ストーリーに投稿宣伝。 無料で効率的?!効果的なインスタグラム宣伝のやり方

インスタグラムのストーリー機能とは? 投稿や保存・足跡・シェア方法を解説|TIME&SPACE by KDDI

ストーリーに投稿宣伝

インスタグラムのハイライトとは インスタグラムのとは、投稿を24時間以降も残すための機能です。 ストーリーに投稿すると、24時間後に自動的に投稿が消去されます。 しかし、ハイライトを使えば、投稿が自動的に消去されなくなるのです。 ストーリーをハイライトに追加した場合、プロフィール画面に投稿内容が表示されます。 しかし、ニュースフィードには表示されないので、気をつけてください。 ハイライトは、まとめ情報やアピール動画などを見せる手段として適しています。 具体的には、PV動画、イベント模様や一年の動きなどです。 これらのような投稿をハイライトに表示させれば、企業や商品の情報を届けられます。 このように、ハイライトは使い方次第で、効率のよい宣伝動画にもなるのです。 まだハイライト機能を使っていないのでしたら、ぜひとも活用してみてください。 ハイライトの追加方法 ハイライトの追加方法は、以下の2通りです。 ・ストーリーからハイライトに追加する ・アーカイブからハイライトに追加する アーカイブとは、ストーリーを保存するための機能です。 どちらからでも同じようにハイライトに追加できるので、お試しください。 新しいストーリーをハイライトに追加する 新しいストーリーをハイライトに追加するには、以下の手順をおこなってください。 (1)ハイライトに追加したいストーリーの投稿を表示させる (2)右下にある「ハイライト」をタップする (3)「ハイライトに追加」にある項目の「+」をタップする (4)ハイライトの名前を入力して、「追加」をタップする ハイライトは、新しいストーリーを投稿してから24時間以内に追加しなければいけません。 時間内にハイライトに追加できなかった場合は、アーカイブから追加する必要があります。 ちなみに、ストーリーを表示しても、右下に「ハイライト」が表示されない場合があります。 この場合は、「アーカイブに保存」がOFFになっている可能性が高いので、アーカイブの設定を確認し、「アーカイブに保存」をONにしましょう。 アーカイブしたものをハイライトに追加する アーカイブしたものをハイライトに追加するには、以下の手順をおこなってください。 (1)プロフィールページ左上にある「時計マーク」をタップして、アーカイブに移動する (2)アーカイブからハイライトに追加したい投稿を選択する (3)右下にある「ハイライト」をタップする (4)「ハイライトに追加」にある項目の「+」をタップする (5)ハイライトの名前を入力して、「追加」をタップする この機能を使う場合も、「アーカイブに保存」をONにしましょう。 「アーカイブに保存」がOFFの状態だと、ストーリーがアーカイブに保存されないので、注意してください。 ハイライトを編集・シェア・保存・削除する方法 以下では、ハイライトを「編集」「シェア」「保存」「削除」するときの操作方法を解説していきます。 カバーやタイトルを編集 ハイライトのカバーやタイトルを編集するには、以下の手順をおこなってください。 (1)プロフィール画面に移動する (2)編集したいハイライトの投稿を長押しする (3)「ハイライトを編集」をタップする (4)カバーを変更したいときは、写真下にあるカバー変更をタップし、名前を変えるときは、名前をタップして書き換える (5)「完了」をタップする 名前は6文字までしか表示されないので、文字数に気をつけましょう。 DMや他のSNSでシェア ハイライトをDMや他のSNSでシェアする場合は、以下の手順をおこなってください。 (1)プロフィール画面に移動する (2)をDMや他のSNSでシェアしたいハイライトをタップする (3)右下にある「…」をタップする (4)「宛先を指定して送信」をタップする (5)シェアしたいユーザーを選択して、「送信」をタップする シェアは、フォロワー以外にも送信できます。 その場合は、5. のときに検索ウィンドウでユーザー名を検索してください。 また、シェアは作成したグループ全員にも送れます。 グループの作成は、5. のときに右上にある「新規グループ」をタップしましょう。 ダウンロードして保存 インスタグラムの機能を使えば、ハイライトをダウンロードして保存できます。 ダウンロードの方法は、以下の手順です。 他人のハイライトをダウンロードできないので、注意が必要です。 削除の方法 ハイライトを削除する方法は、以下の通りです。 (1)プロフィール画面に移動する (2)編集したいハイライトの投稿を長押しする (3)「ハイライトを消去」をタップする ただし、ハイライトを削除しても、アーカイブには保存されているため、もう一度ハイライトとして表示させる場合は、アーカイブからハイライトに追加しましょう。 ハイライトには既読がつく ハイライトを視聴すると、ストーリーと同様で、既読がつきます。 この既読は、他のサイトでいう「足跡」と同じ機能のため、視聴したユーザー名を投稿者は把握できます。 ハイライトの既読の確認方法は、以下の通りです。 (1)プロフィール画面に移動する (2)既読を確認したいハイライトを開く (3)左下に視聴者数が確認でき、下から上へスワイプすると、視聴したユーザー名の確認ができる 既読を確認できるのは、投稿者本人のみです。 そのため、第三者にあなたが視聴したことが知られることはありません。 まとめ インスタグラムのハイライトは、時間経過で消えないストーリーを作成できます。 投稿者本人のプロフィール画面に掲載されるので、プロフィールを訪れた人に見てもうことができます。 ハイライトにPV動画やまとめ情報を載せれば、宣伝効果が期待できるでしょう。 また、ハイライトでは、ストーリー同様に視聴履歴が残ります。 そのため、視聴履歴にあるユーザーと交流することで、フォロワーの増加につながるでしょう。 このように、ハイライト機能は、使い方によってあなたのファンを増やすきっかけをつくることになるので、企業やビジネス目的のアカウントの場合は、積極的に使っていきたい機能といえます。

