ドリュウズ 構築。 【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】アイへ切りステロドリュウズ&リザードン対面構築【マスターボール級】

ドリュウズ 構築

サダイジャ 個体値:6V 持ち物:さらさらいわ 性格:わんぱく 特性:すなはき 努力値:h228b148s132 わざ:へびにらみ、がんせきふうじ、じしん、ステルスロック 基本 先発で麻痺とステロと砂まく要員です。 h228は実数値176でオボンのみでの回復効率が最高になる値です。 元々はオボンのみ運用だったのでこうしてますが、 今となってはオボンのみじゃないのでh252の方がいいかなと思ってます。 s132は実数値108で最速ドラパルトを麻痺込みで抜ける速度となっています。 物理方面はかなり硬くて a特化の確2 最速ごりむちゅうつららおとし乱1 75. 0 このように弱点突かれても物理攻撃ならば高確率で生き残ることができます。 最悪一発で持ってかれてもすなは展開できるので、 最低限の仕事はできます。 個体値:6V 持ち物:こだわりスカーフ 性格:おくびょう 特性:ふゆう 努力値:cs252d4 わざ:ラスターカノン、だいもんじ、あくのはどう、りゅうせいぐん ドラパルトやの高速アタッカーを スカーフを持たせることで上から叩く役です。 フェアリータイプ以外には強気に出られるうえ、 フェアリータイプはで見ることができるので 大分動かしやすかったです。 オーロンゲやの持ちの先制変化わざを無効にし、 返しのやラスターカノンで狩ることもできます。 読まれてとか打たれたら泣きますがw 対策が全くされてない甘めのパーティに対しては 先発で3タテできるので単純に強いです。 hではなくdに4振ってるのは体力を奇数にしたかったからです。 でアーマーガア、を、 タネばくだんでミトム、ヌオー、、バンドリを、 ジャイロボールで、をそれぞれ対面から倒しきることが可能です。 相変わらず現環境に多い物理キャラを対面からなら ほぼ全て倒しきることができます。 特殊キャラがかなり増えてきて 前ほど大暴れはできなくなりましたが、 今でもその強さは健在です。

次の

【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ドリュウズ 構築

「ガラルサニーゴ」や「ドヒドイデ」などの受けポケモンには、「じわれ」の1撃必殺を狙うことができるため、倒すのが難しい相手に放てる技となっています。 ダイナックルで攻撃力を上げる事で、ダイマックス後の火力を上げる。 「じわれ」との選択肢。 飛行タイプの「アーマーガア」などを意識する場合はこちら。 ただし「ゴーストタイプ」に無効なため注意。 相手の方が素早さの高い場合でも、技「がんせきふうじ」を選択することで素早さダウンを狙えるので 対面で勝ちやすい状況を作り上げられるのが魅力といえます。 「ばけのかわ」「ふゆう」などの特性を無視できるので、 「ミミッキュ」や「ウォッシュロトム」などのポケモンに対して有効です。 「きあいのタスキ」と「すなかき」を組みわせることで、素早さが2段階上昇した「ギャラドス」や「トゲキッス」に、先手をとって反撃可能です。 また、特性を「すなかき」で育成する場合は、ダイマックスと相性のよい、「つるぎのまい」や「いわなだれ」を採用するのがおすすめです。 ダイマックスとの相性もよく、攻撃を上げて相手を倒しやすくなる。 相手の攻撃を完全に防げる、「ダイウォール」を使用した戦いが可能。 「がんせきふうじ」に比べて、「ダイロック」の威力を高めることができる。 「きあいのタスキ」などの影響を受けずに倒せる。 ただし攻撃回数は安定しないので注意。 ダイマックスをすれば、ダイマックスしたウォッシュロトムの「ダイストリーム」も耐えることができます。 ダイナックルで攻撃力を上げる事で、ダイマックス後の火力を上げる。 ドリュウズの役割と立ち回り 特性を活かして戦うアタッカー 「ドリュウズ」の持つ特性「かたやぶり」「すなかき」はどちらも強力です。 ランクバトルの環境や、ドリュウズに持たせたい役割で使い分けましょう。 特に 「ミミッキュ」の「ばけのかわ」を無視して攻撃できる点が非常に強力なため、現環境ではミミッキュキラーとして活躍することができます。 元の素早さの負けている相手にも、「ダイロック」による 砂嵐で、素早さを逆転させる立ち回りが強力です。 「カバルドン」などのポケモンで、予め天候を変えておくと、より立ち回りやすくなります。 一撃必殺で不利状況を打開できる ドリュウズは「つのドリル」と「じわれ」を覚えることができ、一撃必殺技で不利な状況を打開できるポケモンです。 運要素が強すぎますが、こちらが完全に不利な場面でもワンチャンスにすがって技が出せるのがドリュウズの強みと言えます。 ドリュウズと相性の良いポケモン ドリュウズの退き先になれるポケモン 「ドリュウズ」の攻撃を、タイプ相性で受けられるポケモンがおすすめです。 ドリュウズの苦手なポケモンに負担をかけて、ドリュウズに有利な対面を作りましょう。 また、 飛行タイプはドリュウズの苦手な地面技を無効にし、お互いの弱点をカバーできるので、相性補完に優れています。 ドリュウズで「ダイロック」を使用せずとも、先手を取りやすくなるので、 ダイマックスターンを有効活用できます。

