封筒 切手 の 位置。 横書き封筒の切手の位置

切手の貼り方・位置…封筒やはがきに貼る位置、横長・横書きの場合 [暮らしの歳時記] All About

封筒 切手 の 位置

切手の貼り方の正しいマナー 普段何気なく封筒やハガキなどに貼っている切手にも実は正しい貼り方のマナーがあります。 そこで、まずは必ず抑えておきたい切手の貼り方の正しいマナーは ・ 縦長封筒の場合の貼る位置 ・ 横長封筒の場合の貼る位置 ・ 切手を貼る向き ・ ハガキに切手を貼る場合 です。 縦長封筒の場合の切手を貼る位置 縦長封筒に切手を貼る場合の貼る位置は 左上です。 上記の画像のように 上から7cm、 横から3. 5cmの場所に貼っていきます。 この場所に切手を貼っていってほしい理由は 郵便局では大量の郵便物をさばいていかなくてはいけないので、機械で消印を押していっています。 その消印が押される場所が、左上の場所なので、そこに切手があることによって自動的に切手に消印を押していくことができます。 横長封筒の場合の切手を貼る位置 横長封筒に切手を貼る場合の位置は 右上です。 上記の画像のように 上から3. 5cm、 横から7cmの場所に貼っていきます。 なぜ、横長封筒の場合は右上に切手を貼っていくのかというと 先ほど書いた機械で自動的に消印を押していく時に、封筒などは縦長に置かれます。 なので、横長封筒を縦置きにした場合に、縦長封筒と同じように切手が左上にくるようにして貼ります。 このような感じで自動的に右上に押されます。 切手を貼る向き 切手を貼る向きは、できるだけ封筒などの開封口を上にして切手の文字やイラストが正常に読めるように貼っていきます。 逆さ向きに貼ってあっても全然問題ないのですが、その方が見栄えがいいですからね。 ハガキに切手を貼る場合 ハガキに切手を貼る場合は、文字を縦書きで書いたか横書きで書いたかによって切手を貼る位置や向きなどを決めてください。 スポンサーリンク 切手を複数枚貼る時の注意点 切手の貼り方の正しいマナーについては、わかってもらえたと思います。 そして、切手を1枚だけ貼っていく場合は、上記で書いたように貼っていきますが、切手を2~3枚など複数枚貼っていく時に注意してほしいことがあって その注意点は ・ 切手が重ならないように貼る ・ 金額の高い切手から貼っていく ・ 切手を貼る枚数によって貼り方を変える です。 切手が重ならないように貼る 切手が重ならないように貼るっていうのは、切手が重なってしまっていると ・ 切手の料金がわかりずらくなる ・ 切手が剥がれてしまうことがある などのことが起こってしまいます。 それが原因で、封筒やハガキが返送されてきてしまったり 受け取った人が送料分を払わなくてはいけないことが起こってしまうことがあります。 なので、切手は必ず重ならないように貼るように注意してください。 金額の高い切手から順番に貼っていく 金額の高い切手から順に貼っていくっていうのは、例えば 500円切手の次に120円切手を貼ってその後に1円切手を貼るようにします。 