愛 の 不時着 ヒョンビン。 愛の不時着 キャスト・登場人物 ヒョンビン&ソン・イェジン主演韓国ドラマ

Crash Landing on You

愛 の 不時着 ヒョンビン

愛の不時着 第11話あらすじのおさらい しばらく彷徨ったよ、ソウル市江南区清潭洞(カンナムグ チョンダムドン)までしか言ってくれなくて、具体的な住所は言ってくれなかったと、 リ・ジョンヒョク。 私はこんな種類の夢は好きじゃないわ、覚めたら本当に虚しくて、リ・ジョンヒョクさんがそのように見つめるのも一つも嬉しくないってと、 ユン・セリ。 夢じゃないのにと、チョンヒョク。 確かなの?と、セリ。 確かだと、チョンヒョク。 チョンヒョクの胸に飛び込むセリ。 いや、どのようにここまで?顔はどうしたの?どこか怪我したんじゃなくて?と問う。 なんでもないと、チョンヒョク。 チョンヒョクは チョ・チョルガンも通ったであろう日帝時代の金鉱の跡を使って韓国にやってきていた。 韓国側の出口付近に北朝鮮のバッジが落ちていたため、警察によって一帯が捜査される。 ひょっとして私のために脱北したの?違うなら諜報?と、セリ。 チョ・チョルガン、そいつがここにいる、そいつの目標は君、君を使ってボクの家まで攻撃するつもりだ、君のためだけできたんじゃないと、チョンヒョク。 しばし来たというのならいつ帰るの?と、セリ。 今夜にでも、そいつを捕まえ次第と、チョンヒョク。 まずは私を狙うのなら、リ・ジョンヒョクさんは私を守らなければならないわね、そうするには一緒にいなければならないわね、しっかりくっついてと、セリ。 目についてはダメと、自分のマフラーをチョンヒョクに巻くセリ。 CCTV・ブラックボックス・国情院・警察を持ち出し、二人だけの秘密裏な空間に移動するしかないと、家に連れ帰る。 冷蔵庫になにもないことを指摘するチョンヒョク。 私が言わなかった?小さな口の公主だって?と、セリ。 ガツガツ食べていたセリを思い出すチョンヒョク。 北では特殊状況だったと、セリ。 目の前のチョンヒョクに実感のないセリ。 家族とはどう過ごしてる?と、チョンヒョク。 生きて帰って嬉しがられた、全て良いと、セリ。 けれど、次兄 ユン・セヒョンが妻の コ・サンアとやってきて、北に行っていたことで脅迫する。 それをわかっていて助けようとしなかったことを指摘するセリ。 人生で忘れるべきでない3つの人がいる、大変なときに助けてくれる人、大変なときに置き去りにする人、大変な状況にさせる人、だから二人を忘れないとも。 何も言わないで、恥ずかしくてと、セリ。 セリを抱きしめるチョンヒョク。 人生で忘れるべきでないのは悪い人ではなく良い人だとも。 チョ・チス、 キム・ジュモク、 パク・グァンボム、 クム・ウンドン、そして チョン・マンボクはチムジルバンに潜伏中。 チスがアカスリをしたために追加料金を払う羽目に。 北では ヨンエ以下の姉さんたちが新年のおめかし。 一緒にムーダンのところへ。 ヨンエは息子を金日成総合大学の医学部に入れたいので尋ねる。 南の少女のような話しぶりのムーダン。 マンボクは遠くへ行って戻れない、ヨンヘには人の心配をしてる場合ではない、村に嵐が訪れると予言する。 ヨンエの夫ほか、次々と軍人が逮捕される。 チョ・チョルガンが捕まったためだ。 そのため、彼の斡旋で潜伏している ク・スンジュンも捕まれば殺される状況に。 結局、 チョン社長は捕まり、スンジュンだけがかろうじて逃げ切る。 自分の愛する人を再び害されることがあれば自分自身を許せないと、南に渡った理由を父に手紙で知らせていたチョンヒョク。 中隊交代まで1っヶ月あるため、それまでには帰るとも。 手紙を焼く チョンヒョクの父。 指紋認証のドアに交換し、チョンヒョクの指紋も登録するセリ。 自分好みのスーツをチョンヒョクに買い与えるセリ。 店員がやたらとチョンヒョクにタッチするのが気にいらなかったが、チョンヒョクを旦那さんと言ったので、すっかり良い気分になる。 