タムワース種。 バークシャー種

タムワース種

タムワース種

Britainの記事で短い記事です。 まずは1月14日付の記事から。 彼らは屠殺される寸前に、屠殺 場から脱出したのだ。 彼らの逃走は、急流を泳ぎわたる場面も見られたが、警察と動物動物保護論者 に深い感銘を与えている。 警察関係者は言っている。 「彼らは朝食のベーコン として定められた自己の運命に逆らって、大脱走を企てたのだ」 ことの始まりは先週の木曜日だった。 3頭の5ヶ月のGinger Tamworth種の若い 豚が、Wiltshire州ののMalmesburyの市場に連れて行かれた。 最初の1頭は、事 故もなく、自分の運命を受け入れた。 しかしあとの2頭は自由を求めて、屠殺 場付近での10分間に及ぶ追走劇の結果、追手の魔の手から逃れた。 2頭はさくの間を押し分けて、Avon川に急ぎ足で進み、対岸に泳ぎ着いた。 そ れから近くの森林地帯に身を潜め、警察と野次馬の一団から逃れてしまった。 この騒ぎを見ていた住民の1人、ハリー・クラークによれば、「彼らはとても 可愛かった。 とても美しいしょうが色をしていて、すばやくこっそりと薮の中 に消えてしまった。 私たちはその日豚肉の切り身を食べたのだが、とても罪悪 感を感じてしまった」 また動物保護論者のピーター・ネヴィルは言っている。 「あのGinger Tamworthこそ、真の生存者であり、その脱出への努力で名声を得た。 現代の豚 の種の中には、食料にされることにあきらめを感じ、常識というものをなくし てしまったものが多い。 しかしTamworthはさすがに違う。 彼らは野生の中でも 生き延びるだろう」 OwellのAnimal Farmの指導者も、豚だったはずですが、何種だったかは覚えて いません。 この記事は、最初E. Hayashidaさんから紹介してもらいました。 勇敢にも遁走した2匹の豚の続編です。 1月15日付けです。 この話をあるところで話したところ、自分を牧羊犬と思いこんだ豚、「ベイ ブ」の話が出ました。 そのときはGreenyさんがかいていた映画の名前は、覚え ていませんでしたが、多分そうだろうと思いました。 録画したビデオを貸して くれるそうです。 6日後の 14日現在まだ捕まっていない。 しかしどうも反響が大きいようです。 現地には テレビのレポーターは大勢来るし、ITNのヘリコプターは上空を舞うし、少し 異常です。 とにかくこの勇敢に遁走した豚2匹、一般の同情をひいているようで、命を助 けてくれるようにという電話や、引き取りたいという申し込みが殺到している ようです。 当の屠殺場の責任者である 多分 ニューマン氏によれば、思いがけ ない反応だということです。 ロンドンの全寮制の女子校からも、申し込みが来 ている。 逃走できるほど賢いことを示したのだから、この2頭は別のチャンス も与えられるべきだと言っている人もいます。 さらに2頭が逃げ込んだ薮の所有者Carl Sadlerは彼らが出来る限り自分の敷地 に滞在することを歓迎するといっているようです。 かの地は豚にとっては最良 の場所であり、地下の根を食べてくれたら幸せだということです。 この人、伝 統的な編み垣traditional hurdle makerの作り手みたいですね。 さらに英文学の教授は、2頭をFred and Gingerと名付けたようです。 どうもこ の名前にはいわれがあるようですが、私には分かりません。 教授の説明によれ ば、命名の根拠としては「屠殺業者のナイフから逃れたそのすばらしいフット ワーク」をあげているようです。 しかしもちろん彼ら2頭に同情する人ばかりではない。 2頭の所有者のArnold Dijulio氏は、すべての申し込みを断っているようです。 どういうことかはよ く分からないのですが、困惑しているのでしょうか。 これに対して逃げ込んだ 薮地の隣の畑を所有しているRoy Waine氏は、彼らが掘り尽くした穴を見て、 愕然としたようです。 もし生け捕り出来ないならば、射殺すべきだと、残酷な ことを言っています。 しかし彼の言い分にはもっともなところもあります。 今 は冬のまっただ中で、いつも暖かいとは限らないこと、現在2頭が食べている 林檎などが無くなり、地面が凍結したら飢え死にするかもしれないと心配して いるわけです。 