというもの。 速度測定方法について紹介していきます。 速度測定方法とオススメスピードテストサイト 速度測定には、無料のスピードテストサイトの利用が便利ですので、数々のスピードテストサイトの中からオススメのものを2つご紹介します。 BNRスピードテスト 下りと上り両速度を計測ができます。 基本的にはFlashプレイヤーの動作環境が必要ですが、Flash未対応の場合は画像読み込み版もあるので便利です。 speedtest. net スタイリッシュな見た目で測定するのが楽しくなるようなスピードテストサイトです。 下りと上り、さらにPING値まで測定してくれます。 自動車のタコメーターのようで、わかりやすい表示が人気です。 光回線の一般的な最大速度は1Gbps NURO光は業界最速級の2Gbpsですが、現在の各光回線の下り最大速度は「1Gbps」が一般的です。 注目するべきは「最大速度」という言葉です。 ベストエフォート値とも呼ばれますが、これは 「最もいい条件下での通信速度」という意味です。 陸上選手に例えると「ベストなフィールドコンディションで、全力で走れば1Gbps出ます」といったイメージです。 光回線のほとんどがこのベストエフォート方式を採用しており、広告などで前面に出されている数値もこのベストエフォート値です。 実際に一般家庭の環境下で1Gbpsが出ることはまずありませんので、 環境や条件によって速度は変動するものと思っておきましょう。 また、最大速度が出ない場合の保証もありません。 しかし、普通にサイト閲覧や動画視聴といった利用方法であれば、30Mbpほど出ていれば支障はありませんのでベストエフォート値にこだわる人はあまりいないでしょう。 インターネット利用の場面 快適な速度 メールの送受信・標準画質の動画再生 5Mbps以下 シンプルなサイトの閲覧・ブログの更新・HD画質の動画再生 5~10Mbps ソフトウェアのダウンロード・音や映像が流れるサイトの閲覧・4K画質の動画再生 25Mbps以上 光回線の速度が遅くなる原因と対処法 速度計測によって自身の光回線が遅いということに気づいたら、次は光回線の速度が遅いときの具体的な原因と対処法を調べていきましょう。 回線速度が出ない時に思い当たる原因は限られていますので、ひとつひとつ検討していくことで原因を突き止めることができます。 原因1. LANケーブルの規格が高速通信に対応していない 家電量販店などで販売されているLANケーブルには規格というものが存在します。 規格によっては 高速通信に対応していない場合があり、光回線の速度を生かしきることができません。 対応している規格によって「カテゴリー CAT 」が分けられていますので、通信速度の遅いカテゴリーのLANケーブルを使っている場合は、高速通信に対応しているカテゴリーのケーブルに取り替えましょう。 以下に、現在販売されているLANケーブルのカテゴリーをまとめました。 カテゴリー 通信速度 対応規格 CAT8 最大40Gbps 40G BASE-T CAT7 最大10Gbps 10G BASE-T CAT6A 最大10Gbps 10G BASE-T CAT6 最大1Gbps 1000BASE-TX CAT5e 最大1Gbps 1000BASE-TX CAT5 最大100Mbps 100BASE-TX 「CAT5e」以上であれば光回線の標準的な速度である1Gbpsに対応していますので、古いケーブルを長い間使用しているという方は、カテゴリーがCAT5e以上であるか確認してみましょう。 原因2. 通信障害が起きている 回線やプロバイダがなんらかのトラブルで通信に障害をきたしていることがあります。 この場合では、ユーザー側では対処ができない問題なので、通信の回復を待つしかありません。 回線の公式ホームページに 通信障害やメンテナンスの情報が公開されているので、チェックして回線速度低下の原因が通信障害であるかを確認しましょう。 原因3. 回線が混雑している 道路状況などと同じように、 同じエリア内で同じ回線を大勢の人が集中して利用すると混み合ってしまいスムーズな通信ができなくなってします。 この場合の一番確実な対処法は、回線が混雑しやすい夜間などの時間帯を避けることですが、仕事などの都合でどうしてもその時間帯にインターネットを利用しなければならない方もいるかと思います。 そのような場合は、 多くの人が利用している接続方式であるIPv4ではなく最新バージョンのIPv6の利用も有効です。 利用者の比較的少ない独自回線サービスを利用するのも良いでしょう。 いずれにしても、インターネット上のトラフィック(交通量)が少ないところを選ぶことが解決策となるのです。 原因4. 機器が故障している ルーターなどの 機器が故障していて上手く電波を飛ばせていない場合があります。 古いルーターによくあることですが、まれに新品でも初期不良があるものもあります。 故障や初期不良が考えられる場合は購入先かメーカーに問い合わせ、交換してもらえるかどうか聞いてみましょう。 原因5. PC・スマホ・タブレット端末のOSが古い OSが古いと速度が出にくくなります。 その理由は、CPU(中央演算装置)というコンピューターの中枢にあたる部分の処理能力にあります。 最新のOSならば処理能力が高速回線についていけますが、古いものでは処理が追い付かず、結果速度低下につながるのです。 この場合は、新しいOSにアップグレードするか、端末ごと新しいものに買い替えることで解決する可能性が高いです。 原因6. PC・スマホ・タブレット端末のメモリーが不足している インターネットに接続するPC・スマホ・タブレット端末側で、 アプリケーションのインストールや画像・動画のデータの蓄積などが原因でメモリー不足が起きていると、速度が落ちる傾向にあります。 