上 昌広 評判。 岡田晴恵の告発は嘘or本当?嘘つきとの批判が?ネット上の評判は?

【COVID

上 昌広 評判

議論が迷走する中、新専門医制度に反対する急先鋒、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏に敢然と立ち向かう〝ジャンヌ・ダルク〟の存在が医療関係者の間で話題となっている。 「新宿ミネルバクリニック院長の仲田洋美医師ですね。 数年に1度、思うところがあると会見してご自身の主張を訴える方ですが、最近のテーマは新専門医制度のようです」(医療担当記者) 関係者によると仲田氏は昨年、若手医師らが「新専門医制度は女性医師に不利だ」と見直しを求める陳情書を塩崎恭久厚生労働大臣に提出したことに憤り、厚労省の記者クラブで会見。 会見に出た記者は「自分も出産したが専門医の資格を複数取得した。 出産や育児で専門医の取得が不利になるというのは甘えだと一刀両断でした」と振り返る。 制度に反対した若手医師らが所属していたのは、上氏が支援する福島や宮城の医療機関。 仲田氏は、彼らの背後に上氏がいるとして、ブログやツイッターで上氏に反論する情報発信を積極的に始めた。 「仲田氏が偉いのは、厚労省の専門医制度の検討会などに足繁く通い勉強しているところ。 上氏の行動を苦々しく思っている医療関係者は多いから、仲田氏の言動に拍手を送る人は少なからずいるはずです」(前同) とはいえ、「仲田氏のブログには日本医学会の髙久史麿会長(当時)とのツーショット写真が堂々と掲げられていて、権威を笠に着ているように見えなくもない。 徒党を組むことを嫌う割には、敵対する人物のブログやフェイスブックの『いいね』数を競うなど負けず嫌いで、自己顕示欲がチラチラ見えます」と医療関係者。 「歌舞伎町の女王」(クリニックの所在地が新宿・歌舞伎町)を自称し、上氏を「偽善の帝王」と呼んで批判する仲田氏。 今のところ上氏の反論はないが、バトルの行方から目が離せない。 「相次ぐ無痛分娩事故 」 の裏に 産婦人科医会の影? これまでも産婦人科の危機はさんざん伝えられてきたが、ここのところ「無痛分娩」の危険性をあおる報道が散見するようになってきた。 「今年4月、厚生労働省研究班が7年間に報告された妊婦死亡例298人を分析したところ、このうち13人が無痛分娩だったとの結果を出し、大きく報じられた。 研究班は、十分な医療体制を整えた上で無痛分娩を実施するよう、提言書を出しました」(医療担当記者) その後、大阪府の「老木レディスクリニック」、神戸市の「母と子の上田病院」、京都府の「ふるき産婦人科」の3カ所で、無痛分娩時の麻酔が原因と疑われる妊婦や新生児の死亡や障害が相次いで起きていたことが報じられた。 「無痛分娩は欧米では普及しており、日本でも近年、急速に広まってきた。 しかし、対応出来る医療機関は限られ、質も一定ではない」と医療関係者は語る。 重く見た日本産婦人科医会は6月から、全国の分娩を取り扱う医療機関にアンケート調査を実施。 無痛分娩の取り扱いの有無や件数、医療体制などを調べている。 ただ、こうした医会の動きには「裏」があると見る関係者もいる。 事故が起きた医療機関では、妊婦死亡例を報告する医会の制度を利用しておらず、医会と距離を置いている。 医師会に所属していない医療機関もあったようだ。 産婦人科医の間では、「医会は自分達の影響力が及びにくい医師に対して、無痛分娩を口実に締め付けを厳しくしたいのではないか」との声が上がっているが、果たして……。 わたくし,歌舞伎町の女王こと仲田洋美です.取材いただけましたら応じましたのに. 昨日,これを発見して,びっくり致しました. 自己顕示欲? わたくしは,思春期を一部,ヨーロッパで過ごしましたので 自己主張しない人は人間ではないという教育を受けました. ゆえに,日本人的感性は壊れているかもしれません. 高久先生とのツーショットをブログで出しているのは,高久先生が上さんをかわいがっていて 上さんにかみついていると高久先生がそのうち出てきて怒られる,ということを 高久先生と知り合う前に言われたことがあったからです. それは全然都市伝説でしたが,根強いものがありましたので そういう都市伝説を信じている人に,大丈夫だ,高久先生は上さんに反論しても怒らない ということをお示ししたかっただけです. 別に威を借るつもりもまったくありませんし. 威を借らなくても十分,発言しておりますので. いつでも取材に応じますので,ちゃんと取材してくださいね.よろしくお願いいたします..

