プエルトリコ ウィンター リーグ。 読売巨人軍公式サイト

DeNA乙坂智も大暴れした中南米ウインターリーグの給料はいくら?|MLB|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

プエルトリコ ウィンター リーグ

クリオージョス・デ・カグアスと3年契約、毎オフに若手選手を派遣予定 プエルトリコ・ウインターリーグのクリオージョス・デ・カグアスは12日(日本時間13日)、千葉ロッテマリーンズと3年間の業務提携を結んだことを公式ホームページで発表した。 毎オフ、ロッテからカグアスに若手選手が派遣されることになっており、今季はプロ2年目、20歳の安田尚憲内野手、昨年日本ハムから移籍した28歳の岡大海外野手、若手先発投手(未定)の3人が派遣され、リーグが開幕する11月中旬から約1か月間、プエルトリコでプレーする予定だという。 地元紙「プリメラ・オラ」も報じている。 同球団のエドワルズ・グスマンGMは「まずはロッテが将来有望な選手たちを派遣してくれることに感謝したい。 今年は能力のある、少なくとも3人の選手が我々に力を貸してくれる。 安田尚憲はロッテの若手では将来性ナンバーワンの期待の一塁手兼三塁手で、岡大海も外野をどこでも守れる。 先発投手についても今後、発表できるだろう」とコメント。 また、ロッテの松本尚樹球団本部長の「選手たちが海外で野球を経験できることを嬉しく思う。 プエルトリコのウインターリーグにはMLBの選手もおり、高いレベルの試合ができる。 彼らには多くの経験を積んでもらい、来季の活躍に期待したい」という思いも紹介した。 同球団は安田のコメントも掲載。 安田は「とても楽しみにしている。 去年も台湾のウインターリーグに参加したことで、自分のレベルを高めることができた。 プエルトリコには速い直球を投げる投手たちがいると聞いているが、しっかり対応して打ち崩したい。 リーグにはどんな選手がいるのか、まだあまり知らないが、できるだけ多くの投手の対戦したい」と話している。 安田は今季、1軍出場はないが、12日現在、2軍では109試合、打率. 257、102安打、17本塁打、74打点と結果を残しており、安打、打点、本塁打はイースタン・リーグでトップ。 昨年10月にはコロンビアで行われたU-23ワールドカップにも出場し、日本の準優勝に貢献した。 また岡は今季、1軍で90試合に出場。 227、6本塁打、15打点、12盗塁の成績を残している。 なお、今季はオリックスが同じプエルトリコのアテニエンセス・デ・マナティにT-岡田外野手、鈴木優投手、育成の漆原大晟投手の3人を派遣予定。 またソフトバンクも昨年に続き、プエルトリコに若手選手の派遣を検討しているという。 (Full-Count編集部).