重たい荷物を持っていると速く走れないのと同じように、重たいデータで容量がいっぱいのメモリーではデータを早く処理することが難しいのです。 メモリーは増設ができますので、早くしたい場合は別売りしているメモリーを個人で購入し自分で増設することで対処が可能です。 原因がわからない場合は問い合わせる これまで挙げた原因と対処法を試してみたけれど速度が回復しなかったという方は、契約している回線やプロバイダに問い合わせをしてみましょう。 問い合わせる前に通信速度を測定しておき、問い合わせ時に具体的な数値を伝えると状況が正確に理解してもらえるでしょう。 解決しない場合は解約・乗り換えも検討する どうしても回線速度が遅い場合は、 契約プランやエリア・環境などが合っていない可能性があります。 この場合は思いきって解約し、他社へ乗り換えることも検討しましょう。 光回線の解約手順 回線によって詳細は異なりますが、共通する解約手続きの流れは以下のとおりです。 光回線の解約金を無料にする方法 解約する時に一番気になるのは違約金ではないでしょうか。 できることなら違約金は払うことなく解約したものですが、ここではその違約金を無料にする方法をご紹介します。 契約更新月に解約する プランによって異なりますが、契約には2年~3年の契約期間が定められています。 この契約期間の途中に解約してしまうと違約金が発生してしまうので、 2年または3年に一度訪れる「契約更新月」に解約しましょう。 契約更新月の解約はどの契約先でも無料となっています。 事前にしっかりと確認し、このタイミングを逃さないようにしましょう。 違約金負担や高額キャッシュバックのある回線に乗り換える 乗り換え先のキャンペーンに 「他社からの乗り換え費用負担」がある場合があります。 このキャンペーンを利用することで、 解約時に発生した違約金を乗り換え先に負担してもらい、自己負担額を減らすことができるのです。 また、違約金負担キャンペーンは展開していないけれども高額キャッシュバックキャンペーンを行っている申し込み先なら、 そのキャッシュバックされた金額で違約金を賄うこともできます。 高速通信ができる光回線への乗り換えがオススメ! 高速で通信ができる乗り換え先選びで迷っている方に向け、オススメの高速光回線を紹介いたしますので、ご参考にしてみてください。 契約する光回線を決めるポイントは、速度や月額利用料だけではなく、自分に合ったプランや対象エリア、スマホとの関わりなどさまざまです。 auユーザーなら「auひかり」「So-net光」 auのスマホを使用している方は「auひかり」や「So-net光」を契約することで、「auスマートバリュー」が適用されます。 auスマートバリューは、 家族全員(最大10回線)のau端末料金が、1回線につき最大2,000円 税抜 割引され、家族にauユーザーが多いほどお得な割引サービスになっています。 「auひかり」「So-net光」が速いといえる理由 auひかりは、高速通信が安定して利用できる「IPv6」規格への対応が進んでいるほか、戸建向けの高速通信プランとして「auひかり ホーム5ギガ・10ギガ」を提供しています。 なお、「auひかり ホーム5ギガ・10ギガ」は通常の「auひかり ホーム1ギガ」から追加料金(高速サービス利用料)を支払うことで利用可能となりますが、 「超高速スタートプログラム」の適用で3年間料金が割引されます。 なお、超高速スタートプログラムの適用は、「ずっとギガ得プラン 3年契約 」とネット+電話の申し込みが条件になっていますので注意しましょう。 以上より、auひかり・So-net光とも通信速度が速く安定しており、快適に利用ができるといえます。 auひかりの契約は代理店フルコミットがおすすめです。 最短翌月に最大52,000円のキャッシュバックがもらえます。 3年間の契約で大幅な月額料金の割引きが受けられます。 セット割は、契約プランによって割引金額が異なりますが、 シェアパックのデータサイズが大きいほど割引額が大きくなります。 大容量のシェアパックを契約しそれを家族でシェアすることで、一人でデータパックを使うよりもお得に利用ができます。 「ドコモ光」が速いといえる理由 ドコモ光でも、高速通信が安定して利用できるIPv6インターネット接続機能「IPv6通信」「IPv4 over IPv6通信」に対応していますので、快適に利用できます。 IPv4 over IPv6機能は全国で可能ですが、利用できるプロバイダが ドコモ光タイプAのプロバイダに限られますので注意が必要です。 ドコモ光でIPv6接続のできるプロバイダは以下のとおりです。 ・ドコモnet ・plala ・GMOとくとくBB ・So-net ・DTI ・ nifty ・IC-NET ・Tigers-net. com ・andline ・BIGLOBE ・エディオンネット ・スピーディアインターネットサービス ・シナプス ドコモ光の契約はGMOとくとくBB特典サイトからのお申し込みがおすすめです。 速度に関する評判がよく、特典サイトからのお申込で最大20,000円のキャッシュバックがもらえることが魅力です。 「おうち割 光セット」は家族で最大10回線まで適用されるため、家族にSoftBankユーザーが多いほど、割引が大きくお得です。 SoftBank光の契約は代理店NEXTがおすすめです。 最短2ヶ月で最大33,000円のキャッシュバックがもらえます。 通信速度をより重視する方は、NURO光がオススメです。 NURO光はSo-net公式サイトからの契約がおすすめです。 下記特設ページより申し込みで、最短2ヶ月で最大45,000円のキャッシュバックがもらえます。

次の