結婚 生活費 平均。 新婚生活に必要な初期費用の総額は?家具家電の準備リストや分担方法を解説

【夫婦二人暮らし】平均生活費25万!理想手取り40万以上!?

結婚 生活費 平均

9 111 9. 3 243 20. 8 318 26. 4 315 26. 1 313 26. 4 308 25. 5 310 25. 4 302 25. 8 298 24. 3 232 19. 8 203 16. 9 70以上 353 29. 4 208 17. 3 全体平均 532 44. 3 287 23. nta. pdf 出典:平成29年分.民間給与実態統計調査-調査結果報告-平成30年9月.国税庁長官官房企画課 19P:〔年齢階層別の平均給与〕(第14図)年齢階層別の平均給与を加工 2018年12月29日アクセス. あくまで平均なので、目安にご参考ください。 給与手取り(目安) 給与手取りの目安 1人分 年収 月収 月の手取り 120万円 10万円 8. 5万円 180万円 15万円 12. 2万円 216万円 18万円 14. 5万円 240万円 20万円 16. 1万円 264万円 22万円 17. 6万円 300万円 25万円 19. 8万円 360万円 30万円 23. 8万円 420万円 35万円 27. 7万円 480万円 40万円 31. 1万円 600万円 50万円 38. 5万円 720万円 60万円 45. 2万円 900万円 75万円 55. 3万円 1000万円 83. 3万円 61. 収入が上がれば保険料・税金も上がります。 5万円 〃 16万円 180万円 15万円 12. 6万円 〃 20. 1万円 216万円 18万円 15万円 〃 22. 4万円 240万円 20万円 16. 5万円 〃 24万円 264万円 22万円 18万円 〃 25. 5万円 300万円 25万円 20. 2万円 〃 27. 7万円 360万円 30万円 24. 2万円 〃 31. 7万円 420万円 35万円 28. 1万円 〃 35. 6万円 480万円 40万円 31. 7万円 〃 39. 1万円 600万円 50万円 39. 1万円 〃 46. 5万円 720万円 60万円 46. 1万円 〃 53. 6万円 900万円 75万円 56. 3万円 〃 63. 7万円 1000万円 83. 3万円 62万円 〃 69. e-stat. また、世帯主の年齢が高く、若い夫婦二人暮らしの参考になりません。 9万円 18. 7万円 43. 特に、実家で独身生活していた感覚で結婚生活に突入するとお金が残らない。 手取り25万円でも、生活費が15万円で済むと余裕で暮らせます。 夫婦で 手取り15万円の生活を続けると破綻し易いのは、 医療 保険 ・冠婚葬祭など緊急費の捻出や貯金が出来ないからです。 手取り25万円でも車を購入すると、生活費を削るしかありません。 車を所有する為に病気などの緊急時は貯金を取り崩すことになります。 妻が専業主婦になっても独身時代の収入と同じ生活水準にしようとすると、 夫に全ての生活費を稼いでもらうしかありません。 と言うことで、夫に年収600万円を超えてもらいましょう。 ですが、それは子供がいなければのお話です。 独身女性が結婚相手の年収1000万円に憧れるのも納得ですが、 そんな独身男性が極僅かなのは周知の事実。 3万円 53. 3万円 26. 7万円 80万円 手取り 62万円 40. 9万円 21. 3万円 62. 2万円 夫が1人で年収1000万円を稼いだ場合は、月の手取りが約62万円です。 年収640万円の男性も少数ですが・・・。 結論:夢は自分で掴もう 年収を上げるのが難しい時は、支出を抑えよう。

