ポケモン 物理アタッカー。 【ポケモンUSUM】オーロットをあえて「物理型」で育成したいんだけど良いアイデア無い???

「物理アタッカー」に関連する育成論|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモン 物理アタッカー

イーブイ、カワイイですよね!! ガチパに組み込まれることの多いサンダースも唯一王と揶揄されるブースターもみんな合わせてブイズにしてしまいましょう!! ブイズの種族値 ポケモン HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ エーフィ 65 65 60 130 95 110 グレイシア 65 60 110 130 95 65 サンダース 65 65 60 110 95 130 シャワーズ 130 65 60 110 95 65 ブースター 65 130 60 95 110 65 ブラッキー 95 65 110 60 130 65 リーフィア 65 110 130 60 65 95 進化形 イーブイ以外 は全員合計種族値525。 130、110、95、65、65、60を並べ替えた数値になっています。 主な役割分担 ポケモン 役割 エーフィ 特殊アタッカー、壁貼り、めいそうバトンなど グレイシア 特殊アタッカー など サンダース 特殊アタッカー、「みがわり」or「ヤタピ」バトン、「こうそくいどう」バトン など シャワーズ 重火力特殊アタッカー、物理受け、特殊受け、 「とける」バトン、「アクアリング」バトン、「ねがいごと」サポート など ブースター 二刀アタッカー、特殊アタッカー、物理アタッカー、「おにび」耐久型 など ブラッキー 物理受け、特殊受け、物理アタッカー、「くろいまなざし」バトン、 補助技嫌がらせ型、「ねがいごと」サポート など リーフィア 物理アタッカー、物理受け、催眠対策要員、「つるぎのまい」バトン など ブイズのよいところ• 数々の補助技を使える。 進化形 イーブイ以外 は全員合計種族値525。 とっても高水準!!• しかも種族値130の能力をひとつ持つ。 個体値厳選の孵化作業中に他のブイに向いた性格、個体値のコができることがある。 例 リーフィアを作るために性格わんぱくでHP・防御・特防Vを狙っていたら、HP・防御・特防Vで性格しんちょうのコができてしまった。 ブイズの悪いところ• 役立つ補助技に恵まれる代わりに攻撃技は貧相。 みんな単一タイプなので、タイプ一致のメインウェポンがひとつしか持てず、相手のタイプによっては完封されやすい。 例えば、ランターン 水・電気タイプ なら、メインウェポンを「10まんボルト」と「なみのり」というように2つにできますが、ブイズにはそれができません。 ついでに、タマゴ孵化歩数は9180歩 特性「ほのおのからだ」や「マグマのよろい」で4845歩。 タマゴが孵化するのも遅い。 参考比較 トゲピー2805歩、ニューラ5355歩、タツベイ10455歩 「ほのおのからだ」「マグマのよろい」無しで。 イーブイはボーマンダ 合計種族値600 と近いことを考えると、孵化作業はかなり大変な方。 ブイズを作るときの注意点 ここで言うブイズとは、パーティの6匹全員がイーブイ及びその進化形から成るパーティのことです。 ブイズを作るときに注意することは、一般的に言われる「型」にとらわれないということです。 例えば、シャワーズとリーフィアを防御特化にして、ブラッキーは「のろい」を積むから特防特化・・・などとすると、アタッカーが残り3匹となり、ブイズは攻撃技が少ないので対応範囲がかなり狭くなってしまいます。 補助技をからめた受けが得意なポケモンもたくさんいますから、アタッカーが対処できないポケモンの対策は補助技でなんとかしてみたり、「バトンタッチ」を駆使してアタッカーをサポートするなどして、ブイズ一丸となって敵を倒すことを意識しなければいけません。 ブイズの共通技 ブイズは皆進化前はイーブイだったのでタマゴ技は同じです。 いい補助技をタマゴ技としていくつも覚えられるのがブイズの大きな特徴となってます。 