前に述べたニューマン氏の助言では、「耳を引っ張れば、引きずってこれ るかもしれない。 しかしTamworth種は普通の豚とは違って、かみつく。 だから 私ならそんなことはしないがね」ということですから、どうもTIMESの記者が 実験しているようにじゃがいもなどでおびき出すのが効果的らしい。 今までにも地元の人の思い出に残る豚の起こした事件に、ウェディングケーキ を食べた豚とか、5ポンド紙幣を強奪した豚などがいたようです。 この5ポンド をかっぱらった豚は、連れてこられたときYour fee is in the pig. というメ ッセージを持ってきたようです。 多分屠殺料金が5ポンドくらいだったのでし ょうか。 紙幣が原形をとどめていたのかどうかは、記事からは分かりません。 Tamworth種の説明が載っているのですが、これは古くからの種で動物保護論者 によれば、もっとも知的な動物の1つだそうです。 彼らは頑健で、機知に富 み、危険をすばやく察し避ける本能を有しているそうです。 ショウガ色だか ら、森に隠れたらなかなか見分けがつきにくい。 長い体と足で、他の種よりも 速く、すばやく脱走する能力に関しては、他の種を圧倒している。 成長速度も 速く、自活能力も高い。 今世紀はじめには、その豊かで香り高いベーコンの原 料としてだいぶ飼われていたが、安く育てることが出来、より多くのベーコン がとれる最新品種が出来てからは減少気味で、現在は珍種といえる。 ペットと しても飼えるが、生まれたときから育てなければ少し難しいようです。 さすが にこうした大事件を引き起こすだけあって、これはなかなかの代物なのです ね。 タムワース種の2頭に、昨晩法の力が遂に身近に迫った。 そのうちの1頭は逃げ 出したばかりの屠殺城の近くの庭で発見されたが、間一髪逃げおおせた。 また もやこの2頭のすばやさが証明された。 昨日1日中話題になっていたのは、この勇敢な脱走者がはたして大勢の追手に 捕まらないかどうかということだった。 2頭は薮という地の利点とその狡猾さ において勝っているが、追跡者たちはヘリコプターと軽飛行機 light plane と豊富な資金がある。 2頭の所有者であるArnold Dijulio氏は、もし2頭が生け捕りにされたら屠殺場 には送らず、それにふさわしい家庭に売却すると発言した。 とたんに2頭に対 する買値は15000ポンドに跳ね上がった。 London の新聞社街であるフリート街 では、タムワースの2頭組の身柄を独占しようと各社が躍起になっている。 あ るタブロイド紙は7人のレポーターを現場に派遣した。 The Sundays 紙は、高 額の契約金を用意した。 80年代半ばに、the Street紙がスペインでろばのブラ ッキーBlackie the Donkieを死から救おうと大々的な活動をして以来、タブロ イド各紙のライバル意識をここまでかき立てた動物はいない。 The Evening Standard紙は、2頭との独占インタビューを掲載したが、その内 容を信じるものはほとんどいない。 特に2頭が黒い眼鏡をかけている写真が掲 載されたからである。 昨晩7時、1頭があるタブロイド紙の所有するところとな ったという噂が流れた。 その新聞は今日誇らしげに1頭を安全な場所に保護し ていると言っている。 2頭の捕獲作戦の中でもっとも積極的だったのは、養豚業者のDave Lang氏のも のだった。 氏は均整のとれた60ストーンの重さのサマンサという雌豚を連れて きた。 その尻を見たら、あまりの魅力に耐えきれず現れてくることを期待した のである。 Mary Clarkeの所有する2エーカーの庭で、1頭の逃亡者が鼻をふんふんいわせ ながら、根を食い散らしているのを発見されるに及んで、Wiltshireの警察も 遂にこの捕獲大作戦に参加せざるを得なかった。 警察と英国動物愛護協会の係 官が、2時間にわたって追跡劇を繰り広げた。 しかし彼らの共同作戦は、ロープとネットと明かりを使ったもので、80人もの 見物人がいるという大がかりなものであったにも関わらず、失敗に終わった。 そして4時間後、逃亡者はクラーク家の裏の小牧場に逃げ込んでしまった。 