次の

新婚夫婦の生活費は?今からできる節約・貯蓄のコツ|ゼクシィ保険ショップ

結婚 生活費 平均

新婚カップルの1ヶ月の生活費は? 新婚カップルの生活費は、1カ月あたり平均して21. 0万円。 住む地域によって数万円の差があり、地域別に見てみると、2014年度の生活費平均は、首都圏が21. 8万円、東海エリアが20. 3万円、関西エリアが20. 5万円という結果になりました。 また、住宅ローンを含む家賃、食費、光熱費・通信費、保険料、被服・理容費、交際・趣味・レジャーのそれぞれ平均は以下の通りです。 一般的な生活費の内訳 首都圏 東海エリア 関西エリア 平均 住宅費 8. 2万円 7. 2万円 7. 2万円 7. 8万円 食費 4. 1万円 3. 7万円 3. 7万円 3. 9万円 光熱費・通信費 2. 4万円 2. 7万円 2. 4万円 2. 4万円 保険料 2. 4万円 2. 7万円 1. 8万円 2. 3万円 被服・理容費 1. 4万円 1. 6万円 1. 2万円 1. 4万円 交際・趣味・レジャー 2. 4万円 2. 5万円 2. 4万円 2. 4万円 その他 3. 7万円 3. 4万円 3. 5万円 3. 6万円 出典:「新生活準備調査2014 リクルートブライダル総研調べ」 理想的な生活費の内訳は? 新婚2人の場合の理想的な割合はどれくらいなのでしょうか。 生活費の理想の割合の割合を一例として手取り30万円の典型的な夫婦二人家族を例に計算してみました。 現在の実際の家計とどの程度違うかをチェックしてみてください。 生活費内訳 理想の割合 金額例 手取り収入 100% 30. 0万円 住宅費 25% 7. 5万円 食費 15% 4. 5万円 光熱費 5% 1. 5万円 通信費 6% 1. 8万円 保険料 4% 1. 2万円 趣味・レジャー費 3% 0. 9万円 被服費 3% 0. 9万円 交際費 2% 0. 6万円 日用品・雑費 2% 0. 6万円 小遣い 12% 3. 6万円 その他 3% 0. 9万円 貯蓄 20% 6. 0万円 合計 100% 30. 0万円 あなたの今の生活費と比べると、どんな違いがあるでしょうか?正しい家計の管理や、節約の目安にしてみましょう。 理想的な生活費の割合は、家族構成によって大きく異なります。 一人暮らしの時のままの割合の家計を続けている人は要注意です。 また、家族が増えた場合も割合は動きますので、その都度仕切り直すように心がけましょう。 もちろん多少のズレはあって当然です。 最低限、貯蓄の割合が理想額に達しているかそれ以上であれば、他の項目で理想から離れていてもとりあえずはOKです。 新婚時期は最も貯蓄しやすい! 子供ができるまでの期間は、結婚生活の中で最も貯蓄しやすい時期です。 理想的な貯蓄額は「収入の20%」ですが、今後、子供が欲しいと思っている新婚さんは出産費・教育費の負担を少しであっても補填できるよう、あと5%プラスして 合計25%を貯蓄にまわせるとベターです。 生まれてから貯蓄にまわす割合を増やそうと思っていても、なかなか現実には難しいと思います。 結婚式が終わり、子供が生まれるまでの時期は、人生で最も貯蓄をしやすい時期のひとつでもあります。 大きな予算が動く結婚式や新婚旅行で緩んだ金銭感覚をリセットして、浪費に走らず、このタイミングを逃さずにきちんと貯蓄を習慣づけるようにしましょう。 節約しやすい生活費は? 現在、貯蓄にまわせる余裕がない、とお悩みのあなたは、理想割合と現実の家計内訳の間に大きなズレがあるはずです。 まずは、このズレを埋めて、家計を見直すところからスタートしましょう。 家計の費目を整理すると、4つのグループに分けることができます。 第1のグループは【毎月必ず定額を支払う費目】です。 住宅費、月払いの保険料、新聞代、NHK受信料、インターネットのプロバイダ料金(通信費)、車などのローンなどがあてはまります。 第2のグループは【毎月支払うが、使い方によって増減する費目】です。 水道代・光熱費、食費、日用品費、携帯電話代などがあてはまります。 第3のグループは【数か月に1度必ず支払いが発生する費目】です。 理容・美容費、被服費、趣味・娯楽費などがあてはまります。 第4のグループは【ごくたまに発生し、節約はできない(するべきではない)費目】です。 医療費やご祝儀などがあてはまります。 以上のうち、第4のグループは削れないので、見直すとすれば第1~第3のグループの費目ということになります。 最も削りやすいのは第3グループです。 また、意識的に節約をするという意味では第2グループを削ろうとする人が多いのですが、年単位で見た時に最も効果が大きいのは第1グループです。 基本的に 住宅費は収入の3分の1程度に収まるのが目安だといわれています。 生活費についてよく考える前に物件を決めてしまった場合、あまりにも理想割合からかけ離れているようであれば思い切って引っ越しも視野に入れるとよいかもしれません。 ただし、住宅費を収入の3分の1より1~2万円程度のプラスをすることで(それでも年間で12万~24万円の差が発生しますが)、駅から近くなり車を持たなくても良くなるなどの超過分に見合うメリットがあれば、必ずしも無駄な支出とはいえないでしょう。 家賃や光熱費などの固定費の支出は、一度見直した後はなかなか削ることはできません。 そこで、次は食費やその他の生活費を賢く節約してみましょう。 代表的な節約方法をまとめました。 ポイントを貯める ポイントの貯まるお店で買い物をすると、次の会計時に値引きや景品交換を利用してくれるサービスを利用することができます。 ドラッグストアやスーパーマーケットのポイントカードなどはたくさんの店舗のものを持っていると、一つひとつのポイントが貯まりにくくなるので、カードや店舗を絞って効率的に貯めていくとよいでしょう。 固定費の支払いにクレジットカードを使う 家賃や公共料金の支払い等、毎月決まって支出となるものをクレジットカード払いにすると、効率よくポイントが貯まります。 節約をしつつ、支払時にポイントを貯めると効果も大きいですね。 ライフスタイルに合わせた家計をつくる 独身の時は別々に管理していたお金を、結婚後は2人一緒に、管理していく必要があります。 2人はどんなライフスタイルで過ごしたいのか?生活費の見直しや内訳については、お互いに協力しあい、よく話し合って方針を決めましょう。 どんなライフスタイルで過ごしたいのかを決めると、おのずと何のために貯蓄をするのかも見えてきます。 マイホームを買うため、子供の教育費など、明確な目標があった方が、貯蓄のモチベーションはアップし、成功する割合も高いといわれています。