また、皆進化前のイーブイ時代にレベル技で「バトンタッチ」を習得できます。 効果 相手の攻撃のランクを2段階下げる。 備考 交代読みで相手の物理アタッカーに当てることができれば、相手の攻撃力を半分にすることができるので受けやすくなります。 相手が交代すると効果が消えてしまう点では「おにび」に劣りますが、特性「こんじょう」カイリキーなどにも有効であり、命中も100なので、単純に劣化という訳ではありません。 効果 自分の攻撃・防御のランクが1段階ずつ上がり、素早さのランクが1段階下がる。 備考 元から耐久が高く素早さが遅いブラッキーとの相性が抜群です。 「しっぺがえし」 後攻だと威力2倍で100 とのコンボが強いです。 効果 相手の攻撃・防御のランクを1段階ずつ下げる。 備考 効果が中途半端なので使いどころが難しいと思います。 効果 相手の特防のランクを2段階下げる。 備考 特殊アタッカーのグレイシアでも、「特殊受け」として名高いハピナスを突破or流しが可能になります。 サンダースでも何回も「うそなき」すれば可能ですが、ちょっとキビシイかも。 効果 相手をあくび状態にする。 次のターンの終りに相手はねむり状態になる。 あくび状態中に他のポケモンに交換するとあくび状態は治る。 備考 積み技持ちor苦手な相手を流して居座ります。 相手が交代してこなければ、眠っている間にこちらが積むこともできます。 また、相手の交代際に当たると、相手が交換してこない場合、眠るまでに1回しか動けないので、「みがわり」などで1回やりすごすこともできます。 「ラムのみ」持ちの相手に弱いです。 効果 「ねがいごと」を使用した次のターンの終りに最大HPの半分回復する。 次のターンの終りに別なポケモンが出ていると、そのポケモンが回復する。 備考 自分だけではなく、味方の別なポケモンを回復させることができます。 今、場に出ているポケモンにとって不利な相手が出てきたときは、「ねがいごと」をしてから交代することにより交代後のポケモンのHPを回復できるので、交代際のダメージが少なくなります。 「バトンタッチ」と組み合わせればよりスムーズに交代・回復ができます。 自分を回復するときは、1ターンで回復できる「じこさいせい」などに比べると使いにくいですが、「ねがいごと」の次のターンに「まもる」を使えばほぼ確実に回復することができます。 効果 瀕死になるような攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で出すと失敗しやすくなる。 1回こらえて相手に残りHPを1にしてもらい、ついでにきのみ 「チイラのみ」or「カムラのみ」 を発動させて次ターン最高威力で「じたばた」をします。 たまにブースターでも「こらじた」型のコがいるようです。 「じたばた」の威力はイーブイに劣りますが、こちらは「オーバーヒート」などのサブウェポンも使えるので単純に劣化ではありません。 効果 残りHPが少ないほど、威力が上がる。 ノーマルタイプ、最高威力200• 備考 イーブイ ブースター で「こらじた」します。 「こらえる」を入れなくても、「きあいのタスキ」を持たせればできます。 効果 相手を攻撃したついでに持ち物を奪う。 ノーマルタイプ、威力40• 備考 相手の火力UP系アイテムやきのみを奪って役立てたりできます。 こちらのポケモンが高火力アタッカーなら、火力UP系アイテムを盗んで使うのも面白いと思います。 でも、相手が何を持っているかは分からないことも多いので、使いどきの限定される技です。 ノーマル技に関しては、特性「てきおうりょく」イーブイのタイプ一致「じたばた」の火力がブイズ最高です。 というか、イーブイの「じたばた」 威力200 が、 積み技無しで ブイズの出せる最高火力です。 「じたばた」は、威力を上げるためにHPを減らして戦うので、先制技にすごく弱いです。 イーブイの レベル技で使えそうなもの。 進化後でも覚えるものもあります ・すなかけ Lv8 ・でんこうせっか Lv22 ブイズ全員先制技が使えます。 ・かみつく Lv29 ・バトンタッチ Lv36 サンダースやブラッキーたちにとくに流行ってます。 コラム•