夜になってから動物愛護協会は、発見された場合に備えて、静かにさせるため に 鎮静剤を使うために ベテランの射撃手を配置することを決めた。 協会の Phil Buffuによれば、「彼はもう十分苦しんでいるから、安全に捕獲するのに はこれが最善の方法だ」ということである。 午後になって警察は情報のホットラインを常に最新のものにしている。 5時40 分の発表では、「彼は現在捕獲されていない。 目下クラーク氏の庭の樅の木の 下で横になっている」 その後の発表では、「他の1頭の所在は不明。 透視者 によれば所在は分かっているが、依然として逃亡中である」ということだ。

次の

豚2頭、勇敢ある逃走(98/1/14)

タムワース種

概要 [編集 ] ヨークシャー種はイギリスの原産のブタである。 19世紀に「」と「小ヨークシャー種」などの交配によって創出された。 初出は1852年、品種登録は1884年、血統書が創設されたのは1885年である。 一般に家畜ブタは3タイプに分類される。 脂肪重視の「ラードタイプ」、赤肉重視で長期保存に適する「ベーコンタイプ」、両者の中間で味の良い精肉用の「ポークタイプ」である。 ヨークシャー種はポークタイプに分類される。 家畜ブタとしては中型で、きわめて飼育しやすく、肉の味が良いヨークシャー種は、19世紀後半から20世紀前半にかけて世界中で人気の品種になった。 このため日本では、「ブタ」の典型的なイメージはもっぱらヨークシャー種によるものである。 ヨークシャー種はかつて一世を風靡し、世界中で飼育されて様々な品種のもとになった。 しかし20世紀後半から純粋なヨークシャー種そのものは激減し、近年は希少品種とみなされていて、希少品種保存活動()の対象になっている。 名称 [編集 ] このブタ品種は、原産国であるイギリスでは「ミドルホワイト Middle White 種」と呼ばれている。 これは「スモールホワイト Small White 種」と「 Large White 種」の交配によって創出されたことから、その名がつけられたものである。 スモール(小)、ラージ(大)、ミドル(中)の3種ともイギリスの(ヨーク地方)が原産地だった。 日本では、明治時代になって様々な家畜品種が外国から導入された。 ブタは本種(ミドルホワイト種)が持ち込まれたが、このときに日本では原産地名から「 ヨークシャー種」という名称で品種登録された。 あとになって、「ラージホワイト」が日本へ導入される際、ヨークシャー種との区別のために「」と命名された(小ヨークシャー種は20世紀初頭に姿を消したため、日本へは入っていない)。 近年では、本来のイギリスでの名称にあわせて本種を「中ヨークシャー種」と通称し、「ヨークシャー種」は「大」と「中」の総称とする場合もある。 ただし血統管理をしている日本養豚協会や農林水産省での正式名は「ヨークシャー種」(もしくは単に「ヨークシャー」)である。 略称は「Y」があてられている。 特徴 [編集 ] 外観的特徴は、中型で、皮膚と被毛は白色。 メスは200kg、オスは250-280kgになる。 体型は長方形で、胸は広く、胴は幅と厚みがあり、典型的なポークタイプである。 顔は短くて小さく、鼻がしゃくれて上を向いている。 耳は薄く、やや前方に傾いている。 性質はきわめて温順、他の品種に比べて牧柵を壊すことも少なく、屋外での放牧にも適している。 ただし寒暖の差には弱い。 平均して9頭の仔を産み、よく子育てをする。 そのため、他の品種の仔豚に乳をやって育てるにも適する。 成育が早く、誕生時は10kgから14kg程度、生後3-4ヶ月で65kgから70kgに成長し、食用出荷が可能になる。 あまり大きく肥育させるには適さない。 歴史 [編集 ] 品種の創出 [編集 ] 1852年にのキースリー という町で開かれたロイヤルショー(農業品評会)で、地元の織物職人だったジョセフ・タリー Joseph Tuley という人物が、自家生産の大ヨークシャー種のブタを出陳しようとしたところ、大ヨークシャー種にしては小さすぎるという理由で審査委員に展示を断られてしまった。 評議委員会が招集されてこのブタについての審議を行い、大ヨークシャー種にしては小さすぎるし、小ヨークシャー種にしては大きすぎるということで、どちらの品種にしても不適格だという結論になった。 