スローン と マクヘール の 謎 の 物語 2。 スローンとマクヘールの謎の物語2@攻略 ストーリー集 第51幕〜第55幕

スローンとマクヘールの謎の物語2@攻略 ストーリー集 第21幕〜第25幕

スローン と マクヘール の 謎 の 物語 2

声が大きければ尚更。 体験者は語るです。 第1幕 からっぽのびん 学校の実験で、街の大気汚染を調べることになった。 少女は街の空気を採ってくることになったが、手渡されたびんには、もともと学校の空気が入っている。 少女はどのようにして、びんを学校の空気を外に出し、街の空気でいっぱいにしたのだろう? 【回答】 問1:「重くなった」 問2:「軽くなった」 問3:「水」 第2幕 高価な本 ある男が4万ドルもの価値がある本を持っていた。 しかし、男はその本を自らの手でズタズタに引き裂いて、ゴミとして捨ててしまった。 いったいなぜ? 【回答】 問1:「4万ドル」 問2:「金」 問3:「価値を高める」 問4:「1冊」 第3幕 ボクシング 壮絶なボクシングの試合の果てに、ボビーがジムをノックアウトした。 勢いに乗ったボビーは、勝利を宣言しようとしたレフリーを殴り倒し、ジムの救護に駆けつけた係員を蹴り飛ばして大暴れした。 しかし彼の勝利は揺るがず、非難もされなかった。 なぜだろう? 【回答】 問1:「興奮」 問2:「大笑い」 問3:「サーカス」 問4:「カンガルー」 第4幕 旅の終着点 数週間に渡る旅から帰ってきた男は、海に浮かんでいるところを発見された。 いったいなぜ? 【回答】 問1:「探険」 問2:「国」 問3:「1970年代」 問4:「宇宙船」 問5:「宇宙飛行士」 第5幕 移動の多い仕事 デビットは仕事で、毎日50kmも移動する。 しかし、車や電車などは使わない。 さぞ疲れるだろうと聞いてみると、それほどでもないという。 彼が並外れた体力の持ち主でないとすると、彼の仕事はなんだろう? 【回答】 問1:「立っている」 問2:「接客の上手さ」 問3:「ホテル」 問4:「ベルボーイ」 第6幕 酔っ払いの帰宅 ある男が飲んで帰宅中、人里はなれた田舎道を歩いていた。 その道に街灯はなく、月明かりもなかった。 そこに車が走ってくるのが見えたので、男はあわてた。 道は狭く、両側が崖で逃げ場もない。 男が思わず目をつぶっていると車はそのまま通り過ぎ、男に怪我もなかった。 なぜだろう? 【回答】 問1:「暗い」 問2:「横を通過」 問3:「オートバイ」 問4:「2台」 第7幕 24階・死のダイブ 脅されたわけでもなく、自殺願望もない青年が、24階の窓ガラスを突き破って飛び降り、命を落とした。 いったいなぜ? 【回答】 問1:「事故」 問2:「仕事」 問3:「販売員」 問4:「富豪」 問5:「売上」 第8幕 ラジオと女の子 女の子がラジオを聞いていた。 すると、突然1分ほどラジオが聞こえなくなり、その後、また聞こえるようになった。 ラジオにも、ラジオ局の放送にもまったく問題はなかった。 女の子もラジオを一切操作していなかったのに、なぜ? 【回答】 問1:「暗くなった」 問2:「電波」 問3:「車の中」 第9幕 無言の再会 何年も会っていない2人の男がいた。 2人は大の親友だったが、再会を果たしたとき、まったく声をかけ合うこともなかった。 2人は声の大きさが自慢だったし、お互いの姿も見えていた。 もちろん、会話禁止の場所だったわけでもない。 なぜ2人は話をしなかったのだろう? 【回答】 問1:「うれしい」 問2:「服装」 問3:「海の底」 問4:「話せなかった」 第10幕 札束を焼く強盗 100ドル札1000枚、計10万ドルを運んでいた銀行の車が強盗に襲われた!10万ドルの入ったカバンが奪われてしまったが、強盗は手にしたカバンをすぐに中の札束ごと燃やしてしまった。 いったいなぜ? 【回答】 問1:「親思い」 問2:「母親」 問3:「強盗の家」 問4:「偽造」 問5:「偽札」 問6:「証拠隠滅」.