次の

ウィンターリーグ

プエルトリコ ウィンター リーグ

防御率 試合数 勝利 敗北 セーブ 勝率 投球回 本塁打 被本塁打率 与四球 与四球率 奪三振 奪三振率 WHIP 2019 2. 99 20 6 6 0. 500 108. 1 4 3. 19 87 0. 80 1. 28 2018 2. 69 21 11 2 1. 846 113. 2 2 1. 34 85 0. 75 1. 21 2017 5. 4 2 0 1 0. 000 5 0 0. 40 2 0. 40 1. 50 2018 0. 00 2017 2018年の1試合に登板した試合では三振を奪えなかったですが、2019年には2試合で7奪三振と高い奪三振率を見せています。 もう一つ加えたいのが、フライ率が高いという事は、「 空振りを奪える可能性が高い」、「 ストレートの回転数が高い」と言われます。 ホップ型• まっスラ型• 平均 にあたると思われますが、高田選手は動画で見る限りホップ型でないのは明白なので、スライダー投手という点からもまっスラ型か平均の可能性が高いと予想します。 高田選手の場合は、フライ率が高いわりに被ホームランが少ないと結果の相関性が見えにくいのですが、ストレートの性質上、 ある程度のイニング数を投げ出すと被ホームランが増える可能性があるという事は念頭に置いた方が良いかもしれません。 WHIPを見ると、毎回ランナーを背負うイメージ 次に、WHIPですが1イニングあたりのランナーを背負う数を数値化したものですが、3年通して1.2以上となっていますので、毎回ランナーを1人背負う可能性があります。 ヒットもしくは四死球などでランナーを出していますが、今年最多勝を獲得した山口俊選手の場合は1.16です。 当然の事ながらランナーを出さなければピンチもなければ、ホームランを打たれても最少得点で切り抜けられる可能性がありますので、勝率が上がってきます。 WHIPを1.20以下にする事で、無駄なランナーを出さないようになれば、高田選手の良さが出てくるかもしれませんね。 この数字で分かる事は、「本格派ピッチャー」か「軟投派ピッチャー」かが分かり、先発投手だと1.02を平均とし、高ければ高いほど本格派、低いほど軟投派という参考数値になります。 ちなみに、PFRは抑えの投手だと1.28を平均とし、直球で押すスタイルのピッチャーだと2.00近い数字になる事もあります。 高田投手のPFRですが、 球種 投球割合 被打率 被四死 奪三振 空振率 見逃率 カットボール 17. 600 0 2 13. 333 1 1 4. 500 0 1 10. 000 0 1 22. 000 0 2 25. カットボールを小さいスライダーと考え、ストレート、スライダーの3球種を合計すると、76.57%の投球割合となります。 この中で注目がスライダーの 空振り率と見逃し率が共に25.00%と高いという点です。 OBの堀内恒夫氏も、自身のブログで高田投手の事に触れた際に 「高田萌生のスライダー、これに少し希望が持てたかな」 と書いているように、プロでも通用する球種であるのは間違いありません。 また、2019年オフには松坂大輔選手からアドバイスをもらい、松坂流スライダーの習得にも意欲を見せている事をコメントしていました。 この事からもスライダーをウィニングショットの一つとなっている事は明らかですし、大きく曲げすぎずに精度を上げる事に取り組んでいましたので、方向性としては間違いないと、データからも感じました。 あともう一つ気になるのが「 ストレートの空振り率の低さ」です。 本格派のピッチャーになっていくには、ストレートで空振りを取れる球威になってほしいので、10%以上は出して欲しいところです。 残りの20%近くがカーブとフォークとなりますが、カーブの被打率が高く、空振りを奪えていないのがカウントを整える際に使えていない事で、ピッチングの幅を狭めている印象です。 逆にフォークボールの空振り率が20%を超えているので、スライダーと並んでウィニングショットとして使える球種になっていく可能性を感じます。 高田萌生選手の年俸と背番号の推移 続いて、高田選手の入団後の年俸と背番号ですが、 年 年俸 推定 背番号 2020年 710万円 53 2019年 680万円 53 2018年 520万円 53 2017年 500万円 53 入団以降、毎年年俸は少しずつ上がってはいますが、1.5軍レベルの状態ですので、背番号は期待を込めての変更などありません。 53から若い番号へ変更されるかどうかは、やはり一軍で初勝利をあげ、また二桁勝利をあげていく事が求められるはずです。 