次の

【ポケモン剣盾】エースバーン物理アタッカー型育成論!

ポケモン 物理アタッカー

ゾロアークは悪タイプで「いたずらごころ」が効きません。 剣盾でやたら重宝される「いたずらごころ」のポケモン達に軒並み有利を取れます。 また、 イリュージョンのおかげで相手に自分が悪タイプだとバレずに相手の1ターンを潰すことができる可能性があります。 おそらく、 ゾロアークが解禁されれば「いたずらごころ」を使うプレイヤーは かなり難しいプレイングを要求されるでしょうね。 高速高火力 ゾロアークは攻撃、特攻、素早さの3点が優れた高速アタッカーです。 ドラパルトもそうですが、 環境で強いのは、いつもこの類です。 ゾロアークと同じ高速アタッカーのドラパルトとの差別化としては、 タイプの違いと 「つるぎのまい」「わるだくみ」ができる点、トリッキーな変化技が使える点です。 また、カウンターも覚えるのでその点も評価できます。 弱い点 耐久力がないに等しい ゾロアークはHP、防御、特防の種族値が全て60で悲しいくらい耐久力がないです。 どんな攻撃でも1撃が重く、ダイマックス相手にはかなり厳しいです。 そこを補うために 火力と素早さでうえから相手を倒していく戦法をどこまで通せるかがカギになります。 素早さ種族値が微妙に足りない ゾロアークのタイプ上 相性のいいタイプは 毒、格闘、ゴースト、エスパーなどが挙げられます。 その中でもドラパルトが特に今作では相性がいいと思います。 ドラパルトに打たれる悪、ゴーストをゾロアークは半減で受けられます。 さらに共に高速アタッカーなので、 相手によってはイリュージョンがバレにくく ずるずると相手は本当のドラパルトかどうかを引きずることになります。 また、微妙な素早さを補うために 素早さを上げてバトンタッチできる トゲキッスや ポットデスなども相性が良さそうです。 また、イリュージョンで相手が混乱している隙に「わるだくみ」を積むこともできるので 割と積み技が決まりやすいかと思います。 トリックで相手を阻害することも可能で、 いろんなことができてかなり活躍できそうです。 微妙に足りない素早さを補えるうえ、 元の火力が足りない技もダイマックスすれば高い火力で打つことができます。 これまでのゾロアークのイメージにない事が 物理型ならばできるので なかなか強いのではないかと思います。 まとめ 今回はゾロアークについてDLC追加前に剣盾環境で戦えるかどうかの考察をしました。 個人的には、 ゾロアークはかなり活躍できると思います。 特にドラパルトと相性が良い点や、 型が豊富に生まれそうな点で、使用率は高くなると予想します。 ここで、 ゾロアークを総括して一言で表すならば 型が豊富な万能型トリックスター です。 ちなみに色違いはこんな感じです。

次の

ポケモンの育成に関しての質問です。ポケモンの物理アタッカーのC固体値を...

