ダイ フェアリー あくび。 トゲキッス

【ポケモン剣盾】あくびの対策方法

ダイ フェアリー あくび

はじめに 初投稿となります。 くまきちと申します。 よろしくお願いします。 物理アタッカー型カバルドンの育成論を投稿させていただきます。 修正点、ご指摘ございましたらコメントをお願いします。 HP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさをそれぞれHABCDSと表記いたします。 技やポケモンの略称、漢字表記があります。 カバルドンについて 高いHPとB、豊富な補助技、電気無効、弱点が3つのみしかなく、4倍弱点無しといった特徴から物理攻撃に対する受けを成立させつつ、起点を作る型があまりにも有名です。 @回復木の実 地震、欠伸、ステルスロック、怠ける、といった起点作りがメジャーでしょう。 上記の型が有名すぎて、A112という優秀な攻撃種族値と豊富な技範囲が埋もれてしまっているのではないでしょうか? 今回はここにフォーカスし、ダイマックスアタッカーとしてのカバルドンを考察してみたいと思います。 アタッカーカバルドンの強み• 技範囲とダイマックス カバルドンはかなりのタイプの技を覚えます。 地震、3色牙、かみ砕く、馬鹿力、リベンジ、ストーンエッジ、アイアンヘッド・・・ ほとんどのポケモンに対し、抜群となる技を覚えます。 ただこれらの技は一部を除き火力不足となりがちです。 そこで今作から登場したダイマックスです。 持ち前の耐久を倍増させ攻撃を耐えたうえで、A112から繰り出される帯抜群技を食らわせることが可能です。 相手の思考の意表を突く 前述のとおりカバルドンのメジャーな型は物理受けor起点作り型です。 こうしたポケモンに対する対策として挑発が筆頭に上がります。 また、欠伸というあまりにも有名な流し技があるために、対策の出来る積みアタッカーを呼ぶことがあります。 現在の環境 PGLがないため明確な使用率ランキングは発表されていませんが、有志による統計及び私の体感ですが以下のポケモン達が蔓延っていると考えられます。 ・・・ このうち対面から高い確率で勝てるポケモンは以下です。 環境上位のポケモン達に対面有利を取ることが出来るという点が強みです。 そのため意地っ張りで確定といたします。 努力値 個体値はC以外の5Vとします。 トリックルームとの親和性もあるため、その場合はS0も候補に挙がります。 今作は特性による天候の取り合いがそこまでシビアでない&取られる相手がユキノオーとコータスくらいなので取られる=上から抜群技を叩き込めるのでアドです。 よって、通常運用であればS=Vとします。 A252 火力ラインがギリギリのためここは削れません。 H76、B180 陽気ミミッキュの珠剣舞ダイフェアリーを素の状態で低乱数(12. ダイマックス権がない状態でもミミッキュに一撃入れる可能性を残しています。 この振り方が上記の耐久ラインを確保した上で特殊耐久指数も最大となる振り方となります。 うっつ〜様コメントありがとうございます。 特性 すなおこし スリップダメージ込みで襷を突破するので確定です。 ギリギリ耐えられる火力ラインがいくつかあるため砂ダメージは貴重なダメージソースとなります。 もちろん、バンギ、ギガイアスなどの砂始動要因が組み込めるのなら「砂の力」も候補となります。 しかし、その場合最大の魅力である奇襲性能が落ちることが予想されます。 この型の強みである、思考の裏を突く型、奇襲性能、スピーディな処理速度、1匹で起動可能である身軽さ、を鑑みると「すなおこし」に軍配が上がるのではないかと考えます。 持ち物 確定欄では広い技範囲とダイマックスとのシナジーの良い「達人の帯」としています。 瞬間火力の上がる「こだわりハチマキ」も選択肢になりますが、技の撃ち分けのメリットとダイマックス時の火力上昇を取り、本育成論では、達人の帯とさせていただきます。 「命の珠」も選択肢に上がりますが、持たせたいポケモンが多いこと、ギリギリの耐久が削れることを考えると帯に軍配が上がります。 