あんスタ 嫌われ。 【あんスタ!攻略】追憶シリーズのストーリーまとめ! アイドルの過去をネタバレ込みで振り返ります【ビーズログ.com】

あんスタが運営のせいではなく炎上した事件をできるだけ多く教...

あんスタ 嫌われ

多くは夢女子の方が騒いでる印象ですね。 あんずちゃんのビジュアル公開も先行上映会でいきなりだったし、キャラ達の世界に異物が放り込まれた感があるんでしょうね。 公式が「転校生は貴女です」としながら知らないビジュアルの女の子を出したこと、公式からなんの前情報もなく突然転校生がアニメに出たことが火に油でしたね。 せめて前情報出してれば、荒れはしたと思いますがあそこまで叩かれることはなかったかもしれません。 また、アニメ化する前からあんずちゃんをあまりよく思ってない方は結構いました。 好き嫌いがあるのは当然ですし、特定のキャラに対する扱いがひどかったりもしたので…。 しかも、過去に一度アニメ化が白紙になる前には「アニメには転校生は出ません」みたいな回答が公式から出ていたような…。 私はあんずちゃんが夢ノ咲に必要だと思いますし真綾さんも好きなので歓迎派ですが、その記憶が本当なら今回荒れている方の気持ちは多少わかります。 ないと思ってたものが突然ありになったんですから。 あんずちゃん叩きに関しては、全体的に運営のやり方がまずかったように思います。