次の

無料なのに効果的?!インスタグラム投稿で効率的に宣伝する方法とは?|DX導入をどこよりも支援|Wiz cloud(ワイズクラウド)

ストーリーに投稿宣伝

このページの目次 OPEN• インスタのストーリーに引用するメリット 他の人の投稿を、ストーリーに 引用するメリットはどこにあるのでしょうか? 最大のメリットは、「人気者になれてフォロワー数を稼げる」という点にあります。 興味深い他の人の投稿を引用するなら、多くの人に自分のアカウントを知ってもらいやすくなります。 「この人の引用はどれも興味深くて面白い!」 こう思わせることができれば、 フォロワー数の大幅な増加が期待でき、いいねを貰える数も増えるでしょう。 目に見える形で反応があると、インスタを続けるモチベーションアップにもつながります。 過度になり過ぎず、適度に引用をするなら良い効果が期待できますよ。 ストーリーに他人の投稿を引用する方法 他のユーザーがフィード投稿したものを、自分のストーリーに引用が可能です。 難しそうに感じるかもしれませんが、操作方法は とても簡単ですぐに行うことができます。 以下から、ストーリーに引用する方法を紹介していきますね。 まずは、インスタを起動してトップページを表示してください。 引用したい投稿の、詳細画面を出します。 画面の中ほどに注目すると、いいねなどのアイコンの横に 「紙飛行機」のマークがあるのに気づくでしょう。 これが引用のボタンになるので、こちらをタップしてください。 するとシェアの画面が表示されるので、ここの項目にある 「ストーリーズに投稿を追加」を選択。 自動的にストーリーの編集画面に移動するので、ここからいつも通りの編集作業を行ってください。 編集が終わったら、画面下側にある 「ストーリーズ」をタップ。 すると、自分のストーリーに他人の投稿が引用されました。 引用された投稿の画像部分には、投稿元のユーザー名が表示される仕組みになっています。 この名前をタップすると、投稿元にアクセスできます。 ストーリーに引用した投稿をフィードにシェアする方法 他人の投稿を自分のストーリーに引用し、それをさらに 自分のフィードに投稿できます。 ストーリーは24時間で消えますが、フィード投稿は自動的には消えないので残しておきたい場合に有用です。 ちょっと難しそうに感じるかもしれませんが、とても簡単にできるので以下から方法を紹介していきます。 まずはインスタを起動して、引用したストーリーの詳細画面を表示します。 次に画面下側に注目すると、 「もっと見る」というアイコンがあるので探してください。 見つかったら、このアイコンをタップしましょう。 「投稿としてシェア」という項目があるので、こちらをタップ。 フィード投稿に切り替わったら、いつも通り編集をして 「シェア」を選択。 これでシェアができますが、注意点があります。 フィードに引用ストーリーを投稿すると、投稿元にアクセスするリンクが表示されなくなります。 ですから、フィードにシェアをする前に、投稿元に許可をもらうようにしましょう。 タグ付けされたストーリーを引用する方法 相手が自分のタグを付けたストーリーを投稿すると、 自分のDMにその旨の通知が届きます。 この通知を使うことで、簡単に自分のストーリーに引用が可能になりました。 タグ付けされたストーリーを引用する方法について、以下から紹介していきますね。 まずはインスタを起動して、トップページを表示してください。 次にタグ付けされたことが通知されたDMを開き、メッセージを画面に表示しましょう。 メッセージに注目してみると、 「これをストーリーズに追加しよう」というリンクが表示されています。 このリンクをタップすると、自動的にストーリーの編集画面が立ち上がります。 あとはいつも通り編集作業を行い、完了したら画面下側にある 「ストーリーズ」をタップ。 これで、タグ付けされたストーリーの引用ができました。 引用した投稿には、投稿元のユーザー名が表示されており、こちらをタップすると投稿元にアクセスできます。 自分のストーリーを引用されないようにする方法 ストーリーに他人の投稿を引用するのに、特別な許可は必要ありません。 手軽ですが、逆を考えると自分が投稿したストーリーが、勝手に引用されることになります。 他人に引用されるのが嫌だと感じるなら、ストーリーを 引用されない設定しましょう。 設定方法はとても簡単なので、以下からの操作方法を参考にしてみてください。 まずはインスタを起動して、 「三」のアイコンを選択します。 次に画面の下側に注目すると、 「歯車」のアイコンがあるのでこちらをタップ。 オプションに関する項目が並んでいますが、ここで注目したいのは 「ストーリーズコントロール」という部分。 この項目を見つけたら、タップしてください。 画面が切り替わるので、 「シェアを許可」という部分を見つけましょう。 発見できたら、横にあるスイッチをオフに切り替えます。 これで、自分のストーリーを引用されなくなりました。 相手の投稿を引用しようとしても、 紙飛行機のアイコンが存在しない時があります。 それは、相手が引用されない設定をしているためです。 まとめ インスタのストーリーには、他人の投稿を簡単に 引用できる機能が備わっていると分かりました。 面白い投稿を引用すれば、相手も自分のアカウントも注目を集めやすくなりフォロワーの増加が期待できます。 しかし引用はマナーが大切なので、相手に引用していいか許可を貰ってから行うようにしましょう!.