次の

歌舞伎町の女王vs【偽善の帝王⓺】上昌広【高久史麿先生と上先生の関係のうわさについて】

上 昌広 評判

5 tweets 今週のサンデー毎日で、岡部先生がまた馬鹿なことを言ってますね。 極端な意見を言いたいなら、医学誌で発表されればいいものを。 結核感染症課から3100万円科研費を受け取っておられますし。 その理由を解説しました。 お時間のある時にお読みいただければ幸いです インフル予防がコロナ対策で取り沙汰される訳 罹患リスク低減だけでない効果がある可能性も コロナ後を生き抜く より posted at 英レスター市で再封鎖、新型コロナ感染拡大で posted at コロナで露呈「日本の科学力の低下」各国に劣る医学部の窮状 富裕層向け資産防衛メディア 幻冬舎ゴールドオンライン posted at 北京近郊で都市封鎖:日本経済新聞 東京の対応と対照的です posted at 4 tweets 北里大学で学生がコロナ感染。 この時期、病院実習も大変です posted at 新コロ感染者が増えているから、基準を見直すと言う話。 今までの基準は、専門家と練った話ではなかったと言うことか? ますます、信頼がなくなる。 posted at フランスでもコロナ再拡大、新規感染1500人超 死者も増加 posted at 4 tweets C型肝炎の新薬、講演会等で称賛する医師に年1633万円支払いも…製薬企業から より posted at 日本医師会の会長選挙の情報が入ってきました。 新会長に中川先生が就任されたそうです。 会長選挙 中川191 横倉174 無効 2 白票 4 総数371 posted at 米国の出生数、新型コロナで最大50万人減少か via posted at ボストンの状況が分かりやすく紹介されています posted at 9 tweets 知人の自民党関係者からメールが来た。 自民党の強さを実感しました。 まっとうな人がいます 専門家会議の終わり方は、なんなのでしょうか?御用学者とは言え、苦しい説明を懸命にしてきた努力には敬意を表すべきだと思いますが、それすら切り捨てる。 7年ぐらい前は、野党で辟易してたのに、 posted at 「俺コロナ」実刑判決:日本経済新聞 実刑なんですね。 酒を飲んでいたとか。 庶民の悪ふざけには随分と厳しいのですね posted at 福島での研究と人材育成 より posted at 真っ当な論考ですね。 なぜ、西浦さんが暴走できたか、ガバナンスの視点からの反省が必要です posted at 「大阪府、審査委承認前に治験開始日を発表 阪大など開発中のワクチン 不安の声も」 やっぱり思ったとおりですね。 審査委員会の結論に影響を与えかねないような発表を大々的に行うのは問題です。 Retweeted by retweeted at 福島の内部被曝検査をした坪倉医師は事実を調べることに徹していました。 それを「悪い結果」が出ることを心配した関係者が止めに入ります。 内部被曝が見つかったら早く対応し、なければ地域の人は安心して暮らせます。 posted at 米国ワシントン州が公共の場でのマスク着用を義務化 posted at 新型コロナ専門家会議が解散となりました。 なぜ、この会議が迷走したのか。 もちろん、根幹は医系技官・国立感染症研究所の問題です。 ただ、専門家会議にも問題があったと考えます。 福島の原発事故対策と新型コロナウイルス対策を比較して、問題を論じました。 拙文です。 posted at [深層NEWS]感染者と接触通知アプリ、「PCR検査の態勢構築を」 : 医療・健康 : 読売新聞オンライン 医療機関が新コロのPCR検査に健康保険を適用して実施するには、都道府県との契約が必要。 6月2日から唾液で検査できるようになったのに、行政手続きが現場の足かせ。 フランスは欧州で信頼度が低いことが知られています posted at NYなど3州、2週間隔離要請 感染率高い州からの訪問者に posted at 13 tweets 最終的に官邸が強硬手段をとったようですね。 私は評価します。 ただ、問題は専門家ではなく、医系技官・感染研・保健所です。 公衆衛生と医療が全く縦割りになっていることを是正しないと混乱は繰り返します。 新たな組織に衣替えする方針。 Retweeted by retweeted at 専門家会議(チームA)が間違うと、日本が終わる。 だから私はチームBを作れと言ったが、聞き入れない。 司令塔に加藤と西村の2大臣がいるのも変で、経済担当が感染症を説明すべきではない。 これも馬の耳に念仏。 新型インフルのときは、チームBと厚労大臣への権限手中で乗り切った。 過去に学ばない愚行。 Retweeted by retweeted at つぎはぎ医療システム、コロナで機能せず 厚労省迷走:日本経済新聞 posted at イタリアからの報告 60歳未満の人では、新コロに感染しても73. posted at 4 tweets ブラジルの抗体陽性率、やっぱり高いです。 サンパウロ市で行われた、治安関係者とその家族7万1300人を対象とした検査では、陽性率18% posted at この映画はよかったです。 二宮金次郎さん、いま学んでも色褪せませんね。 「保健所にカネを」と主張されています。 感染症対策予算も保健所も減らしておいて「韓国の体制が良い」などと言うな posted at 中国最初のCOVID-19報告前のイタリアの下水からウイルス成分検出 posted at 中国のClover Biopharmaceuticals社の新型コロナウイルス感染(COVID-19)ワクチンSCB-2019の第1相試験がオーストラリアで最初の投与に至り、同社はCOVID-19ワクチンを臨床試験段階に進めた6つ目の中国企業となりました。 posted at 新型感染症中央臨床委員会のオ・ミョンドン委員長(ソウル大学医学部感染内科教授) 「韓国国内の新型コロナウイルス無症状感染者は把握された患者の10倍規模だろう」「無症状感染者が10倍以上多いため、感染経路のわからない感染や『n次感染』が発生するのは当然だ posted at 福島医大・坪倉教授が受賞 安藤忠雄文化財団賞、医師は2人目:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet posted at• 前のページ•