しかし優れたブタであることは確かであり、新たに中型種(Middle Breed)を創設することになった。 タリーのブタは、大ヨークシャー種のメスのうち最良のものに、小ヨークシャー種や小型のを数代に渡って交配して生産されたものだった。 こうして生産されたタリーのブタは、小ヨークシャー種のように頭部が小さく、内臓も小さいが、体格は大ヨークシャー種なみに大きかった。 この新種のブタは早熟で、扱いやすく、小規模経営に向く。 そのうえ肉の味も良いため、イギリス国内でどんどん広がっていった。 1884年に英国豚生産者協会 National Pig Breeders Association、NPBA が設立されると、ヨークシャー種、大ヨークシャー種、タムワース種 Tamworth の3品種がイギリスの基礎品種に決まり、同年から血統書が作られるようになった。 世界への拡大 [編集 ] ヨークシャー種は扱いやすく、交雑が容易で、特に食味の向上に適した品種だった。 都市近郊での飼育にも適しており、ロンドン近郊でも盛んに飼養された。 こうした養豚業者は「ロンドンの養豚家 The London Porker 」と呼ばれ、ヨークシャー種はロンドンの精肉業者の間でも人気品種になった。 20世紀前半には、世界中に広まり、世界の主流品種のひとつになった。 中でも日本では大きなシェアを占めるようになった。 また、ヨークシャー種は様々な品種の改良にあてられた。 ヨークシャー種を交配して創出された主な品種としては、アメリカの「チェスターホワイト種 」、ロシアの「リトアニアンホワイト種 」中国の「新淮豚 」・「黄淮海黒豚 」、オランダの「ハイポー種 」などがいる。 衰退と近年の動向 [編集 ] ところが第二次世界大戦が始まると、脂身が少なく保存が効く「ベーコンタイプ」の豚肉の需要が圧倒的になり、「ポークタイプ」のヨークシャー種は淘汰されるようになった。 大規模経営の養豚業者が登場したり、飼育技術の向上もそれに拍車をかけた。 1957年の英国豚生産者協会による統計では、イギリス国内で血統登録されたブタのうち、ヨークシャー種はわずか0. 4%にとどまっている。 しかし一部の農家は、将来のために純粋なヨークシャー種を残した。 近年は食味のよさが見直され、ヨークシャー種はロンドンの高級レストランで採用されるようになっている。 1990年の統計では、かつてよりは血統登録数は回復したが、それでも3. 3%ほどにすぎない。 1990年にはヨークシャー種生産者会 Middle White Pig Breeders Club がイギリスで設立された。 世話人はヨークシャー種の熱狂的な生産者として知られるAntony Worrall Thompsonである。 このほか、オーストラリアやカナダ、アルゼンチンでは今も多く飼育されている。 日本での動向 [編集 ] 日本では明治以降にブタの飼育が本格化した。 はじめはアメリカ産のチェスターホワイト種 、イギリス産のサフォーク種、バークシャー種などが持ち込まれたが、明治政府は1900(明治33)年にヨークシャー種とを種豚に選定すると、しだいにヨークシャー種が主流になった。 両種は日本各地の官営の種畜牧場に配置されて種豚となったが、鹿児島県や埼玉県の一部でバークシャー種(いわゆる薩摩黒豚の祖)が主流になった以外は、全国はほぼヨークシャー種になった。 これには日本の養豚事情が影響している。 穀物の豊富なアメリカでは、ブタにもトウモロコシなどの農産飼料をふんだんに与えて飼育が可能だったが、日本では家畜用の飼料がそこまで潤沢ではなかった。 そのため日本では、ブタは主に食品廃棄物を与えて飼育されるようになり、養豚はもっぱら都市部で行われるようになった。 こうした飼育環境や、気候、日本人の嗜好などにも適し、飼育が容易だったのがヨークシャー種だった。 日本国内でもヨークシャー種の改良が行なわれ、東南アジア各国へ種豚として輸出されて普及した。 第二次世界大戦前には国内100万頭以上のブタが飼われていたが、戦争によって国内の食料生産は落ち込み、ブタに与える食料廃棄物の確保もままならなくなり、戦争終結時には8万頭にまで数を減らした。 