山口 百恵 プレイ バック パート 2。 山口百恵 プレイバック PART2 歌詞

山口百恵『プレイバック part 2』

山口 百恵 プレイ バック パート 2

解説 [ ] Play Back [ ] 歌詞中の「Play Back」とは「巻き戻し(戻す)」を意味する。 タイトルどおり、楽曲は1番の途中で演奏が一時止まり、再び始まるという趣向であった。 2番のこの部分のキーワードは「勝手にしやがれ」である。 これは、カーラジオから流れてきた「ステキな唄」が前年にによってリリースされた「」であることを示唆し、同曲中の「飛び出していった女」のその後とも重なる一種のとなっている。 製作の経緯 [ ] 元々はディレクターの発案から「プレイバック」というタイトルが決められ、作詞、作曲と、が作曲する2作同時に作られ、宇崎竜童版を採用。 しかしまだ物足りなかったスタッフが阿木・宇崎両名に作り直しを依頼。 翌日にはレコーディングしないとプレスに間に合わないという状況の中、2人はこの曲を更に一晩で作り、翌日にはアレンジャーに渡し、レコーディングまで済ませたという。 タイトルに「Part2」が入っているのも、元はこうした製作の経緯による。 なお、馬飼野作曲版の『プレイバックPart1』は、本作の翌月に発売されたベストアルバム『』に、シングルB面用だった『たそがれ祭り』と共に収録されている(はされていない)。 ポルシェの型式 [ ] 歌詞に登場する『真紅なポルシェ』の型式に関しては、様々な見解があり、現在でも確定されてはいない。 ラジオDJのがとのインタビューの際、宇崎竜童が「女性が街中で乗ってるって事だと、かで作ってた方のポルシェじゃないのかな?」というコメントをしている。 このことから、またはではないだろうかという説が有力となっている。 なお作詞家の自身は、この『真紅ポルシェ』の型式に関して一切明言していないので、真相は不明である。 放送局における取扱い [ ] 山口がのに出演した際は、歌詞中の「真紅な」の部分が、広告・宣伝放送(他人の営業に関する広告の放送)を禁止した83条1項及び日本放送協会定款51条に抵触する「商品または企業の宣伝」とみなされる法律上の判断から「」に改変して歌っていた。 しかし、自身初の紅組トリで出場した『』での歌唱をきっかけに、以後はNHKでも「ポルシェ」と歌っている。 曲中に場面転換として一時無音になるという演出は、当時はまだ珍しかった。 これを曲の終わりと勘違いされないための配慮として、無音の間をでつないで曲がまだ終わっていないことを明示したり、無音そのものを省略することなどで対応するテレビ局もあった。 収録曲 [ ] 全作詞: 阿木燿子、全作曲: 宇崎竜童、全編曲:。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「プレイバック Part 2」 阿木燿子 宇崎竜童 3:20 2. 「賭け」 阿木燿子 宇崎竜童 3:05 合計時間: 6:25 品番 [ ]• - : 06SH 331(シングル)• - : 10EH 3183(「Platinum Single SERIES」 片面: )• - 8cmCD: MHCL 10040(「」 初回紙ジャケ仕様盤) 関連作品 [ ]• プレイバックPart2• プレイバックPart2 (ライブ音源)• プレイバックPart2 (ニューアレンジ&ボーカル別テイク)• プレイバックPart1• プレイバックPart1 (ライブ音源)• カバーしたアーティスト [ ] プレイバックPart2• (1990年、カバーアルバム『EASTER』に収録)• (1991年)• (2004年、トリビュートアルバム『』に収録)• 「」にて企画PV• (2008年)• (2009年)• (2013年、カバーアルバム『Grace of the Guitar』に収録)• (2014年、シングル『SOL』に収録)• (2015年、カバーアルバム『あいの唄 〜Love Songs〜』に収録)• (2016年)• (2016年、カバーアルバム『THE ノスタルジックス』に収録 )• (2017年、カバーアルバム『』に収録) 備考 [ ] テレビアニメ『』の第12話で、宇宙ボタルにやられたが、本曲を歌いながら暴れるシーンがある。 1983年に公開された監督の『痴漢電車 百恵のお尻』で本曲が挿入歌として使用されている。 1999年に「トマト」のCM(出演:)で替え歌が使用された。 また「ちょっと待って プレイバック、プレイバック! 」の部分は文字通り「映像を巻き戻す」シーンで使われることがあり、その一例には 初代RA系初期型 のCMがある。 関連項目 [ ]• - 2014年10月より、が、関西ローカル深夜番組でスタートした番組のエンディングテーマに採用。 - 、、、が2015年秋冬シーズンTVCMでこの曲を歌唱。 脚注 [ ]• 80'sポップスHITヒストリー〜」P48,49• 川瀬泰雄『プレイバック 制作ディレクター回想記〜音楽「山口百恵」全軌跡〜』学研、2011年2月25日初版/• 『』1978年5月25日放送回(2015年6月現在NHKの番組公開ライブラリーで視聴可能)など。 1999年12月18日. 2015年11月19日閲覧。 2011年12月10日. 2015年11月19日閲覧。 前者はNHKなど、後者は「夜のヒットスタジオ」 フジテレビ など。 音楽ナタリー. 2016年9月12日. 2016年9月13日閲覧。 外部リンク [ ]• 『』 -.

