時 を かける 少女。 時をかける少女|日本テレビ

時をかける少女の映画、芳山和子の俳優、監督は誰?ロケ地、主題歌は?

時 を かける 少女

概要 [ ] の小説『』が原作であるが、原作の物語の映画化ではなく、原作の出来事から約20年後を舞台に、原作の主人公であった 芳山和子の姪である 紺野真琴が主人公として繰り広げる、青春ストーリーを描いた作品である。 当初、興行規模は並みであり、そのため上映館も発表当初は全国で21館のみと非常に少なかった。 『』などの同時期に公開されたアニメーション映画に比して、宣伝規模は極めて小さかったが、インターネットなどによる効果により話題となり、動員数を増やしていった。 公開後1か月を過ぎてからもなどでは連日立ち見が出るほどの観客で溢れかえり 、配給会社の角川ヘラルド映画は急遽、上映館を増やすなど異例の対策をとった。 上映用のフィルムの数が14本しかないため 、上映が終わった館で使っていたフィルムを次の上映館へと使いまわす方式で各地で順次公開され、最終的には上映館は延べ100館以上 、のDVD発売日まで9か月にわたり公開が続くという、ロングラン興行となった。 日本における最終入場者数18万8092名、興収2億6439万40円と発表されている。 また、2007年4月20日に発売されたDVDの出荷本数は約15万本に達した。 国内外における映画・アニメ賞など23冠を受賞している。 本作ではの楽曲「ガーネット」が主題歌に起用された。 作品が好評だったこともあり、 奥の知名度を上げた作品としても知られている。 [ ]また、主人公の 紺野真琴役を演じたは、4年後のに公開された実写映画版『』でも主演を務めることとなった。 ストーリー [ ] 東京の下町にある倉野瀬高校2年生の 紺野真琴は、医学部志望の 津田功介、春に転校してきた 間宮千昭という二人の同級生男子生徒と「遊び仲間」として親しくつきあう関係だった。 7月13日、真琴は偶然立ち入った密室の理科準備室で不審な人影を目撃する。 その人物を追おうとしたとき、なぜか真琴は転倒して不思議な空間に入る体験をする。 気づいたときには誰も室内にいなかった。 千昭と功介にそれを話すが、千昭には笑われ功介には「頭は大丈夫か」と言われてしまう。 二人と別れて下校中、真琴の乗る自転車のブレーキが下り坂で故障。 そのまま電車の接近する踏切に突入し、死を覚悟した真琴は気がつくと坂道の途中、少し前の時間に戻っていた。 叔母の 芳山和子にその体験を話すと、和子はそれは「タイムリープ」で真琴の年頃の少女には「よくあること」と返答する。 納得できない真琴だったが、自らの意思で過去へのタイムリープを試みて成功する。 味を占めた真琴はタイムリープを使って、抜き打ちテストでよい成績を収めたり、家庭科の調理実習で被ったトラブルの対象を同級生・ 高瀬宋次郎に変えたり、カラオケを何時間も続けたりするなど、自らのささやかな欲望を満たしていく。 和子からは「真琴がいい目を見ている分、悪い目を見ている人がいるのでは」と言われるが、真琴は意に介さなかった。 そんなある日、功介がクラブの後輩・ 藤谷果穂から告白されたことをきっかけに、真琴は千昭から交際を持ちかけられる。 真琴はタイムリープを使って「なかったこと」にし、千昭を避けるようになる。 和子からは「千昭くんが可哀想」と指摘されるが、真琴は告白を受け止めることができない。 すると今度は調理実習のトラブルのために同級生と諍っていた高瀬から恨みをぶつけられ、千昭にかばわれてしまう。 その対処にタイムリープを使ったことで千昭は怪我をせずに済んだが、たまたま巻き込まれた親友の 早川友梨が怪我をし、それがきっかけで千昭と交際することになる。 真琴は面白くなかったが、どうすることもできない。 その矢先、果穂とその友人から「功介とつきあっているのか」と問われた真琴は、功介と果穂の間を取り持とうと、7月13日まで戻って二人が話し合うきっかけを作った。 うまくいったと自賛する真琴だったが、直後に功介が真琴の自転車を借りていく。 真琴はブレーキ故障での事故を防ごうと通学路にある踏切に向かう。 何事もなかったと知って歩き出したところで千昭から携帯電話がかかり、「タイムリープしているだろう」と指摘された真琴は、思わずタイムリープでその会話をなかったことにする。 その時点で真琴のタイムリープ能力は終わってしまう。 そのとき、真琴の自転車に乗った功介と果穂が通りかかる。 真琴の目の前で自転車のブレーキは故障し、下り坂を暴走して遮断機の下りた踏切に突入する。 万事休すと思った真琴が気づくと、時間は静止し、目の前には真琴の自転車を押した千昭がいた。 