戦後まもなくはアメリカによる援助物資として、多くの大型品種が導入された。 これを日本に適するように改良するため、ヨークシャー種との交雑がさかんに行われた。 しかしながら徐々に品質が退化し始め改良も頭打ちの傾向を見せたため、1950年にはイギリスからヨークシャー種の種豚導入を再開している。 戦後の復興期にはヨークシャー種は爆発的に増加した。 血統管理を行った日本種豚登録協会では、「原産国の英国および諸外国を通じても恐らく最高の年間登録頭数」だったとしている。 日本経済が大きく発展すると、都市近郊での養豚が敬遠されるようになるとともに、食料・飼料生産が大きく向上し、食品廃棄物ではなく家畜用飼料を与えて家畜を育てることが可能になった。 さらに、飼育の難しい品種の養育技術が向上し、従来は難しかった大型種によって生産量の拡大や効率化をはかったり、競争力を高めるために高品質・高付加価値の品種を育成するものが増えた。 近年は、豚肉生産の量・質・効率などをバランスをはかるため、純粋品種ではなく、ヨークシャー種や大ヨークシャー種、、、などの交雑による生産が主流になった。 1999(平成11)年に日本で新たに血統登録されたヨークシャー種はわずか15頭で、同年の登録数の0. 1%である。 脚注 [編集 ] 注釈 [編集 ]• 大ヨークシャー種の略称は「W」。 これには異説があり、ヨークシャー種はヨーク地方の在来種に中国産のブタを交配して生まれたとする説がある。 だが本家の英国豚生産者協会はこの説をとっていない。 鼻先が鋭く上を向いているのは確かに中国系のブタの特徴であり、小ヨークシャー種が中国系や系のブタの血を引いているという説もある。 小ヨークシャー種は体質が弱いために20世紀初頭に絶滅しており、詳しくはわかっていない。 チェスターホワイト種はヨークシャー種などからで創出された品種。 出典 [編集 ]• 『日本の家畜・家禽』p106• 『品種改良の世界史 家畜編』p328-330• 『品種改良の世界史 家畜編』p318-319• 一般社団法人日本養豚協会 2016年5月20日閲覧。 平成22年7月27日22生畜第770号 生産局長通知 2016年5月20日閲覧。 『日本の家畜・家禽』p95• 『世界家畜品種事典』p262• 『世界家畜品種事典』p290-291• 『世界家畜品種事典』p257• 『世界家畜品種事典』p277-278• 『世界家畜品種事典』p295• 公益社団法人 中央畜産会 JLIA 畜産ZOO鑑 2016年5月20日閲覧。 「神奈川へ英から種豚」『日本経済新聞』昭和25年9月14日 3面• 一般社団法人 日本養豚協会 養豚の歴史 2016年5月20日閲覧。 一般社団法人 日本養豚協会 2016年5月20日閲覧。 参考文献 [編集 ]• 『品種改良の世界史 家畜編』,正田陽一/編,松川正・伊藤晃・楠瀬良・角田健司・天野卓・三上仁志・田名部雄一/著,悠書館,2010,ISBN 9784903487403• 『日本の家畜・家禽』秋篠宮文仁/著、学習研究社,2009,ISBN 9784054035065• 『世界家畜品種事典』社団法人畜産技術協会・正田陽一/編,東洋書林,2006,ISBN 4887216971.

次の

【楽天市場】タムワース 豚 Pig ピッグ 全英を賑わせたブタ シンブル 指貫き ソーイング コレクション アイテム プレゼント 02P05Oct15:メイ フェアリー楽天市場店

タムワース種

Supotteddo スポッテッド アメリカのインディアナ州に飼養されていた白地に黒斑の豚に、大型のポーランド・チャイナ種を交配して作られたのがスポッテッド・ポーランド・チャイナ種である。 この豚を改良選抜し、これにイギリスから導入のグロースター・オールド・スポットを交配し、品種が固定された。 スポッテッドの毛色は白地に黒斑があり、白50%、黒50%の皮毛で少なくとも20%の白、あるいは20%の黒がなくてはならないとしている。 スポッテッド体型的には、アーチ型で体高もあり、ゆとりのある雄大な豚である。 体長も長く、深い胸を持ち、四肢は弾力に富む。 肉質は保水性に富み、きめが細かい。 