ジャマイカ コロナ。 コロナ日記inジャマイカ : ジャマイカブログ Ricoのスケッチ・ダイアリ

ジャパン・カルチャー・セッション

ジャマイカ コロナ

ジャマイカでは3月のうちから学校は閉鎖を継続しているそうです。 日本では学校は再開の見込みだと言うと再開はやめなよ!と言われてしまいました。 ジャマイカ人Aさんの言うことが正し過ぎて会話終了 私 日本では学校再開します。 子供同士ではあまり感染しないことが背景だと専門家が言ってました A それおかしいでしょ。 通学通園中に会った人や、子供や先生同士で感染するでしょ 私 その可能性はあるでしょうね A じゃあやめなさいよ 私)・・・😅— 田中実 マスク売ってる店ありますよ!備蓄品等も😆 dVzSgAE5DeOojEm 2020年4月1日から4月8日の間に関しては午後8時から翌6時までは外出禁止だそうです。 外出すると逮捕され、罰金だそうです。 教会は閉鎖され、替わりにFacebook Liveで、教会から動画が配信され、信者はそれを使ってお祈りしているそうです。 新型肺炎のせいで、教会の運営も急に近代化しちゃいましたね。。。 オンライン英会話では、各国の人達と話せるのが楽しいし、勉強になりますね。 まだ、DMM英会話を無料で体験していない方はこちらから体験ができますよ では皆さん、お元気で!.

次の

新型コロナウイルス(ジャマイカ国内での新たな感染者情報)

ジャマイカ コロナ

世界的に広がる新型コロナ騒動により、 皆さんがそれぞれ大変な思いをされていることと思います。 感染が拡大している中、皆さんやご家族等周りの方々が 健やかに過ごすことが出来ますように。 Stay home, keep safe! 2月3月はマックスで忙しく、久しぶりのブログになりました。 わたしのコロナ日記 in ジャメーカ、書きます。 2020年3月10日 ジャマイカで初のコロナウイルス感染者が出た この日、 わたしはダウンタウンにある新聞社、グリーナー紙のライブラリーで 調べもの をしてました。 コロナウィルス感染者が出たニュースで、グリーナー社内は 急にわさわさし始め、 そんな中、わたしのリクエストに対応してくれてありがとう 2月の終わりくらいからわたしは、食品や日用品などかなりの備蓄をしてたので、 スーパーに駆け込むことはしなくてすんだけど ローカルニュースを見ようとテレビをつけたらテレビがつかない テレビが壊れてたー。 そういえば去年からテレビ見てなかったし。 映画は Netflix で見るし、 でも CNN や BBC などで、世界のコロナ状況やアメリカの大統領選も気になるし、 プライススマートにテレビ買いに行きました。 午前中に行ったのにすごい人で、 みんなパニックになってるわけじゃないけど、買いだめに走ってて 店内は広いのに、 あんな空気の悪いとこ久しぶりに行ったわ。 もうこのときに、マスクや手袋してる人けっこういた。 わたしはいまだにマスクなし。 してる人がいるとしたら医療用のだし、 そもそもマスクってジャマイカに売ってるの? わたしね、プライススマートとかメガマートとか苦手なんですよ笑。 みなさん、ロックダウンの直前とか、スーパーに行くとコロナ感染危ないですよ この週に学校が休校になりました。 この日から、サルサダンスはできなくなりましたーー。 サルサって、不特定多数の人と濃厚接触するからね・・ もうしばらくできそうにない 今もミラーの前で一人で踊ってるけどね。 思えば3月10日を境に、友だちとかと会ってない。 もちろん電話やチャットはするけどね。 陸上大会は、ずいぶん前から大会中止が伝えられ、 アメリカのペン・リレー(毎年行われるリレーだけの大会、開催地どこだったかド忘れした!)も、ジャマイカは不参加と陸連が発表 そしてチャンプス(ジャマイカ全国高校対抗陸上大会)が、 コロナウイルスのせいで中止となってしまったーー 画像は、ジャマイカに感染者が出た3月10日の前日に行った、コミュニティーで撮った写真。 遠い昔のような気がする。 ジャマイカ政府のコロナウイルス政策は 先手必勝。 人々も危機意識が高く、コロナウイルス対策への認識は強い。 ジャマイカ政府の先手必勝コロナ対策の話、また書きます。 みなさんも、 Stay home, Keep safe.

次の

ジャマイカ

ジャマイカ コロナ

NCSCは、日本の 老人クラブのような活動で、ウェストモアランド県の事業担当者から環境教育隊員に依頼があり実現したものです。 閉じる Origami, Paper Folding 折り紙体験では、 ハートと バラの花の2種類にチャレンジしました。 写真はハートが完成したところです。 角を揃える、しっかり折り目をつけるといったことがなかなか初めて折り紙を体験する方には難しいので、なるべくシンプルなものをチョイスしたのが功を奏しました。 一方、バラの花はやや難しかったようで、参加者ごとに出来上がりにバラツキが出てしまいましたが、冒頭の集合写真のバックにあるように、木の幹と枝を描いた画用紙に貼ると「 Lovely! 」と歓声が上がってホッとしました。 今回のセッションをアレンジしてくれた矢櫃隊員にもコメントをもらいました。 「この度ご縁があり、任地のシニアの皆さん向けにジャパン・カルチャー・セッションを開催させて頂きました。 普段は活動上、小学生を中心とした生徒と関わることが多く、セッションを通してシニアの皆さんと交流できたことは非常に良い機会となりました。 今後も皆さんとまた何かご一緒にできればと思います。 」 反省点もたくさんありましたが、機会があればまたチャレンジしたいです。 日本っていいなぁ。

次の