夜 に 駆ける ayase 歌詞。 Ayase(YOASOBI)の年齢と顔画像は?高校大学など経歴プロフィールまとめ

夜に駆ける 歌詞 YOASOBI ※ nvcdn.answerstv.com

夜 に 駆ける ayase 歌詞

突如として現れた謎のアーティストYOASOBI キャッチーで頭から離れないメロディーの『夜に駆ける』を公開してユーチューブの動画では400万回再生を超えています。 今回はYOASOBIの『夜に駆ける』の歌詞の意味と謎のアーティストの正体についてお伝えしていきたいと思います。 YOASOBIの正体はだれ??どんな人たち?? 令和元年で最も注目されるボカロPの1人のAyaseさんと東京海上日動あんしん生命のCMでの歌唱したシンガーソングライターのikuraこと幾田りらさんの二人組ユニットのYOASOBI。 作曲を手がけるAyaseさんは謎のボカロPとして2018年12月から楽曲の投稿を始め、 2019年4月に投稿された楽曲『ラストリゾート』が現在では340万回を上回りバズったことで注目を集めました。 ボーカルを務めるikuraこと幾田りらさんはアコースティックセッションユニット「ぷらそにか」での活動でも注目を集めており、2019年11月16日にはアルバム「juke box」を発売。 小説やイラストを投稿するサイト「monogatary. com」から誕生した小説を音楽とアニメーションで表現し、その第1章として『夜に駆ける』が発表されました。 YOASOBI『夜に駆ける』ってどんな曲??MVは?? 『夜に駆ける』は2019年12月15日にiTunes、Spotifyを始め、主要音楽配信サイトにて配信リリースされたYOASOBIの楽曲第1章です。 藍にいなさんは椎名林檎さんのツアー映像やMaison book girlの「闇色の朝」のMVも担当しており、 注目度が高くなってきているクリエイターです。 男女の恋模様を描く『夜に駆ける』の繊細でありながらエモーショナルな雰囲気で楽曲の世界観とメッセージ性を強調しています。 タイトルになっている『夜に駆ける』は「monogatary. com」に投稿されている大学生の小説家・星野舞夜 ほしのまよ さんの『タナトスの誘惑』の物語が元になっています。 飛び降り自殺を図ろうとする彼女を見たのは、実はもう四度目だ。 ある日突然目の前に現れ、一瞬で僕の心を奪った彼女は、死に対する欲動-タナトスに支配されていた。 ある日の諍いをきっかけに一気にスピードアップする展開、そして彼女の正体とは。 生と死、幸せの形を問う切れ味鋭い掌編。 登場人物の感情はikuraの表現力でよりリアルに、駆け抜けるような物語の展開は藍にいなさんのアニメーションでよりドラマチックに。 それぞれの色が紡いで出来上がったこの作品を、何度も聴いて、咀嚼して、愛してくれると嬉しいです。 【ikura コメント】 原作を読ませていただいたとき背中をなぞられるような、心臓の鼓動が速まっていくような感覚を覚えました。 そのイメージを持ちつつ、登場人物の心情を乗せていくように、一音一音大切に歌わせていただきました。 Ayaseさん、藍にいなさんの才能あふれるこの作品にボーカルとして参加できたことを嬉しく思います。 沢山の方の耳に届きますように。 【藍にいな コメント】 Ayaseさんが奏でる、転がるような音色がとても好きです。 繊細ながらも芯があり、かつドラマチック。 その空気感を掴みつつ情緒的な魅力を引き出せればとMVを制作しました。 「君」と「僕」、2人の姿も合わせて楽しんで頂ければ幸いです。 barks.