2500万ウォンだったのを見て、何してるんだと、チョンヒョク。 私が言ったわよね、ラグジュアリーな燕だってと、パトロン化するセリ。 デパートのドアを保持して人を通すジェントルなチョンヒョク。 女子たちも大騒ぎだ。 ホン・チーム長にチョンヒョクをボディーガードの イ・ヒョクとして紹介するセリ。 また恋愛を始めるのですか?と、ホン・チーム長。 何言ってるのかわからないわと、ごまかすセリ。 弁明をしつつ、あなたのせいで目が高くなったから恋愛は難しいとも。 セリの会社のビルを見て驚く5人。 もちろん、セリに会うことはできない。 ソ・ダンがチョンヒョクに振られたと噂している同級生3人。 そこにタンがやってくる。 堂々としているタンに面食らう同級生。 また、気になる男性(スンジュン)を外に見つけた3人だったが、タンがその男の車に乗り驚く。 パク・チーム長たちは、セリは人と一緒に昼食を取らないからと、チョンヒョクを呼ぶ。 けれど、彼らが話すセリと実際にセリとに乖離があると思うチョンヒョク。 趣向を把握してこそ長生きできると言われても腑に落ちない。 帰りの車。 ボクは君の趣向についてよく知らない方なのか?と、チョンヒョク。 私の趣向はリ・ジョンヒョクさんがよく知ってるじゃないと、セリ。 君の趣向ってなんなんだ?と、チョンヒョク。 リ・ジョンヒョクさん・・・初めて会ったときから話してたじゃない、顔が完全に私のタイプだってと、セリ。 薄ら笑いを浮かべるチョンヒョク。 スンジュンはタンの新居に匿われることに。 なんの痕跡も残すなと、タン。 そのまま帰るの?ラーメン食べていく?と、スンジュン。 二人きりで女性とラーメンを食べるのは初めてだと、スンジュン。 「ラーメン食べていく?」って韓国では誰にでも言う言葉じゃないんだと告げ、他の人から言われたら 「いいえ」と、短く断れとも。 どうして? 「いいえ」って言うの?私はいいのにと、タン。 その言葉の真意がわからず、ずっとスンジュンを悩ませることに。 続くセリフは「寝ていく?」なので。 母 ハン・ジョンヨンに、セリが北にいた事、弟セヒョンはそのことを知っていて隠していたことを話す、 ユン・セジュン。 デパートのドアでのチョンヒョクの行動がネットに上がっていた。 「顔天才」などと書かれていて喜んでいるチョンヒョク。 セリの部屋の前までやって来るチョ・チョルガン。 エージェントから電話があり、チョ・チョルガンを探しに行くというチョンヒョク。 探せたなら君の顔も見ずに北に帰ることもあるとセリに告げる。 そのときには声だけでもと、互いの位置情報を登録するセリ。 チョンヒョクは罠にハマり戦闘を開始していた。 チョンヒョクがやったように、動物を逃がすためにボンネットを叩くセリ。 その時、車内に人がいることに気づき、ダッシュで逃げ始める。 途中でスマホを落としてしまう。 敵を倒し、スマホをチェックするチョンヒョク。 そして、セリのもとに駆けていく。 警備用の小部屋に隠れるセリ。 近づいてくるチョ・チョルガン。 セリからの電話に安心するチョンヒョク。 けれど、セリと一緒にいるというチョ・チョルガンだった。 電話を切らずに来い、長くは待てないと、チョ・チョルガン。 絶体絶命のチョンヒョク。 駐車場の電気を消し、チョンヒョクに逃げてと、セリ。 位置把握能力を駆使し、セリの目の前に現れるチョンヒョク。 エピローグ 7年前。 甘いもの、甘いものと言いながら、キットカットを買い漁るセリ。 タンを見つけ、熱を帯びたときに食べれば気分が良くなると話す。 けれど、反応がないため、韓国人じゃないのね、ソーリーと言い立ち去る。 キットカットを一抱えするタン。 二人の記念撮影を手伝った際。 男がもったいないとつぶやいた後に、英語で二人はお似合いですねと告げるセリ。 ムカついたタンは、キットカットをひとかじり。 愛の不時着 第12話 視聴感想(あらすじ含む)に続く 文責:韓国ドラマあらすじ団.