次の

夫婦の生活費っていくらくらい?世間の平均とその内訳を紹介|離婚弁護士ナビ

結婚 生活費 平均

夫婦の生活費は別財布か共同どっちがおすすめ? お金の管理能力に自信がない場合は共同 お互いに生活費を管理することに自信がないという夫婦は、初めから共同の財布を持つことをおすすめします。 共同の財布を持つことで簡単にお金を管理することが出来、どちらか一方にお金の管理を押し付けることがなくて済みますので、管理することに自信のない方にとってはとてもおすすめの方法となっております。 管理能力があるなら財布別 夫婦の生活費は共同か財布は別々にするのかという悩みですが、各自で管理することができるという自信がある場合は財布別でも良いと思います。 財布別で管理することでお金を管理するという能力が身に付きます。 ただし、夫婦生活で生活費を財布別で持つことが上手くいかない場合は共同にしましょう。 新婚夫婦で多くいるのが「15万から20万」です。 20代の新婚夫婦となるとこの金額が平均的で無理がなく無駄なく生活できる生活費用となっております。 「15万から20万」で生活する20代新婚夫婦の生活費の内訳は家賃、光熱費に8万円から10万円となっており、食費に2万円から3万円、保険費用に3万円程度、残りはお小遣いとなっている家庭が多くあります。 内訳を見ると生活が厳しく見えますが、内訳で出た金額を見るよりも余裕のある生活が送れます。 20万から25万で生活する夫婦は少し裕福な暮らしをしているか、もしくはローンを抱えている場合です。 20代の新婚夫婦でも住宅を持つことや車を持つことが当たり前です。 住宅ローンや車のローンなどが影響して、生活費が高額となっていることもあります。 「20万から25万」で暮らす夫婦の生活費の内訳としましては、ローンを抱える夫婦の場合は「15万から20万」で生活する夫婦と内訳は同じとなってきます。 ローンがなく「20万から25万」で暮らす夫婦の内訳は、「15万から20万」で暮らす夫婦の内訳に1万円をプラスした生活をしています。 内訳としましては、20代の「20万から25万」で生活をする新婚夫婦と変わらない使用方法となっております。 「25万から30万」で生活している夫婦は、保険を手厚くしたり、お小遣いなどを多くするなどして充実した生活を送っている夫婦が多くいます。 また、外食なども行うことで生活費が大きくなっている家庭もあります。 オール電化は節約となると言われ新築を立てる時に取り入れる方が多くいますが、実はオール電化にしたからといって光熱費が安くなるとは限りません。 使い方次第でガスを使用した光熱費よりも高額となる場合があります。 オール電化にはメリットが沢山ありますが、おすすめしないでメリットも沢山あります。 オール電化は使い方次第で光熱費が安くなりますが、使い方をマスターしないとオール電化にしても安くなることはありません。 また、オール電化にする為には初期費用が高額となります。 オール電化は初期投資が高額なだけでなく、故障した場合は1つ1つの修理が高額で節約できるとは限りませんので、オール電化にしたから光熱費が抑えられると考えないようにしましょう。 家電は新しくなればなるほど、節電機能やエコモードなどが付き光熱費が掛からないような設定となっております。 また、古い家電は新しい家電に比べると光熱費がかなりかかります。 光熱費などを考えるならば新しい家電に買い替えることをおすすめします。 ただし、新しい家電といっても全てが節電できる製品な訳でなありません。 家電には新しくなることで、節電機能が増える場合と使用しやすい機能だけが増える場合があります。 新しいから節電ができる家電だと考えるのではなく、しっかりと調べてから購入するようにしましょう。 