逆seo対策会社。 逆SEO対策の専門会社

逆SEOの方法と被害に遭わない対策は?本当に順位が下がる?

逆seo対策会社

逆SEOとは? SEOとは、Webサイトやページを検索エンジンに上位表示させるための施策のことです。 そして逆SEOとは、特定サイトの検索順位を下落させることです。 「 なぜそんなことをする必要があるのか?」「 どんなときに逆SEO対策をするのか?」と疑問に思った方もいるのではないでしょうか? 答えは、自社製品やサービス、企業の方針についてのネガティブな情報を公表しているサイトが、特定のキーワードで検索上位に表示されてしまうときに、そのサイトの順位を下落させ、検索エンジンに表示されないようにするためです。 悪質なクレームや事実とは異なるネガティブ情報など、企業がいわれなき風評被害を受けている場合に有効な手段となります。 ただし、逆SEOを悪用して健全な運用をしているWebサイトの順位を故意に下落させることは、検索エンジンのガイドラインに反することであり、スパム行為としてペナルティの対象になりかねません。 これからお伝えする逆SEOの知識は、悪用することなくマナーを守って活用するようにしましょう。 逆SEOが効果的な事例 逆SEO対策が有効となる事例は何パターンかありますが、ここでは典型的な3つをご紹介します。 企業への悪質な誹謗中傷対策 世の中には、ごく一部ですが、意味もなく企業を批判する「クレーマー」のような人が残念ながら存在しています。 多くの人がインターネットから情報を得ているこの時代、自社の商品やサービスに関するネガティブな情報が検索上位に表示されることは、企業イメージを著しく低下させ、存続の危機に陥る原因にもなり得ます。 悪質な誹謗中傷への対策としては、逆SEOが効果的です。 対象のサイトを検索圏外に追放することにより、事実無根なネガティブ情報をユーザーの目から遠ざけることができます。 検索で表示されるネガティブなキーワード・情報の排除 検索エンジンに単語を入力すると、自動的に後ろに別の単語が表示されます。 検索エンジンの予測変換機能です。 これは、特定のワードを検索するユーザーが、そのワードと一緒に打ち込むワードの中から頻度の高いものを検索エンジンが記憶し、自動変換機能として表示させる仕組みになっています。 万が一自社の名前を打ち込んだときに、ネガティブなワードが予測変換表示されてしまう場合、もともと企業に対して良いイメージを持っていた人の信頼を失ってしまう可能性があります。 このように 予測変換で一緒に表示されてしまうネガティブなワードを排除したいケースで、逆SEO対策が効果的です。 冤罪などで拡散された事実に反するネガティブ情報の排除 企業だけではなく、個人が逆SEO対策を行う場合もあります。 一度世に出回ってしまった特定の個人に関する情報は、たとえ事実に反するものであってもその人のイメージを左右します。 冤罪の被害に遭った人は、「犯罪者」というレッテルを貼られてしまうため、日常生活に支障をきたします。 そうしたネガティブな情報を排除させるときに、逆SEO対策が有効です。 逆SEOの4つの手法 SEO対策では、検索エンジンに「ユーザーの役に立つ良質なサイト」だと認識してもらう必要があります。 反対に逆SEO対策では「役に立たない悪質なサイト」だと認識してもらえば良いのです。 ここで、逆SEOに効果的な5つの手法をご紹介します。 ペナルティの対象となるリンクを送る Googleは、以前は多くのリンクが貼られているサイトを評価していましたが、現在はアップデートにより、不正なリンクをペナルティの対象としています。 そのアルゴリズムを利用し、対象となるサイトにペナルティ対象となるリンクを送れば良いのです。 具体的には、被リンクの数を増やすためだけに作成した自作自演のWebサイトからのリンクや、アンカーテキストをすべて同じにしたリンクを大量に送ります。 検索エンジンはこのようなサイトを低品質のサイトと見なしペナルティを科すので、自動的に検索順位が下落します。 ターゲット以外のライバルサイトに良質なリンクを送る 自社の悪評が書かれたサイトが上位表示されていても、別のサイトをさらに上のランクに表示させることで、受ける被害を小さくすることができます。 ターゲットとなるサイト以外の複数のライバルサイトに、良質なリンクを送ります。 具体的には、コンテンツの質が優良評価されているサイトから、適切なリンクを貼ります。 こうすることでターゲットのライバルサイトがどんどん上位表示されるようになり、その結果ライバルサイトの順位は下落します。 ターゲットのサイトのコピーコンテンツを作る Googleはコピーコンテンツを低評価します。 内容が重複したコンテンツがある場合、一方のサイトの検索順位を下げ、同じページに同時に表示させないような対策をします。 Googleはコピーコンテンツをすぐに見抜くので、ターゲットのサイトと同じようなサイトを作成し、Googleに悪質サイトのほうをコピーコンテンツだと判断させることができれば、ターゲットの検索順位は自動的に下落します。 ただしこの場合、コピーサイトのほうはSEO対策を徹底的に実施し、Googleから良質なサイトだと評価される必要があります。 Googleにターゲットサイトを「不正なサイト」として申請 ターゲットのサイトを不正なサイトとして排除申請することができます。 これは必ずしも有効な手法とは限らず、排除してくれない場合もあります。 また、こちらの氏名も開示されるというリスクがあります。 逆SEOの知識は悪用しないように! 逆SEOの知識を持っていると、誹謗中傷の被害に遭ったときだけでなく、自社サイトが逆SEOのターゲットにされてしまった場合の対策としても有効です。 なかには検索上位のライバルサイトを妬み、非のない健全なサイトの順位を故意に下落させようと逆SEO対策する人たちも一部存在します。 万が一のときのため、逆SEOの知識を覚えておきましょう。