Tamworth タムワース タムワースは、Sandy BackとTamとも呼ばれ、アイルランドのブタを交配して作成され、イギリスのStaffordshireのTamworthに由来するブタの品種です。 それは豚の品種の中で最も古いものですが、多くの既存の家畜と同様に、近代的な生産方法にはあまり適しておらず、米国では「脅威」とされており、英国のレア・ブリード・サバイバル・トラスト(Red Breeds Survival Trust)によると「脆弱」とされています、登録された繁殖雌は300匹しか残っていません。 タムワースは生姜色(ginger)〜赤色の色をしており、野生の猪から、ヨーロッパの野生の豚を経て生まれたと考えられています。 現在の主要な生産国は、英国、オーストラリア、米国、ニュージーランド、カナダです。 この品種は、細長い頭の形と細長い胴体を持っています。 耳は直立しており、顔には直線の鼻があります。 Chester White チェスター ホワイト チェスターホワイトは、ペンシルベニア州チェスター郡を起源とする豚の品種です。 以前はチェスターカントリーホワイトと呼ばれていました。 チェスターホワイトは、北東アメリカに共通の大きな白い豚の種を使用して、1815~1818年頃に最初に開発されました。 チェスター地方に古くから飼育されていたカンバーランド、リンカーンシャーカーリーコート、ヨークシャーなどの古い英国種に中国種などが加わり改良を重ね1908年に品種として認定された。 体型は近代的なミートタイプで成豚になると雄で330kg、雌で250kg程度の中型の豚である。 半下垂の耳や顔の形、アーチ状の中躯などはデュロックに酷似している。 しかし、後躯は全く異なり、後方に張り出したモモは素晴らしく充実し、チェスター・ホワイト独特のモモである。 これは極めて遺伝力が強く、後代にも十分受け継がれる特徴である。 性格は極めて温順で、群飼してもケンカすることなく集団管理が容易である。 しかも、雄豚の活力は素晴らしく、受胎成績はとても良い。 また、夏場に活力が衰えないのも特徴である。 体質は強健で、発育が早く、多産で哺育能力も優れた豚である。 最後に この内容は、海外の情報(Wikipedia等)を引用(翻訳)した内容が含まれています。 三元豚とは? 三元豚とは、3種類の純血種を掛け合わせた雑種豚という意味であり、三元交配豚とも呼ばれる。 交配の目的は、雑種強勢効果を利用して、高いレベルで、繁殖性、産肉性、肉質等のバランスをとるためである。 現在は、繁殖性の優れたランドレース種(L)と大ヨークシャー種(W)を掛け合わせた雑種豚(LW)を子取り母豚とし、さらに止雄豚として肉質の優れたデュロック種(D)を掛け合わせた雑種豚(LWD、WLD)を肉豚にすることが主流となっている。 最近では、繁殖性や産肉性を犠牲にしてでも、最高の肉質を追求して差別化を図る銘柄豚も生産されており、バークシャー種を掛け合わせたものが出てきている。 各品種の特徴は、以下の通りである。 三元豚はこれらの特徴を勘案して、養豚生産者が好みによって掛け合わせたものである。 ・ランドレース種 :繁殖に優れている。 ・大ヨークシャー種:繁殖に優れており、産肉性とのバランスが良い。 ・デュロック種 :肉にサシ(網目状の脂肪)が入り、霜降り状になる。 獣臭が強い。 ・バークシャー種 :黒豚。 肉質の「きめ」が細かく、食味が良いが、発育性に難がある。 ・ハンプシャー種 :高付加価値の部位の比率が多く、産肉性に優れている。 明治時代までに国内で成立し、又は導入され定着した品種。 在来種一覧 現在、在来種と認められているのは以下の品種である。 カルニチンはエネルギー産生において重要な役割を果たしている。 カルニチンは長鎖脂肪酸をミトコンドリア内に運搬し、酸化(燃焼)することでエネルギーを産生している。 さらにカルニチンは、生成された有毒な物質をミトコンドリアの外に運びだし、蓄積するのを防いでいる。 こういった重要な役割を担っていることから、カルニチンは骨格筋や心筋に多く存在し、脂肪酸を燃料として利用している。 このミトコンドリアは一つの細胞に数十から数万という大変な数が含まれています。 これらのミトコンドリアは細胞の中で呼吸をしてエネルギーを生産しているのです。 