千昭は自分が『未来から来た人間』であると語り、真琴のタイムリープ能力が『本来自分の持っていたもの』であること、事故の犠牲になった功介たちを助けるために自分の最後のタイムリープ能力を使ったことを真琴に打ち明ける。 未来に帰れなくなった千昭は「 タイムリープを過去の人間に知らせてはならない」ルールを破ったからという理由で真琴の前から姿を消した。 翌日、「自主退学した」という千昭の話題で学校が騒然となる中、真琴は「(千昭が)大事なことを話してくれたのになかったことにしてしまった」と功介に話し、そのあと屋上で一人号泣する。 和子は真琴に、高校の頃にある男性を好きになりながら離れてずっと待ち続けている体験を語り、自分と真琴は違う、待ち合わせに遅れてきた人がいたら走って迎えに行くのが真琴だと慰めた。 その夜、真琴はタイムリープが1度だけ可能になっていることに気づく。 千昭がタイムリープをしたことで自らの能力が戻ったと察知した真琴は、千昭を助けるためにもう一度7月13日の理科準備室へ最後のタイムリープをする。 真琴は功介と果穂の仲を取り持ち、自分の自転車を使わないようにと伝え、一人で千昭に会いに行く。 千昭にまだタイムリープ能力が残っていることを確認した真琴は、千昭の秘密をすべて聞いて知っていると告げる。 未来に戻ることになった千昭は去り際、泣きじゃくる真琴に「未来で待ってる」と言葉を残し、真琴は「すぐ行く、走っていく」と呟く。 時は経ち、表向きでは留学のために千昭は学校を退学していた。 千昭の秘密を何も知らない功介は、千昭が何も言わずに退学したことについて腑に落ちない様子で真琴に不満を述べる。 真琴は「(千昭は)やりたいことが決まったんだよ」と返し、「実は私もさ、やること決まったんだ」と続ける。 ふと、真琴が空を仰ぐと晴天の青々とした空と入道雲がどこまでも広がっているのであった。 登場人物 [ ] 紺野 真琴(こんの まこと) 本作の。 東京の下町にある高校に通う2年生。 ショートヘアで快活な性格でお調子者。 朝に弱く、始業時間ぎりぎりで登校するのが日常となっている。 学校の成績は中の下。 男友達の千昭や功介とは、放課後にやをして遊ぶ間柄。 ある日突然、時間を跳躍する「タイムリープ」の能力を身につけ、その使い方に慣れるとささやかな私利私欲のために能力を駆使する。 ミニスカートでのアクションが多いが、スカートが不自然になっても下着が見えないように作画されている。 間宮 千昭(まみや ちあき) 真琴のクラスメイト。 高校2年の春に転校して来た。 ワイシャツのボタンはすべてはずすなど、少しだらけたファッションをしている。 数学の成績は極めて優秀だが、一方で簡単な漢字が読めない。 転校当初は同級生と喧嘩もしていたが、真琴に野球を誘われて以来徐々に感化され丸くなっていった。 ひそかに真琴を意識しており、「つきあおう」と持ちかけたものの、真琴のタイムリープによって「なかったこと」にされてしまう。 実は未来からタイムリープで現代にやってきた人物。 その目的は、この時代のこの季節にのみ所在が確認されているある絵画を見ることであったが、真琴や功介と一緒にいることが楽しかったために長逗留することになったと真琴に話している。 津田 功介(つだ こうすけ) 真琴のクラスメイトで、遊び友達。 真琴とは中学時代から親交がある。 スポーツ刈りの精悍な容貌。 授業中などには眼鏡をかける。 ボランティア部に所属している。 家は病院で彼も医者を目指しており、勉学に優れている。 将来を真剣に考えない真琴に苦言を呈する一面もある。 (よしやま かずこ) 真琴の叔母で、原作のヒロイン。 美術館()で絵画の修復をする仕事をしている。 30代後半だが独身で、浮世離れしたその雰囲気からか、真琴は彼女を「魔女おばさん」と呼んでいる。 自分の若い頃に真琴を照らし合わせ、色々と助言のような、適当に調子を合わせているようなことを語る。 藤谷 果穂(ふじたに かほ) ボランティア部に所属する、真琴たちの下級生。 眼鏡をかけることがある。 引っ込み思案な性格でいつも俯いている少女だが、過去のボランティア部の活動から功介に好意を抱いている。 世話焼きな友人が2人おり、彼女らに引きずられるかたちで功介に告白する。 早川 友梨(はやかわ ゆり) 真琴のクラスメイトで、仲のいい女子生徒。 千昭を気にかけており、真琴を通じて彼のことを知ろうとする。 真琴がタイムリープを使ったことが原因で負傷し、それがきっかけとなって千昭と交際する。 紺野 美雪(こんの みゆき) 真琴の妹で中学生。 真琴には常々「バカ」と評されているが、真琴より早く起きたり、料理の手伝いを積極的にしたりと、真面目な性格。 心配症な一面もある。 