次の

原発事故後の疑問アラカルト(35)東大・上昌弘氏がしたこと: 火水呼(ひみこ)WAY

上 昌広 評判

最近、COVID-19の件でテレビ ー 特に民放 ー に引っ張りだこの『専門家』が複数名居ますね。 但し、そういった人々は大抵、医療関係者の間で恐ろしく評判が悪いのです。 以下、からの引用です(勝手に引用して申し訳ありません!)。 サンモニ上昌広氏 検査の検査数が少ないのはが中心のためだ。 どうしてこうなるか。 実は研究所は元々戦前の伝染病研究所という組織でと密接に関係していた。 軍隊は情報開示しない性質を長く受け継いでいる 絶望的なです。 — sekkai sekkai 「ワイドショーでも、専門家を名乗る人が自分の思い込みを話してなどを批判して、混乱させていますね。 — sekkai sekkai そこで今回、頻回に登場する医師の一人 上昌広氏のプロファイルに関して、インターネットを使用してちょびっと調べてみました。 1 まずはから 上昌広氏は、及びアカウントを持っています。 COVID-19にまつわる一連の『騒動』以前の投稿を探ってみると、に頻繁に立ち寄ったり、首都圏の診療所『ナビタスクリニック』で診療に従事したり、『医療ガバナンス研究所』の業務で全国各地に出張しているようです。 「スタッフ紹介」のページを見てみたところ、上氏は同研究所の理事長をやっていることが分かりました。 「その他経歴」のところをクリックすると、以下のような経歴が表示されました。 専門は「医療ガバナンス論, 血液・腫瘍内科学, 真菌学」で、出身校は医学部・卒後は血液内科の診療に関わった後、東大の医科学研究所で勤務。 その後『医療ガバナンス研究所』を立ち上げた模様です。 3 ""で調べてみた 続いて、医療関係者, 或いはの研究者の皆様にはお馴染みの ""のAdvanced Searchにて"Author"が"Kami Masahiro"であるという条件で検索を行い、上氏の実績(論文)を調べてみました。 まず最近の論文を当たってみると、 など における震災後の疫学的調査や、同地域の病院における症例発表が多いことが分かりました。 他に、 首都圏における患者の受診パターンや, 府県間の医療スタッフの流出入の調査結果といった論文も散見されます。 私はの検索結果に表示された論文・症例報告の題名をざっと見ただけなのですが、 , 院内感染対策等に関するものは見当たりませんでした。 『 ダイアモンド・プリンセス』に関する騒動で一時, を賑わせた? 岩田・高山義浩 両先生や、メディアにしばしば登場する忽那賢志先生 らと比較すると、診療・感染対策に関する経験や実績が欠落していると言わざるを得ないでしょう。 そして、そのような人物を識者として番組に招聘してしまった各放送局の担当者も、事前の情報収集が非常に甘かったと言わざるを得ません。 VoiceofER.

次の