キット・ハリントン。 キット・ハリントン

ローズレスリーの実家がすごい!キットハリントンとの結婚までの馴れ初めも

キット・ハリントン

- 2019年 5月月20日午前7時29分PDT ある関係者がニューヨークポスト紙に話したところによるとキットは、約1か月前に、ストレスや疲労、アルコール依存の治療のため、コネチカット州にある高級リトリート「プリヴェ・スイス」に入所したそうで、「キットは『ゲーム・オブ・スローンズ』が終わったことに打撃を受けたようです」「"これが終わりだ"って認識したんですね。 長年ずっと頑張ってきましたから。 "次は何だ? "って思ったんでしょうね」と話す。 また妻のローズ・レスリーについては「彼の妻ローズは、とても献身的です。 親しい人たちは、みんな彼の休息を願っています。 今は静かな時間を必要としているのです」と続けている。 月々の費用が12万ドル(約1300万円)にものぼる同クリニックでキットは、心理コーチング、瞑想、認知行動療法などの治療を受けているという。 - 2019年 5月月20日午前7時32分PDT そんなキットは先日、『ゲーム・オブ・スローンズ』の撮影を終えた時の心境を語っていた。 「撮影最終日。 僕は何事もなく撮影を進めていったけど、最終シーンとなって過呼吸が始まった。 そして"カット"となったら、崩れてしまったよ。 安堵と、もうこれをすることはないという哀しみが押し寄せたんだ」 また今年3月にVariety誌のインタビューに応じたキットは、ことについて告白。 「世界で最も幸福な人間だと思わなきゃいけない気がしていたんだ。 でも実際はというと、あのときはとても傷つきやすくて。 多くの人たちが20代のときに経験するような、精神的に不安定な時期を過ごさなくてはならなかったんだ」 「最も落ち込んでいた時期は、ジョンにばかりフォーカスが当たっていたとき。

次の

キット・ハリントンの身長や性格は?彼女ローズレスリーと結婚!かっこいい髪型は自前!

