熊本競輪 無料バス。 熊本競輪場|競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

熊本競輪場|競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

熊本競輪 無料バス

概要 [ ] 熊本競輪場はに開設された。 記念競輪 () として『火の国杯争奪戦』が毎年10月に開催されている。 他にも現役時代は全国区のスタープレイヤーとして大活躍し、日韓競輪交流親善大使に任命されたを称え『日韓競輪親善大使記念矢村正杯』が、また現役時代は熊本を中心に活躍し熊本選手会の長として中央に上り、輪界の発展に尽くしたを称え『松本秀人杯』が開催されている。 として、とにが、・にが、に九州地方では初めてのが、それぞれ開催された。 はを採用している。 イメージキャラクターは『』から「」をモチーフとした「ファイ太」。 発売締切前(3分前~)の音楽はの「」。 より一般来場者立ち入り区域全体をカバーする無料サービスを開始(としては全国初 )。 競輪業界初の試み となる。 ではの本震でバック側特別観覧席の窓ガラスが破損し、バンクなどの設備が壊れる被害を受け 、により建物への立ち入りは危険と判断され、本場での開催と場外発売は中止される事になる。 その後前売向けと東門の発売所を使用することによりから場外発売は再開された が、本場での開催再開は当初2020年10月再開を目標としていた が、新たに雨水対策工事を施すため工期が遅れ、2021年12月ごろ になる予定。 なお同年からの松本秀人杯とからの矢村正杯(共にFI開催)、からまでの記念開催は、で熊本市の主催により行なっており 、以降の記念開催も同様に久留米競輪場で開催されている。 また2019年に当地で開催予定だったは沖縄県で開催された。 バンク [ ] 既存の陸上競技場 を拡張するような形でつくられた。 1周は500m。 元々は400mで設計していたが、直線部分のみを伸ばすような形で500mに変更して完成させたため、全国の競輪場で最も直線が長く、その特異なバンク構造から「 滑走路」のあだ名がつけられている。 これは、競輪場のバック側特別観覧席とスタンドの構造を共有している(陸上競技場)が隣接しており、500mバンクの内側において通常設置されることの多い陸上用トラックの造成が不要なためである。 直線が極端といえるほど長いため先行する選手には不利であり、それを追走する番手の追込選手すら有利とは言い切れない。 後方から捲る自力の選手も状況次第で番手追走の選手に交わされる事もあり、最後の直線だけで実力を発揮させるタイミングが重要な走路といえる。 ただし、タイミングさえ上手く図れれば先行選手でも逃げ切れるケースがある。 大画面映像装置は1センター側に設置されているが、これが後方の選手が直線へ入る時のコースを決めやすくさせる要因になっている。 熊本競輪場施設整備基本計画ではの誘致や公益性などから周長を400mに縮小される予定である。 