次の

あんスタの闇がないキャラはいるの?みかや凛月、なづなの過去の深い闇の種類を考察! | マジマジ情報局

あんスタ 嫌われ

登場人物 あんず 夢ノ咲学院のプロデューサー。 恵に嵌められて、周りからの信頼を失う。 味方は少ない。 また、美来の親友。 明るく、見えないところで努力をする努力家。 遊木 真と付き合っていた。 星園 美来 夢ノ咲学院の唯一の女生徒 アイドル。 アイドル活動もしているが、現在はフリーで活動しており、ユニットに呼ばれたらそのユニットでライブをする、という形。 パフォーマンス、ダンスは超人的。 歌唱力は学園で随一。 そして、作曲家でもある。 レオとはアイデンティが合って良き仲。 しかし、二重人格。 いつもは元気で明るいパフォーマー。 時々、人を見下したような人格が出てくる。 その人格は、小・中学校で培われた。 なお、こちらは、歌唱力重視なライブをする。 本人も自覚しているため、自分の自由で交代できる、 明石 恵 転校してきた新しいプロデューサー。 あんずを嵌めて陥れる。 頭が回るタイプで、非常に狡猾。 表では守って上げたい系女子だが、裏では腹黒い。 なお、真に一目惚れしていた。 [newpage] 「きゃぁぁ!!!!」 今、目の前に広がっているのは一体…………? 私は呆然と目の前で自分でバケツの水を被った恵を呆然と見ていた。 恵は歪に笑みを浮かべている。 プロデュース科に転入してきた恵。 その恵は、私のあげたアプリコットを踏み潰し、近くにあったバケツの水を被ったのだ。 これは、世に言う 「どうしたんだ!?」 【嫌われ】の始まりだ。 たくさんの男子生徒が放課後の2-Aの教室に流れ込む。 彼らの姿を目にした瞬間、恵が泣き始めた。 その姿を見たスバルくんが私をキッと睨みつける。 「何やってるの?」 まるで、私が悪者と決まっているかのように。 ふと、扉側に視線を向けるとそこにいた先輩たちにも鋭い目つきで睨まれた。 「わ、私は………」 真実を話そうと口を上下に動かすも言葉が出ない。 「私、前からあんずさんにいじめられてて…誰にも相談できなくって………」 嗚咽をこぼしながら恵が私を睨む。 その目には確かに喜びの色が浮かんでいた。 そして、恵がすっと服の袖をめくった。 「これも、カッターで切られて……」 腕には気味が悪いぐらいたくさんの赤い切り傷があった。 「これは、どう言うことだ?」 北斗くんの冷たい声が背後から聞こえる。 「うわ〜。 さいってー」 瀬名先輩の鋭い言葉が耳に入る。 「恵、寒くない?大丈夫?これ、掃除の時に使った水じゃん」 真緒くんが、恵のところに駆け寄る。 「あんず、お前、何を考えてんの?」 ひなたくんが邪険に私を睨みつける。 「私、なにもしてない……」 そんな声を誰かが聞いてるはずもなく。 完璧に私は悪になってしまった。 「いくらなんでも、酷すぎない?恵が君に何かしたの?してないよね?なのになぜこんなことしたの?そんなに、アイドル科の生徒を独り占めしたかったの?」 スバルくんの言葉が突き刺さる。 「違っ……スバルくん。 信じて……」 「気安く呼ぶな」 「っ……!」 私は、周りの冷たい視線に耐えられなくて、走ってその場を後にした。 ふと、振り返ってみると、恵が泣きながら少しこちらを向いた。 「ざ・ま・あ」 口がそう動く。 なぜ、なぜ、私がこんな事になるのだ。 私は普通に恵と仲良くしたかっただけなのに。 なんで、なんで、なんで……? 私は、一人で中庭の木の陰に座り込んだ。 そして、一人、嗚咽をこぼす。 すると、頭上から木の枝が軋み、目の前に何かが着地する音がした。 顔を上げるとそこには女の子。 水色の滑らかな髪を二つにまとめ、赤色の瞳はキラキラと輝いている。 「美来………!」 「あんず、大丈夫?」 大丈夫って………………… 「私がやってないって信じてくれるの…?」 すると、美来はコクリと頷き隣に座り込んだ。 そして、歯を見せて笑うと私の頭をくしゃくしゃと撫でた。 「当たり前じゃん!あれ、どう考えても可笑しいし」 思わず、涙がこぼれた。 「美来もそう思ったにょか」 この噛み噛みな声。 「なずな先輩!」 明るい金髪のに〜ちゃんは照れたように木の陰から出てきた。 「あの切り傷、どう見たって自分で切っにゃやつにゃ……ってにゃくなよっ!?」 ボロボロと涙が溢れてきた。 嬉しすぎる。 もう味方はいないと思っていたのに。 「噛みすぎですよ!なずな先輩」 美来がけらけら笑っている。 私も涙を拭くと笑った。 「つか、味方はこんにゃけかよ」 なずな先輩がため息をつく。 なずな先輩と美来。 嬉しくてまた拭ったはずの涙が溢れる。 「僕たちは、あんず先輩を信じます!」 紫之くんが、力強くそう言ってくれて、私は涙が止まらなかった。 「みんなっ……ありがとう…」 「ちょっと待ちなさいな。 私たちもあんずちゃんの味方よ」 Knightのみんなまでっ……………… でもそこには、瀬名先輩と朱桜くんの姿はなくって。 「せっちゃんとか、いないね……」 凛月くんが、ため息をつくとあくびを一つ零した。 それをみた美来も少し悲しそうに笑った。 「まぁ、少しずつ誤解をとけばいいよ」 すると、に〜ちゃんもコクリと頷きポンと紫之くんの頭をくしゃくしゃとなでた。 「そうそう。 」 すると、また木の陰から人影が一つ。 翠くんだ。 「あの……俺も、あんずさんがあんなことする様には思えなくって…」 おどおどと口を開く翠くん。 しかし、私は感動して何も言えなかった。 そういえば、真くんは信じてくれているのかな?でも、ここにいないってことは…… [newpage] 「で、どうするの?」 重苦しい空気の流れる生徒会室。 そこには、姫宮桃李、蓮巳敬人、伏見弓弦、衣更真緒が難しい顔で座っていた。 あの、姫宮ですら、真剣そうに考え込んでいる。 その中心に座り込む、天祥院英智も、その美しく完璧な顔を少々歪ませていた。 先ほど、声をあげたの言葉に一同は黙りこくっている。 「みんなは、あんずちゃんのことどう思っているんだい?」 天祥院が問いかけると一番に声をあげたのは真緒だった。 「俺は、あんな事をしたあんずが許せない」 「僕も〜。 あんなの下僕以下だよね〜」 「坊っちゃま、言い過ぎです。 まぁ、あれはさすがにやり過ぎかと思われますが」 真緒、弓弦、桃李は恵の味方の様だ。 しかし、敬人はまだ、難しい顔で考え込んだままだ。 「俺は……中立。 とでも言おうか」 自分の言葉に納得はしていない様だが敬人はそう言うと英智をじっとも見つめた。 当の本人は、少し柔らかい表情になっており、生徒会メンバーを見渡した。 「僕は、生徒会長として、彼らを見守るよ」 そして、立ち上がるとドアノブに手をかけた。 「えっ!?どこ行くの〜!?」 「少し、用事があって」 そして、英智はその場から忽然と消えた。

次の

執事喫茶

あんスタ 嫌われ

多くは夢女子の方が騒いでる印象ですね。 あんずちゃんのビジュアル公開も先行上映会でいきなりだったし、キャラ達の世界に異物が放り込まれた感があるんでしょうね。 公式が「転校生は貴女です」としながら知らないビジュアルの女の子を出したこと、公式からなんの前情報もなく突然転校生がアニメに出たことが火に油でしたね。 せめて前情報出してれば、荒れはしたと思いますがあそこまで叩かれることはなかったかもしれません。 また、アニメ化する前からあんずちゃんをあまりよく思ってない方は結構いました。 好き嫌いがあるのは当然ですし、特定のキャラに対する扱いがひどかったりもしたので…。 しかも、過去に一度アニメ化が白紙になる前には「アニメには転校生は出ません」みたいな回答が公式から出ていたような…。 私はあんずちゃんが夢ノ咲に必要だと思いますし真綾さんも好きなので歓迎派ですが、その記憶が本当なら今回荒れている方の気持ちは多少わかります。 ないと思ってたものが突然ありになったんですから。 あんずちゃん叩きに関しては、全体的に運営のやり方がまずかったように思います。

次の