上杉 盛子(うえすぎ たかこ) 果穂の友人で、ボランティア部所属。 髪を後ろで束ねている。 友達思い。 野分 析美(のわけ ともみ ) 果穂の友人で、ボランティア部所属。 前髪をヘアピンで留めている。 福島(ふくしま) 真琴らの担任教師。 担当教科は数学。 長髪オールバック・口ひげ・ネックレス・細く整えた眉のチンピラファッションだが、テストの答案用紙に「もっと頑張りましょう」「Excellent!! 」と書いて返したり、進路志望を出さなかった真琴を注意したりする真面目な教員。 高瀬 宋次郎(たかせ そうじろう) 真琴のクラスメイト。 タイムリープによって真琴が回避した不幸(調理実習での小火)をかぶり、それがきっかけで加藤たちからいじめを受け、高瀬もそれに反撃する。 やがて原因を作った真琴にその矛先を向け、場に居合わせた友梨が巻き込まれてけがを負ってしまう。 加藤(かとう) 真琴のクラスメイト。 調理実習の際、小火の対応で(真琴のタイムリープ後に)高瀬から消火器を吹きかけられたことを根に持ち、仲間とともに高瀬との間で嫌がらせをやり合う。 おばさん 坂道で真琴とぶつかる子連れの女性。 作中の設定 [ ] タイムリープ [ ] 本作ではタイムリープ能力は形の装置を体に接触させて「チャージ」する設定。 可能な回数が痣のような形で肌に2桁の数字で表示される(残り回数が1回の場合は「01」)。 真琴の場合、理科準備室で左腕(肘の上)に装置が触れ、その後は左腕にこの数字が表示されていた。 また真琴が「タイムリープ」の能力を発動するためには助走をつけてジャンプする必要があり 、跳躍先で勢いがついたまま転がり回るため、周囲の人間から訝しがられていた。 タイムリープの存在を現代人に知らせることは「ルール違反」と千昭は説明しているが、未来人と関わった人間の記憶を消すという原作や1983年版映画での設定は本作では採用されていない。 千昭が真琴のタイムリープに気づいた経緯や理由は本編では説明がない。 絵コンテにおいては、高瀬から「仕返し」を受けそうになった真琴がタイムリープでそれを防いだ際に「おまえ……、今…、ありえないことしなかったか…?」と話すカット(本編未使用)があり 、『時をかける少女 NOTEBOOK』には「ある事件の際、真琴が『タイムリープ』していると気づく」という本編描写にはない説明がされている。 未来の世界と来訪目的 [ ] 本作では千昭の未来世界の年代や素性は明確にされていない。 千昭は真琴に現代と未来世界との違いとして「川が地面を流れていること」「空の広さ」「人の多さ」「野球や自転車の存在」を挙げている。 千昭が来訪した目的は絵画「白梅ニ椿菊図」(架空の作品)の実物を見ることで、この作品は和子の勤める博物館で修復中だったが、千昭は目にする機会なく未来に帰った。 和子はこの作品が「何百年も前の大戦争と飢饉の時代」「世界が終わろうとしていたとき」に描かれたと真琴に説明しており、真琴は千昭に絵と未来世界の関係について尋ねたが千昭は答えなかった。 声の出演 [ ] キャラクター 日本語版 英語版 紺野真琴 間宮千昭 津田功介 芳山和子 藤谷果穂 早川友梨 紺野美雪 上杉盛子 野分析美 福島 加藤 おばさん 老守衛 高瀬宋次郎 真琴の父 真琴の母 主題歌 [ ]• 主題歌:「」(作詞・作曲・歌: 編曲:)• 挿入歌:「変わらないもの」(作詞・作曲・歌:奥華子 編曲:佐藤準) スタッフ [ ]• 監督 -• 助監督 -• 製作総指揮 -• 製作 - ()、江川信也()、川島晴男()、川崎代治()、森本義久()、榊俊人(G. エンターテインメント)• 制作 - 丸田順悟()• 企画 - (マッドハウス)• 製作統括 - (角川書店)• プロデューサー - 渡邊隆史(角川書店)、(マッドハウス)• 脚本 -• キャラクターデザイン -• 作画監督 - 、、• 作画監督補佐 - 、• 美術監督 -• 美術監督補佐 - 、、丸山智宏• 色彩設計 - 鎌田千賀子• 撮影監督 - 冨田佳宏()• CG - ハヤシヒロミ()• ラインコーディネーター - 奈良井昌幸• 編集 - ()• 音響効果 - ・米原想()• 録音 - 小原吉男• 音楽 -• ピアノ演奏 - 美野春樹• 音楽プロデューサー - 岡田こずえ• アニメーション制作 - マッドハウス• 製作 - 「時をかける少女」製作委員会(角川書店、角川ヘラルド映画、ハピネット、メモリーテック、キュー・テック、G. エンターテイメント、角川アニメファンド)• 配給 - 角川ヘラルド映画 ソフト化 [ ] 発売・販売元は。 本作のDVDは日本ではに発売された。 通常版とプレミアムエディション(限定版)があり、プレミアムエディションには特典ディスクが封入されている。 