キット・ハリントン

西暦79年、火山の噴火で一瞬にしてすべてが灰となった悲劇の街、ポンペイ。 そこにはまだ明かされていない、秘められた愛の物語があったー。 子供のころローマ人に村を征服され部族を虐殺されたマイロは、たくましい奴隷戦士(ルビ:グラディエーター)となって生き延びていた。 ある日、マイロはポンペイの有力者の娘、カッシアの馬を助け、その瞬間二人は恋に落ちる。 カッシアはローマからやってきた上院議員コルバスにポンペイの平和と引き換えに婚姻を迫られていたが、その男はマイロの家族を彼の目の前で殺した男だった。 ポンペイはイタリア南部に位置する、肥沃な土壌と豊かな作物、火山麓独特の風光明媚さ、 温暖な気候などがあいまって、ローマ帝国当時から一級の保養地・避寒地であった、 また、娼婦館やフレスコ画から快楽の都市ともいえ、当時の豊かなローマ人が過ごしていた。 西暦79年、古代ローマでヴェスヴィオ火山が大噴火を起こし、 当時1万人と推測されるポンペイの都市が一晩で消滅した、 日本で言えば弥生時代にもあたるこの時代の出来事である。 8月24日の昼ごろに最初の水蒸気マグマ噴火が生じた後、午後1時ころに火口から巨大な噴煙が立ちのぼり、 高度30km付近の成層圏に達した、この噴煙は北西の風にのって南東方向に広がり、 その方角にあったポンペイの町におびただしい白色の軽石を降らせ始めた。 8月25日の朝、南斜面をやや規模の大きな火砕流が流れ下り、 すでに2m以上の厚さの降下軽石に覆われていたポンペイの町を襲った。 ポンペイは碁盤の目状に通りがあり、大きな通りは石により舗装されていた。 市の中心には広場もあり、かなり計画的に設計された都市であることも分かっている。 劇中では噴火が始まって、噴煙が天高く立ち上り軽石が街中に降り注ぐが、 なぜか剣闘場や馬車が走りまわる市街地の道路には、軽石がひとつも落ちていない?? 火山灰も降り積もってくるが、同時に火山性有毒ガスも大量に立ち込めているはず・・・・ そんな所で平気で剣闘シーンが繰り広げられているのはリアルさに欠けている。 最後に襲い来る火砕流、史実では翌朝に流れ来て降り積もった軽石に覆われた街の上を覆うはず、 筋書きとしては楽しめましたが、余りにも取材不足が残念です。 アティカスがいちいち、格好いい。 完全にこのひとの迫力に持っていかれてしまい、ラブ・ロマンスがどーでもいい…。 あ、あと火山とか津波とかの様子も再現してくれていたか…。 それにしても…ヒロインが、愛らしくない…。 エミリー・ブラウニング。 レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 での彼女は、大好きだった。 クールで落ち着き払った、やるとききゃやる、優等生役ならともかく。 ラブロマンスのヒロイン向きかは…すごく疑問。 美人に思えない。 なので、最期のキス・シーンも…うーーーん………。 ラブ・ロマンスっつったら、やっぱヒロインは美人で愛らしく、可愛くて魅力的でないとダメでしょう…。 なので全然ときめかないから、もっと端っこにして、メインを剣闘士にした方が、見応えがあったのでは? と思うんですね。 アティカスには本当は、助かってほしかった。 けれどあの、ラストのカッコよさ! キーファー扮する悪役、コルヴスのみっともなさと比べ、もう、惚れ惚れする最期でした。 しかし悪役が豪華。 グリムのレナード警部、サッシャ・ロイズも出てましたね。 グリムのノリでつい、応援してしまいそうになりましたが、アティカスと最期の戦いで、目にもの見せられてしまいました。 ローマって、どーーーしても、嫌なイメージしか無いので、ローマの出張る話は嫌い。 その嫌なローマの代表格、コルヴスに扮するのがキーファー。 しかしキーファーって結構、悪役やってるのね。 嫌な奴全開だったけど、もっと色気のある美女を、ぶんどりたかったんじゃないのかな…。 なんでそこまでカッシアに執着するの? きっと、キーファー と言うか、コルヴス も、本当は謎だったのでは…。 「貴様を俺の、思い道理にしてやる! …だってシナリオに、そう書いてあったんだもん 」 つい、ヒロインが魅力的でないと、こきおろしてしまいましたが、絶対ミス・キャスト。 エミリー・ブラウニングは、クールで中性的で、戦う少女役が似合うので、また レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 か エンジェルウォーズで彼女を堪能いたします。 キット・ハリントンはそこまで強そうに見えないけど、とにかくキュートでした。 ゲームオブスローンズ、まだ見てないので、見たら好きになるのかも? 意図せず前日に「第九軍団のワシ」を観たばかりだったので、時代背景において視点の対比が出来て良かったです。 年代は60年ほど、こちらの方が古くなりますが…2000年近く前の話しだから誤差の範囲内か?両方ともローマを象徴する黄金の鷲も出てきたし。 どちらもローマ兵に一家を殺されたケルト人(ブリトン人)がストーリー上重要な役割。 こちらでは主役、「第九軍団のワシ」では助演です。 共通点はこのくらいで他は全然違いますけどね。 スペクタクルな面から見たら引き寄せられる迫力ある映像でした。 災害スペクタクルとして期待して観たので満足です。 桜島の噴火の瞬間を見たことあるので、それと比べてもリアルと思える映像でした。 絡むラブストーリーは取って付けたようなもんで、ヒロインが視覚的に残念。 でも偶に一瞬だけ美しく見えることがあるので、それで補正して見てました。 男同士の戦いと友情もありがちですが、ライバルの黒人闘士が義理堅くて格好良かったです。 敵役のローマ議員も憎たらい上になかなか死なくて最後まで盛り上げてくれました。

次の

「ゲーム・オブ・スローンズ」座談会映像が初解禁 キット・ハリントンが恨み節?