技 双方理想個体想定です。 相手がダイマックス時はHP2倍とお考え下さい。 内は乱数で落とせる確率を示しています。 「達人の帯」込みでのダメージとなっています。 ダイアースのD上昇も強いです。 H4ドリュウズ 通常技:確定1 163. 力こそパワーです。 この対面はダイマするか悩ましいところです。 理由は、相手目線で勝てる手段がないため交代が読めること。 H252バンギラス 通常技:乱数1 90. 耐えきって打ち勝てます。 砂ダメ込みでかなりの確率で落とせます。 ただ、ダイマせずに勝てる相手でもあるのでしないという選択肢もありです。 初手は素の地震で2手目をダイマックスでバフを掛けにいくという動きができます。 皮なしH4ミミッキュ ダイアース:確定1(100. 被ダメは後述。 初手はダイマックスせず地震で皮を割り、その後ダイマックスで落としに行きます。 初手ミミッキュの動きが、 「剣舞」で強引に突破or「欠伸・吹き飛ばし」を嫌って削りに来るor対策ポケモンに交代、の3パターンでダイマすることへの意義が少ないからです。 〜羽休め〜補正ありHB252アーマーガア ダイアース:乱数1 88. また、対策をしやすいポケモンなので無理に突破せず交代してもよいでしょう。 ダイマックス技にすることによりこの技は輝きます。 エレキフィールドにより、欠伸ループを抜けるときにも使えます。 〜威嚇込み〜H4ダイマックスギャラドス ダイサンダー:確定2(78. 初手ダイマックス推奨です。 特性「威嚇」+初手ダイストリームの選択を取られない限り対面から勝てます。 挑発や龍舞、交代読みダイジェットから入られることがほとんどですし、自信過剰が流行っているため、かなり分があります。 最悪の状況が読めている稀有な場合(ラスト1匹で「威嚇」など)はダイバーンから入ることでダイストリームを確定3にできるため、そちらから入りましょう。 H4トゲキッス ダイサンダー:確定1 105. 戦うのであればダイマックスすべきです。 ラム持ちなら欠伸読みの「悪だくみ」からくるでしょうから。 裏に先制技持ちのスイーパーを用意しておくと気楽にダイサンダーから入れます。 H4ダイマックスリザードン ダイサンダー:確定2 64. 一応ダイバーンから入られない限り勝てます。 ダイソウゲンは回復込みで確定3です。 戦う場合はダイマックスをすべきです。 訂正いたします。 岩技がない場合、かなり不利な対面となります。 詳しくは被ダメの所で。 申し訳ありません。 H4パルシェン ダイサンダー:確定2 77. その場合は確定1です。 襷は砂で潰します。 A特化つらら針はダイマックス後だと乱数20なので何をされても勝てます。 火力確保のためダイマックスから入ります。 やはりダイマックス技にすることによりこの技は輝きます。 晴れにすることで水技を軽減する側面もあります。 補正ありHB252ナットレイ 通常技:確定2 58. 補正ありHB252アーマーガア 通常技:乱数3 30. 初手挑発であれば有利に立ち回れます。 雷の牙でも書きましたが、対策をしやすいポケモンなので交代の選択もありです。 H4ガラルヒヒダルマ 通常技:確定2 78. 一応ダイマックスすればハチマキ「つらら落とし」を耐えます。 足の遅いカバルドンとの相性がいいです。 確定欄の技で等倍以上を取れないサザンドラに対して。 馬鹿力は二発目以降のデメリットがこの型では大きすぎるため候補外です。 今回確定欄はこの技としています。 H4サザンドラ 通常技 被ダメ時は倍 :確定2 54. 2 ダイナックル:確定2 71. 補正ありHB252ブラッキー 通常技 被ダメ時は倍 :確定4 27. ダイマすれば乱数2 9. A252ギャラドス ダイストリーム(滝登り):ダイマ後確定3 雨込み確定2 41. 威嚇ギャラと対面するときの安全行動はダイバーンとなります。 A134の攻撃がこの水準ですので、ドラパルト A120 などは相手にならないことが分かるかと思います。 補正ありC252バンギラス ダイアーク(悪の波動):ダイマ後乱数3 死亡率45. 