キン肉 マン 307。 【キン肉マン第307話】サタンの必殺技炸裂!しかし涼しい顔のジャスティスマン

今週のキン肉マン12-降臨!大魔王サタン!!

キン肉 マン 307

今回はサタン様がジャスティスマンにサタニックソウル・ブランディングを炸裂させたところからスタート。 ジャスティスマンは例のごとくノーダメージっぽかったですが果たして……。 ジャスティスマンは易々と技から脱出。 そしてふたりは改めて向き合う形に……。 !? ジャスティスマンが吐血したーっ! 効いてるぞサタン様、良かったじゃねーの! でもサタン様、お前…… 「!?」って、その反応はダメだろ。 読者と同じリアクションしてんじゃねーよ! もっと 自分の技に自信を持ってくださいサタン様。 そんでもって吐血したジャスティスを見た途端、一気に上機嫌になるんですよコイツ。 前に ゴミ屑呼ばわりされた腹いせか、こちらは ド畜生呼ばわり。 前回に引き続き、なんとも小者で哀れな感じがすごい。 ここまで残念な悪役って中々いないですよ。 コイツ絶対ラスボスじゃねーわ 確信。 吐血のおかげで自信を取り戻したサタン様。 前回と同様、きびきびとした動き、ノリノリでチョップの連打! このシーンとか相変わらず迫力があってすごく好き。 でも中身が超絶小者っていうギャップがまた堪らない。 なんだこのポーズ! そんなノリノリのサタン様が次に目を付けたのは 裁きの天秤。 ジャスティスマンの膝当てと自身のバックルをむしり取り、 勝手に「ギルティ?オア ノットギルティ?」を始める始末。 ここで有罪となったのはサタン様ではなく、なんとジャスティスマン。 まあジャスティスマンって…… 元はこんな非道なヤツだし否定はしないけど、普通に考えれば罪が重いのはさすがに大魔王の肩書を持つサタンのはず。 これはさすがに今後の伏線だと思いたい。 それにしても何を根拠にジャスティスマンが重罪判定されると踏んだんだサタン様は。 ほれ見たことか!とか言ってるし、確かな根拠があったんだろうな? 何の根拠もなしにこんなことやりだしてたとしたらホント道化だぞお前。 天秤の裁定を糧に再び勢いを取り戻したサタン様でしたが…… 全くいいところなしで、ジャスティスマンにいいようにやられる始末。 ジャッジメントクラッシュも炸裂してしまいます。 試合は可哀そうなぐらいに一方的な展開に。 ここからはジャスティス先生の推測の時間。 普段なら依り代を使い安全な場所から行動を起こすのがサタンのやり方。 しかし依り代が使えないとなると、即座に実体化する道を選んだ。 なぜなら、それはサタンには今やらねばならないことがあるから。 そんなサタンには焦りが見えると指摘するジャスティス先生。 なんとも意味深ですが、単純に考えれば、 今結果を出さなければサタンは実害を被るから仕方なしに動いた、と考えるのが妥当でしょうか。 結果を出さなければ、大魔王サタンより強大な存在からの制裁を恐れている、とかが一番ありそう。 ジャッジメントツイストも決まり、サタン様さらに劣勢。 クッソ強いぜジャスティスマン! 「 並の超人なら圧倒できても我々完璧超人始祖には通用せぬ」という言葉の重みスゲーな。 そんな連中に通用した悪魔六騎士って今考えるとマジ精鋭部隊。 なおも食い下がりあがき続けるサタン様には悪いですが、もうこれダメなんじゃない? 「 もはやお前の時代ではない そして我々の時代でもない」という新世代の超人に可能性を見たジャスティスマンだからこそ言える言葉が胸熱。 今度はジャッジメントアバランチャーが炸裂! ジャッジメント・ペナルティーは未だ温存! サタン様マジで良い所なしだよ。 なんだこれは。 そんな絶望的な状況でもあきらめないサタン様を応援したくなるところで、次回へ続く。 サタンの策って、もうジャスティスマンの体を奪うことぐらいしか思い浮かばないんですが、本当に出来るのかそんなこと。 そもそも他人に 憑依する条件ってなんなんだろう?密着することとかなら試合に持ち込んだのは納得なんですが……。 「暴いてやるわ~!」とかの方があってる気がしますし、急に語尾が「~(だ)ぜ」になるのを見ると闘将拉麺男の竜神様を思い出して吹いてしまうので止めて欲しいですw ともあれ次回は祝日絡みながらも1週更新。