での2007年ベストセラーランキングのDVDビデオ部門では第8位(プレミアムエディションのみ)だった。 また、レンタル版もリリースされているが、音声についてはセル版のみ5. 1ch仕様で、レンタル版の音声はステレオとなっている。 アメリカ合衆国では2008年11月に発売された。 版は日本ではに発売された。 音声フォーマットはの他に日本製のブルーレイディスクソフトとしては数少ないを採用した作品である。 時をかける少女 通常版(DVD1枚組、2007年4月20日発売)• 映像特典• 特報・劇場予告編• 完成披露試写会舞台挨拶• 奥華子「ガーネット」ミュージックビデオ• プロモーション映像• TVスポット集• 音声特典• 封入特典• ブックレット(オールカラー8P)• 時をかける少女 プレミアムエディション(DVD3枚組、2007年4月20日発売、初回限定生産)• ディスク1:本編DVD(通常版と同様)• ディスク2:特典DVD1• ビジュアル・ノート• ディレクション・ファイル• 完成披露試写舞台裏• ディスク3:特典DVD2• 「時かけ」スケッチブック(本編と絵コンテを同時収録)• 音声特典• 封入特典• 「時をかける少女」ハンドブック(96P)• フィルム・ブックマーク(5コマ)• 時をかける少女 Blu-ray(1枚組、2008年7月25日発売)• 本編:日本語字幕付き本編も収録• 映像特典• 特報・劇場予告編• 完成披露試写会舞台挨拶• 奥華子「ガーネット」ミュージックビデオ• プロモーション映像• TVスポット集• アートギャラリー• 音声特典• オーディオコメンタリー「時かけ同窓会」(DVD版と同様)• 初回限定特典• フィルム・ブックマーク(5コマ)• 特製スリーブケース• 時をかける少女 期間数量限定生産版(1枚組、2012年7月11日発売、Blu-rayとDVDでリリース)• 映像・音声特典:それぞれDVD通常版、Blu-ray版と同様• 封入特典• 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』貞本義行・夏のポストカードセット 制作 [ ] 監督の細田が演出を務めたテレビアニメ『』第40話(2002年11月10日放送)を見たマッドハウス取締役のが筒井作品のアニメ化を持ちかけたのがきっかけである。 この第40話には、魔法を捨てた魔女・未来が登場し、未来の声優を務めたのは大林版(1983年版)『』で主役を演じたであることから、『時をかける少女』のオマージュではないかという見方もある。 アニメ化については原作から大きく変更されているが、これは原作の面白さを伝えるためには今風の主人公を出すべきという細田の考えによるものである。 また、脚本の奥寺と相談した結果、『時をかける少女』にある「SF」「恋愛」「青春」のうち原作が「SF」を、大林版『時をかける少女』が「恋愛」を描いているとの結論から、「青春」を描くことになった、とも述べている。 作画上の特徴として、作画に影が用いられていないことが挙げられる。 これは監督の細田自身の以前からのこだわりの1つであり 、通常のアニメ作品で顔や服に付けられる影が記号的に描かれて「アニメ度みたいなもの」が高くなる傾向を避ける(「アニメーションを見慣れていない人にも見やすく」する)ことを目的としている。 声優に関しては、フレッシュさを出すために 大部分は本職の声優ではなく、俳優やモデルなどから起用されており、高校生についてはその多くが現役高校生によって演じられている。 作中の展覧会は、細田と大学時代の同級生で、現在は東京国立博物館で研究員を務める松嶋雅人がキュレーションしている。 展示品は、「白梅ニ椿菊図」以外は、画面上ではっきり確認できないものも含めて実在する作品である。 ほとんどが東博の所蔵品だが、「白梅ニ椿菊図」の向かって右横にある「」だけはアメリカ・のの所蔵で、これは細田のリクエストによる。 また、細田は松嶋に作家名が不明なものを選ぶように依頼し、「隠岐配流図」の斜め前方にある「親指のマリア」(画)以外は、作者がはっきりしない作品で構成されている。 テレビ放送 [ ] 回数 放送日時 放送局 放送枠 視聴率(ビデオリサーチ) 備考 1 2007年7月21日 土曜 21時00分 - 23時10分 12. 1chサラウンド放送 5 2009年8月11日 火曜 20時00分 - 21時54分 日テレ系 7. 2012年 - (22時00分 - 23時46分)にて、「時をかける少女 4DAYS 無料上映会」として放送された。 2013年2月中旬~3月中旬、2015年7月17日~ - にて無料配信。 