キット・ハリントン

西暦79年、火山の噴火で一瞬にしてすべてが灰となった悲劇の街、ポンペイ。 そこにはまだ明かされていない、秘められた愛の物語があったー。 子供のころローマ人に村を征服され部族を虐殺されたマイロは、たくましい奴隷戦士(ルビ:グラディエーター)となって生き延びていた。 ある日、マイロはポンペイの有力者の娘、カッシアの馬を助け、その瞬間二人は恋に落ちる。 カッシアはローマからやってきた上院議員コルバスにポンペイの平和と引き換えに婚姻を迫られていたが、その男はマイロの家族を彼の目の前で殺した男だった。 ポンペイはイタリア南部に位置する、肥沃な土壌と豊かな作物、火山麓独特の風光明媚さ、 温暖な気候などがあいまって、ローマ帝国当時から一級の保養地・避寒地であった、 また、娼婦館やフレスコ画から快楽の都市ともいえ、当時の豊かなローマ人が過ごしていた。 西暦79年、古代ローマでヴェスヴィオ火山が大噴火を起こし、 当時1万人と推測されるポンペイの都市が一晩で消滅した、 日本で言えば弥生時代にもあたるこの時代の出来事である。 8月24日の昼ごろに最初の水蒸気マグマ噴火が生じた後、午後1時ころに火口から巨大な噴煙が立ちのぼり、 高度30km付近の成層圏に達した、この噴煙は北西の風にのって南東方向に広がり、 その方角にあったポンペイの町におびただしい白色の軽石を降らせ始めた。 8月25日の朝、南斜面をやや規模の大きな火砕流が流れ下り、 すでに2m以上の厚さの降下軽石に覆われていたポンペイの町を襲った。 ポンペイは碁盤の目状に通りがあり、大きな通りは石により舗装されていた。 市の中心には広場もあり、かなり計画的に設計された都市であることも分かっている。 劇中では噴火が始まって、噴煙が天高く立ち上り軽石が街中に降り注ぐが、 なぜか剣闘場や馬車が走りまわる市街地の道路には、軽石がひとつも落ちていない?? 火山灰も降り積もってくるが、同時に火山性有毒ガスも大量に立ち込めているはず・・・・ そんな所で平気で剣闘シーンが繰り広げられているのはリアルさに欠けている。 最後に襲い来る火砕流、史実では翌朝に流れ来て降り積もった軽石に覆われた街の上を覆うはず、 筋書きとしては楽しめましたが、余りにも取材不足が残念です。 アティカスがいちいち、格好いい。 完全にこのひとの迫力に持っていかれてしまい、ラブ・ロマンスがどーでもいい…。 あ、あと火山とか津波とかの様子も再現してくれていたか…。 それにしても…ヒロインが、愛らしくない…。 エミリー・ブラウニング。 レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 での彼女は、大好きだった。 クールで落ち着き払った、やるとききゃやる、優等生役ならともかく。 ラブロマンスのヒロイン向きかは…すごく疑問。 美人に思えない。 なので、最期のキス・シーンも…うーーーん………。 ラブ・ロマンスっつったら、やっぱヒロインは美人で愛らしく、可愛くて魅力的でないとダメでしょう…。 なので全然ときめかないから、もっと端っこにして、メインを剣闘士にした方が、見応えがあったのでは? と思うんですね。 アティカスには本当は、助かってほしかった。 けれどあの、ラストのカッコよさ! キーファー扮する悪役、コルヴスのみっともなさと比べ、もう、惚れ惚れする最期でした。 しかし悪役が豪華。 グリムのレナード警部、サッシャ・ロイズも出てましたね。 グリムのノリでつい、応援してしまいそうになりましたが、アティカスと最期の戦いで、目にもの見せられてしまいました。 ローマって、どーーーしても、嫌なイメージしか無いので、ローマの出張る話は嫌い。 その嫌なローマの代表格、コルヴスに扮するのがキーファー。 しかしキーファーって結構、悪役やってるのね。 嫌な奴全開だったけど、もっと色気のある美女を、ぶんどりたかったんじゃないのかな…。 なんでそこまでカッシアに執着するの? きっと、キーファー と言うか、コルヴス も、本当は謎だったのでは…。 「貴様を俺の、思い道理にしてやる! …だってシナリオに、そう書いてあったんだもん 」 つい、ヒロインが魅力的でないと、こきおろしてしまいましたが、絶対ミス・キャスト。 エミリー・ブラウニングは、クールで中性的で、戦う少女役が似合うので、また レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 か エンジェルウォーズで彼女を堪能いたします。 キット・ハリントンはそこまで強そうに見えないけど、とにかくキュートでした。 ゲームオブスローンズ、まだ見てないので、見たら好きになるのかも? 意図せず前日に「第九軍団のワシ」を観たばかりだったので、時代背景において視点の対比が出来て良かったです。 年代は60年ほど、こちらの方が古くなりますが…2000年近く前の話しだから誤差の範囲内か?両方ともローマを象徴する黄金の鷲も出てきたし。 どちらもローマ兵に一家を殺されたケルト人(ブリトン人)がストーリー上重要な役割。 こちらでは主役、「第九軍団のワシ」では助演です。 共通点はこのくらいで他は全然違いますけどね。 スペクタクルな面から見たら引き寄せられる迫力ある映像でした。 災害スペクタクルとして期待して観たので満足です。 桜島の噴火の瞬間を見たことあるので、それと比べてもリアルと思える映像でした。 絡むラブストーリーは取って付けたようなもんで、ヒロインが視覚的に残念。 でも偶に一瞬だけ美しく見えることがあるので、それで補正して見てました。 男同士の戦いと友情もありがちですが、ライバルの黒人闘士が義理堅くて格好良かったです。 敵役のローマ議員も憎たらい上になかなか死なくて最後まで盛り上げてくれました。

次の