伏見 工業 ラグビー 部。 高校ラグビーの名門・伏見工業の名が消滅し合併へ。112対0の敗北から全国制覇した伝説の学校

「伏見工業高校ラグビー部の歩み。」スクール・ウォーズHERO

伏見 工業 ラグビー 部

1em 'Kelly Slab',fantasy ; background-color:rgba 255, 255, 255, 1 ;color: FFFFFF;border-style:solid;border-color:rgba 0, 0, 0, 0. style-jrr8wfvfnavContainer select. style-jrr8wfvfnavContainer select. style-jrr8wfvfnavContainer select:not. style-jrr8wfvfnavContainer select:not. style-jrr8wfvfnavContainer select:not. style-jrr8wfvfnavContainer select:not. style-jrr8wfvfnavContainer select:not. style-jrr8wfvfnavContainer select:not. style-jrr8wfvfnavContainer select:not. style-jrr8wfvfnavContainer select:not. style-jrr8wfvfnavContainer select:not. style-jrr8wfvfnavContainer select:not. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainer select:not. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainer select:not. style-jrr8wfvfnavContainerarrow. style-jrr8wfvfnavContainerarrow. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContainerarrow,. style-jrr8wfvfnavContaine.

次の

新価格版 プロジェクトX 挑戦者たち ツッパリ生徒と泣き虫先生 ~伏見工業ラグビー部~日本一への挑戦

伏見 工業 ラグビー 部

校内暴力が社会問題化していた1970年代。 京都にもご多分に漏れず、ひどく荒れた高校があった。 一部の生徒は授業などお構いなしにトランプやマージャンに興じ、校舎の廊下をバイクが爆音を響かせて走り回った。 当時、そんな光景が日常だった伏見工がわずか数年後、ラグビーで全国に名をはせるようになったのは、74年に赴任した山口良治(よしはる)さん(74)の情熱抜きには語れない。 現役を退いたばかりの元日本代表フランカー。 着任した翌年にラグビー部監督となった若き熱血教師は、生徒に体当たりで向き合った。 同校から初めて高校日本代表に選ばれた山本清悟(しんご)さん(56)=奈良朱雀高教諭=は、ありったけの愛情を注がれた一人だ。 「弥栄のシンゴ」で恐れられた中学時代 やんちゃだった中学生のころ、「弥栄(やさか)のシンゴ」の異名で恐れられた。 高校では野球部に入るつもりが「ラグビーはルールのあるけんかや」と強引に誘われ、白球から楕円(だえん)球にシフト。 昼夜逆転の生活リズムはなかなか抜けなかったが、ある出来事をきっかけにラグビーに邁進(まいしん)するようになる。 「遠征の時、バスの中でおにぎりをいただいたんです」。 監督に父子家庭である身の上を打ち明けた覚えはない。 弁当を持ってこない自身の境遇を知り、さりげなく気遣ってくれたのだろう。 涙を流しながら、握り飯にかじりついた。

次の

山口良治

伏見 工業 ラグビー 部

伏見工業高と日本代表のジャージーを手にする児玉さん。 W杯でプレーする後輩らにエールを送る(宇治市小倉町) ラグビーW杯日本大会で初の決勝トーナメント進出を決めた日本代表に、伏見工業高(現京都工学院高・京都市伏見区)のラグビー部出身で、難病を患う男性が熱いまなざしを注いでいる。 高校時代もプレーはできなかったが、全国優勝を果たしたチームを裏方として支えた。 後輩の田中史朗(ふみあき)選手(34)や松田力也選手(25)が世界の大舞台で躍動する姿に、「本当にすごいことで誇り」と声を弾ませる。 徐々に筋力が衰える筋ジストロフィー患者の児玉貴志さん(36)=京都府宇治市小倉町。 幼い頃からラグビー好きの父に連れられ、花園ラグビー場(大阪府東大阪市)などで伏見工業高の試合を観戦し、憧れを抱いてきた。 同高に進学すると、担任でラグビー部監督だった高崎利明さん(57)=現京都工学院高副校長=に誘われ入部。 病気の進行で満足に走れなかったが、練習の準備や部室の整理、試合のビデオ撮影など、できることに専念した。 仲間たちの懸命な姿を間近で見続け、「試合だけでは分からないプロセスの大切さに気付かされた」と振り返る。 1学年後輩には田中選手がおり、「やんちゃ坊主でかわいがられていた」。 児玉さんが2年生だった2000年度、チームは全国制覇を成し遂げたが、田中選手もメンバー入りした翌年度は府予選決勝で敗退。 「本当に悔しかったけど、フミ(田中選手)はそれをばねに成長したと思う」。 年齢の離れた松田選手とはトークイベントで言葉を交わしたことがあり、「高校時代からすごかった。 日本代表になるべくしてなった」と話す。 20代前半から車いす生活を送る児玉さん。 「病気への不安やつらい出来事もあるけど、高校日本一や(9月28日の)アイルランド戦勝利のように、生きていれば大きな感動がある。 ラグビーを通して多くの出会いがあり、心の支えになっている」と実感を込める。

次の