8% 被ダメ30. やはりバンギ対面はダイマックスダイアースから入るのが最適解でしょう。 補正ありC252トゲキッス ダイフェアリー(マジカルシャイン):ダイマ後確定3 39. 悪だくみを読んでダイサンダーか、ダイマックスを読んで等倍技で削ることが精一杯です。 安定はしないため対策となるポケモンをパーティに入れましょう。 補正ありC252ウォッシュロトム ハイドロポンプ:ダイマ後確定2 60. 5% となります。 (計算が間違っていたため訂正しました。 カットロトムにもほぼ同じことが言えますが、炎の牙があるため電気技を読むメリットが存在します。 C252サンパワー・ダイマックスリザードン ダイバーン オバヒ :ダイマ後乱数3(晴れ込確定2) 35. きりがないためこのあたりとします。 希望がございましたら追加いたします。 運用 先発がよいかと思います。 初手カバルドンは起点作りであるとの認識が強く、挑発などの対策技があるポケモンや欠伸対策をしたポケモンへの交代などを誘えます。 その隙をついて高火力技で役割破壊をすることが可能となります。 ただし、強烈にウォッシュロトムとカットロトムを誘うため、彼らが相手にいる場合は裏で対策をするか、処理後に登場するよう誘導してあげる必要があります。 相性の良い味方 先発カバルドンを起点作りと勘違いor低火力だと舐める相手or地震の1ウェポンと勘違いしたポケモン、を持っていきます。 体力次第ですが2匹目も持っていくor削るところまでやることがカバルドンの仕事です。 そのため、高速アタッカーや行動保証のあるポケモンが候補となります。 ミミッキュ 化けの皮での行動保証、先制技が非常に優秀で掃除役にもってこいです。 ドリュウズ 砂かき襷がよいでしょうか。 早くて行動保証があります。 ウインディ カバルドンの苦手な草タイプ氷タイプを相手に出来、神速という強力な先制技があります。 威嚇も優秀です。 キリキザン 襷運用です。 不意打ちが優秀です。 メタルバーストも面白いと思います。 剣の舞で抜いていくこともできます。 また、受けを意識したポケモンも候補としておきます。 カットロトム チョッキ運用です。 仕事はカットロトムとウォッシュロトムを筆頭とする草水受けです。 アーマーガアに負担をかける役割も持てます。 サザンドラ こちらも同じく草、水を受けつつ火力負担をかけていく動きができます。 スカーフを持たせてスイーパーとしての働きも期待できます。 おわりに 初投稿のため見苦しい文章となってしまったかもしれません。 ダイマックスとの相性が非常に良いポケモンですが、あまり認知されていないかと思います。 この育成論で皆さんにカバルドンの新たな魅力が伝わればと思います。 物理耐久指数は変わりませんが特殊耐久指数が上昇します。 うっつ〜様ありがとうございます。 水ロトムからのダメージ計算を訂正しました。 元記載は眼鏡を持たれた前提での計算となっておりました。 S個体値について記述追加。 お褒めいただき嬉しく思います。 対面した相手ごとのDMのタイミングや考え方を追加し、相性の良い味方を記載させていただきました。 処理ルートがポケモンごとにある程度定まっていますし、高耐久高火力のため、動かしやすく何かしらの仕事はこなしてくれる便利な子です。 そう言っていただけますと考察の甲斐がございます。 欠伸型があまりにもメジャーなため非常に動かしやすいです。 そもそもカバルドンはアタッカーとして十分なポテンシャルがあるので、いわゆる変態型にはない確実な強さがございます。 記載を追加いたしました。 砂の力もロマンがあるんですよね。 そうなると帯を外して他の道具(チョッキなど)を持たせる選択肢が出てきますね! ただ、この育成論では、先発での奇襲性能、役割破壊によるパーティ崩壊を狙うことが目的のため、「あれ砂嵐にならないぞ・・・?」という情報がディスアドバンテージとなります。 砂の力型も吟味して投稿してみたいものです。 ありがとうございます。 耐久あって技範囲が広いので雑に使いやすい便利な子です。 