次の

インスタグラムの使い方 徹底解説ガイド!裏技や小ネタも満載!(Android,iPhone)【Instagram】

ストーリーに投稿宣伝

でも、今の10代~20代に聞くと… 「とりあえずストーリー見てます!」 「ニュースフィード(通常投稿)はあんまりチェックしないですね」という人が意外と多いのです。 インスタグラムを使って自社(自分)のブランディングをしたい、フォロワーを増やしたいという人にとって、 ストーリーを使いこなせるかは非常に重要なポイント。 そこで今回は、今さら聞けない基本的な Instagramストーリーの機能や種類、投稿方法、使える機能をお伝えします。 Contents• インスタグラムストーリーとは? インスタグラムストーリー(ストーリーズ)とは、インスタで投稿できるコンテンツのひとつで、ニュースフィードの上部から確認することができます。 2019年5月にフェイスブックジャパンが発表したデータによると、日本ではデイリーアクティブアカウントのじつに 『7割』がストーリーズを利用しているのだとか…。 見逃せない存在なんですね! インスタグラムストーリーの特徴 インスタグラムストーリーには、『 24時間で消える』以外にも下記のような特徴があります。 気軽に使えて、個性も出せるから利用者数が増えているんですね。 うまく活用すれば、 購買や来店、認知度アップを実現することができます。 インスタグラムストーリーはリポスト(シェア)ができる インスタグラムのストーリーは、リポスト(シェア)ができます。 リポストというのは、 フォローしているアカウントの投稿を自分のストーリーにそのまま投稿できる機能です。 TwitterやFacebookをされている方に分かりやすく言うと、Twitterのリツイート、Facebookのシェアとほぼ同じ機能になります。 ほぼ同じというのは、TwitterやFacebookの場合は、誰でもリツイートやシェアができますが、インスタグラムの場合は違うのです。 リポストできるのは、 相手のストーリーに自分をタグ付けしてもらったときだけになります。 ただ、専用のアプリ 「PhotoAround」を利用すれば、このアプリによるリポストマークを表示してのリポストが可能です。 インスタグラムストーリーの種類と投稿方法 色んな特徴を持つ『インスタグラムストーリー』。 じつは撮影モードだけでも 6種類あるんです。 一度に覚えるのは大変なので、「こんな方法もあるんだ~」という参考にしてみてください。 すぐに投稿できるよう、基本的な『投稿方法』にも触れていきますね。 通常モードでは、写真や動画を撮ることができます。 『動画』を撮影する場合は、シャッターボタンを長押しすればOK! 撮影ができたら、次に下記のような「 編集画面」が表示されます。 ここで『文字』や『スタンプ』をいれたり、色んな『フィルター』を使って動きのある写真・動画にしたりと、 加工を楽しむことができます。 下記は「フィルター」を使って、絵画風にしてみた場合の様子です。 ) ぜひ、色んな『編集機能』を使って加工を楽しみましょう。 写真・動画の編集が終わったら、いよいよ『公開』です。 画面右下に出てくる「 送信先」ボタンをタップ。 全員に公開する場合は、いちばん上の「ストーリーズでシェア」をタップ。 一部の親しい(フォロワーの中から自由に選抜可)にだけ公開したい場合は、「親しい友達のみにシェア」をタップすれば投稿完了です! 一見、難しそうなストーリーですが、 意外とかんたんに投稿できます。 シャッターを押すと、 自動的に10連写され、写真をつなぎ合わせて、ブーメランのように戻ってくる(逆再生される)動画を作ってくれます。 高級感やきちんと感を演出するのにはあまり向いていないので、『集客』や『宣伝』に使う場合は自社のブランドイメージやターゲット層を考慮した上で使用を検討してみましょう。 でも、このハンズフリーを使えば、シャッターを押してから、もう1回シャッターを押すまで継続して動画の撮影が可能なので、 かんたんに動画を撮影することができます。 