そして、節約したいと考える方は家電は少し型落ちがおすすめです。 少しの型落ちは新型とあまり変わらない性能で、価格も新型に比べると安いので節約したい方は新型ではなく少し型落ちを購入しましょう。 節約を意識する人にとっては待機電力という言葉はなじみあるものだと思いますが、待機電力を無くすことでかなりの節電となります。 待機電力というのは使用しない家電をコンセントに刺しているだけで電力が掛かります。 使用しない間でも電力を使用しており、実際に電気料金の5%から10%は待機電力と言われています。 電気料金の5%から10%というのはかなりの金額となります。 5%から10%を削減できるだけでかなりの節電となります。 節約するには色々削減できる部分がありますが、無理な節約ではなく、無駄を削る節約によって楽に節約生活を送ることができます。 毎月のを決めることによって、無駄に買ってしまうことを防ぎます。 3食の予算だけでなく、お菓子なども買える程度のゆとりある予算を決めておくとストレスなく過ごすことができます。 お風呂に入る時は時短で済ましたいという方はシャワーだけで済ましてしまう人やしっかりと入りたいという方はシャワーと湯舟を使うなど人によって色々なパターンがあります。 お風呂の入り方というのは人それぞれですが、本当に節約したいと思う方はシャワーの使用は控えましょう。 お風呂に入る時はシャワーを使用するのではなく、湯張りをして使うことが節約となります。 お湯を張ることで、シャワーよりも大量に水を使っているかのように見えますが、実際はシャワーよりも水道代と電気またはガス代を抑えることができます。 また、湯に浸かることで身体を温めることができますので、節約だけけでなく、健康的にも良くなっています。 お風呂に一緒に入ってしまえば、湯船の追い炊きも必要ありませんし、電気も入浴1回分の電力で済みます。 夫婦二人で入浴するメリットは節約だけではありません。 夫婦仲を深めるのにも最適な節約方法ですので、おすすめします。 これは意外な方法かもしれませんが効果的です。 人によっては家計簿が節約には大変有効な方法かもしれませんが、家計簿はストレスになりがちです。 レシートを見返してどのくらい使い過ぎてしまったと、落ち込んだり焦ったりします。 落ち込んでしまったりすると節約生活が長く続かなくなります。 生活費用はどれだけやりくりが上手に行えるかが影響してきますので、ストレスフリーで無理のない範囲で行いましょう。 これは少し強硬手段ですが貯金を少しでも早く多く増やしたい方には一つの手です。 お小遣いを減らすことによって生活費が上がり楽しい夫婦生活を送ることができます。 保険の見直しはやりくり方法に重要となってきます。 保険は加入当時には最高のプランだったりしますが、年数が経つことによって現在加入しているプランよりも良い内容で低予算のプランなどがあります。 新聞の購読は生活費に大きな影響を与えてしまうこともあります。 新聞は世の中の流れを知るのには最適なアイテムですが、新聞に載っている内容は全てスマートフォンで知ることができます。 新聞には興味のない情報なども載っており、購読しても自分の為にならない時もあります。 新聞はスマートフォンがあればほとんど不必要となってくるアイテムです。 新聞を読むことを習慣にしている人以外は、新聞の購読にはおすすめできません。 夫婦二人生活にかかる生活費を知ろう 年代別にかかる夫婦二人の平均額や夫婦二人で出来る節約術などは参考になったでしょうか。 夫婦二人で生活するというのは、意外とかかるものです。 ですが、節約することで余裕ある生活ができます。 節約するときは無理した節約はやめて、無理のない楽しい節約をしましょう。

次の