チャリロト [ ] の開催からにあたるを発売しているが、グループ開催への移行により、それまでのによる発売はを最終日として一旦終了することになり、最終日は特例として各賭式でキャリーオーバーがあった場合は一つ外した目でも的中の扱いとしていたが、全方式とも的中者がいなかったため、チャリロトの208万6650円、チャリロトセレクトの78万0675円、チャリロト5の1350円が、熊本市の収益となった。 同年の開催よりキャリーオーバーを共有する『グループG』としての発売となり、・・・と共有している。 なおキャリーオーバーの対象外であるチャリロト3は熊本単独で発売される。 には「チャリロトプラザ」が開設され、会員登録により場内での重勝式購入が可能となった。 場外車券売場 [ ]• サテライトかのや - 鹿児島県大浦町。 にオープンさせたが、をもって閉鎖。 サテライト川辺 - 鹿児島県川辺町神殿1394。 場外車券売場内にてオープンしたが、熊本競輪が開催されないためをもって閉鎖。 :「」新幹線口(西口)広場から(ファンバス)あり。 が運行。 「」前(から徒歩約3分)と「水前寺戸井ノ外公園」前に停車。 概ね30分間隔運行(所要時間 約30分)。 公共交通機関• JR九州:「」下車、徒歩約15分。 :「」下車、徒歩約15分。 :小峯京塚線 または 昭和町線 で 「競輪場前」バス停下車、徒歩約1分。 あるいは 帯山線 で「グランド北入口」バス停下車、徒歩約1分。 その他 方面から• :、 あるいは 特急 で「」バス停下車、徒歩約15分(所要時間 合計約40分)。 タクシー:所要時間約30分。 5000円程度。 ホームバンクとする主な選手 [ ]• (57期)• (59期)• (81期)• (85期)• (90期)• (91期)• (102期) - 2017年1月に新潟から移籍• (104期、旧姓・手柴)• (105期) 過去には馬場正(12期)が通算843勝を挙げている。 合志と中川誠一郎のほか、古くはとがを制覇している。 (30期)は、引退後に競輪評論家としても活躍した。 脚注 [ ] []• 841m• - 熊本市 農水商工局 競輪事務所• 競艇では、などで類似事例がある。 - ・2016年4月21日• - KEIRIN. JP・2016年4月26日• - 熊本競輪場・2016年5月31日• - 西日本スポーツ、2017年11月9日• - KEIRIN. JP・2016年5月31日• - KEIRIN. JP・2016年7月1日• - 久留米競輪場• - 熊本けいりん• 昭和天皇の御大典記念事業の一環として、とともに(昭和3年)に建てられた(現在の水前寺競技場とは異なる)。 もっとも、昭和40年代初頭(1960年代後半)までは、バンクの内側に1周300mのトラックがあった。 - ・2019年3月4日• - チャリロトニュース・2015年4月8日• KEIRIN. JP 2020年1月17日. 2020年2月11日閲覧。 2015年(平成27年)3月までは(廃止 現:熊本都市バス)が運行。 停車バス停は「熊本交通センター」、「」、「」だった。 と共同運行。 外部リンク [ ]•