画像が中心のインスタグラムにとって、文字が中心の『作成』は、非常に貴重な存在。 なお、『作成』には「アンケート機能」や「質問機能」といった機能があります。 こちらについては、後ほどまた紹介します。 6.ライブモード 『 ライブ』では、 リアルタイムでフォロワーに動画を配信(LIVE配信)することができます。 また、不動産系の場合、モデルハウスでライブ配信。 ユーザーからのコメント(リクエスト)に合わせておうち紹介をする…といった活用も可能です。 インスタグラムストーリーは、随時アップデートされ、新機能もぞくぞくと追加されています。 ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。 インスタグラムストーリーの使える機能 なお、Instagramストーリー(ストーリーズ)には 便利な機能がいっぱいあります。 今回は、プロフィール欄に使える『ハイライト機能』と分析に便利な『足跡機能』をご紹介します。 1.ハイライト機能 『 ハイライト機能』は、 過去に投稿したストーリーをプロフィール欄に固定表示させておく機能です。 通常のストーリーと違い、24時間たっても消えないので、多くのユーザーに目にしてもらえる可能性があります。 過去に投稿したストーリーを複数まとめることもできるので、ぜひ使ってみてください。 2.足跡機能 インスタグラムストーリーには、『 足跡機能』があり、 誰が自分の投稿したストーリーを見たかが分かるようになっています。 投稿したストーリーを再生すると、左下に「 目のマーク」が表示されます。 この「目のマーク」をタップすると、ストーリーを見たアカウントが一覧で表示されるので、 誰が投稿を見てくれたかが一目瞭然です。 集客や宣伝をしたい人にとって、届けたい情報が狙った相手にきちんと届いているかは重要なポイント。 ぜひ、 足跡機能を使って、施策がうまくいっているかを確認してみてください。 ストーリーでエンゲージメント率を図る方法 企業のプロモーションとしてインスタグラムのストーリーを使うなら、エンゲージメント率を把握すること、このエンゲージメント率を改善することが大切です。 ユーザーとコミュニケーションが取れる• 消費者のニーズを探れる• 参加型のキャンペーンを実施できる 新商品やノベルティに迷ったときなどに、こちらのアンケートを使ってみるのも消費者ニーズが分かり面白いですね。 GIFスタンプ機能 ストーリーでは、文字やスタンプだけでなく、 動くGIFスタンプで加工ができます。 写真や動画に動くスタンプを取り入れるだけで、 一気に目を引く投稿にできますし、誰でも簡単に利用できるのでおすすめです。 使い方は、まずストーリー投稿画面の上部にある四角い顔をタップします。 ストーリーで使える機能が一覧になっているので、黄色枠の「GIF」を選びます。 スタンプの一覧ページが出てきますが、使いたいスタンプのイメージが決まっていれば、検索窓で「かわいい」「ハート」などと入力すると、手っ取り早く探せますよ。 ストーリー内の分析機能 インスタグラムには、Googleアナリティクスのように アカウントの分析ができる インサイト機能があります。 閲覧者数• 返信数• プロフィールへのアクセス• ウェブサイトクリック 閲覧者数は、ストーリーを見てくれたアカウントの数です。 返信数が多ければ多いほど、ユーザーにとって有益な投稿、共感できる投稿ができたとも言えます。 また、この返信にこちらも返信することによって、深いコミュニケーションに繋がり長期的なフォロワー(ファン)に繋がりますので、 ユーザーにとって有益または共感できる投稿を意識しましょう。 プロフィールへのアクセスは、「どんな人(アカウント)がこのストーリーを投稿したのかな?」とストーリーに興味をもってもらえた証拠ですので、ユーザーの反応が良かった投稿だとも言えます。 ウェブサイトクリックの数は、ストーリー内で紹介された商品やサービスに興味をもち、実際にウェブサイトをクリックしてくれた人数のことです。 