海外展開 [ ]• - 2007年3月9日、『』(ジャンプ! 時空少女)というタイトルで公開。 - 2007年7月4日、『』(時間の横断)というタイトルで公開。 - 2008年6月、『The Girl Who Leapt Through Time』というタイトルで公開。 受賞 [ ]• 第39回アニメーション部門 Gertie Award 最優秀長編作品賞• 第11回賞 作品賞・劇場部門• 第31回特別賞• 第10回(平成18年度)大賞• 第1回Invitation AWARDS アニメーション賞• 第61回• 第21回優秀賞• 第6回『アニメーション・オブ・ザ・イヤー』、監督賞、原作賞、脚本賞、美術賞、キャラクターデザイン賞• 第31回 長編部門特別賞「feature films: Special distinction」• 第38回 メディア部門• 2007年選定「」100選(J100)• 第26回国際アニメーション映画祭Anima2008(ベルギーブルッセル)BeTV賞• OACC2008(中国)Golden dragon award 国際映画祭の出品に関連し、時をかける少女公式ブログで英語字幕の一部が閲覧できる。 評価 [ ]• のレビューでは、「青春映画の傑作としてアニメに興味がない方にも広くおすすめしたい」と評価した。 では、「『時かけ』の構成は非常に洗練されている」と評価している。 声優初挑戦の配役が大半を占める声優陣についても、おおむね評価している。 は『』の中で、恋愛感情が浮かんでくる寸前を描いているという点で恋愛ドラマとしては「ものすごい作品」とする一方、その代償として描かれる世界が狭くなり、「何か、すごい大きいリアリティみたいなものは失っちゃった」と評価した。 原作者の筒井康隆は、「新しく付け加えられたシチュエーションというのは、突っ込もうと思えばいくらでも」 、「タイトルと僕の名前さえ出ていれば」 などと語ったが、今までの文学になかった世界をアニメーションで描いたことや、現在ならではの「時をかける少女」であることを評価した。 はイベントで監督と同席した際に、「演出が優れており、実写より上手くまとまっている」、「高校生しか出てこないのでただの風俗映画に見える、キャラクターが活かしきれていない」と評価した。 は第27回 の選評で、「『時をかける少女』もまた、よかったです。 初々しい女の子が愛しくて。 」と述べている。 その他 [ ] 本作の主人公の紺野真琴は、アニメの登場人物として初めての『』(2006年8月15日号)の表紙を飾った。 舞台のモデルの一つとなった東京国立博物館では、2014年10月に本作を夜間に野外上映する催しが行われた。 公開10周年となる2016年7月にも2日間企画されたが、うち1日については雨天のため、有料優先券購入者のみを対象とした館内上映となった。 野外上映がおこなわれた日は6500人を超える観客が集まり、日本における長編映画の野外上映では最大級の動員となったという。 当作は主題歌を担当したにとっても出世作の一つとなった。 奥は自身のライブ・コンサートにて観客にアンケート用紙を書いて提出するよう求めることが多く、アンケート用紙の中に奥を知るきっかけになった経緯を尋ねる質問が設けられることがあり、その質問がある場合は選択欄に「『時をかける少女』関連」という選択項目が設けられている。 [ ]また、奥はこの作品を通じて細田およびとは現在も交流があり、細田作品の新作が作られる度に公開前に新作を鑑賞させてもらっているという [ ]。 また、大規模なライブ・コンサートを行う時はコンサート会場に花輪を贈呈されることもある。 漫画 [ ] 時をかける少女 -TOKIKAKE-(2006年7月発行、) 「」で連載されたによるコミック版。 本編では語られていない、芳山和子の過去にも触れている。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 音声コメンタリーでは名前の読みは「せきみ」。 クルミ形という設定について細田は、『』に登場するクルミの化石から着想したと述べている。 千昭はリストバンドで隠した左手首に表示されていた。 表示箇所(チャージした場所との関連等)についての明確な説明や設定はなされていない。 真琴が思い付いて実践した操作方法のうち、最初に利用できたものが「助走をつけてジャンプ」であった。 原作や1983年版映画に登場する深町一夫は「西暦2660年」の研究者である。 監督の細田は、「個人個人が未来を構築する」という立場から、千昭が「個人的な想いから現代にやってくる」設定にしたと述べ、絵の制作背景から未来を想像させる形にしたと話している。 