特に2021年には大学へ進学した同期たちが大卒プロとして入団してくる事になりますので、その前に同世代の中で一歩抜け出した存在となりたいところです。 ちなみに、2016年ドラフトの出世頭ですが、• オリックス・バファローズの山本由伸投手• 中日ドラゴンズの藤嶋健人• 西武ライオンズの今井達也 らが、高校生からドラフト指名で結果を残しています。 特に山本由伸投手は、リリーフでも先発でも日本を代表するレベルに成長した下位指名投手ですから、高田投手も活躍を刺激にしてもらって、2020年こそ才能を開花させてほしいですね! 高橋昂也、坂倉将吾、アドゥワ誠(広島カープ)、堀瑞輝(日本ハム)、京山将弥(横浜DeNA)、才木浩人、浜地真澄(阪神タイガース)、藤平尚真(楽天イーグルス)、大江竜聖(読売ジャイアンツ)、九鬼隆平、古谷優人(ソフトバンクホークス) と沢山いますので、期待の世代ですね。 高田萌生投手、2020年こそブレイクするか?? 現在、高田投手は、古川侑利投手と共にプエルトリコのウィンターリーグに参戦し、先発にリリーフにとチームの勝利のために奮闘中です。 台湾のウィンターリーグと違って、プエルトリコのウィンターリーグは、大リーガーやトリプルA、ダブルAクラスの選手も出場してくるため、武者修行には良いところで、何より結果を伴わない場合は出場機会も与えられない厳しいリーグです。 そんな厳しい環境の中でも高田選手は、 登板数 勝利数 敗北 防御率 投球回 本塁打 被本塁打率 与四球 与四球率 奪三振 奪三振率 WHIP B/KK プエルトリコ ウィンターリーグ 7 1 2 1. 99 31. 2 1 3. 45 20 0. 64 1. 17 1. 43 と奮闘中です。 パワーヒッターの多い中で、防御率と被本塁打率を見ると、大怪我をしない投球が出来ていそうですし、もしフライ率が高い場合でも球威で押し込む事が出来ている可能性もあります。 K/BBは1.42と日本球界で投げているほどの結果をあげられていませんが、四球を出しながらも要所をしっかりと抑えています。 現地のフェリシアーノ監督からは、 「初回をよく1点でしのいでくれた。 その後、迷っている様子も見えたが、四回、五回は吹っ切れたピッチングに戻っていた。 グレートジョブだ。 あれこそ俺の知っているタカタだ」 とコメントされているように、信頼を勝ち取っているようですから、評価は上がっていると思いますし、帯同している杉内コーチからも 三振かヒットか、くらいの大胆なピッチングを と求められているようですから、結果を恐れずに思い切って向かっていくスタイルになってくれるかもしれませんね。 ちなみにウィンターリーグでは、ワインドアップ投法でなくセットから投げています。 今さらかもしれないけど、高田くんワインドアップやめたんだね🙄 松坂に憧れてワインドアップのフォーム真似してたエピソードあった気が どんどんワインドアップ少なくなるな😑 — 永久に不滅 eikyuunihumetu 制球力アップを意識してだと思いますが、個人的には松坂大輔選手のように振りかぶって静止する瞬間が、ワインドアップ投法を見ていて好きなので、高田投手にも続けて欲しいですが・・ 課題の制球力がこれで改善していくのであれば、ノーワインドアップでも仕方ないところでしょうか。 今は、とにかく課題の制球力アップを先決させていると思いますが、思い切りの良さだけは失わないように、慎重な中でも大胆なピッチングで、若者らしさを見せてくれる事を期待したいと思います。 以上、異国の地で奮闘中の高田萌生選手の課題や期待をまとめてきましたが、常に最新情報を更新したいと思いますので、何か情報が出ればTwitterやコメントを頂ければ幸いです。 高田選手と共に異国の地で奮闘中!また同期で結果を求めたい選手• たーくん 読売ジャイアンツに魅せられて25年。 趣味のソフトテニス歴と同じだけの長さ、ずっと応援し続けてきました。 家族や自分の事より、プロ野球発展のためブログに命を込める素人野球バカのブログのため、経験者や識者の声も聞きながら双方向で発展させていきたいと考えてますので、積極的な交流をお願いします。 【趣味】 ・野球観戦(もっぱらテレビで) ・野球ニュースをネットや動画サーフィン ・ソフトテニス ビールはもっぱら本麒麟、最近スーパードライやキリンラガービールの味を忘れつつあります。 夜の晩酌の肴は、もっぱらプロ野球観戦、ストーブリーグは各球団の戦力分析かパワプロで過ごすアラフォーパパ。 - -, , , , ,.