可愛がってあげてください。 使用してみて気づきがあれば報告いただけると幸いです。 物理方面では並みの一致抜群耐えられるくらいの耐久があるんですよね。 それがダイマックスするということは確定3以上となるわけです。 積み技使ってもターン数は変わりません。 積み技をする分の隙が悪手となるわけです。 先発奇襲もハマりましたし、ミミッキュのトリルから抜いたり、普通でも案外戦えるので試合中掃除役にダイマ切るルートに強引に変更出来たりもして、色々出来てとても楽しかったです。 相方、技共に研究してみます。 脳内星5を。 使用していただきありがとうございます。 トリルサポートも面白いかもしれませんね。 相方ついてはまだまだ考察が足りていないと思います。 使用感からアドバイス貰えると嬉しいです。 予想外過ぎて初手でペースを持っていかれて気づいたとこにはもう手遅れで奇襲として優秀過ぎましたね。 早速作って使ってみます。 ダイマックスと言う最新の仕様がある環境にしっかり適応した型になっていて使ってて面白そうな感じがする型でした。 この育成論を参考にし、同じ型のカバルドンを私も利用させていただいております。 なかなか読まれにくく、相手に通していきやすいので、今後も愛用していきたいと思います。 細かい点ではあるのですが、1つ努力値について改善案があります。 この育成論ではようきミミッキュの珠ダイフェアリーを耐えるように努力値をH44B212としていらっしゃると思います。 つまり合計256の努力値でミミッキュの珠ダイフェアリーを耐えられるように、ということだと思いますが、私の方でポケマスさんを利用して、効率のいい振り方を模索したところ、? H76B180 で珠ダイフェアリー乱1 12. H84B172 で珠ダイフェアリー乱1 18. Hに振ると特殊耐久も上がるので、このどちらかの方が効率がいいかと思います。 ミミッキュを強く意識するなら? 、ミミッキュへの意識をほどほどに、特殊方面の硬さをより意識したいのなら? がいいと思います。 私はミミッキュを重く見て? で運用しています。 細かい点ではありますが、このような努力値振りもあるんじゃないかなという提案をさせていただきました。 それぞれ脳内変換行って頂けると幸いです。 私は1のミミッキュを意識した方を利用させていただいてます。 ぜひ使ってみてください! ダイマックスというとダイジェットから抜いていく戦略が筆頭に上がりますが、私は低火力のサブウェポンを高火力化し役割破壊できることも魅力だと思っています。 そういう意味でカバルドンとダイマックスはかなりマッチしてると思います! 最適な努力値振りを見落とすとはあるまじきことでした・・・ ご指摘感謝いたします。 H76B180でダメ計を記載しなおしました。 物理環境のためわずかでも物理耐久が確保できるこちらの振り方とさせていただきました。 シーズン1終了時点では欠伸カバが大流行しているようですのでしばらくは奇襲が刺さるかと思います。 投稿者としては流行って欲しいですが、プレイヤーとしては流行らないでほしい複雑な心境です。 ダイマックス後に地震が刺さらない相手にひるみを挟んで行動回数をふやせるので... 大変素晴らしい育成論で、目から鱗が零れ落ちました。 一致技の地震、浮いてる炎対策、更に通常の飛行相手なら雷牙より火力も出るエッジ、エッジの効かない飛行 主にアーマーガア や水狙いの雷牙、草やドラゴンやカバルドンミラーに強い氷牙と、この技範囲であればほとんどの相手に対し一致の等倍以上または不一致の抜群以上が取れるものと思います。 炎牙、噛み砕く、リベンジ辺りはパーティ単位で重い相手を想定して各自組み込んだ方が良いかと。 こちらのカバルドンをマルパクさせていただき、ランクマで使う前にカジュアルで使ってみたところ。 たまたまガチパ構成の方と対戦したのですがカバルドンが三たてして勝利という結果になりました。 思ってた以上に相手に刺さったのがすごくて思わず声を上げて笑ってしまいましたw今後はランクマでちょうはつ使いを破壊していこうと思います。 