フォロワーが多くなれば多くなるほど閲覧者数も伸びていきますが、 投稿ごとに閲覧者数を分母として返信数やプロフィールへのアクセス数、ウェブサイトへのクリック数を分子としたときのエンゲージメント率を計算してみてください。 そうすると、どの投稿がよりユーザーの反応が良かったかが分かります。 反応がイマイチだとアカウント担当者としてはヘコんでしまうかもしれませんが、SNSは投稿を重ねることが自社アカウントを育てることへの一歩ですので頑張りましょう! ストーリーへのDMへは返信した方が良い ストーリーを再生すると、下の方に「メッセージを送信」というテキストボックスが表示され、 メッセージを送信できます。 このメッセージは、インスタグラムのフィード投稿のコメントとは異なり、他の人には表示されません。 ストーリーの投稿者に、 直接DM(ダイレクトメッセージ)として個人宛に送られるのです。 たとえば、企業アカウントで商品についてストーリーに投稿した場合、「その商品についてもっと知りたい」と思った人が、商品についてメッセージで質問してくることがあります。 時には、そのメッセージが何十件とくるかもしれません。 ですが、そのメッセージをくれたユーザーは、 あなたの会社の大切な見込み客です。 メッセージへの対応があなたの企業に対するイメージにもなり得ますので、 一件一件丁寧に返信しましょう。 コツコツ続けていれば、あなたの会社のファンがきっと増えるはずですよ! ストーリーをうまく活用している企業事例 ストーリーをうまく活用している企業の事例を3つ紹介します。 ストーリーでは「おやつ特集」や「おかず特集」などユーザーに分かりやすいような特集を組んで投稿しています。 たとえば「おやつ特集」では、1つ3〜5秒間あたりのおやつ動画が20以上アップされています。 よく見ると一度ストーリーにアップしたものをハイライトとしてまとめているようです。 ストーリーにあげた投稿をインサイトで分析し、ユーザーの反応が良かったレシピをまとめているのでしょう。 この 一度ストーリーにアップしたものをハイライトでまとめる手法は、多くの企業がやっています。 ユーザーの反応が良かったものをまとめているので、またユーザーの反応が良い投稿が作れることがメリットです。 そして、ストーリーの「もっと見る」をタップすると、 デリッシュキッチンのアプリインストール画面になります。 ストーリーはフォロワーが1万人いれば、フィード投稿と違ってリンクが貼れますので、「美味しそう!」「レシピが気になる!」とユーザーに思わせて、アプリインストール画面に誘導している設計はぜひお手本にしたいところです。 応募条件を見ると、ストーリーズもしくはフィードで「 私と宿の思い出」で投稿、itomaアカウントのタグ付けといったものがあります。 キャンペーンだけのオリジナルハッシュタグ やアカウントのタグ付けを応募条件にすることは、アカウントの認知を広める効果があるので、これから フォロワーを増やしたいアカウントにおすすめです。 「ひんやり寝具」「今だけ限定」など、季節に合わせた商品や限定商品でユーザーの興味を引くような仕掛けになっています。 ストーリーのリンク先は、自社サイトの商品カテゴリーページです。 商品への興味が高い人を誘導できる設計になっているため、実際の購入にも繋がりやすいと考えられます。 まとめ インスタグラムのストーリーについて、種類や投稿の方法を解説しました。 今回のまとめ• フルスクリーン で表示できるので、 広告や宣伝との相性もgood !• ストーリーのエンゲージメント率を上げたいなら、スワイプアップやアンケート機能、GIFスタンプが効果的!• ストーリーを投稿したら、インサイトで分析することが大事。 このように、インスタグラムストーリーには、使える機能やおもしろい機能がたくさんあります。 集客チャンスもいっぱいあるので、ストーリーの使い方がうまいアカウントをチェックしながら、ぜひ気軽にチャレンジしてみてください。 みなさまのインスタ運用がうまくいくことを願っています!.

次の