警察官 婚活パーティー。 エクシオの婚活パーティーで警察官に出会おう

パーティーパーティーで婚活!出会いはある?口コミ・評判はどう?実際に利用してみた体験談!

警察官 婚活パーティー

警察官は、国の機関である「警察庁」に勤務する国家公務員と、都道府県の機関である「都道府県警察」で働く地方公務員の一般職の二つに分かれますが、ここでは主に後者について説明していきます。 まず、警察官のほとんどは「都道府県警察」勤務でひとつの都道府県の担当地域で発生した事件の調査、解決に当たります。 一方、「警察庁」で働く警察官は、より広い地域で発生した犯罪や災害に対し、それらに関係する都道府県の警察をまとめ、事件を解決に導くまとめ役として働いています。 そのため「都道府県警察」の警察官はより地域に密着した仕事を行います。 例えば、交番で働いたり、パトロールや交通取り締まり、交通事故の処理、刑事事件の捜査や鑑識等の様々な業務を全般的に行ったりしています。 一般には採用後、最初は交番勤務から始め、その後、希望や適性にあわせて刑事課や交通課等の専門部署に配属されます。 110番通報の対応や道案内、職務質問、任意同行、パトロールなど様々な仕事があります。 家庭への呼びかけ活動や学校での講習等を行い、犯罪が未然に防ぐべく様々な活動をしています。 事情聴取や聞き込み、張り込みや尾行、取り調べ等、テレビの掲示ドラマでよく見る仕事を行っています。 交通規制の周知や交通安全指導も行います。 その他、暴走族対策や交通事故の捜査もこの部署の仕事になります。 この他、要人の警備や災害時の救助活動等も行っています。 事件で手助け等の応援要請があった際には駆け付けます。 以上の他、地域ごとに、地域部や公安部等、独自の部門が見られる場合もあります。 警察官として求められる人材 警察官は犯罪の取り締まりが主な仕事内容となるため、当然、正義感の強い人に向いています。 なお組織内での指揮系統は絶対的で、常に上司の命令を受け勤務に当たるので、規律を守る事は当然ですが、協調性や組織への適応力も必要になります。 また、犯罪を取り締まるために時として格闘が必要になる場面もあります。 そのため、体力や機敏性も求められるでしょう。 なお最近の犯罪は、多様化、高度化してきています。 ネット犯罪等、体力だけでは解決出来ない分野の犯罪が増え、最新の科学や技術が積極的に操作に導入されつつあり、そのような知識が豊富な人材も必要とされています。 なお日本での犯罪は日本人だけが関わるわけではありません。 外国人が関係したり、複数の国家間で犯罪が起こったりすれば、英語のスキルが必要な場面も多々あります。 語学力と国際感覚に優れた警察官も求められています。 警察官の労働条件 都道府県警察に採用されると、採用先の都道府県全域で働くことになります。 一方、警察庁で採用されれば、全国の管区警察局や警察庁内部局で働き、全国に転勤があります。 ちなみに警察庁勤務は全国の警察職員の中で最高位になりますが、階級はありません。 給与は警察庁の場合、初任給が大学院卒業で約24万円、大学卒業程度で約21万円。 都道府県警察では、勤務する都道府県で年収が変わり、例えば警視庁(東京都の警察)では大学卒業で約24万円、短大卒業で約22万円、高校卒業で約20万円となります(2014年度)。 警視庁以外の都道府県警察本部(大学卒業)では、19万円から21万円程度になると言われています。 その他、専門的な仕事や危険性の高い仕事には手当が付きます。 例えば、鑑識等の専門的な知識や技能が必要になる業務に携わると「特殊勤務手当」が支給されます。 爆発物の回収・解体・爆破等を行う業務に携わると、「爆発物処理作業手当」が。 銃器を使っての逮捕業務に携わると「銃器犯罪捜査従事手当」が支給されます。 勤務時間は配属される部署で違いますが、夜間勤務の部署も少なくありません。 また、大きな事件があれば深夜や休日出勤の要請もあります。 警察官になるには 警察庁の警察官として採用されるためには「国家公務員試験」に、都道府県警察の職員になるためには各都道府県が行う「警察官採用試験」に合格する必要があります。 この名称や区分については、都道府県ごとに違います。 試験では学科試験と実技試験が行われるため、日頃から身体を鍛えておくことが欠かせません。 また剣道や柔道等の経験は有利に働きます。 さらに、身体検査があり、身長や体重、視力、色覚、聴力等、基準を満たさないと合格出来ません。 しかし、警察官採用試験に合格しても、すぐに警察官にはなれません。 採用候補者名簿に名前を登録した後、警察学校を卒業しないと警察官になることは出来ません。 都道府県警察は都道府県内での転勤があり、時には駐在所に夫婦そろって居住する可能性もあります。 駐在所には地域住民が訪ねてくる機会も多くなります。 そのような生活をいとわない、社交的な女性との結婚をおすすめします。 また警察庁では国内全域での転勤があります。 そのため、単身赴任を希望しない限りは、転勤先に付いて来てくれることを厭わない女性を選ぶ必要があります。 警察官は、土日祝日関係なく勤務することになります。 また、夜間の勤務のある部署に配属されることもあります。 そのため、不規則な生活になりがちな夫を支える覚悟が求められます。 また、警察庁勤務の警察官には国内全域で転勤があり、都道府県警察は都道府県内での転勤があります。 単身赴任を選ばない場合は、仕事を辞めてでも引っ越しをし、夫の仕事をサポートしなければならない可能性もある点を押さえておきましょう。