技範囲がフェアリー位しか広がらないので難しいところですが。 氷の牙を考察します。 打ちたい相手は草、飛行、竜、地面です。 草と飛行には範囲の広い炎の牙と雷の牙の方が汎用性がある。 特殊型が多い草タイプをなるべく相手にしたくない、そもそも炎でいい。 竜の仮想敵はドラパとサザンです。 確かにここには刺さります。 かみ砕く、リベンジではなく一枠で遂行できるのは優秀ですね。 地面にも刺さります。 カバルドンミラーにも強く出れます。 一長一短ありますね。 今後ガブやランドが出てきたら確定でしょうね。 炎の牙を外すのは難しいところです。 というのもアーマーガアとナットレイがきつくなるからです。 アーマーガアには雷の牙が通りますが、羽休めを合わせられると押しきれなくなります。 また、エレキフィールドの補正が1. 3倍と弱体化したこともあります。 炎の牙であれば羽休めを恐れずに安定した打点が出ますし、晴れにすることで1. 5倍の補正を得ることが出来ます。 また、少しトリッキーな動きになりますが、削れた相手のとどめにダイバーンを使い晴らすことで、相手の水ポケモンに対して行動するチャンスが生まれます。 結論はパーティ単位で重いポケモンを役割破壊できる技を搭載してくださいということです。 考察の幅が広がりました!ありがとうございます! 初手の対応を誤らせると一気に勝負を持っていける楽しいポケモンです。 使っていて警戒されているなと思う動きもチラホラ、、 投稿以来かれこれ1000試合位試行錯誤しながら使い続けていますが改めて素晴らしい投稿を感謝しております。 主の新たな育成論も期待しています。 選択枠の格闘技についてですが、今作から使えるようになったボディプレスも候補に入るのではないかと思いました。 Bに180振っている点、リベンジと違い相手に左右されない点も踏まえると、ボディプレスは汎用性で勝ると思います。

次の

【ポケモン剣盾】ダイマックスの効果と仕様・やり方【ポケモンソードシールド】

ダイ フェアリー あくび

ミストフィールドの効果• ポケモンはにならない。 はでは防げないが、以降では防ぐことができる。 地面にいるポケモンに対するタイプの技のが半減する。 ミストフィールドの発生• の天候: きり 永続 ミストフィールドの消滅• 5ターン経過• 他の系の場の状態の上書き• 説明文 ・ 5ターンの あいだ じめんに いる ポケモンは じょうたい いじょうに ならない。 ドラゴンタイプ わざの ダメージも はんぶんになる。 5ターンの 間 地面に いる ポケモンは 状態異常に ならない。 ドラゴンタイプの 技の ダメージも 半分になる。 効果を受けられるポケモンに関してはを参照。 状態・状態などにより姿を隠しているポケモンは効果を受けられない。 似た効果のと比較し、ミストフィールドでは以下の点が異なる。 対象はポケモンのみ。 状態にはなるが、これによるは防ぐ。 ねむけでねむり状態になるタイミングはミストフィールドの消滅より早いため、ミストフィールドが消滅するターンでも防ぐことができる。 ミストフィールドが消滅するターンでを受けた場合、そのままでは次のターンねむり状態となる。 効果を受けているポケモンのは失敗する。 ・の発動も防ぐ。 で無視できず、まではで取り除かれない。 のみは防がない。 以降ではこんらんも防ぐ。 状態が解除されたときのこんらんや、によるこんらんも防ぐ。 すでにになっているポケモンがミストフィールドで状態異常が回復することはない。 を持っているポケモンがミストフィールドを発生させた場合、持続ターンが持続ターンが5ターンから8ターンに伸びる。 を持っていると、ミストフィールドの発生中に使用してが上がる。 フィールドにより以下の技の効果が変わる。 を使うとタイプになる。 を使うとになる。 の追加効果は相手のダウンになる。 特性のポケモンはミストフィールドになるとタイプになる。 解除されると元に戻る。 発動中はは消失して破壊できなくなる。 まではこの状態になると場がピンクの霧一色になる。 ではピンクの霧はうっすらと見える程度になっている。 では他のはダメージ補正が1. 5倍から1. 3倍になる弱体化を受けた中、ミストフィールドのドラゴン技半減の効果に変化は無い。 第八世代のワイルドエリアで自然発生したミストフィールドはきりばらいで解除できない。 このミストフィールドの説明文も「5ターンの間」とあるが、効果は永続する。 地面にいるを状態異常にできないため捕獲に苦労することになる。 他のフィールドに書き換えれば状態異常にできる。 関連項目•