次の

Ayase(YOASOBI)の年齢と顔画像は?高校大学など経歴プロフィールまとめ

夜 に 駆ける ayase 歌詞

YOASOBIのコンポーザー・Ayaseさんとボーカル・ikuraさんが、6月22日(月)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! 」にゲスト出演。 二人が出会ったきっかけや、音楽チャートを席巻中の配信曲「夜に駆ける」の制作裏話など、パーソナリティ・さかた校長、こもり教頭の質問に答えました。 さかた校長:YOASOBI先生は、2019年11月に「夜に駆ける」を発表して活動がスタートということですけど……11月からなんですね。 こもり教頭:まだ1年経っていなくて、やっと半年が過ぎたなーってくらいですよね。 YOASOBI:はい。 さかた校長:お二人が出会ったきっかけはなんだったんですか? Ayase:ikuraがインスタグラムで楽曲のカバーを弾き語りしているのを見つけまして、「一緒にやりませんか?」と声をかけました。 直感的に「いい声だ! 透明感がすごい!」と思って。 ikura:(笑)。 さかた校長:ikura先生は、声がかかったときはどうだったんですか? ikura:最初は、小説を音楽にするってどういうことだ!? と思ってしまって、どうしようかな……と考えたんですけど、Ayaseさんの曲を聴いて「これは絶対一緒にやるべきだ!」と思いました。 これは、始められたきっかけがあるんですか? Ayase:「monogatary. でも一緒にやると言ってもどうやっていけばいいのか? というのを、みんなで相談しながらやっている、という感じです。 こもり教頭:スタッフさんと相談しながら、いままでの3作ができたのですね。 Ayase:そうですね。 【YOASOBI「夜に駆ける」 Official Music Video】 さかた校長:「夜に駆ける」は主要な音楽配信チャートで軒並み1位と、とてつもない勢いで席巻していますけど……活動を始めて半年という状況で、お二人がどういった感じで思っているのかというのを聞きたいと思うんですけれども。 実感というのはありますか? Ayase:実感はまだそんなにないんですよね。 自粛で外にそんなにまだ出ていないというのもあるんですけど、SNSとかを見て「いっぱい聴いてくれているんだな」というのを感じている状態です。 ikura:私もまだ実感はないんですけど、チャートとかを見て「この方たちの中に名前があるんだ……!」と思うと、ちょっとだけ実感します。 こもり教頭:チャートの中に自分たちの曲がバンっと首位で入っているというのは、最初に見たときはどうだったんですか? Ayase:いやでも変な感じですよ。 活動が始まってまだ半年ですし、「本当に!? 」という気持ちが強かったですね。 こもり教頭:「夜に駆ける」には原作(の小説)があるということですが、この曲を作る上でのポイントだったりはありますか? Ayase:そうですね、(小説とMV、音楽を)行き来してもらうにはどうしたらいいか……というので、歌詞でどこまで説明したらいいかとか、この描写をどこまで音に落とし込むのか、みたいなところのバランスをとるのはすごく意識して作りましたね。 こもり教頭:曲はスルスルっとできました? つまるところもありました? Ayase:この「夜に駆ける」を作るまでに、デモを20〜30曲くらい作ったんです。 バランスの調整もそうですし、「なんか、こうじゃない。 なんか、こうじゃない……」を繰り返したので、スムーズにはできていないですね。 ikura:(笑)。 こもり教頭:それは、「出てこないな……」より、「こっちも違うな、あっちも違うな……」なんですか? Ayase:そうですね。 そんな感じで、何回やってもピッタリこないな、というのがずっとありましたね。 さかた校長:それを経て、経て、経て! 1曲が出来上がって……そしてikura先生が歌で表現するということですけど、どういう気持ちで歌われていますか? ikura:そうですね……主人公になって歌うということはすごく意識しています。 小説を何度も何度も読み返して、主人公の気持ちを……どういうふうに言葉を置いて、どういうふうに発声して、というのを考えてやっています。 さかた校長:すごい……! そういうのを制作段階から踏まえて……僕はまんまと感動させてもらいました。 YOASOBI:(笑)。 どこから入っても面白い発見があって、どんどん深まっていくというのがあると思うので、好きに楽しんでください、という感じです。 ---------------------------------------------------- 【?? この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く?? 】 聴取期限 2020年6月30日(火)AM 4:59 まで スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。 ---------------------------------------------------- <番組概要> 番組名:SCHOOL OF LOCK! tfm.