縦長封筒の場合は、 上から下に高い切手の順番に貼っていく 横長封筒の場合は、 左から右に高い切手の順番に貼っていく ようにしていきます。 2~3枚の切手を貼る場合 2~3枚の切手を貼る場合は、そのまま 1列で貼っていってください。 1列で貼っても上記で書いた、7cmと3. 5cmの範囲から少し飛び出す程度で貼っていくことができます。 4枚以上の切手を貼る場合 4枚以上の切手を貼る場合は、1列で貼れない場合は2列などにして貼っていってください。 見栄えを良くする為に、最初から2列で貼っていくのがおすすめです。 そして、できれば切手の貼る枚数を減らしていくようにしていくのがベストです。 切手を綺麗に貼るコツ 切手を綺麗に貼るコツとしては ・ 切手を貼ってから宛名や住所を書く ・ 水で切手を濡らして貼る です。 切手を貼ってから宛名や住所を書く 切手を貼ってから宛名や住所を書くっていうのは、最初に宛名や住所を書いてしまうと切手を貼るスペースが無くなってしまったりしてしまうことがあります。 なので、最初に切手を貼ってから、開いているスペースにバランスよく宛名や住所を書いていくようにします。 複数枚切手を貼る場合や絵ハガキなどの時におすすめですね。 水で切手を濡らして貼る 水で切手を濡らして貼るっていうのは、よく切手を舌でなめて貼ってしまうことがあります。 しかし、舌でなめてツバなどで貼ってしまうと臭いが残ってしまうことがありますし 受け取った人は気づかないかもしれませんが、何となく不潔に感じてしまいます。 そして、何よりも切手の端などにうまくつけれなくて剥がれてしまうことがあります。 なので、切手を貼る場合は水で濡らして貼っていくようにしてください。 水で切手を綺麗に貼っていくおすすめのやり方 水で切手を綺麗に貼っていくおすすめのやり方としては タオルやハンカチなどを水で濡らして、 その上に切手を数秒置いて濡らしていくようにします。 切手をそのまま水につけてしまうと、切手の裏だけじゃなくて表面にも水が多くついてしまうことがありますからね。 切手を間違えて貼ってしまった時の綺麗なはがし方やおすすめのやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。 切手の貼り方の正しいマナーは 縦長封筒に切手を貼る場合は、左上の上から7cm、横から3. 5cm以内に貼る 横長封筒に切手を貼る場合は、右上の上から3. 5cm、横から7cm以内に貼る そして、複数枚切手を貼る場合の注意点として ・切手が重ならないように貼る ・金額の高い切手から順番に貼る ・切手の枚数が多い場合は2列で貼る などです。 後は、切手を綺麗に貼るコツとして、切手を貼ってから住所や宛名を書いていき、しっかりと水で軽く濡らしてから貼っていってください。 余って使い道がない切手の賢い使い方や換金していくやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