次の

【ポケモン剣盾】ウインディの育成論と対策【超強化万能炎!伝説ポケモン】

ダイ フェアリー あくび

「あくび」が通る相手には単純に強い戦法であるため、ダイマックス相手でなくとも高いタイマン性能を誇る。 広い範囲に対応するため防御に配分 なるべく広い範囲に対応するため、低めの物理耐久を補うように配分。 特殊方面はHP振りだけでもかなりの耐久力になる。 木の実を持たないため、氷・炎に役割を持てる特性「あついしぼう」としている。 メインウェポンの選択 からげんき 状態異常対策。 素の威力は低いが「おにび」で機能停止しない点が高評価。 のしかかり 安定した威力があり反動もない。 しかし追加効果の麻痺が「あくび」の眠りと重複しないため相性はあまり良くない。 すてみタックル 瞬間火力を出せるが反動が痛い。 威力が足りなければ手数で稼げば良いため、この型ではあまり向かない。 サブウェポンの選択 ヒートスタンプ ノーマル技が通らない鋼タイプへの打点。 自身の重さを活かして広い範囲に威力を出せる。 ナットレイ等に有効。 ダイマックス相手に無効化されるが、「あくび」+「まもる」で凌げるため問題ない。 ヘビーボンバー ノーマル技が通らない岩タイプに有効。 フェアリーに抜群が取れるのが利点で、特にミミッキュを強く意識した技。 自身の重さを活かして広い範囲に威力を出せる。 ダイマックス相手に無効化されるが、「あくび」+「まもる」で凌げるため問題ない。 ダイマックス技で防御UPするため自身の耐久強化も狙える。 じしん ノーマル技が通らない鋼、岩タイプに有効。 ダイマックス技で特防UPするため自身の耐久強化も狙える。 DDラリアット ノーマル技が通らないゴーストタイプに有効。 相手の防御UPを無視出来るのが偉い。 あくびまもる型の対策 対策にオススメのポケモン ポケモン名 立ち回り ・かえんだま型なら「あくび」無効で安全に繰り出せる ・ダイマックスに頼らず高火力が出せる ・「ドレインパンチ」でHPを回復しつつ大ダメージ ・「ちょうはつ」で補助技を封じられる ・「ビルドアップ」「てっぺき」の起点に ・ノーマル半減、サブウェポンでも突破を許しにくい ・ラムの実がないと「あくび」には投げられないことに注意 ・ノーマル無効 ・「つるぎのまい」の起点に ・ダイフェアリーで「あくび」無効化 かえんだま持ちであくびを無効化 このカビゴンは基本的な攻撃性能は低く「あくび」の眠りに依存した型なので、「あくび」対策が出来ていれば相手にしやすい。 かえんだま等を持たせたポケモンであれば「あくび」に対して交代で出しても問題がないため有効。 特性「こんじょう」持ちのローブシンがオススメ 特性「こんじょう」で高い火力を出せ、タイプ一致の格闘技でカビゴンの弱点を突けるローブシンは非常に有利。 交代際に攻撃技を被弾してHPを削られても「ドレインパンチ」の回復があるので、安定して繰り出しやすい。 ちょうはつで変化技をストップ 「あくび」「まもる」を封じる「ちょうはつ」持ちも有効な対策。 ノーマル半減で高い物理耐久を持つアーマーガアは適任。 「はねやすめ」もあるためダメージの蓄積に強く、自身が「ビルドアップ」「てっぺき」を持っていればそのまま起点にして行ける。 ただし、 ラムの実を持っていない場合は「あくび」に後出しすると次のターンに眠ってしまうため注意が必要。 ダイフェアリー等であくび対策 ダイフェアリー、ダイサンダーで「あくび」を無効化する動きは汎用性が高くオススメ。 