次の

逆seo対策会社

逆seo対策会社

とは、ネット上のネガティブサイトや迷惑サイトの検索順位を下げる対策です。 Google、Yahoo、Bingなどの検索エンジンで氏名や会社名を検索したときに、誹謗中傷や悪口が目立たないようにします。 ツイッターやブログ、2ch(2ちゃんねる)などの掲示板、SNSなど、あらゆるサイトが下落の対象になります。 逆SEO対策を行うことで、個人や企業の評判悪化のリスク(レピュテーションリスク)や炎上リスクを大幅に軽減することができます。 検索順位を下げる 個人名、企業名を炎上・拡散からプロテクト 逆SEOの目的は、ネットの中傷・炎上・拡散、あるいはプライバシー侵害から自分の身を守ることです。 インターネット空間では、個人や法人に対する様々な批判や攻撃が展開されています。 こうした批判の中には、悪徳企業の詐欺行為を告発したり、特定の人・組織の悪行を社会に広めるような意義の大きい言論行為も多いです。 しかし、その一方で、事実無根の中傷や人に知られたくない個人情報の暴露が行われることがあるのも現実です。 不当な攻撃を受けたときに、その内容が掲載されたサイトの検索順位を下げ、風評被害の拡大を食い止めるのが逆SEOです。 SEOよりも高度な技術 逆SEO(リバースSEO)は、通常のSEOよりも難易度が高いです。 その理由は、一般的なSEOは一つのサイトの順位を上げればいいのにに対して、 逆SEOの場合は多数のサイトの検索順位を上げなければならないからです。 このため、SEOとは異なる特殊な技術や手法を使う必要があります。 SEOと同じ方法で逆SEOに取り組んでも、失敗する可能性が高いのが現実です。 検索引き下げの方法 逆SEOでネガティブサイトの検索順位を引き下げる方法は、ポジティブなサイトやWEBページを多数つくり、それらを上位に表示させるのが第一の基本です。 ポジティブなサイトによって誹謗中傷サイトを押し下げる形になります。 ただ、単にWEBページを作るだけでは検索順位を大きく変動させることはできません。 内容が充実したWEBコンテンツを配置する必要があります。 内容が優れた文章 とくに大事なのは文章です。 文章が正しい日本語で書かれ、 かつ内容も充実したものでなければ、ネガティブサイトを押し下げる力を持つことができません。 さらに、逆SEOならではの技術やテクニック、そして様々なノウハウが必須となります。 公式サイト群(ホームページ)で1ページ目を独占 企業や団体、医療機関など法人様の逆SEOは、公式サイトだけで検索結果の1ページ目を埋め尽くす方法がたいへん有力です。 現に、多くの企業様がこの方法でネガティブサイトの順位引き下げを成功させています。 また、サテライトサイト(衛星サイト)を立ち上げることも有効な手段です。 サテライトサイトを数十個作り、それらを日々更新することで、誹謗中傷サイトの検索順位をスピーディーに落とすことができます。 SNSの活用 また、「Facebook」(フェイスブック)、「twitter」(ツイッター)などのソーシャル・メディア(SNS)も検索引き下げには必須です。 ただし、単にSNSを運用するだけでは、誹謗中傷サイトを押し下げる効果は限られます。 当社のようにリバースSEOに精通した専門家集団のサポートが受けることが大切です。 逆SEO• SEO• 会社概要• 問い合わせ•