次の

YOASOBI『夜に駆ける』デモは約30曲! 制作裏話|ニフティニュース

夜 に 駆ける ayase 歌詞

YOASOBIのコンポーザー・Ayaseさんとボーカル・ikuraさんが、6月22日(月)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! 」にゲスト出演。 二人が出会ったきっかけや、音楽チャートを席巻中の配信曲「夜に駆ける」の制作裏話など、パーソナリティ・さかた校長、こもり教頭の質問に答えました。 さかた校長:YOASOBI先生は、2019年11月に「夜に駆ける」を発表して活動がスタートということですけど……11月からなんですね。 こもり教頭:まだ1年経っていなくて、やっと半年が過ぎたなーってくらいですよね。 YOASOBI:はい。 さかた校長:お二人が出会ったきっかけはなんだったんですか? Ayase:ikuraがインスタグラムで楽曲のカバーを弾き語りしているのを見つけまして、「一緒にやりませんか?」と声をかけました。 直感的に「いい声だ! 透明感がすごい!」と思って。 ikura:(笑)。 さかた校長:ikura先生は、声がかかったときはどうだったんですか? ikura:最初は、小説を音楽にするってどういうことだ!? と思ってしまって、どうしようかな……と考えたんですけど、Ayaseさんの曲を聴いて「これは絶対一緒にやるべきだ!」と思いました。 これは、始められたきっかけがあるんですか? Ayase:「monogatary. でも一緒にやると言ってもどうやっていけばいいのか? というのを、みんなで相談しながらやっている、という感じです。 こもり教頭:スタッフさんと相談しながら、いままでの3作ができたのですね。 Ayase:そうですね。 【YOASOBI「夜に駆ける」 Official Music Video】 さかた校長:「夜に駆ける」は主要な音楽配信チャートで軒並み1位と、とてつもない勢いで席巻していますけど……活動を始めて半年という状況で、お二人がどういった感じで思っているのかというのを聞きたいと思うんですけれども。 実感というのはありますか? Ayase:実感はまだそんなにないんですよね。 自粛で外にそんなにまだ出ていないというのもあるんですけど、SNSとかを見て「いっぱい聴いてくれているんだな」というのを感じている状態です。 ikura:私もまだ実感はないんですけど、チャートとかを見て「この方たちの中に名前があるんだ……!」と思うと、ちょっとだけ実感します。 こもり教頭:チャートの中に自分たちの曲がバンっと首位で入っているというのは、最初に見たときはどうだったんですか? Ayase:いやでも変な感じですよ。 活動が始まってまだ半年ですし、「本当に!? 」という気持ちが強かったですね。 こもり教頭:「夜に駆ける」には原作(の小説)があるということですが、この曲を作る上でのポイントだったりはありますか? Ayase:そうですね、(小説とMV、音楽を)行き来してもらうにはどうしたらいいか……というので、歌詞でどこまで説明したらいいかとか、この描写をどこまで音に落とし込むのか、みたいなところのバランスをとるのはすごく意識して作りましたね。 こもり教頭:曲はスルスルっとできました? つまるところもありました? Ayase:この「夜に駆ける」を作るまでに、デモを20〜30曲くらい作ったんです。 バランスの調整もそうですし、「なんか、こうじゃない。 なんか、こうじゃない……」を繰り返したので、スムーズにはできていないですね。 ikura:(笑)。 こもり教頭:それは、「出てこないな……」より、「こっちも違うな、あっちも違うな……」なんですか? Ayase:そうですね。 そんな感じで、何回やってもピッタリこないな、というのがずっとありましたね。 さかた校長:それを経て、経て、経て! 1曲が出来上がって……そしてikura先生が歌で表現するということですけど、どういう気持ちで歌われていますか? ikura:そうですね……主人公になって歌うということはすごく意識しています。 小説を何度も何度も読み返して、主人公の気持ちを……どういうふうに言葉を置いて、どういうふうに発声して、というのを考えてやっています。 さかた校長:すごい……! そういうのを制作段階から踏まえて……僕はまんまと感動させてもらいました。 YOASOBI:(笑)。 どこから入っても面白い発見があって、どんどん深まっていくというのがあると思うので、好きに楽しんでください、という感じです。 ---------------------------------------------------- <番組概要> 番組名:SCHOOL OF LOCK! tfm.

次の