ただしカビゴンが「まもる」をセットで持っているとダイマックスターンを枯らされてしまう可能性が高いため、催眠対策のためにダイマックスを切っても良いかの判断は難しい。 交代際に「あくび」が入っても先にダイフェアリーをしてから、ダイマックス終了後に「つるぎのまい」を狙っても良い。 ラムの実持ちで積み技を使えば「あくび」で起点回避したつもりになったカビゴン側は無償で積み技を許すことになるため、突破口を開きやすい。 適宜「リサイクル」の回復を挟んで複数回積むことで広い範囲と撃ち合える。 ある程度積んだらすぐに攻撃する 素早さが低いためあまり悠長にしていると急所に被弾する可能性が高くなる。 ある程度積んだら早めに攻撃に移ると良いだろう。 うまく発動させられれば 高い耐久が更に補強されて強力なため、キョダイマックス個体での採用をオススメする。 メインウェポンの選択 すてみタックル 早いうちに決定力を出すことで急所による事故や相手に起点にされることを防ぐ。 反動ダメージは痛いが、能動的に木の実を発動させられるメリットもある。 のしかかり 安定した威力と反動がないことが売り。 麻痺の追加効果は強いが、「のろい」で素早さを自ら下げるため麻痺させた相手を抜くことは諦めよう。 からげんき 状態異常に強くなる。 特に「おにび」で機能停止しないようにしたい場合はこちら。 役割対象となるロトム等に強気になれる反面、状態異常が絡まない対戦では威力不足が目立つ。 主にナットレイ等に有効。 ノーマル+炎の技構成だとドラパルトが重くなることに注意。 フェアリーに抜群が取れるのが利点で、特にミミッキュを強く意識した技。 自身の重さを活かして広い範囲に威力を出せる。 ダイマックス技で防御UPするため自身の耐久強化も狙える。 相手のダイマックスを意識するならアイアンヘッド。 じしん ノーマル技が通らない鋼、岩タイプに有効。 ダイマックス技で特防UPするため自身の耐久強化も狙える。 DDラリアット ノーマル技が通らないゴーストタイプに有効。 相手の防御UPを無視出来るのが偉く、積み合いに強め。 のろいリサイクル型の対策 対策にオススメのポケモン ポケモン名 立ち回り ・「ちょうはつ」で「のろい」「リサイクル」を封じられる ・ノーマル半減、高防御 ・「ビルドアップ」「てっぺき」で対抗出来る ・「くろいきり」で「のろい」の能力UPを打ち消せる ・単純な殴り合いになっても「どくどく」で崩せる ・特性「さいせいりょく」と「じこさいせい」で繰り出しやすい ・ノーマル無効 ・特性「ばけのかわ」で最低限の行動保証 ・「つるぎのまい」や「おにび」「のろい」と崩す手段が豊富 ちょうはつで変化技を封じて押し切る 「のろい」「リサイクル」での延命が生命線のポケモンなので、 「ちょうはつ」を早めの段階で入れると対処が楽になる。 ノーマル半減で高い物理耐久を持つアーマーガアが適任。 「はねやすめ」もあるためダメージの蓄積に強く、自身が「ビルドアップ」「てっぺき」を持っていればそのまま起点にして行ける。 アーマーガアが急に突破される火力は出ない 「DDラリアット」は防御UPを無視してくるが、「のろい」は積み速度が速くないため急に突破される火力を出されることはない。 こちらの「ボディプレス」の威力を上げて削り切るか、難しければ「ちょうはつ」を当てて回復技を封じたまま倒されて後続に任せよう。 くろいきりで積みリセット 「のろい」は素早さが下がるため、カビゴンと同じく鈍足なドヒドイデでも先制して「くろいきり」が狙える。 「のろい」が有効でないと分かった場合は「リサイクル」を絡めた殴り合いになるが、その場合に「どくどく」があればカビゴンを安全に崩すことが出来る。 ドヒドイデは防御が高く特性「さいせいりょく」と「じこさいせい」もあるため、攻撃されてもすぐ立て直せるのがポイント。 のろいで定数ダメージ 「リサイクル」で粘り強く戦う戦術に刺さるのがゴーストタイプの「のろい」。 ミミッキュは対策にオススメ ミミッキュ等は汎用性が高く技スペースに「のろい」を割いていれば安全に処理が狙える。 「つるぎのまい」でも積み速度が速いため早めにぶつけることで押し切れる可能性が高い。 