次の

'愛の不時着' 身長186cmのヒョンビンの前で屈辱感を味わったある俳優

愛 の 不時着 ヒョンビン

こちらがドラマ「愛の不時着」の1話のネタバレ あらすじ となります。 主人公ユン・セリ(ソン・イェジン)は有名ファッションブランド「セリズチョイス」の社長兼国内最大企業「クィーングループ」の末っ子です。 そんな中、執行猶予で釈放されたクィーングループの会長、セリたち3兄弟の父親は自分は引退し会社は子供の誰かに任せるという決意を固めます。 そこで釈放された日の夜、家族全員を集めて後継者の発表をすることにしました。 セリは優秀で自分の会社も持っており、母親とも仲が良くなかったのですでに家から出ている身でした。 なので父親が釈放されたと聞いてもただ挨拶に行くのみですぐに帰るつもりだったのです。 セリは家族みんなが集まる中、遅れて到着しました。 兄たちには目もくれず淡々と挨拶をして帰ろうとした時、父親が言います。 「 私の席をお前に譲る」 その言葉を聞いて顔色を変えるセリ。 すでに家を出ていて、さらに一番末っ子の妹に後継者の座を取られた兄たちはケチをつけますが、セリはむしろ「私が社長になったら無能な人は全員辞めさせる」などと兄たちに遠回しに悪態をついてその場を後にします。 長年努力したセリはついに父親の会社まで任されることにより感動と喜びに溢れるのでした。 そして次の日。 セリは新商品のパラグライダーウェアのテスト飛行で自らがパラグライダーをすることに決めます。 わざわざ社長であるセリがテストをする必要はないのですが、昨日の余韻に浸り「私はもっと上に昇るから」と言い、セリの秘書的存在・広報のホンチーム長の心配を遮ってまで自分でするといいます。 そしてセリは元気よく飛行を始めるのでした。 その頃北朝鮮では人民軍隊5中隊、隊長リ・ジョンヒョク ヒョンビン は非武装地帯の境界線を超えた北朝鮮の民間人を捉えた韓国軍と対面していました。 民間人3人は「鹿を狩っていたら突風の事故にあい、迷ってしまった。 狩りは保衛部の許可を取った」と主張しましたが、韓国軍は、「墓を違法に掘っていた」と言って証拠の画像を見せました。 これにジョンヒョクは、北朝鮮での方が重い罰を与えられるから話して銃を降ろしてくれと言います。 そしてお互い銃を下ろしその場をあとにするのでした。 その後、民間人3人を連れて戻ったジョンヒョクは、保衛部少佐チョ・チョルガン(オ・マンソク)に、「墓を荒らしていた」という事実を報告しました。 しかしチョルガンは突風のために境界線を越えてしまったんだと、三人を見逃そうとします。 しかし正義感の強い正直者のジョンヒョクは「韓国軍に国の名誉をもって事件を調査すると約束した」と主張し、詳しく調査しなければならないと反論します。 これに対しチョルガンは「 安保をを脅かす行動をしたら終わりだからな」とジョンヒョクを脅しました。 一方パラグライダーをしたセリは突然の突風に飛ばされ木の上にぶら下がっていました。 トランシーバーも機能せず大声で助けを求めていたセリ。 そこにある1人の軍人が現れます。 リ・ジョンヒョクです。 そう、 セリは突風に載せられ軍事境界線を越え、北朝鮮にきてしまったのでした。 ジョンヒョクに「下に降りろ」銃を向けられ慌てて降りるセリ。 そしてジョンヒョクの軍服の北朝鮮のマークを見て驚きます。 セリは自分が北朝鮮にいるのではなく、ジョンヒョクが帰順してきたのだと勘違いしたのです。 しかしジョンヒョクに「ここは北朝鮮だ」と言われ耳を疑います。 あわてて「事故でここに着陸してしまった」と言いますが、ジョンヒョクは「調査でもそう答えろ」といいセリを捕まえようとします。 セリは「見逃してください、走ればすぐ帰れるでしょう」と言いその場を逃げ出そうとします。 しかしそこは地雷地帯であり、ジョンヒョクに慌てて止められます。 慌てて止まったセリですが逆にセリに近付こうとしたジョンヒョクが地雷を踏んでしまうのです。 それをいいことにセリは「多分もう会わないと思うけど、顔がとっても私のタイプよ」と冗談を言い、走ってその場を逃げ出します。 そしてその場から動けないジョンヒョクの元に5中隊の兵士グァンボムがやってきます。 ジョンヒョクは地雷について詳しいにも関わらず地雷を踏んでしまったことがはずかしながらもグァンボムに地雷を除去してもらうように頼みます。 グァンボムは5中隊の兵士の中でも優秀な兵士で地雷を除去することに成功するのでした。 そして同時に5中隊の兵士に無線で連絡をし「南からやってきた女性を見つけたら逮捕しろ」と伝えるのでした。 しかし5中隊の兵士の残りの3人のピョ・チスは二日酔い、キム・ジュモクは韓国ドラマを涙ながらに視聴、末っ子のクム・ウンドンは故郷の母親からの手紙を読んで泣いていたため、その指示をきちんと受け取ることができませんでした。 そんな少し抜けた兵士たちのせいでセリに逃げられてしまいます。 