「隠岐配流図」は1989年の『室町時代の屏風絵 「国華」創刊100年記念特別展』で、実際に東京国立博物館で展示されたことがある。 また、東博の研究員である鷲頭桂によれば、「隠岐配流図」は先行研究おいて『増鏡』の後鳥羽院もしくは後醍醐天皇の隠岐配流を描いたものとされてきたが、実際は『源氏物語』の「須磨」「明石」が典拠になっているという。 ただし、舟木本「屏風」については、本作公開後にの作であることが有力視されるようになっている。 なお、岡田は番組でオンエアされなかった箇所では、「見たことがない」タイムリープ機の表現と(現実にある)携帯電話による会話が共存する世界が、「すごい不思議なリアリティを出している」と評価する発言もおこなっている。 受賞作は『』。 全曲ライブの会場である「」でのMCにて本人が発言。 出典 [ ] []• 「時をかける少女」公式ブログ 2006年6月13日. 2007年12月19日閲覧。 シネマトゥデイ 2006年8月10日. 2007年12月19日閲覧。 2006年9月15日. 2007年12月19日閲覧。 マイナビ 2007年4月26日. 2018年4月7日閲覧。 2007年12月22日閲覧。 サマーウォーズ製作委員会『』劇場内配布広告より。 (2015年7月17日)• 『絵コンテ』、p. 227• 『時をかける少女 NOTEBOOK』、p. 『時をかける少女 NOTEBOOK』、p. 2007年12月13日. 2007年12月23日閲覧。 2007年. 2007年12月23日閲覧。 『時をかける少女 NOTEBOOK』、p. 『時をかける少女 NOTEBOOK』、p. 『時をかける少女 NOTEBOOK』、p. 大須王 2007年8月2日. 2007年12月22日閲覧。 2007年12月22日閲覧。 『美術史』58 2 、pp. 340-357、2009。 - SPICE(2016年4月27日)• 時をかける少女 公式ブログ 2008年6月8日. 2009年8月11日閲覧。 2006年10月14日. 2007年12月27日閲覧。 2006年10月19日. 2007年12月27日閲覧。 2007年. 2006年5月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年12月27日閲覧。 2006年. 2007年12月27日閲覧。 2007年. 2007年2月20日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年12月27日閲覧。 2006年. 2007年12月27日閲覧。 2006年. 2009年2月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年12月27日閲覧。 AMDAWARD 2006年. 2008年1月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2007年12月27日閲覧。 AMDAWARD 2006年. 2007年12月27日閲覧。 2007年2月19日. 2007年12月27日閲覧。 2007年. 2007年12月27日閲覧。 2007年. 2007年12月27日閲覧。 日本SFファングループ連合会議 2007年. 2007年12月27日閲覧。 2007年. 2007年12月27日閲覧。 『BSアニメ夜話vol. 9 時をかける少女』、pp. 78 - 80• 『BSアニメ夜話vol. 9 時をかける少女』、p. 『BSアニメ夜話vol. 9 時をかける少女』p. 72、• 『BSアニメ夜話vol. 9 時をかける少女』p. 66、• 『BSアニメ夜話 時をかける少女vol. 9 時をかける少女』pp. 61 - 62、• 『SF Japan』2007年 SPRING「第27回日本SF大賞選評」pp. 、、2006年7月31日。 - 東京国立博物館(過去のイベント)• - 東京国立博物館(過去のイベント)• アニメ!アニメ!. 2016年7月20日. 2016年7月24日閲覧。 公式サイト 2016年07月27日閲覧(スタジオ地図から贈呈された花輪の写真あり) 参考文献 [ ]• 『時をかける少女 NOTEBOOK』 ニュータイプ編、角川書店、2006年。。 アニメスタイル編集部(編)『時をかける少女 絵コンテ 細田守』、2006年• 『BSアニメ夜話vol. 9 時をかける少女』、2008年。 外部リンク [ ]• (日本)• (台湾)• (フランス)• (アメリカ)• - 角川書店による公式配信• - (英語)• - (英語).

