コロナ禍 読み方 意味。 コロナ禍の読み方と意味!しめすへんにか!渦ではないよ!

コロナ禍とは? 読み方と意味

コロナ禍 読み方 意味

読み方:か 別名:禍 (COVID-19)が招いた・的なのこと。 ・・な、・不安・などをした。 はにのでてされ、から急速ににをし、春現在まさにながもている。 ので、の者数は約に上っている。 数はすでに35を上回っているという。 のアナドル()がこれをている。 (:) だけでなくにもがもている。 、、をの市においてがされており、のためにの(主に)をする「」()のが取られたも。 やはができておらず立ち行かなくなっている。 もの自由がされ、不満と不安を募らせているがになりつつある。 ではがを買うためににをなし、ではやのが、ではがしをするまで生じている。 末のでは、この禍にいつが差すのか。 をたりになったりせず、「は夫」のようなや「は」のようなを自らいさめ、冷静に的に事のをことが。 読み方:か コロナ禍とは、コロナ禍の意味 禍とは、(COVID-19)によるのこと。 禍の「」は、にでされ、にした「」(SARS-CoV-2)を指す。 「禍」は、、といった意味をもち、、、のようにを表す用いられる語である。 コロナ禍における世界各国の対策 禍における、にした人はで約で、国別ではがで最も、(51. 5)、(40. 6)と続く。 者は人にのぼる。 () では、禍のにを講じている。 や、などでは、()によってをすることでのを図っている。 、やでは、をせずにのによるを図っている。 のでは、のはできるが、者によるを招くをている。 では、のをによるをするというで禍のを図っている。 コロナ禍における主な出来事• でによるがてされる。 内初の者がされる。 内初のがされる。 WHOがによるをする。 が7をにをする(まで)。 におけるの者数が人にる(からまでの)。 をにする。 におけるの者数が人にる(からまでの)。 のを(まで)。 県についてをする。 、、についてをする。 、、、、についてをする。