我々が肺から吸い込んだ酸素は、血液によって体内の細胞に運ばれ取り込まれ、ミトコンドリアによって糖や脂肪を燃やす燃料として使われていることになります。 燃やすといっても生化学的に糖などを分解していく過程でエネルギーが発生するわけで、我々はそのエネルギーを利用して体温を保ち運動をして生きていることになります。 魚油の成分であるエイコサペンタエン酸、大豆油やコーン油などのリノール酸、オリーブオイルのオレイン酸などに含まれる。 フランスのブルトン種やトルマン種を基礎に改良されましたが、ブルトン種の影響を強く受けています。 毛色は、明るい淡褐色から暗い黒褐色までさまざまですが、単色で体の下部や四肢の内側は色が淡く、頭、頸(くび)、尻(しり)に濃色のボカシのあるものがほとんどです。 体は小型で、細くてきゃしゃな骨格をしており、顔はしゃくれていて目が大きいので、鹿のような可憐な印象を与えます。 性質は活発ですが、やや神経質です。 体が小さいため、乳量は年間約4000kgとそれほど多くありません。 しかし、乳脂肪率が高く(約5%)、脂肪球も大きいのでクリームが分離しやすく、その上、カロチン含量も高くて美しい黄色がでるので、バター原料乳として最適です。 また、耐暑性が比較的強いため、熱帯地方の乳用牛の改良に多く利用されています。 黒単色、無角が特徴であり、小型。 成雌で125cm、550kg程(雄で135cm、800kg程)。 枝肉歩留に重点をおいて改良されたので、一層肢が短くコンパクトな体型である。 環境適応性でショートホーンに優り、飼いやすい。 1916年にスコットランドから輸入され、無角和種の改良に貢献した後、絶えていたが、1961年にアメリカから輸入され、北海道・岩手・青森で1,500頭ほどまで増えたと報告されている。 日本におけるアンガス牛の発祥は、大正時代に山口県で和牛と交配してできた「無角防長種」にはじまります。 昭和に入ってからは、さらに無角防長種との交配が進み、「無角和種」が作られることになりました。 正式にはホルスタイン・フリーシアン種といいますが、日本では省略してホルスタイン種と呼んでいます。 毛色は黒と白の斑紋(はんもん)です。 ホルスタイン種は「乳用牛の女王」と呼ばれ、全世界で広く飼育されていますが、地域によって体型が若干異なります。 アメリカ型は四肢が長くて体高が高く、体型が角張った乳専用タイプです。 ヨーロッパ大陸型は後躯の肉付きがよく、乳用種ではありますが、生産物としては乳と肉の両方を目的としています。 これらの中間のタイプであるのがコンパクトな体で四肢が短いイギリス型で、ブリティッシュ・フリーシアン種と呼ばれています。 性質は穏和で飼育しやすく、寒さに強いのですが暑さには弱く、体質はそれほど強健ではありません。 ホルスタイン種の産乳能力は年間6000-8000kgときわめて高い。 乳脂肪率は3~4%で、カロチンをビタミンAに変えて乳汁中に出すので、乳は黄色味が薄く、白いのが特徴です。 しかも、乳用牛としては産肉性が高く、1日増体量は1. 1kgです。 現在日本の牛肉生産の中で、ホルスタイン種のオスの肥育は重要な位置を占めています。 明治4年、この南部牛にアメリカから輸入されたショートホーン種とデイリー・ショートホーン種を交配して改良がすすめられました。 改良の方針は、岩手、青森、秋田、山形、北海道など、それぞれ飼育地によって一致していませんでしたが、昭和18年に登録を開始して、褐毛東北種と呼ばれる牛が誕生し、昭和32年に審査標準を統一、日本短角種として登録を一元化しました。 毛色は濃赤褐色、和牛としては大型です。 メスの体高は132cmで体重590kg前後です。 肉質は繊維が粗く、脂肪交雑も黒毛和種に比べて劣ります。 日本短角種の最大の特徴は、粗飼料の利用性に富み、かつ北日本の気候・風土に適合していることです。 また、放牧適性が高く、粗放な放牧でも野草を採食する能力が優れています。 性質も温順で、夏期間は放牧し、冬期間はサイレージや乾草の給与でよく、飼育農家にとっては、水田や畑作物の栽培で忙しい夏は山に放牧しておけばよいので、手間がかからないという利点があります。 雌牛は産乳量に優れ、子育てがよいのも特徴です。 