次の

逆SEOで誹謗中傷サイトの検索順位を下げる

逆seo対策会社

逆SEO対策とは、悪口サイトの検索順位を引き下げること 逆SEO対策とは、悪口サイト(誹謗中傷サイト)の検索順位を引き下げるための対策のことです。 2ch(2ちゃんねる)などの迷惑なサイトが、取引先や一般消費者の目に触れないように、検索結果の後ろのほうのページに追いやります。 ネット検索による名誉毀損や風評被害を防ぐことが目的です。 通常のSEOより高度な技術が必要 通常のSEO(エスイーオー)は、サイトの検索順位を上げることを目指しますが、 逆SEO対策は、特定のサイトの順位の 引き下げを図ります。 多くのサイトの検索順位を上げなければならないため、通常のSEOよりも高度な技術が必要になります。 できれば5ページ以降に下げたい 企業の風評被害につながるようなサイトは、 社名で検索したときに、できれば検索順位の5ページ以下に下げたいところです。 そのくらいまで下がれば、目にする人はほとんどいなくなります。 逆SEO対策の方法 ポジティブサイトの「増強」が必須 好意的なサイトで埋め尽くす 逆SEO対策を行って、悪口サイトの順位を大きく引き下げるには、好意的なサイトの順位を引き上げていく必要があります。 そのためには、既存のサイトを増強するとともに。 新たなブログやサイトを大量につくる必要があります。 これは手間のかかる作業となりますが、ポジティブなサイトが増えることは、企業の評判の下落を防ぐたけでなく、 売上げの増加につながります。 また、就職希望者から応募数や内定受諾率の増加にも寄与します。 決して無駄にはなりません。 目標達成までは「毎日更新」が必要 単に新しいWEBサイトやブログをつくるだけでは、逆SEO対策を成功させることはできません。 検索順位が上昇し、その順位に固定されるまで、毎日のように更新する必要があります。 更新とは、要するに「新しい記事」の追加です。 記事(文章)を日々追加することで、検索エンジンから高い評価を受けることになり、Googleやヤフーでの上位表示が可能となります。 逆SEO対策に有効なサイトとは 特殊なテクニックが必要 逆SEO対策に効果的なWEBサイトを作るには、特殊なテクニックが必要となります。 また、必要となる対策内容はケースバイケースで異なるため、豊富な専門知識と経験が不可欠です。 「ドメイン」「サーバー」「コンテンツ制作」などを含めたWEB全般の総合力も必要となります。 専門技術と総合力で、逆SEO対策を成功に導く 当社(株式会社WEB広報)では、逆SEO対策を目的としたWEBサイト制作に必要なスキルとテクニックをすべて自社内で取り揃えております。 逆SEO対策によって風評被害を食い止め、ビジネスをさらなる拡大へと導きます。 まずは、当社の本社または各支店(札幌、福岡、名古屋、金沢)にお尋ね下さい。 ブログの運用も代行 最強のブログを厳選 また、当社に逆SEO対策をお任せいただければ、WEBサイト制作だけでなく、ブログの運用もお引き受けいたします。 当社では、SEO対策のためのブログを3万個以上運用しており、ブログによる検索対策について膨大なノウハウを持っています。 これまでの経験をもとに、逆SEO対策を行ううえで効果が最も高いブログサービスを10個から数十個厳選。 お客様にかわって運用いたします。 アメブロは なお、逆SEO対策のためのブログをつくるとなったときに、多くの人がameblo(アメブロ)を選ぶ傾向があります。 しかし、アメブロはSEO的には強くありません。 会員数が多いので、アクセス数はそれなりに確保できますが、 Googleの検索上位を狙うなら、アメブロは不適切です。 良質な「被リンク」の設置により、上位独占へ リンクは量より質が大事 逆SEO対策の基本の一つが、被リンク(外部リンク、バックリンク)の設置です。 逆SEO対策では、好意的なサイトや中立的なサイトへのリンクを設置することで、 検索順位を押し上げる必要があります。 しかし、ここで重要となるのが、リンクの「質」です。 リンク元のサイトがスパム的だと、かえってマイナス効果になり、検索順位が下がってしまう恐れがあります。 しっかりとした内容のサイトからリンクを設置する必要があります。 当社なら、お客様のビジネスと関連の深いサイトから、良質のリンクを設置し、SEO効果を高めます。 逆SEO対策の注意点 スパム的なサイトは、デメリットが大きい 逆SEO対策をするうえで、注意しなければならないのは、いくら迷惑サイトの順位を早く下げたいからといって、質の悪いサイトやブログを作ってはいけないということです。 意味不明の内容のサイトやブログは、企業の大きなイメージダウンにつながります。 それだけでなく、Googleなどの検索エンジンからもスパム扱いされる恐れがあります。 WEB広報の自然な逆SEO対策で、会社の評判をさらに高める 逆SEO対策用のブログや衛星サイトを作る場合でも、内容については、しっかりとしたものを用意する必要があります。 当社(WEB広報)では、逆SEO対策のお客様のために良質なサイトやブログを作成し、貴社の評判アップに貢献いたします。 悪質なリンクにも要注意 逆SEO対策を行ううえでは、質の悪い被リンクにも注意が必要です。 質の悪いリンクを増やしても効果がないばかりか、公式ホームページのランクが下がる恐れがあります。 リンクは、「量よりも質」が大事です。 悪質なリンクを大量に増やすよりも、良質なリンクを着実に増やしていきましょう。 当社に逆SEO対策をご依頼いただければ、良質なリンクを多く用意いたします。

次の