次の

ウィズコロナ時代のコミュニケーションの課題に備える

コロナ禍 読み方 意味

この記事で分かること• コロナ禍とは コロナ禍とは、新型コロナウイルスが招いた危機的、災厄的な状況をさす言葉です。 2020年5月現在、感染防止のための自粛の影響もあり、新型コロナウイルスはイベントの自粛、株価の急落、消費の低下、収入の減少、失業者の増加など、社会各方面に様々な影響を与えています。 また、時差通勤やテレワーク、商店の休業や営業時間短縮、臨時休校など、コロナ禍によって私たちの日常は大きく変わりつつあります。 コロナ禍の由来 「禍」という漢字には以下の意味があり、コロナ禍という言葉の由来になっています。 よくないこと• 悪いこと• また日本の古典でもしばしば用いられており、平安時代後期に成立したとされる「大鏡」には、以下のような詩が読まれています。 「ものの音調子吹き出づる程に、『禍かな、あれは舞はじ』とて」 訳:楽器の音調子を合わせだすころに、「いやなことだなあ、僕は舞うつもりはない」と言って。 出典: コロナ禍の使い方 コロナ禍の使い方には以下のようなものが挙げられます。 コロナ禍は受験生にも大きな影響を与えている。 コロナ禍により学校に行くことができない現在、多くの受験生は勉強や受験への不安を抱えているのではないでしょうか。 コロナ禍により客足が激減し、閉店を余儀なくされたレストラン。 個人経営の店舗など、コロナにより客足が減って資金繰りが難しくなり、閉店に追い込まれたお店は数多くあります。 コロナ禍と関係する難読漢字 ここからはコロナ禍と関わりのある2つの難読漢字をご紹介します。 冠状病毒 冠状病毒は中国語で「コロナウイルス」と読み、冠状が「コロナ」、病毒が「ウイルス」に相当します。 日本ではあまり使われませんが、中国では一般的に使用される熟語です。 冠状がコロナを表す理由 コロナとは、ラテン語で王冠や太陽の周りの光状の輪を指します。 駱駝 駱駝は動物の「ラクダ」を指します。 ラクダはサウジアラビアで発生し2015年に韓国でアウトブレイクした感染症であるMERS(中東呼吸器症候群)の感染源となった動物です。 2020年現在、厚生労働省は中東地域においてラクダと接触したり、を行っています。 不安を抱える全ての方に。 コロナ助け合い保険 「禍」に似ている様々な漢字 「禍」と似ている漢字をいくつか紹介していきます。 蝸 読み方は「かたつむり」「にな」「か」などです。 かたつむりは蝸牛と書きます。 蝸の意味• かたつむり• でんでん虫• にな 中国語での使い方 蜗牛(かたつむり)は、中国語からそのまま由来しています。 例)孩子们都喜欢蜗牛:子供たちはみなカタツムリが好きだ また中国明朝時代の小説集『二刻拍案惊奇』には、という四字熟語が出てきます。 「蝸角」とはかたつむりの角を指しています。 かたつむりの角のように小さく、左右にある国同士が小さな領土を奪い合う争いをしたという故事にちなみ、取るに足らない小さな争いという意味で使われます。 咼 読み方は「か」です。 日本語ではほとんど用いられません。 咼の語源 咼の語源は諸説ありますが、『』(東京堂出版)によると、穴にはまり込む関節の骨を描いた図形を表しています。 咼の意味• よこしま• 口が歪む 咼の中国語での使い方 中国では姓として用いることが稀にあります。 例)呙先生是我的女朋友:呙さんは私の彼女です 媧 読み方は「か」です。 日本語ではほとんど用いられません。 中国語での使い方 女娲忽然醒来了:女娲は突然目を覚ました(出典:) この一節は近代中国を代表する作家である魯迅が著作した小説、故事新編の「」という話の冒頭の一行です。 堝 読み方は「か」「るつぼ」です。 堝の意味 るつぼとは、金属を溶かすために使う器のことです。 堝の使い方 元来の意味が転じて、様々な物が混ざり合い、渦巻いている様子を形容する表現として用いられます。 例えば多種多様な民族が混在して暮らしている都市を形容するときには、人種の坩堝(るつぼ)という表現を用います。 単一民族国家である日本とは対照的に、アジア系・アフリカ系・ヒスパニック系などが混在して暮らしているアメリカは、人種の坩堝の代表格と言えます。 窩 読み方は「か」「あな」「むろ」「いわや」「かくす」などです。 日本語ではほとんど用いられません。 中国語での窩の使い方• (昆虫の)巣 例)我在校园里发现了一个蜂窝:私はキャンパス内で蜂の巣を見つけた• (悪人の)根城 例)小偷们的窝被警察发现了:泥棒たちの根城は警察により発見された• (犯人などを人に見られないように かくまう 例)家里窝着一个逃犯:家に逃亡中の犯人をかくまっている 渦 読み方は「か」「うず」などです。 渦の意味• などが向かってながら、い回っている状態• 入り乱れた、目まぐるしい動き 渦の使い方 鳴門の渦潮、興奮の渦、紛争の渦に巻き込まれる、など渦は日常表現でもしばしば用いられる漢字です。 コロナ禍の「禍」がしめすへんではなく、さんずいの漢字が「渦」です。 おわりに コロナ禍の読み方や読み間違いしやすい文字について解説しました。 新型コロナウイルス助成金・給付金一覧 新型コロナウイルスに関連した助成金・給付金一覧をまとめて記事にしました。 不安を抱える全ての方に。 コロナ助け合い保険 コロナ助け合い保険とは 不安を抱える全ての方に、我々の生活を守ってくださる方に、そして全てのみなさまへ、です。 ケガまたは病気で1泊2日以上の入院をしたとき給付金10万円を受け取れます 新型コロナウイルス感染症の罹患の有無にかかわらず、1泊2日以上の入院をしたときに10万円の給付金を受け取ることができます。 新型コロナウイルス罹患時の自宅療養にも対応 医療機関の事情により1泊2日以上の入院が必要にもかかわらず、臨時施設(病院と同等とみなせる施設)または宿泊施設や自宅で療養し、医師の治療を受けている場合等も、医師の証明書等をご提出いただくことで入院一時金の支払対象となります。 安価な保険料でクレカ決済完了後すぐに保障開始 年齢・性別により月々510円からの保険料で加入できます。 お申込み後すぐに当月分の保険料のお引き落としを行い、決済が完了しましたらご契約が開始します。