次の

キン肉マン【第307話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

キン肉 マン 307

楽天で購入 それでは漫画「キン肉マン」の最新話307話のネタバレ、感想、考察、306話の展開予想を紹介していきます。 広告 目次• キン肉マン【オメガ編】307話 最新話のネタバレ ジャスティスマンによってソルジャーとアリステラを逃がすことになってしまったサタンは、ザ・マンの手下ごとき木っ端みじんに砕いてやると、コミカルなジェスチャーを交えてご高説。 そこに間髪入れずに「なぜ実体化した?」と問いかけるジャスティスマン。 依り代にこだわっていたサタンがたやすく実体化したことに違和感があり、そこに今回の騒乱の裏に隠された真相がつながっていると推理するのだった。 それには答えずにほざけ小童とののしりながらエルボーを繰り出すサタンだったが、数億年生きているジャスティスマンは避けることすらせずにこれを受けてなおも投げ返す。 その後もサタンの猛攻が続くが全くのノーダメージ。 それでもピクリとも表情を変えないジャスティスマンに、ついにサタンはザ・マン打倒のためにとっておいた大技「サタニックソウル・ブランディング」を繰り出す。 だがしかし、これもまったく通じずに、返って不敵な笑みを浮かべて「こんなものか」とつぶやくジャスティスマンであった。 広告 キン肉マン【オメガ編】307話 最新話 ゆでたまご嶋田隆司インスタ ゆでたまご先生のインスタより。 キン肉マン坂場でオードリーの若林さんと。 キン肉マン【オメガ編】307話 最新話のネタバレ考察と308話 展開予想 ここからは最新話307話までのネタバレから、この先の308話の展開を予想して考察していきたいと思います。 当たっていたらネタバレになってしまうかもしれません。 広告 大魔王サタン実体化の真相 なぜサタンは実体化したのか謎でしたが、やはりそこはジャスティスマンも疑問に思っていたようですね。 いくらジャスティスマンが強いからといっても、ザ・マンを倒すために編み出したという技を食らっても無傷というのは何とも解せません。 そこから推理されるのは、サタンが実体化しなければならないほど弱体化してきているということかもしれません。 もう一つは、今回登場しているサタンも、実は実体化しているのではなく、誰かの依り代となっているということです。 こいつは自分がサタンだと思い込んでいるだけの勘違い野郎だとしたら、このセンスなさ過ぎなビジュアルも頷けますよね。 いずれにしても、このしゃべり過ぎでかなり小物感のあるサタンが一体何を隠しているのか、その真相が気になります。 マリキータマン生存説 ジャスティスマンの登場によってリングを降りたソルジャーですが、ちゃんとアリステラとマリキータマンを抱えていましたね。 アリステラの方は大丈夫だと思いますが、胸に鉄槌を串刺しにされたマリキータマンはかなり状態が心配です。 ただ、殺すつもりであれば今回、救出されるような描き方はゆでたまご先生はしないはずです。 これまでゆでたまご先生は、死んでしまった超人には容赦無いところがありました。 ゼブラなんか遺体がプリズムマンのレインボーシャワー カピラリア光線 によって白骨化させられたりしてますからね。 この分だとマリキータマンは生きている可能性があります。 もしくは、ソルジャーがフェイスフラッシュでわずかに息のあったところを回復させる、とかいう熱い展開があればいいなと期待しています。 広告 キン肉マン【オメガ編】関連情報まとめ キン肉マンオメガ編の関連情報をまとめました。 広告 tetsutylor.