次の

熊本市競輪シャトルバス

熊本競輪 無料バス

「熊本で見たバス2014-15」と題したバス画像のよせ集めシリーズ。 2014年に記録した画像をメインに、多少2015年の画像も混ぜ込んでお送りしております。 今回は2014年度いっぱい、つまり今年の3月31日をもってバス事業から撤退する熊本市営バス編のその2。 記録出来た「熊本200か」ナンバーの車両画像を並べていきます。 熊本200か253.KL-HU2PMEE(02年車)。 1990年代後半~2000年代初めにかけ、熊本市営バスはノンステップバスの新車と東京都交通局からの移籍車を並行導入していました。 これら「熊本200か」ナンバー初期の頃に新車導入した中型ノンステップ(+2台のワンステップ車)と東京都交通局からの移籍車は路線移譲にあわせて全車熊本都市バスへ転籍済み。 現在市営バスに残る「熊本200か」ナンバーの古株となるのが03年導入の日野ブルーリボンシティノンステップ車。 画像の1台だけが市営バスに在籍し、残りは都市バスへ転籍しています。 中扉の明かり窓は熊本市交通局のノンステップ車の標準仕様です。 土日の運用はあまり多くないことから、予備車的な存在なのかもしれません。 熊本200か386.KL-LV280L1改(04年車)。 2004年導入のいすゞLV。 国交省仕様ノンステップバスとなった前中扉間ノンステップ仕様のtype-Aです。 フルフラットノンステップバスのAT車導入以降、熊本市営バスはAT車を標準採用し、この車両もATです。 ちなみに04年は9mサイズの日野HRも導入しましたが、2012年4月に都市バスへ転籍しています。 熊本200か531.PK-HR7JPAC(07年車)。 07年は大型車扱いで中型幅10.5m低床車を3台導入。 日野HRのOEM車となる、いすゞエルガJというだけでもレア型式ですが、さらにAT車となると熊本市営バスのみの存在と推測。 その後、移籍車でエルガJが県内各社に登場することになるとは・・・。 熊本200か863.KC-HU2MMCA改(97年車)。 市営バスの段階的縮小・撤退の方針が決まり、08年以降新車導入は見送られることになりました。 とはいえ古参車の代替は行わなければならないということで、移籍車導入は続けられました。 熊本でおなじみとなった、京浜急行バスグループからの日野HUワンステップ車が市営バスにも登場。 同時期に江ノ電バスからUA短尺ツーステップ車も導入していますが、短尺がネックとなったのか都市バスへ転籍済み。 熊本200か946.KC-UA460LSN改(97年車)。 2012年は富士7Eボディのワンステップ移籍車を4台導入。 1台は側面銀サッシ窓仕様のUAで西武バスからの移籍車。 都市バスへの転籍により、熊本市営バスに在籍する一般乗合車では唯一のUD車となりました。 熊本200か947.KC-LV380N改(99年車)。 3台は側面黒サッシ窓仕様のいすゞLVで新京成バスグループからの移籍車。 画像の車両は松戸新京成バス所属でした。 新京成バス時代は中扉にスロープを装備していましたが、熊本市営バス移籍時にわざわざ撤去。 車椅子乗車時に折り畳めるシートも固定化され、市営バスの深い闇(大げさ)を感じます。 熊本200か948.KC-LV380N改(99年車)。 同じく松戸新京成バスからの移籍車ですが、こちらは2013年に昭和40年代当時のカラーに塗り替えられました。 塗り替え後も色々と手を加えられており、正面の動物看板が旧デザインのものを掲示したり、「ワンマン」表示灯を取り付けたりしています。 車内には交通局所蔵の懐かしい市営バス写真を掲示しています。 熊本200か950.KC-LV380N改(99年車)。 新京成バスのいすゞ車といえば、忘れていけない船橋バス引継ぎ車。 後面の赤地「ワンステップバス」の表示から、この車両が元F-128だった模様。 <熊本競輪場送迎バス専用車> 熊本200か482.U-UA440LSN(94年車)。 熊本市営バスでは、熊本競輪場への無料送迎バスの運行も担当しています。 西武バスから前中扉車2台、3扉車1台の計3台のUAツーステップ移籍車が専用車として運用に入っています。 まずは前中扉仕様のUA。 車内は大きな改造も無く、ほぼ西武バス時代そのまま。 運行の特殊性もあってか、あまり手入れはしていないようで、後面窓には2012年に開催した「日本選手権競輪」の文字跡が残ったままなど内外装とも薄汚れています。 熊本200か483.U-UA440LSN(94年車)。 こちらは3扉車。 後扉は埋められることも無く、3扉全て活用中です。 熊本200か482.U-UA440LSN(94年車)。 せっかくなので、競輪送迎専用車をもう1台。 前中扉仕様車のUA。 ちなみに側面方向幕は競輪場行が「直行バス」、熊本駅方面行が「停車停留所」と異なる表示となっています。 さて、市営バスからの撤退を目前に控え、交通局舎前にはご覧のような横断幕を掲示しています。 売れ残ったら扱いに困るから仕方ないのでしょう。 レトロバスも入札で売り払うくらいですから・・・。 今年の3月31日いっぱいで営業を終了するのは熊本市営バスだけではありません。 熊本交通センターの地下街「センタープラザ」も同日に閉店します。 県民百貨店は既に閉店し、センタープラザも閉店。 交通センターの再開発期間中は時間つぶしにも困ることになりそうです。

次の

熊本競輪場は震災で現在閉鎖中!開催当時の予想のコツとバンク特徴を解析!