次の

スローンとマクヘールの謎の物語

スローン と マクヘール の 謎 の 物語 2

一回聞いただけでは謎や背景が分からない問題を 出題者に「はい」「いいえ」「関係ない」で答えられる質問をすることで 正解に辿り着く「水平思考ゲーム」。 そのDSゲーム版の第2弾であり、ゲームシステムは全く同じ。 会話型水平思考ゲームは実際にやると質問を考えるのが凄く難しいのだが このゲームは最初から文章中の単語を選び、更に関係する単語を繋げていく事によって 質問を作る事ができるのでかなり楽。 また、実際の会話型水平思考ゲームでもあるように質問への回答に ちょっとしたヒントがついて来ることもある。 また「すばらしい質問」をすると新たなキーワードが現れ そこから更に質問する事が出来る上 質問を繰り返しているうちに「すばらしい質問」のヒントが出てきたり 謎解きの際の選択肢が減っていくといったサービス機能もついており 会話型に比べると難易度はかなり低い。 だが、逆に初心者でもとっつき易い。 たまに問題を一読しただけで答えが閃いてしまう事もあるがそこは 難易度が低過ぎると言わず自分を褒めよう。 ただ、問題の多くがスローン&マクヘールの著書に載っている問題と被っている為 読んだことがある人には物足りないかもしれない。 そこは唯一の欠点と言えるだろう。 用意された問題は前作と同じく80問。 多いか少ないかは人によって感じ方が違うだろう。 また、今回は10問解くごとにミニゲームが楽しめるようになっている。 暗号・パズルなど様々だがやってみるのも面白いと思う。 謎解きが好きな人にはお勧めである。 いつか第3弾出ないかな…。 実質追加シナリオみたいな感じなので作りは変わらないが、ストーリーの答え自体がすぐにわかってしまうのが多かった。 それ以外の答え合わせのための質問の方が苦労した。 ストーリーの答えがなかなか出てこなかったのは個人的に3つくらいだったので。 今回は挑戦状があり、こちらは基本頭の体操ベースなのだが、なぜかランク表示がある。 ランク自体は最終的に答えがわかったら問題をやり直せばすぐにSランクで終了できるが最後の2つだけは苦労するかもしれない。 その前の地下迷宮は1発でクリアできたのとその後追加される地下迷宮2も3回でクリアすればSランクだったので個人的には最後の2つの挑戦状だけ苦労した感じ。 でもクリア必須ではないので好きな人なら。 前作プレイ済みです。 今回も楽しくプレイして11時間程でクリアしちゃいました。 (本編のみ) クイズブームですが、IQサプリやレントンは苦手(ストーリーは好きで映画も見てます)なので、自分でさくさく解けるクイズがあると単純にうれしいです。 問題内容は人を選びますが個人的にこういうダークで皮肉たっぷりの話は好きです。 絵も世界観にあっていると思います。 今後も続けていってほしいシリーズです。 前作で水平思考になれたのか、それとも自分がひねくれているのか今回はすぐ回答がわかる問題がおおかったように感じます。 ゲーム序盤はかなり肩透かしを食らった感じで前作に比べてひねりが少なくなったように感じました。 もしかしたら、質問力が上がったのかな?と勘違いできてうれしかったです。 中には問題文見ただけで正解がわかるものがありました。 70~80問目あたりから歯ごたえがありました。 ただし、挑戦状は難しすぎてクリアできていません。 これは水平思考とは関係なく暗号やパズル要素が多くレントン好きなら楽しめると思います。 私は降参しましたw 次回作も是非だしてほしいです。 できれば前作の音楽を使ってほしいです。 今作の音楽もよかったのですが、前作のほうが雰囲気にあってました。

次の

スローンとマクヘールの謎の物語2 攻略ねっと

スローン と マクヘール の 謎 の 物語 2

第26幕 銃でもいかが? ストーリー 男はバーに入ると、バーテンに1杯の水を求めた。 しかし、バーテンは水を出す代わりにおもむろに銃を抜き、男に向けた。 すると、男は「ありがとう」と言い残して店を出ていった。 軽罪のわりに拘置所期間が長く、その間、まったく食事を与えられず、警官に呼びかけても無視され続けた。 しかい、男が晴れて拘置所を出たとき、長い投獄に感謝した。 屍のそばには割れた金魚鉢。 彼らの体に傷はなく、毒を飲んだ形跡もない。 死亡時、屋敷には誰もいなかった。 女性は7年もの間、その金に手をつけず、宝箱のことを誰にも話さなかった。 しかし7年が過ぎると、彼女は突然、新しい家や車、毛皮のコートなどを買い漁った。 【著作権】 ホームページの内容を無断で転 載・配布などをすることはお断りします。 Copyright C 2009 スローンとマクヘールの謎の物語2@攻略 AII Rights Reserved.

次の