次の

切手の貼り方の正しいマナー!横封筒に貼る位置や複数枚の注意点!

封筒 切手 の 位置

切手の貼り方の正しいマナー 普段何気なく封筒やハガキなどに貼っている切手にも実は正しい貼り方のマナーがあります。 そこで、まずは必ず抑えておきたい切手の貼り方の正しいマナーは ・ 縦長封筒の場合の貼る位置 ・ 横長封筒の場合の貼る位置 ・ 切手を貼る向き ・ ハガキに切手を貼る場合 です。 縦長封筒の場合の切手を貼る位置 縦長封筒に切手を貼る場合の貼る位置は 左上です。 上記の画像のように 上から7cm、 横から3. 5cmの場所に貼っていきます。 この場所に切手を貼っていってほしい理由は 郵便局では大量の郵便物をさばいていかなくてはいけないので、機械で消印を押していっています。 その消印が押される場所が、左上の場所なので、そこに切手があることによって自動的に切手に消印を押していくことができます。 横長封筒の場合の切手を貼る位置 横長封筒に切手を貼る場合の位置は 右上です。 上記の画像のように 上から3. 5cm、 横から7cmの場所に貼っていきます。 なぜ、横長封筒の場合は右上に切手を貼っていくのかというと 先ほど書いた機械で自動的に消印を押していく時に、封筒などは縦長に置かれます。 なので、横長封筒を縦置きにした場合に、縦長封筒と同じように切手が左上にくるようにして貼ります。 このような感じで自動的に右上に押されます。 切手を貼る向き 切手を貼る向きは、できるだけ封筒などの開封口を上にして切手の文字やイラストが正常に読めるように貼っていきます。 逆さ向きに貼ってあっても全然問題ないのですが、その方が見栄えがいいですからね。 ハガキに切手を貼る場合 ハガキに切手を貼る場合は、文字を縦書きで書いたか横書きで書いたかによって切手を貼る位置や向きなどを決めてください。 スポンサーリンク 切手を複数枚貼る時の注意点 切手の貼り方の正しいマナーについては、わかってもらえたと思います。 そして、切手を1枚だけ貼っていく場合は、上記で書いたように貼っていきますが、切手を2~3枚など複数枚貼っていく時に注意してほしいことがあって その注意点は ・ 切手が重ならないように貼る ・ 金額の高い切手から貼っていく ・ 切手を貼る枚数によって貼り方を変える です。 切手が重ならないように貼る 切手が重ならないように貼るっていうのは、切手が重なってしまっていると ・ 切手の料金がわかりずらくなる ・ 切手が剥がれてしまうことがある などのことが起こってしまいます。 それが原因で、封筒やハガキが返送されてきてしまったり 受け取った人が送料分を払わなくてはいけないことが起こってしまうことがあります。 なので、切手は必ず重ならないように貼るように注意してください。 金額の高い切手から順番に貼っていく 金額の高い切手から順に貼っていくっていうのは、例えば 500円切手の次に120円切手を貼ってその後に1円切手を貼るようにします。 縦長封筒の場合は、 上から下に高い切手の順番に貼っていく 横長封筒の場合は、 左から右に高い切手の順番に貼っていく ようにしていきます。 2~3枚の切手を貼る場合 2~3枚の切手を貼る場合は、そのまま 1列で貼っていってください。 1列で貼っても上記で書いた、7cmと3. 5cmの範囲から少し飛び出す程度で貼っていくことができます。 4枚以上の切手を貼る場合 4枚以上の切手を貼る場合は、1列で貼れない場合は2列などにして貼っていってください。 見栄えを良くする為に、最初から2列で貼っていくのがおすすめです。 そして、できれば切手の貼る枚数を減らしていくようにしていくのがベストです。 切手を綺麗に貼るコツ 切手を綺麗に貼るコツとしては ・ 切手を貼ってから宛名や住所を書く ・ 水で切手を濡らして貼る です。 切手を貼ってから宛名や住所を書く 切手を貼ってから宛名や住所を書くっていうのは、最初に宛名や住所を書いてしまうと切手を貼るスペースが無くなってしまったりしてしまうことがあります。 なので、最初に切手を貼ってから、開いているスペースにバランスよく宛名や住所を書いていくようにします。 複数枚切手を貼る場合や絵ハガキなどの時におすすめですね。 水で切手を濡らして貼る 水で切手を濡らして貼るっていうのは、よく切手を舌でなめて貼ってしまうことがあります。 しかし、舌でなめてツバなどで貼ってしまうと臭いが残ってしまうことがありますし 受け取った人は気づかないかもしれませんが、何となく不潔に感じてしまいます。 そして、何よりも切手の端などにうまくつけれなくて剥がれてしまうことがあります。 なので、切手を貼る場合は水で濡らして貼っていくようにしてください。 水で切手を綺麗に貼っていくおすすめのやり方 水で切手を綺麗に貼っていくおすすめのやり方としては タオルやハンカチなどを水で濡らして、 その上に切手を数秒置いて濡らしていくようにします。 切手をそのまま水につけてしまうと、切手の裏だけじゃなくて表面にも水が多くついてしまうことがありますからね。 切手を間違えて貼ってしまった時の綺麗なはがし方やおすすめのやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。 切手の貼り方の正しいマナーは 縦長封筒に切手を貼る場合は、左上の上から7cm、横から3. 5cm以内に貼る 横長封筒に切手を貼る場合は、右上の上から3. 5cm、横から7cm以内に貼る そして、複数枚切手を貼る場合の注意点として ・切手が重ならないように貼る ・金額の高い切手から順番に貼る ・切手の枚数が多い場合は2列で貼る などです。 後は、切手を綺麗に貼るコツとして、切手を貼ってから住所や宛名を書いていき、しっかりと水で軽く濡らしてから貼っていってください。 余って使い道がない切手の賢い使い方や換金していくやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

次の

A4封筒の切手料金は?正しい張り方と位置は?マナーの虎!