特にドヒドイデの「くろいきり」、カバルドンの「あくび」、アーマーガアの「てっぺき」等に先手を取れるようになるのは大きな意味を持つため、鈍足なカビゴンでも素早さ振りの恩恵がある。 はらだいこ後の火力を高めるためA252 「はらだいこ」後の「すてみタックル」で防御特化カバルドンを確定1発、防御特化アーマーガアを「ほのおのパンチ」で確定1発とするため攻撃も伸ばしている。 技構成 確定技 ・すてみタックル ・ほのおのパンチ ・はらだいこ 選択技 ・タネばくだん ・アイアンヘッド ・じしん ・DDラリアット 役割・使い方 はらだいこで全抜きを目指す型 味方の「リフレクター」「ひかりのかべ」「おきみやげ」等の耐久サポートを受けて「はらだいこ」から全抜きを狙う型。 ダイマックスした際にノーマル技が「キョダイサイセイ」となると一度消費した木の実を拾って来る可能性があるため、キョダイマックス個体での採用が望ましい。 相手が低速、低火力な受けポケモンばかりのサイクルパーティの場合はサポートなしでの活躍も見込める。 攻撃技の選択 メインは威力重視の「すてみタックル」推奨。 ダイマックスを切らなくても「はらだいこ」後の「すてみタックル」で防御特化カバルドンを1発で落とせるようになる。 サブウェポンに関しては下記より選択だが、アーマーガアやナットレイで止まらないための「ほのおのパンチ」の優先度は高い。 ほのおのパンチ ノーマル技が通らない鋼タイプへの打点。 主にアーマーガア、ナットレイ等に有効。 タネばくだん 受けパーティに一定数採用される特性「てんねん」のヌオー意識の技。 積み技対策をヌオーに一任したパーティを崩せるようになる。 アイアンヘッド ノーマル技が通らない岩タイプに有効。 フェアリーに抜群が取れるのが利点で、特にミミッキュを強く意識した技。 DM技で防御UPするため自身の耐久強化も狙える。 じしん ノーマル技が通らない鋼、岩タイプに有効。 ダイマックス技で特防UPするため自身の耐久強化も狙える。 DDラリアット ノーマル技が通らないゴーストタイプに有効。 相手の防御UPを無視出来るのが偉く、「てっぺき」等に強くなれる。 はらだいこ型の対策 対策にオススメのポケモン ポケモン名 立ち回り ・特性「てんねん」で「はらだいこ」の攻撃上昇無効 ・4倍弱点がないためヌオーより安定 ・「くろいきり」を覚える ・素早さ無振りでも最速カビゴンより速い ・高威力な物理格闘技が使える ・特性「ごりむちゅう」のお陰で実質タイプ一致 てんねんで積み技無効化 能力上昇を無視出来る特性「てんねん」は、最も有力な「はらだいこ」対策となる。 技自体は成功してHPは削れるため、カビゴンの処理もかなり楽になる。 4倍弱点がないピクシーがオススメ ヌオーはカビゴンに「タネばくだん」があった場合に返り討ちにされる可能性があるため、 4倍弱点のないピクシーで相手をすると安定する。 防御特化ピクシーにアッキの実を持たせていれば、カビゴンに鋼技があってダイマックスされた場合でもほぼ耐え切れる。 くろいきりで積みリセット 「くろいきり」で能力変化をリセットするのも「はらだいこ」には非常に有効。 メジャーな使い手である ドヒドイデは鈍足なため、最速カビゴンに交代で出しても上から攻撃されて倒されてしまうので対策としては不十分。 ミロカロスであれば最速カビゴンより先に動けるため、交代で出してからでも「くろいきり」が十分に間に合う。 上から格闘技で倒す 「はらだいこ」後の攻撃を耐えるのは難しいため、上から倒してしまうのも有効な対策。 カビゴンの弱点である格闘技を上から撃てると良いだろう。 素早さ90以上の格闘タイプなどで対策 ルカリオなどの素早さが90を上回る格闘タイプ全般はカビゴンを倒す役割をこなせる。 そのほかに、ガラルヒヒダルマはタイプ不一致ながら特性「ごりむちゅう」のお陰で高い威力で格闘技を撃てる。 努力値・対策方法・役割・技構成などは、ユウキ氏 の監修・考案となります。 引用元: ポケモン剣盾の攻略関連記事 攻略データベース.

次の