次の

時をかける少女|日本テレビ

時 を かける 少女

解説 [ ] シングル [ ] 表題曲は原田が主演した同年公開の映画『』のである。 映画本編後のとして使用され、劇中の撮影現場をつないだ風の映像とともに原田が歌唱している。 初回版は、にの香りが付されていた。 初回版と通常版はが異なる。 の登場週数は26週、チャート最高順位は週間2位、累計販売枚数は58. 7万枚で 、33年後の8月31日に「」が初日の110. 0万枚 で本作を上回るまで、販売枚数の最多記録であった。 シングル版はに収録されていないが、『時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック』(1983年7月7日)を初め、多くのやに収録されている。 『』(11月号)の特集「80年代女性アイドル・ソング・ベスト100」で1位になった。 B面楽曲「ずっとそばに」とともが作詞と作曲している。 を出版者としてに登録されている。 B面楽曲「ずっとそばに」も歌詞に『時をかけてゆくわ』のフレーズがある。 別バージョン [ ] 後年に3回アレンジされ、シングル版を含む4版ともにそれぞれ発売が異なる。 原田自身はデビュー当時の歌声が印象強く、年齢を経ると違和感が増して歌唱に迷いが生じた。 「ヒットパレード'90s」を最後に本作品を歌唱しなかったが、デビュー25周年の11月に発売されたアルバム『』で、の伴奏とともに風に仕立てた編曲で再びセルフカヴァーした。 以来、でも自然に歌唱し、の35周年記念アルバム『』でも弦楽器を加えて再アレンジした。 収録曲 [ ]• 時をかける少女 3分49秒• 作詞:松任谷由実/作曲:松任谷由実/編曲:• ずっとそばに 4分38秒• 作詞:松任谷由実/作曲:松任谷由実/編曲:松任谷正隆 別バージョン [ ] リアレンジ [ ]• ミニアルバム『』(1983年11月28日、) - 編曲。 ベストアルバム『』(11月28日、) - 編曲。 アルバム『』(2007年11月28日、) - 編曲。 セルフカバーアルバム『音楽と私』(2017年7月5日、) - 伊藤ゴロー編曲。 カバー [ ]• 松任谷由実 - アルバム『』にてセルフカバーで収録(1983年12月1日)、『』再録。 作詞作曲者による。 - 広東語版「第一次約會」、アルバム『林憶蓮』収録(1985年4月)。 - アルバム『』収録(7月24日)。 あらし()、カヤ()、やよゐ()、加奈子() - シングル「」収録(11月26日)。 - シングル「」収録(3月10日)。 園原杏里() - テレビアニメ『』DVD8巻完全生産限定版付属の『カバーソングコレクションCD』(2010年9月22日)に収録。 - 配信シングル『時をかける少女 2016 House Remix 』収録(2016年4月27日)。 派生楽曲 [ ]• 松任谷由実「」 - の映画『』の主題歌で、本作の歌詞を一部改変して異なるメロディを付けた。 アルバム『』 (1997年12月5日)に収録された。 の「303」のに、本作のと類推される楽曲「お湯をかける少女」が用いられてが出演した。 脚注 [ ]• 『ザ・ベストテン』、2008年、311頁。 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p. ORICON STYLE. oricon ME 2016年8月30日. 2016年8月31日時点のよりアーカイブ。 2016年8月31日閲覧。 「80年代女性アイドル・ソング・ベスト100」『』2014年(平成26年)11月号、ミュージックマガジン、2014年、 34頁。 産経ニュース 産経新聞社 : p. 2017年7月1日. 2018年9月14日閲覧。 産経ニュース 産経新聞社 : p. 2017年7月1日. 2018年9月14日閲覧。 外部リンク [ ]• 『』 -.