大正9年に、広島県七塚原の、農林省畜産試験場中国支場で生産されたアバディーン・アンガス種と和牛の一代雑種のオスが山口県に貸し付けられ、これが発端になり、以来アンガス種による改良が続けられました。 大正12年には標準体型が作成され、翌年に登録が開始されました。 昭和5年には、イギリスからアバディーン・アンガス種のオスを輸入してさらに改良、無角防長種として名を高め、昭和19年に無角和種として認定されました。 毛色は黒毛和種よりも黒が強くなっています。 鼻鏡や蹄も黒く、完全に無角で、体の幅が広く、腿はよく充実、四肢は短く、全体に丸みを帯びており、典型的な肉用牛型をしています。 体格は小型で、オスの体高は145cmで、体重980kg、メスの体高は128cmで、体重580kgくらいです。 和牛の中では比較的早くから肉用に重点をおいて改良がすすめられており、増体速度が速く、飼料の利用性も良好です。 ただ肥育がすすむと皮下脂肪が厚くなりやすく、肉質の面では脂肪交雑やきめなどが黒毛和種に比較すると劣っています。 高知系は「毛分け」と称する角、蹄、眼瞼、舌、尾房、肛門などの黒い牛が好まれている。 体格は黒毛和種に比べてやや大きく、雌130cm、体重470kg(雄で140cm、750kg)。 中躯の伸びが良く、後躯も充実している。 筋繊維はやや太く脂肪沈着も黒毛和種に劣るが、耐暑性に優れ、粗飼料利用性がかなり良い。 エネルギー含量の多い穀類を多給するとすぐに太って脂っこい肉質になる傾向にある。 ) いわゆる「サシ」のことで、胸最長筋についてビーフ・マーブリング・スタンダード(B. S)の12段階の基準で 5~1の等級に区分され、背半棘筋及び頭半棘筋の状態を参考にする。 等級 B. 8 ~ No. 5 ~ No. 3 ~ No. 4 1- ~ 1 2 やや少ないもの No. 2 0 1 ほとんどないもの No. 1 0 B. 等級 項目(歩留) A 部分肉歩留が標準より良いもの B 部分肉歩留の標準のもの C 部分肉歩留が標準より劣るもの 肉質等級 「脂肪交雑」、「肉の色沢」、「肉の締まり及びきめ」、「脂肪の色沢と質」の 4項目で決定します。 前 3項目の判定部位は、第6~第7肋骨間切開面における胸最長筋並びに背半棘筋及び頭半棘筋の断面。 「脂肪の色沢と質」の判定部位は、切開面の皮下脂肪、筋間脂肪、枝肉の外面及び内面脂肪です。 肉質等級の区分は 5区分であり、等級呼称は肉質の良好なものから 5、 4、 3、 2、 1の 5段階で評価されます。 等級 脂肪交雑 肉の色沢 肉の締まり 及び きめ 脂肪の色沢と質 5 かなり多い かなり良い かなり良い かなり細かい かなり良い 4 やや多い やや良い やや良い やや細かい やや良い 3 標準 標準 標準 標準 2 やや少ない 標準に準ずる 標準に準ずる 標準に準ずる 1 ほとんどない 劣るもの 劣り 粗い 劣るもの ハイポー 「ハイポー」とは「ハイブリットポーク」からきています。 オランダで計画的に育種改良された優れた品種の名前です。 長年研究しつくされて生まれた「ハイポー豚」は色んな品種のいいとこ取りをした豚です。 生物の場合は、異なる品種を交配することにより、雑種である子が両親より優れた遺伝的能力を得る「雑種強勢」という現象を利用してより優れた品種を作り出しています。 ハイポー豚は、この雑種強勢を利用し、「四元交配」と呼ばれる方法で作り出されたまさに理想的な豚なのです。 異なる種のかけあわせで産まれてきたで子の能力が、両親より優れた遺伝的能力を有する雑種強勢という現象を利用して、人間が求める理想に近い豚を産出しようとして出来上がったものです。 PICを日本語訳すると「豚改良会社」となります。 豚を改良するために特に重要なことは「遺伝的能力」と「健康」です。 PICはこの2つを改善するためのプログラム作りをイギリスのケンブリッジ Cambridge 大学とエジンバラ Edinburgh 大学にお願いしました。 「ケンボロー Camborough 」とはこの2つの大学の名前を組み合わせて命名された種豚のことです。 以来、優れた能力を持つ「ケンボロー豚」はイギリス に留まらず、世界中の国々で生産販売されるようになりました。 今では世界60数カ国で生産される肉豚の頭数は年間5千万頭以上に達しています。

次の