次の

予想通りだが予想以上に酷かったキン肉マン307話の感想

キン肉 マン 307

【目次】本記事の内容• <はじめに>【キン肉マン第302話】『マリキータマンの胸が示すもの!! の巻』の内容 週プレNEWSで連載している『』の第302話(2019年12月09日更新)のタイトルは、 『マリキータマンの胸が示すもの!! の巻』でした。 煽り文句は 「新型ナパーム投下開始ーーー!! 今回はソルジャーの必殺技にブロッケンが加わり、マリキの全身を固めた新型ナパームストレッチの体勢からスタートでした。 だってソルジャーとブロッケンがマリキの身体のほとんどを隠しちゃってるんですから。 しかし、そこには 恐ろしい残虐性が秘められていました。 全身を固めた新型ナパームは、豪快に回転! これでマリキは完全に方向感覚を失ってしまいます。 理屈的に理解不能ですが、それは漫画っていうことで……。 そして! 至高?の残虐ツープラントンが炸裂します! ナパームコンビネゾン〜〜〜ッ!! どうせだったら……コンビートなんていかがでしょ。 コンビとビートの合成語です。 ん? お呼びじゃないですか苦笑 絵が少しグロかったので、話を少しそらしてみました。 ・ ・ ・ 見ていただければわかりますが、マリキの身体の露出が少なかった理由がわかりました。 ピンポイントでコーナーポストにマリキの胸が突き刺さってしまいました! 残酷の極みです。。。 ツイッターでは 無慈悲のアタル兄さんが大きな話題となりました。 しかし、ここでマリキが最後の言葉を振り絞ります。 ピクリともしません。 てっきりサナギモードで身を守ると思いましたが、できずに轟沈です。 それにしてもマリキはタフでした。 アリスに 「お前を救う道は……倒すこと以外にない」と宣言するソルジャー@アタル兄さん。 しかし、アリスが奮起! 一気にソルジャーを追い込んでいき、最後に必殺技を放ちます。 フライングレッグシザースへとソルジャーが身体を入れ替えたところで、次回へとなりました。 アリスはそのまま轟沈するしかないのでしょうか? 長い戦いにようやく終止符が打たれそうですが、この先の展開が読めません。 はたして……?? 303話の見どころは? 今度こそサタン召喚? それとも? さて、 303話のポイントです。 アリスはソルジャーの技の前に倒れるでしょう。 身体が動かなくなったアリスをソルジャーが説得する流れは間違いないはずです。 ここで! 今度こそ! 動揺するアリスの前に サタンに憑依されたマリキが復活・・・という流れになると予想しておきます。 いや、もしかしてジャスティスマンあたりが登場することもあるでしょうか? 意外とザ・マンが出てくる可能性もあります。 では、 「第303話」の展開はこんな感じで。 ・アリスがソルジャー技で血を吐いてダウン ・ソルジャーがアリスを説得 ・その様子を見守るラーメンマン、スグル、パイレートマン、悪魔超人 ・さらに動揺するアリス ・そこにいきなりザ・マンが登場! ネプチューンマンやメネシスも! ・「アリスよ、気がすむなら私を殺せ」とザ・マン ・予想外の展開に焦るアリス ・すると、いきなり空が曇り、サタン登場! ・サタンの黒い影が10個くらいの塊に分裂し、ザ・マンを拉致してしまう ・2020年からはアリスとソルジャー、スグル、パイレートマン、さらにネプチューンマンやメネシス、ジャスティスマンあたりが共闘してサタン軍団とザ・マン奪回の戦いをスタートさせる。 かなり壮大なものになりそうです。 いかがでしょうか?苦笑 ま、きっと外れでしょうね。。。 とにかく急展開に期待します。 次回更新は12月16日です!! 残りはあとわずか! もしかすると残りは一冊だけかも??? 内容は、「キン肉マン」超人総選挙2019結果発表、お笑い芸人・オードリーとゆでたまご先生の対談、「アデランス中野さん」のモデルとなった初代担当編集・中野和雄氏とゆでたまご先生の対談、『キン肉マン』関連商品紹介 ほか、50ページ超の大特集です!! では!.

次の