次の

時をかける少女

時 を かける 少女

1980年代を代表する監督の一人で、大林宣彦監督の代表作でもあり、「 尾道三部作」の1つ。 尾道は大林監督の出身地でもあり、「時をかける少女」でも、尾道の美しい町や家並みが印象的です。 どれもヒットしたし話題になりましたよね。 中でも、私が大ファンの原田知世ちゃん主演の「時をかける少女」は大ヒット! 共演者には同級生に尾美としのり、先生役で岸辺一徳、根岸季衣と、今や誰でも知っている俳優陣のほかに、特別出演という形で加山雄三のお父さんで二枚目俳優だった上原健さんや、往年の大女優・入江たか子も出演していました。 「時をかける少女」には、主題歌「時をかける少女」は大ヒットしましたが、実は、私が好きなのは挿入歌「 愛のためいき」です。 原田知世と2人で歌うシーンがあり、2人ともお世辞にも上手いとは言えないんですが、当時もそうですが、なんだか妙に耳に残る曲でした。 高柳良一氏は、1964年1月31日生まれなので、今年50歳になってるんですね。 いい中年です! 高柳良一氏は、「時をかける少女」で原田知世の相手役となる前に、慶応義塾高等学校在学中に「ねらわれた学園)(1981年)の薬師丸ひろ子の相手役オーディションで選ばれて俳優デビューしていたんですね。 けれど1986年に慶應義塾大学卒業と同時に俳優業を引退し、角川書店に入社したそうです。 角川春樹事務所の映画に出演していたのがコネになったのかもしれませんね。 1983年「時をかける少女」の上映当時、私の友人が 「あんなんやったら、俺のが男前やん!」 と言ってましたが、確かに友人(私ではありません><)のがイケメンだったと思います 笑 高柳氏は学業優秀でもあったようなので、早くに俳優業に見切りをつけられたのかもしれません。 大林監督の著書によると、高柳良一の奥さんは 映画『ねらわれた学園』のクラスメート役の共演者と結婚したそうです。 誰だろう・・・って、「ねらわれた学園」は見た記憶さえないんですけどね 笑 高柳良一氏の映画出演作は以下です。 1981年 「ねらわれた学園」(薬師丸ひろ子の相手役) 1983年 「時をかける少女」「里見八犬伝」 1984年 アニメ「少年ケニア」(主人公ワタルの声を担当)、「天国にいちばん近い島」(知世ちゃんの相手役) 1985年 「知世、静かに瞑れ」 1986年 「彼のオートバイ、彼女の島」(原田知世ちゃんのお姉さんの原田貴和子さん主演映画で、原田貴和子姉さんの代表作です)「キャバレー」(レストランウエイター役) こう見ると、「キャバレー」辺りではもうほんの脇役になっていたのかもしれません。 普通、俳優業を引退して一般人となったりすると、すっかり老け込んだり、太って別人になったりする人が多い中、ネットの写真を見る限り、高柳良一氏は、昔の印象とさほど変わっていない、なかなかのいい中年になってました。 山中亘の児童文学「おれがあいつであいつがおれで」が原作で、まだ無名だった、尾美としのりと小林聡美(のちに三谷幸喜夫人となるも離婚)が共演しましたが、2人ともその後すっかり売れっ子になりました。 「さびしんぼう」(1985)で主演した富田靖子もスターになりましたね。 今日(5月20日)のニュースevery(エブリ)で大林宣彦監督、常盤貴子主演で今月公開の「野のなななのか」のことが報じられていました。 大林監督は、76才の今も精力的に仕事をこなしているようで、主演の 常盤貴子も世代的に大林監督作品が大好きで、大林監督作品に出演することが長年の夢だったとか!常盤貴子は今42歳ということですから、考えてみたら知世ちゃんとそんなに年齢も変わらないじゃん! 今夜、NHKプレミアシネマで放送された「時をかける少女」ですが、何度観ても新たな発見があります! 地震のシーンでは、今は「余震」と言うことが多いですが、当時は「揺り返し」と言ってたんですねぇ。

次の