それだけではなく、逃げるセリは誤って非武装地帯を超え、正式に北朝鮮に入ってしまったのです。 5中隊の立て続けのミスによってセリを逃がしてしまったため、「上にバレる前に探さなくては」と全員は必死でセリを探すのでした。 セリの兄2人も現場にいましたが、正直2人はセリが帰って来ない方が自分たちに後継者の座が回ってくるかもしれないという希望があるのでセリが生還しない方を願っているのでした。 そして父親のユン会長と現れた継母は、後継者に選ばれたセリに消えろ言ってしまったことを思い出して顔を曇らせます。 その夜、ジョンヒョクが捕まえた墓荒らしの3人は、高麗王朝の黄金の仏像と青磁を手に入れたとチョルガンに報告します。 チョルガンが3人に指示をし、墓荒らしをさせていたのです。 しかしその後、車でベースキャンプを出た後で、後ろからきた保衛部の特殊なトラックに追突されて死亡します。 チョルガンが証拠隠滅のために殺すよう指示をしたのです。 一方、森の中でセリを探していたジュンヒョクたちは、その頃セリが脱ぎ捨てたパラグライダーの服と目印を発見しその後を追っていました。 その間、ある町にたどり着き、韓国に帰ったと錯覚したセリは喜びます。 しかしその町の様子があきらかに韓国の姿ではなく、まだ北朝鮮だということに気がつくと絶望的になるのでした。 と、そこに保衛部少佐チョルガンを乗せた軍用トラックが町に入ってきます。 見つかってしまったら最高にまずい状況の中、誰かがセリの腕を引っ張り門の中に連れて行きます。 危機一髪でジョンヒョクが町に到着し、自分の家の中にセリをかくまったのです。 不安でいっぱいだったセリはジョンヒョクが来てくれたことに安心して、、、 ここまでが1話の内容です。 スポンサードリンク 韓流ドラマ「愛の不時着」の1話の感想は? こちらが「愛の不時着」の1話の感想となります。 今までたくさんの韓国ドラマを見て来たのですが、1話からここまで面白くて夢中になれるドラマは初めてでした!!また内容だけでなくみなさん演技がお上手で、とても綺麗でかっこよくてどのシーンも飽きることなく見れます。 また 北朝鮮と韓国での恋愛というのは今までにない新しいストーリーで、とてもワクワクドキドキですよね。 主演の2人も北朝鮮の言葉を覚えたり、ピアノ、パラグライダーの練習をしたりと役作りをたくさんされたようで、そんな努力家の2人の演技にも大注目です。 しかし!!私が特にオススメなのは5中隊の仲間のこの4人です。 (特にピョ・チス) そしてプライベートでも仲良しみたいで、それぞれ食事に行ったり、インスタに度々登場したりと親交を深めているそうです。 回を重ねていくごとにこの4人がどんどん面白くなっていくのでそこにも注目して見てくださいね! この4人もとても魅力的ですが、愛の不時着といえばやはりヒョンビンさんですよね。 ここでヒョンビンさんのイケメン画像ととも代表作を含めた経歴を紹介しますね。 その中でも 映画『交渉(邦題:ザ・ネゴシエーション)』は愛の不時着でも共演しているソン・イェジンさんとの共演作なので愛の不時着ファンになった方はこの映画も同時に見られる方が多いそうです! またヒョンビンさんは俳優になる前までなんと 10年間水泳選手として活躍してきたそうです!あの男らしい体つきはそのためだったんですね! それではそんな魅力溢れるヒョンビンさんのイケメン画像を紹介していきます。 多くの作品に出演されているため数々の画像があるのですが、今回は愛の不時着の紹介で、プラス軍服姿のヒョンビンさんがとてもかっこいいのでその画像を中心に貼っていきます! 軍服を着ているといつもの倍素敵に見えてしまいますよね。 また今回は北朝鮮の兵士という役柄なので、韓国ドラマでは稀の北朝鮮の制服姿も見ることができます。 個人的に一番上の焦げ茶色の北朝鮮のロングコートのヒョンビンさんがとてもかっこいいなと思いました! これから回を重ねるごとに様々な姿が見れると思うのでとても楽しみですね! それでは2話のあらすじを簡単に紹介しておきますね。 スポンサードリンク 韓流ドラマ「愛の不時着」の2話のあらすじは? 「愛の不時着」2話のあらすじを簡単に紹介しておきますので、サラッと読んでみてください。 5中隊の弱みをネタにジョンヒョクの家にかくまってもらうことにしたセリ。 韓国とは違う不便な生活に困惑するがなんとか生活していく。 ジョンヒョクは墓荒らしの3人が事故で死んだことを知り、自分の兄の事故と同じような事故であることに疑問を抱き、調査を依頼する。 そしてセリの兄を騙して大金を稼いだ有名な詐欺師ク・スンジュンは韓国から逃亡するために北朝鮮に逃げる契約をする。 そしてある日の夜、チョルガンが突然ジョンヒョクの村の宿泊検閲をするを言い出し、セリはあわてて隠れるが見つかってしまう。 そこにジョンヒョクが慌てて帰って来て、、、.