封筒 切手 の 位置

切手の貼り方の正しいマナー 普段何気なく封筒やハガキなどに貼っている切手にも実は正しい貼り方のマナーがあります。 そこで、まずは必ず抑えておきたい切手の貼り方の正しいマナーは ・ 縦長封筒の場合の貼る位置 ・ 横長封筒の場合の貼る位置 ・ 切手を貼る向き ・ ハガキに切手を貼る場合 です。 縦長封筒の場合の切手を貼る位置 縦長封筒に切手を貼る場合の貼る位置は 左上です。 上記の画像のように 上から7cm、 横から3. 5cmの場所に貼っていきます。 この場所に切手を貼っていってほしい理由は 郵便局では大量の郵便物をさばいていかなくてはいけないので、機械で消印を押していっています。 その消印が押される場所が、左上の場所なので、そこに切手があることによって自動的に切手に消印を押していくことができます。 横長封筒の場合の切手を貼る位置 横長封筒に切手を貼る場合の位置は 右上です。 上記の画像のように 上から3. 5cm、 横から7cmの場所に貼っていきます。 なぜ、横長封筒の場合は右上に切手を貼っていくのかというと 先ほど書いた機械で自動的に消印を押していく時に、封筒などは縦長に置かれます。 なので、横長封筒を縦置きにした場合に、縦長封筒と同じように切手が左上にくるようにして貼ります。 このような感じで自動的に右上に押されます。 切手を貼る向き 切手を貼る向きは、できるだけ封筒などの開封口を上にして切手の文字やイラストが正常に読めるように貼っていきます。 逆さ向きに貼ってあっても全然問題ないのですが、その方が見栄えがいいですからね。 ハガキに切手を貼る場合 ハガキに切手を貼る場合は、文字を縦書きで書いたか横書きで書いたかによって切手を貼る位置や向きなどを決めてください。 スポンサーリンク 切手を複数枚貼る時の注意点 切手の貼り方の正しいマナーについては、わかってもらえたと思います。 そして、切手を1枚だけ貼っていく場合は、上記で書いたように貼っていきますが、切手を2~3枚など複数枚貼っていく時に注意してほしいことがあって その注意点は ・ 切手が重ならないように貼る ・ 金額の高い切手から貼っていく ・ 切手を貼る枚数によって貼り方を変える です。 切手が重ならないように貼る 切手が重ならないように貼るっていうのは、切手が重なってしまっていると ・ 切手の料金がわかりずらくなる ・ 切手が剥がれてしまうことがある などのことが起こってしまいます。 それが原因で、封筒やハガキが返送されてきてしまったり 受け取った人が送料分を払わなくてはいけないことが起こってしまうことがあります。 なので、切手は必ず重ならないように貼るように注意してください。 金額の高い切手から順番に貼っていく 金額の高い切手から順に貼っていくっていうのは、例えば 500円切手の次に120円切手を貼ってその後に1円切手を貼るようにします。 縦長封筒の場合は、 上から下に高い切手の順番に貼っていく 横長封筒の場合は、 左から右に高い切手の順番に貼っていく ようにしていきます。 2~3枚の切手を貼る場合 2~3枚の切手を貼る場合は、そのまま 1列で貼っていってください。 1列で貼っても上記で書いた、7cmと3. 5cmの範囲から少し飛び出す程度で貼っていくことができます。 4枚以上の切手を貼る場合 4枚以上の切手を貼る場合は、1列で貼れない場合は2列などにして貼っていってください。 見栄えを良くする為に、最初から2列で貼っていくのがおすすめです。 そして、できれば切手の貼る枚数を減らしていくようにしていくのがベストです。 切手を綺麗に貼るコツ 切手を綺麗に貼るコツとしては ・ 切手を貼ってから宛名や住所を書く ・ 水で切手を濡らして貼る です。 切手を貼ってから宛名や住所を書く 切手を貼ってから宛名や住所を書くっていうのは、最初に宛名や住所を書いてしまうと切手を貼るスペースが無くなってしまったりしてしまうことがあります。 なので、最初に切手を貼ってから、開いているスペースにバランスよく宛名や住所を書いていくようにします。 複数枚切手を貼る場合や絵ハガキなどの時におすすめですね。 水で切手を濡らして貼る 水で切手を濡らして貼るっていうのは、よく切手を舌でなめて貼ってしまうことがあります。 しかし、舌でなめてツバなどで貼ってしまうと臭いが残ってしまうことがありますし 受け取った人は気づかないかもしれませんが、何となく不潔に感じてしまいます。 そして、何よりも切手の端などにうまくつけれなくて剥がれてしまうことがあります。 なので、切手を貼る場合は水で濡らして貼っていくようにしてください。 水で切手を綺麗に貼っていくおすすめのやり方 水で切手を綺麗に貼っていくおすすめのやり方としては タオルやハンカチなどを水で濡らして、 その上に切手を数秒置いて濡らしていくようにします。 切手をそのまま水につけてしまうと、切手の裏だけじゃなくて表面にも水が多くついてしまうことがありますからね。 切手を間違えて貼ってしまった時の綺麗なはがし方やおすすめのやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。 切手の貼り方の正しいマナーは 縦長封筒に切手を貼る場合は、左上の上から7cm、横から3. 5cm以内に貼る 横長封筒に切手を貼る場合は、右上の上から3. 5cm、横から7cm以内に貼る そして、複数枚切手を貼る場合の注意点として ・切手が重ならないように貼る ・金額の高い切手から順番に貼る ・切手の枚数が多い場合は2列で貼る などです。 後は、切手を綺麗に貼るコツとして、切手を貼ってから住所や宛名を書いていき、しっかりと水で軽く濡らしてから貼っていってください。 余って使い道がない切手の賢い使い方や換金していくやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

次の