ポケモン 物理アタッカー

どうも、しんま13です。 とても楽しいポケモンソードシールドライフを送っている筆者ですが、ランクバトルにて異常に多いバンギラスに悩まされている昨今です。 というわけでどうぞ! 目次• ウソッキーの基本スペック【種族値やとくせいなど】 ウソッキーの種族値 HP 70 攻撃 100 防御 115 特攻 30 特防 65 素早さ 30 合計種族値は410。 タイプ: いわ とくせい: がんじょう、いしあたま 夢とくせい: びびり ウソッキーといえば、金銀で主人公の行く手を邪魔していたポケモンで、金銀をプレイしていた自分からすれば非常に馴染み深いポケモンだったりします。 バトル性能でいうと、防御の種族値が115とかなり高めで一見固そうに見えますが、岩タイプ故に弱点が多く、特防とHPが低いため耐久は意外に紙。 アタッカーとしての性能を見ていくと、攻撃の種族値は100と高いのですが、岩タイプ技はどれも命中不安というネックが・・・。 こんな感じでバトル性能は低いので、使ってる人を見たことがありません。 まあだから僕は使いたいのですが。 物理アタッカーに投げていき、カウンターをぶちかますという型。 持ち物はチイラのみにしている理由は、ふいうちの打点を高めるために採用しています。 (チイラのみはHPが減ると攻撃が上がるという効果) ただ、かたやぶりドリュウズが相手だとこちらの特性「かたやぶり」を貫通してくるので、そう考えた時にタスキを採用するのもアリです。 カウンターを使えるポケモンは他にもいるのに何故あえてウソッキーなのかというと、 ・ 特性がんじょうでどんな攻撃も1発は耐える ・ 相手視点からすればマイナーポケモンのため何してくるかわからない ・ ふいうちを使える ・ 愛 の4つが採用理由です。 特性がんじょうのおかげでどれだけ攻撃力が高い相手でも1発は耐え、そこからカウンターをぶちかませるので、最大打点を叩き出すことができます。 あえて防御が下降する性格にしているのも、相手にできるだけウソッキーのHPを削ってもらいカウンターの威力を上げるためです。 そして「ふいうち」という強力な先制技も覚えるため、相手がカウンターを耐えた時用のトドメ技として強いですね。 現環境に多いドラパルトに対しても打点を持てるという点も高評価。 (耐久無振りのドラパルトなら確定2発) 実際ランクバトルでも使ってみましたが、相手視点からすればウソッキーが何をしてくるのかわからないので、まずこっちのカウンター作戦がバレません。 確実に相手の物理アタッカーを破壊できるという初見殺し性能は使っていて気持ちがいいです。 基本的な立ち回り方としては、ウソッキーは、初手出しすると読みが外れて相手が物理アタッカー以外を出してきた場合、全くその性能を活かせないので初手出しはNG。 相手の物理アタッカーに対して後出しか死に出しが基本です。 そして1発でもカウンターが外れるとこちらのやることが完全にバレるので、絶対ここは殴ってくるという場面以外ではストーンエッジを撃つのが吉。 ウソッキーが強く出れる相手 物理アタッカー絶対倒すマンとしての型なので、物理アタッカー全般に強いです。 例を挙げると、 バンギラス、ギャラドス、エースバーン、ドサイドン、カビゴン などなど。 ただ注意したいのは、積んでくる相手や相手が大マックスしてくる場合だと、きちんと計算して立ち回らないとこちらのカウンターをスカされるか、カウンター1発で倒せないという状況が生まれてしまいます。 例えばバンギラスはHPに全振りしていると大マックス時のHP実数値が414になります。 ウソッキーのカウンターの最大威力は352なので、あと一歩足りない。 カウンターからのふいうちを打ったとしても、攻撃力が1段階上がっている状態でさえ最大30のダメージしか入らないので、ギリギリ倒しきれません。 まあバンギラス相手にそこまで削りきれば十分仕事をしたと言ってもいいですが、一応懸念点として頭に入れておいてください。 ウソッキーが勝てない相手(逃げた方がいい相手) 言うまでもなく特殊アタッカーに対しては何もできません。 一応それなりに戦えるようにストーンエッジと炎パンチを採用してはいますが、やはりこのウソッキーは物理アタッカーに投げたい。 直接攻撃をしてこない受け回しタイプに対してもできることがないので、相手が受け回し型のパーティーの場合は選出しないのが吉。 ゴーストタイプに対してもカウンターが無効なのできつい。 まあふいうちは効果抜群ですが、1発目は決まったとしてもさすがに2発連続で決まる可能性は低いので素直に引いた方がいいかもしれません。 相性が良いパートナー 特になしです。 ウソッキーの技候補 カウンター、ふいうち、は確定として炎パンチとストーンエッジは他の技に変えてもいいでしょう。 (炎パンチはナットレイやアーマガアに打点を持ちたかったために採用しました) 一つ目の候補は「 冷凍パンチ」or「 雷パンチ」。 炎パンチ以外の打点として。 2つ目の候補は「 ちょうはつ」。 この型は殴ってくれないと始まらないので積んでくる相手などに対して。 3つ目の候補は「 ステルスロック」。 読みが外れて相手のパーティに対してウソッキーが全く刺さらなかった時のために、とりあえずステロ。 実際にウソッキーをランクバトルで使ってみた感想 初見殺し性能が高いため、出すタイミングを間違えなければほぼ100%カウンターが決まり非常に気持ちいです。 ただたまにカウンターをスカしてしまうことがあり、そうなるとこちらは普通に殴ることしかできなくなるのできつい。 一番きつかったのが相手にステロを撒かれること。 ステロを撒かれるとウソッキーの体力が削れてしまい特性「がんじょう」が発動しなくなってしまうので奇襲カウンターが成功しなくなります。 ここも一つ課題ですね。 とどのつまり使い方をちゃんと考えないと完全に腐ってしまう型なので、やることは単純でもわりかし高難易度なプレイングを要求されるかもしれません。 なので、カウンターをスカしてしまった時のためにステロ採用は全然アリですね。 みなさんもぜひともこの型のウソッキーを使ってみてください。 ではでは。 以上、【ポケモン剣盾】初見殺し?物理アタッカーを破壊するウソッキーの育成論... でした。

次の