次の

熱愛に発展したことも! 『愛の不時着』ヒョンビンの“歴代共演女優”を一挙紹介|スポーツソウル日本版

愛 の 不時着 ヒョンビン

主要な撮影地は? ドラマの始まりを見てみよう。 財閥令嬢のユン・セリ(ソン・イェジン)がパラグライダーをしているときに、竜巻によって誤って非武装地帯(DMZ)に不時着してしまう。 その結果、北朝鮮の将校であるリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)に発見され、以後、ユン・セリは北朝鮮で必死の逃亡劇を繰り返すことになっていく。 ドラマの中で特に重要なロケ場所は四つだ。 それは、ユン・セリが不時着した林の中、次に北朝鮮の軍部隊の施設、そして、平壌(ピョンヤン)駅、最後に北朝鮮軍の人々が住む村である。 当然ながら、韓国のドラマ制作の際に北朝鮮で撮影はできない。 そうであるなら、どこで撮影されたのか。 まず、ユン・セリが不時着した林の中は、韓国の済州島(チェジュド)にある山中で撮影された。 次に、北朝鮮の軍部隊の施設は、韓国東北部の江原道(カンウォンド)のムクケリという場所で撮影を行なっている。 ここは、韓国でも軍隊関連の撮影をするのに便利なところであった。 そして、平壌駅が撮影されたのはどこなのか。 なんと、モンゴルのウランバートルだった。 ここまで遠くに撮影に行ったのだ。 それだけではない。 平壌駅の他にも、開城(ケソン)駅や列車の場面がウランバートルで撮影されたという。 最後に、北朝鮮軍の人々が住む村の撮影は、大々的なオープンセットを使った。 それだけに、思う存分に撮影をすることができた。 とはいえ、舞台が北朝鮮だけに、『愛の不時着』の撮影地は各地に広がって本当に大変だったようだ。

次の