次の

プレイバックPart2

山口 百恵 プレイ バック パート 2

解説 [ ] Play Back [ ] 歌詞中の「Play Back」とは「巻き戻し(戻す)」を意味する。 タイトルどおり、楽曲は1番の途中で演奏が一時止まり、再び始まるという趣向であった。 2番のこの部分のキーワードは「勝手にしやがれ」である。 これは、カーラジオから流れてきた「ステキな唄」が前年にによってリリースされた「」であることを示唆し、同曲中の「飛び出していった女」のその後とも重なる一種のとなっている。 製作の経緯 [ ] 元々はディレクターの発案から「プレイバック」というタイトルが決められ、作詞、作曲と、が作曲する2作同時に作られ、宇崎竜童版を採用。 しかしまだ物足りなかったスタッフが阿木・宇崎両名に作り直しを依頼。 翌日にはレコーディングしないとプレスに間に合わないという状況の中、2人はこの曲を更に一晩で作り、翌日にはアレンジャーに渡し、レコーディングまで済ませたという。 タイトルに「Part2」が入っているのも、元はこうした製作の経緯による。 なお、馬飼野作曲版の『プレイバックPart1』は、本作の翌月に発売されたベストアルバム『』に、シングルB面用だった『たそがれ祭り』と共に収録されている(はされていない)。 ポルシェの型式 [ ] 歌詞に登場する『真紅なポルシェ』の型式に関しては、様々な見解があり、現在でも確定されてはいない。 ラジオDJのがとのインタビューの際、宇崎竜童が「女性が街中で乗ってるって事だと、かで作ってた方のポルシェじゃないのかな?」というコメントをしている。 このことから、またはではないだろうかという説が有力となっている。 なお作詞家の自身は、この『真紅ポルシェ』の型式に関して一切明言していないので、真相は不明である。 放送局における取扱い [ ] 山口がのに出演した際は、歌詞中の「真紅な」の部分が、広告・宣伝放送(他人の営業に関する広告の放送)を禁止した83条1項及び日本放送協会定款51条に抵触する「商品または企業の宣伝」とみなされる法律上の判断から「」に改変して歌っていた。 しかし、自身初の紅組トリで出場した『』での歌唱をきっかけに、以後はNHKでも「ポルシェ」と歌っている。 曲中に場面転換として一時無音になるという演出は、当時はまだ珍しかった。 これを曲の終わりと勘違いされないための配慮として、無音の間をでつないで曲がまだ終わっていないことを明示したり、無音そのものを省略することなどで対応するテレビ局もあった。 収録曲 [ ] 全作詞: 阿木燿子、全作曲: 宇崎竜童、全編曲:。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「プレイバック Part 2」 阿木燿子 宇崎竜童 3:20 2. 「賭け」 阿木燿子 宇崎竜童 3:05 合計時間: 6:25 品番 [ ]• - : 06SH 331(シングル)• - : 10EH 3183(「Platinum Single SERIES」 片面: )• - 8cmCD: MHCL 10040(「」 初回紙ジャケ仕様盤) 関連作品 [ ]• プレイバックPart2• プレイバックPart2 (ライブ音源)• プレイバックPart2 (ニューアレンジ&ボーカル別テイク)• プレイバックPart1• プレイバックPart1 (ライブ音源)• カバーしたアーティスト [ ] プレイバックPart2• (1990年、カバーアルバム『EASTER』に収録)• (1991年)• (2004年、トリビュートアルバム『』に収録)• 「」にて企画PV• (2008年)• (2009年)• (2013年、カバーアルバム『Grace of the Guitar』に収録)• (2014年、シングル『SOL』に収録)• (2015年、カバーアルバム『あいの唄 〜Love Songs〜』に収録)• (2016年)• (2016年、カバーアルバム『THE ノスタルジックス』に収録 )• (2017年、カバーアルバム『』に収録) 備考 [ ] テレビアニメ『』の第12話で、宇宙ボタルにやられたが、本曲を歌いながら暴れるシーンがある。 1983年に公開された監督の『痴漢電車 百恵のお尻』で本曲が挿入歌として使用されている。 1999年に「トマト」のCM(出演:)で替え歌が使用された。 また「ちょっと待って プレイバック、プレイバック! 」の部分は文字通り「映像を巻き戻す」シーンで使われることがあり、その一例には 初代RA系初期型 のCMがある。 関連項目 [ ]• - 2014年10月より、が、関西ローカル深夜番組でスタートした番組のエンディングテーマに採用。 - 、、、が2015年秋冬シーズンTVCMでこの曲を歌唱。 脚注 [ ]• 80'sポップスHITヒストリー〜」P48,49• 川瀬泰雄『プレイバック 制作ディレクター回想記〜音楽「山口百恵」全軌跡〜』学研、2011年2月25日初版/• 『』1978年5月25日放送回(2015年6月現在NHKの番組公開ライブラリーで視聴可能)など。 1999年12月18日. 2015年11月19日閲覧。 2011年12月10日. 2015年11月19日閲覧。 前者はNHKなど、後者は「夜のヒットスタジオ」 フジテレビ など。 音楽ナタリー. 2016年9月12日. 2016年9月13日閲覧。 外部リンク [ ]• 『』 -.