次の

コロナ禍の読み方がわからないので意味とかも一緒に調べてみた話【うず?なべ?】

コロナ禍 読み方 意味

新型コロナウイルスはまだまだ終息が見えず、先日(2020年4月7日)、約1か月をめどとして1都1府5県に緊急事態宣言も出されました。 この有事の国難とも言える状況を「コロナ禍」という言葉で表されたりします。 ところで、この言葉の読み方がわかりますか? 正解はタイトルにも書いている通り「コロナか」と読みます。 コロナという字はカタカナなので誰でも読めるでしょうが、「禍」という漢字が読みにくいですよね。 今回は、「コロナ禍(か)」という字の意味についてご紹介したいと思います。 (スポンサーリンク) もくじ• コロナ禍とは?読み方は「コロナか」 「コロナ禍」の読み方は「コロナか」であることがわかりましたが、では一体どういう意味なのでしょうか。 「禍」と書いて「わざわい」とも読む 「禍」という漢字は、「か」という読み方の他にも「わざわい」という読み方もあります。 「わざわい」と聞くと「災い」という漢字を真っ先に思い浮かべるかもしれませんが、「災」という字を用いる場合は、台風や地震や洪水や火山の噴火などの自然災害や天災を指し、防ぎようのない災いのことを言います。 一方、「禍」という字を用いる場合は、火事や洪水などの災害を指し、工夫や予防をしていれば防げる人為的な災難のことを言います。 つまり、両者の大きな違いは、• 防ぎようがあったのかなかったのか• 天災なのか人災なのか ということになります。 コロナ禍とは?意味は「コロナウイルスという防げたはずの人災」 前述した「禍」という字の意味を素直にそのまま受け取って「コロナ禍」に当てはめた場合、コロナ禍とは「コロナウイルスという防げたはずの人為的災害(わざわい)」ということになります。 もちろん、言葉や漢字の意味は色々なものを併せ持っていったり、一言で言い表せない含みを持っていたりするので、そのまま当てはめて解釈することが必ずしも適切とは言い切れない場合もあります。 コロナウイルスが事前又は適切な時期に対策や予防措置を講じていれば防げたのか否か、及び人為的な災害と言えるのか否か、ということについては個人の見解では限界がありますので言及は避けますが、そういう意味も込めて「コロナ禍」と言われているのは間違いがないところでしょう。 ウイルスそのものだけでなく、ウイルスが蔓延したことによる二次被害、三次被害もありますので、もちろんそれらも含めての「コロナ禍」だと言えます。 例えば、• 買い占めや品切れ続出• 外出自粛• 経済活動の自粛• 解雇や失業• 収入の減少• 臨時休校• 休校に伴う授業の遅れ• 東京オリンピックの延期• 差別やヘイト などになります。 こうして見てみると、確かに「予防対策できた」「人為的災害」と言えるものも含まれているように思います。 「禍」を「渦」と書くこともある?「鍋」は間違い! 中には「コロナ禍」を「コロナ渦」と書いてある記事や情報発信も見受けられました。 「禍」と「渦」の違いです。 「しめすへん」か「さんずい」の違いで意味が違ってきます。 「渦」の場合も「か」とも読みますが、訓読みでは「うず」と読みます。 つまり、「コロナ渦」と表現している記事は「コロナウイルスの渦中にいる」と言いたいのかもしれませんが、そうなると新語や造語になってきますし、最初に誰かが間違えて発信した字が一部の人に浸透してしまった結果なのかもしれませんね。 デマも広がるスピードが恐ろしく速く、そして突き動かされる人も多かったのはコロナショックのトイレットペーパー買い占めで記憶に新しいところです。 「コロナ渦」の場合は、「まぁそういう造語もありかな?」とも思えますが、中には「コロナ鍋」と書いている人もいて、「さすがにそれは読み間違い&書き間違いでしょう」と思うわけです。 確かに「かねへん」の「鍋」も「か」という読み方をしますが、訓読みでは「なべ」です。 「コロナウイルスのお鍋」という意味は、もう日本語としても文章としても成立しませんし、明らかな間違いだと断言できます。 いや、私が知らないだけで、「コロナ鍋」に深い意味があるのかもしれませんが、その場合は後学のために教えて頂けたら幸いです。 最後に 今回は、「コロナ禍」の読み方と意味についてご紹介しました。 まとめると、• 読み方は「コロナか」• 意味は「コロナウイルスという防げたはずの人為的災害(わざわい)」• 「コロナ渦」という表現もあるが、正しいのかは不明• 「コロナ鍋」は明らかに間違い ということになります。 「コロナ禍」が気になっている人のご参考になれば幸いです。

次の