熊本競輪 無料バス

「熊本で見たバス2014-15」と題したバス画像のよせ集めシリーズ。 2014年に記録した画像をメインに、多少2015年の画像も混ぜ込んでお送りしております。 今回は2014年度いっぱい、つまり今年の3月31日をもってバス事業から撤退する熊本市営バス編のその2。 記録出来た「熊本200か」ナンバーの車両画像を並べていきます。 熊本200か253.KL-HU2PMEE(02年車)。 1990年代後半~2000年代初めにかけ、熊本市営バスはノンステップバスの新車と東京都交通局からの移籍車を並行導入していました。 これら「熊本200か」ナンバー初期の頃に新車導入した中型ノンステップ(+2台のワンステップ車)と東京都交通局からの移籍車は路線移譲にあわせて全車熊本都市バスへ転籍済み。 現在市営バスに残る「熊本200か」ナンバーの古株となるのが03年導入の日野ブルーリボンシティノンステップ車。 画像の1台だけが市営バスに在籍し、残りは都市バスへ転籍しています。 中扉の明かり窓は熊本市交通局のノンステップ車の標準仕様です。 土日の運用はあまり多くないことから、予備車的な存在なのかもしれません。 熊本200か386.KL-LV280L1改(04年車)。 2004年導入のいすゞLV。 国交省仕様ノンステップバスとなった前中扉間ノンステップ仕様のtype-Aです。 フルフラットノンステップバスのAT車導入以降、熊本市営バスはAT車を標準採用し、この車両もATです。 ちなみに04年は9mサイズの日野HRも導入しましたが、2012年4月に都市バスへ転籍しています。 熊本200か531.PK-HR7JPAC(07年車)。 07年は大型車扱いで中型幅10.5m低床車を3台導入。 日野HRのOEM車となる、いすゞエルガJというだけでもレア型式ですが、さらにAT車となると熊本市営バスのみの存在と推測。 その後、移籍車でエルガJが県内各社に登場することになるとは・・・。 熊本200か863.KC-HU2MMCA改(97年車)。 市営バスの段階的縮小・撤退の方針が決まり、08年以降新車導入は見送られることになりました。 とはいえ古参車の代替は行わなければならないということで、移籍車導入は続けられました。 熊本でおなじみとなった、京浜急行バスグループからの日野HUワンステップ車が市営バスにも登場。 同時期に江ノ電バスからUA短尺ツーステップ車も導入していますが、短尺がネックとなったのか都市バスへ転籍済み。 熊本200か946.KC-UA460LSN改(97年車)。 2012年は富士7Eボディのワンステップ移籍車を4台導入。 1台は側面銀サッシ窓仕様のUAで西武バスからの移籍車。 都市バスへの転籍により、熊本市営バスに在籍する一般乗合車では唯一のUD車となりました。 熊本200か947.KC-LV380N改(99年車)。 3台は側面黒サッシ窓仕様のいすゞLVで新京成バスグループからの移籍車。 画像の車両は松戸新京成バス所属でした。 新京成バス時代は中扉にスロープを装備していましたが、熊本市営バス移籍時にわざわざ撤去。 車椅子乗車時に折り畳めるシートも固定化され、市営バスの深い闇(大げさ)を感じます。 熊本200か948.KC-LV380N改(99年車)。 同じく松戸新京成バスからの移籍車ですが、こちらは2013年に昭和40年代当時のカラーに塗り替えられました。 塗り替え後も色々と手を加えられており、正面の動物看板が旧デザインのものを掲示したり、「ワンマン」表示灯を取り付けたりしています。 車内には交通局所蔵の懐かしい市営バス写真を掲示しています。 熊本200か950.KC-LV380N改(99年車)。 新京成バスのいすゞ車といえば、忘れていけない船橋バス引継ぎ車。 後面の赤地「ワンステップバス」の表示から、この車両が元F-128だった模様。 <熊本競輪場送迎バス専用車> 熊本200か482.U-UA440LSN(94年車)。 熊本市営バスでは、熊本競輪場への無料送迎バスの運行も担当しています。 西武バスから前中扉車2台、3扉車1台の計3台のUAツーステップ移籍車が専用車として運用に入っています。 まずは前中扉仕様のUA。 車内は大きな改造も無く、ほぼ西武バス時代そのまま。 運行の特殊性もあってか、あまり手入れはしていないようで、後面窓には2012年に開催した「日本選手権競輪」の文字跡が残ったままなど内外装とも薄汚れています。 熊本200か483.U-UA440LSN(94年車)。 こちらは3扉車。 後扉は埋められることも無く、3扉全て活用中です。 熊本200か482.U-UA440LSN(94年車)。 せっかくなので、競輪送迎専用車をもう1台。 前中扉仕様車のUA。 ちなみに側面方向幕は競輪場行が「直行バス」、熊本駅方面行が「停車停留所」と異なる表示となっています。 さて、市営バスからの撤退を目前に控え、交通局舎前にはご覧のような横断幕を掲示しています。 売れ残ったら扱いに困るから仕方ないのでしょう。 レトロバスも入札で売り払うくらいですから・・・。 今年の3月31日いっぱいで営業を終了するのは熊本市営バスだけではありません。 熊本交通センターの地下街「センタープラザ」も同日に閉店します。 県民百貨店は既に閉店し、センタープラザも閉店。 交通センターの再開発期間中は時間つぶしにも困ることになりそうです。

次の