次の

プレイバックPart2

山口 百恵 プレイ バック パート 2

何はともあれ、1978(昭和53)年、第29回NHK紅白歌合戦の赤組トリの曲、山口百恵の「プレイバックpart2」の映像をご覧ください。 1978年の山口百恵のヒット曲「プレイバックpart2」に、「 真紅 まっか なポルシェ」という歌詞が出てくるのですが、NHKにおいて歌われるときには、会社の宣伝になるとして「 真紅なクルマ」と言い換えられた、という話をよく聞きます。 しかし、NHK紅白歌合戦では、上記の映像の通り「真紅なポルシェ」と、読み替えせずに歌っています。 きっかけは下記の記事、「『障害』は戦前は『障碍』と書いていた、というのは必ずしも正しくない」という内容です。 で、この記事の最後で、山口百恵のプレイバックpart2の話題が出てくるわけです。 実際は「普段の歌番組では『真っ赤なクルマ』にされていたが、紅白だけは『ポルシェ』だった」というもので、検証している記事があるのですが、そのコメント欄に 私が小学生か、中学生の頃のある年の紅白で、真っ赤なくるまと歌ってるのをこの目で見て、聴いて、子供ながらに非常に違和感を覚えた記憶があります。 私もこれ見ていましたが、「真っ赤な車」と言っていましたよ。 と書いている人がいたりして、気持ちのいい考えの影響力(記憶改竄力)というのは恐ろしいものだと思わされます。 さらっと流しているけど、 えっ、マジで!?? と思って調べたわけです。 「ポルシェ」を「クルマ」に変更させて、また「ポルシェ」に戻した経緯は、ウィキペディアにも書かれていました。 NHKの音楽番組(『レッツゴーヤング』など)に出演した際は歌詞中の「ポルシェ」の部分が宣伝に当たるという理由から「クルマ」に置き換えて歌っていた。 しかし、自身初の紅組トリで出場した『第29回NHK紅白歌合戦』での歌唱をきっかけに、以後はNHKでも「ポルシェ」と歌っている。 調べてみたところ、確かに「真紅な クルマ」と歌っている映像も残っていました。 紅白歌合戦でプレイバックpart2を歌ったのは、を見ても1978(昭和53)年の一度だけ。 よって、「 山口百恵が「プレイバックpart2」をNHK紅白歌合戦で歌った時、『真紅なクルマ』と歌詞を変更させられた」という、まことしやかな噂は間違いということになります。 ただ、これ以前のNHKの番組では変更していたこともあったのも確かであり、その噂を信じていた人はそれと混同していたということでしょう。 最初の「障碍」と「障害」という話からだいぶ逸れてしまいましたが、私はこの事実にかなりビックリしました。 というのも、山口百恵をリアルタイムで観ていた私の母(来年で還暦)が、何度もこの話をしていたからです。 人の記憶というのは、随分とあやふやなモノのようですね。 最近のコメント• に ちゅんちゅん より• に より• に より• に より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の