次の

海外武者修行2019|福岡ソフトバンクホークス

プエルトリコ ウィンター リーグ

日本のプロ野球とメジャーリーグはポストシーズンが終わり、ストーブリーグに突入。 だが、世界各地でまだまだ熱戦は繰り広げられている。 そう、ウインターリーグだ。 今回は日本人選手が派遣されている3つのウインターリーグと、そこでの注目選手の動向を紹介しよう。 60 今シーズンのプエルトリコのウインターリーグには、巨人からは岡本和真、高木勇人、平良拳太郎の3選手が派遣されている。 今季は村田修一(巨人)とのレギュラー争いを期待されたシーズンだったが、1軍での出場はわずか3試合に終わった岡本和真。 昨年のシーズンオフは台湾で行われたウインターリーグに参戦。 今年は中南米のプエルトリコでのウインターリーグに参加となった。 岡本はプエルトリコで20試合に出場。 231(65打数15安打)、0本塁打、5打点の成績を残している。 15安打のうち2塁打は5本放っているが本塁打が1本もないのは少し寂しい。 豪快な一発を期待したい。 プロ2年目の今季は5勝9敗とルーキーイヤーから成績を落とした高木勇人。 プエルトリコでは5試合に先発し0勝3敗、防御率3. 勝ち星、防御率も今ひとつだが四球の多さが目につく。 21イニングを投げて17四球は明らかに多い。 ボール、マウンド、気候の違いと慣れないなかでの投球だが、もう一皮むけてほしいところだ。 今季の平良拳太郎は1軍、2軍ともに先発での起用だったが、プエルトリコでは中継ぎを任され、登板した4試合のうち3試合を無失点に抑える好投を見せている。 来季の1軍定着へ向け期待がかかる。 91 駒月仁人:出場なし ここ数年、オフシーズンに西武から数名の選手が派遣され、にわかに注目を浴びているオーストラリアのウインターリーグ。 今年は本田圭佑、野田昇吾、駒月仁人の3選手が派遣された。 オーストラリアン・ベースボールリーグのアデレード・バイトでは、昨季、ヤクルトでプレーしたデニングもプレーしている。 本田は、10月末からメキシコで行われたWBSC U-23ワールドカップにも出場し、日本代表の優勝に貢献。 メキシコから帰国後にチームの練習に参加し、すぐさまオーストラリアへと戦いの場を移した。 オーストラリアでの本田は2試合に登板し1勝0敗、防御率0. 73とここでも躍動。 2戦目の登板となったアデレート・バイト戦ではデニングと対戦しノーヒットに封じ込めた。 来季の西武投手陣に目を向けると、FAで楽天へ移籍が決まったエース・岸孝之の穴が空いた。 岸と同じ東北学院大学出身の本田はこの冬を実りあるものとし、来季の開幕ローテーション入りを目指している。 野田はオーストラリアで3試合に中継ぎ登板。 初戦こそ失点したものの2戦目は無失点に抑えており、まずまずの内容といったところか。 失点を喫した初登板こそ1回を投げきることができなかったが、2戦目、3戦目では回跨ぎでの投球も行っている。 来季から捕手に再転向する駒月は、現在のところ出場機会ゼロ。 だが、オーストラリアでは捕手としの技術力向上のほかに、コミュニケーション力の向上にも目を向け、「元々人と会話するのが積極的ではないが殻を破って積極的に取りたい。 英語で話すことができたら、日本人とのコミュニケーションはもっと簡単になる」と、前向きに意気込んでいる。 また、オーストラリアにはルートインBCリーグ・群馬ダイヤモンドペガサスの竹内大地も参戦している。 竹内は6試合に出場し打率1割台と結果はまだ出ていないが、ここでの経験を生かしてほしい。 なお、公式サイトでは「Daiuchi Takeuchi」と表記されているが、「Daichi」の「Dai」と「chi」の間に「u」が挟まっている誤表記はご愛嬌だ。 デニングがプレーしているアデレード・バイトには、元日本人独立リーガーが所属している。 四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスでプレーしていた植田健太郎だ。 植田は11月26日に代打で初出場を果たしたが、死球という結果に終わっている。 今後の活躍に期待したい。 アジア・ウインターリーグ 開催国:台湾 イースタン選抜、ウエスタン選抜として参加 11月25日から台湾を舞台に2016アジアウインターリーグベースボールが始まった。 NPBのイースタン選抜、ウエスタン選抜に加え、欧州選抜なども参加するなど盛り上がりを見せている。 本稿執筆時は、開幕した直後ということもあり成績が出揃っていないがイースタン選抜にはオコエ瑠偉(楽天)、平沢大河(ロッテ)、桜井俊貴(巨人)、原樹理(ヤクルト)、ウエスタン選抜には吉田正尚(オリックス)と2015年ドラフト1位ルーキーたちが顔を揃えており注目度は高い。 12月15日までがリーグ戦、その後、プレーオフ、優勝決定戦も控えている。 若手期待株たちの激しい戦いはまだまだ続く。 文=勝田 聡(かつた・さとし).

次の