次の

【ポケモン育成論まとめ】ドリュウズの調整と対策 USUM

ドリュウズ 構築

初めましてteiruという者です。 シーズン2で目標にしていた2桁順位を達成出来たので構築記事を書いてみました。 構築記事を書くのは初めてで説明不足な点もあると思いますが良かったら是非最後まで見ていってもらえると嬉しいです。 今回紹介する構築はでを巻きのあくびで起点を作り全抜きエースで3縦を狙うのをコンセプトにしました。 型紹介 持ち物 気合いのタスキ 性格 陽気 AS252H4振り 特性型破り つのドリル 一般的な持ちは4枠目の技が岩石封じになっているところをつのドリルにした型にしました。 初手有利対面でを巻いた後、相手の後出ししてきたアーマーガアやを無理やり壊すことが出来れば大きなアドバンテージを得られるといった考えで、つのドリルを入れました。 受けループに対しても効果的でのあくび、願い事と組み合わせてつのドリルの思考回数を増やすことも可能で、結構つのドリルにはお世話になりました。 しかし岩石封じが無いためやに勝てなのが欠点ですが、それでもタスキ持ちとして最低限を巻くなどの仕事ができるので非常に強かったです。 性格 図太い 持ち物 食べ残しHB252D4振り 特性精神力 守る 願い事 サマ あくび テンプレの型 、 、ドラパルト、馬鹿力をもっていなければも相手にすることができ非常に使いやすかったです。 あくび+で引っかき回し裏のエースの3縦のサポート役として仕事が出来ます。 願い事も強力でTOD試合になったときにも味方を回復させて有利に持っていくことも出来ます。 相手のックスを流す性能も高くなどもあくびで相手にックスを切らせて相手のックスをしのいだ後こちらのックスエースを押し付けるといった動きも強いです。 性格 臆病 持ち物ラムの実 CS252H4振り 特性天の恵み 悪巧み 火炎放射 このパーのックスエース で起点を作ったら悪巧みを積んでダイジェットで加速して全抜きを狙って行きます。 耐久が高くックスすればほぼ一撃でやられることも無いため電気技で一撃でやられるより使いやすかったです。 ただ相手のパーにやがいたりして通し辛いときは選出しない時もあります。 ヌオーなどの突破はの怯み頼りなところもあり持ち物を命の玉にして草技を仕込むのもありだと思います。 性格陽気 持ち物命の玉 AS252H4振り 特性化けの皮 影打ち シャドークロー じゃれつく 剣の舞 もう一体のックスエース。 相手のパーにやなどがいてが通しにくいと思ったパーに対して選出します。 前作最強の名に恥じない圧倒的キャラパワーで大暴れしてくれました。 性格控えめ 持ち物突撃チョッキ HC252B4振り 特性浮遊 オーバーヒート 放電 悪の波動 相性補完枠 やアーマーガア、 、に対して強く出れます。 特にヌルアントに対してもヌルの電磁波無効、最近のにが採用させていないため勝つ事が出来ます。 特殊方面に対して高いタイプ体制を持ちなかなか痒いところに手が届くです。 性格図太い 持ち物 火炎玉 HB252D4振り 特性ふしぎなウロコ 自己再生 黒い霧 熱湯 やエースバーン、、インテレオンなどので受けにくい相手に対して選出します。 あくびループや催眠に対しても抵抗出来る所は優秀、しかし火炎玉の発動にラグがあり、やけどのスリップダメージも入るのでかなり使うのが難しかったです。 特防も高く系と対面した場合もで返り討ちにすることも出来ますが、シーズン終盤では身代わり悪巧みの流行であまり活躍出来ませんでした。 基本選出 + + 型紹介で説明した通りあくび+で起点を作りやで全抜きを狙う選出。 よりのほうが一貫している時はにックスを切ってもOK。 相手の初手や裏によってはより削りを優先したり、有利対面で交換読みつのドリルを押すのもありです。 ですがあまりつのドリルに頼りぎるとが仕事せずに倒されることもあるのでを巻くこと優先に立ち回りましょう。 対ヌルアント + +何か ヌルアント戦は結構厳しいですがをうまく使えば勝つことが出来ます。 はタイプヌルに対してもに対しても強いですが削られるとに倒されてしまいます。 なのでをあまり削らせないように立ち回りましょう。 一応でダイジェットをする隙きが出来ればにも勝てますので隙きがあれば狙いましょう。 持ちは割り切ります。 かを選出しないとックスしたときのパワーが足りないので基本的にこの2体にックスは切ります。 たまにとに切る事もありますがとにックスを切る場面は一度もありませんでした。 このパーでシーズン終了7日前に43位まで上げましたが身代わり悪巧みやパッチラゴンなどの受けにくいが増え、2桁順位から落ちて最終的に412位という結果になりました。 最後に 今作は前作よりも理不尽な負けも少なく、負けた理由も分かりやすくて初心者が上達するチャンスがある楽しい環境だと思います。 対戦で負けてもここはこうするべきだった、このが重いからそれに強いを入れよう、といった対戦に役立つ知識を負けても学べる今作は個人的に良環境と思います。 最後まで見てくださりありがとうございました。 Teiru.

次の