次の

お問い合わせ|警察官/消防士と出会える婚活パーティー|警察官・消防士との出会いを応援

警察官 婚活パーティー

警察官・消防士・自衛隊員の方と出会える婚活パーティー 婚活パーティーの中には、特定の職業を限定した企画のものがあります。 「公務員男性限定」または「警察官・消防士限定」「自衛隊コラボ」などの名前で数多く企画されていますので、チェックしてみましょう。 ただし、女性に大変人気のあるパーティーとなっていますので、早めに予約しないとキャンセル待ちになってしまうこともあります。 男性側も、女性との出会いが少ない職場のため、お相手探しには難航されている方が多いとのことですので、このような出会いの場を利用しない手はないでしょう。 激務で責任の重い仕事であることを理解する 警察官・消防士・自衛隊の方が女性から人気なのは、制服を着た男性の凛々しくて逞しいイメージや公務員である故の安定した収入だったりすると思いますが、彼らは通常の公務員とは違います。 まず、通常の公務員のように、朝9時から18時で定時にきっちり帰宅というような時間で決められた仕事ではありません。 シフト制で日勤、夜勤があり、緊急時には休みでも出動要請がかかることもあります。 また、有事や災害の場合、優先事項は国民の安全を守ることです。 自分の家族よりも任命された地域の安全や人命救助が最優先事項となります。 高い収入の裏には、人の命を預かるという責任と、プライベートもままならない激務だということをきちんと理解しておきましょう。

次の

スタッフブログ|警察官/消防士と出会える婚活パーティー

警察官 婚活パーティー

消防士編 消防士と結婚したい、出会いたいという女性の皆様!また自身の仕事を理解してくれる女性と結婚をお考えの消防士の皆様! EXEOはそんな皆様にピッタリのお見合いパーティー『消防士編』を開催しています!! 今、警察官、自衛官と並んで、消防士と結婚したいと願う女性が増えています。 特に20~30代の女性の間で人気上昇中!市民の命を守る尊いお仕事だから、身内が消防士をしているから、公務員だから、かっこいいからなど様々な理由で人気です。 また子供たちの間でも、『将来なりたい職業』の上位に挙げられているばかりか、『親が自分の子供に就かせたい職業』でも多数の支持を得ています。 またアメリカでヒーローと言えば、消防士を浮かべる人々が多く、女性のみならず、幅広く人気のある職業だと言えます。 消防署にはおおまかに3つの役割があり、役割毎にそれぞれの隊が構成されています。 火災を消す消防隊と、事故や災害があった時に救助活動をする救助隊と、そして病気やけが人を病院へ搬送する救急隊があります。 この3つの隊がそれぞれ集まって1つの部隊(チーム)となっています。 消防士を目指す人は多く、また人気の高い職業ですが、24時間勤務が当たり前の過酷な勤務で、火事の現場では常に命の危険にさらされるなど、なかなか大変な仕事です。 また、勤務時間は24時間勤務して2日休みと、出勤日が不規則になっています。 しかしハードなお仕事での、市民の命を守り、町の平和の為に働いてくれている消防士さんは頼りがい、男気があり、また精神的に強い方が多いのではないでしょうか。 消防士と結婚をお考えの方、また消防士という仕事を理解してくれる女性と出逢いたいと言う消防士の皆様、ぜひご参加ください!!.

次の