出産予定日証明書。 産前産後期間の免除制度 江戸川区ホームページ

出産費貸付制度について

出産予定日証明書

詳細 傷病手当金 つわりや切迫早産などで連続する3日間(待機期間)を含む4日以上、仕事に就けなかったときに申請できます。 申請は休業4日目以降に行います。 産前産後休業保険料免除 産休前に、勤め先への申請がおすすめ。 申請出来る期間は、産前42日間(多胎の場合は98日)、産後56日です。 高額医療費 妊娠中、産後にママが長期入院することになり、1ヶ月に負担する医療費が上限を超えた場合に差額が戻る制度です。 年齢と年収によって金額が変わります。 失業給付金の延長 退職後30日を過ぎた翌日から1ヶ月以内に申請します。 本人が出産時期と重なって行けない場合は、代理人でも郵送でも申請可能です。 出産育児一時金 出産育児付加金 保険のきかない出産費用を国が負担してくれる制度です。 支給額は42万円。 大抵は医療機関で手続きを行ない、国から直接費用が振り込まれます。 出生届 赤ちゃんが生まれた日を含めて14日以外に市区町村役場の戸籍孫口に提出します。 生まれたのが早朝でも深夜でも1日とカウントするので注意。 未熟児養育医療給付金 自治体によって提出期限が違います。 提出期限が生後14日以内というところもあるので、お住まいの地域の期限を確認してください。 児童手当金 出生日から15日以内にお住まいの市町村役所に申請します。 健康保険の加入 生後1ヶ月までを目安に加入します。 保険証を作った後に乳幼児医療証を作るため、できるだけ早く勤め先または国民健康保険の場合は自治体に申請します。 保険証がくるまでに、申請から2週間ほどかかります。 乳幼児医療費助成 上記の健康保険証ができたらお住まいの市町村役所で申請します。 医療助成を受けられる年齢制限と負担額は、お住まいの地域によって変わります。 また、所得制限がある地域もあるので確認しておきましょう。 育児休業給付金 生後8週を過ぎた翌日から4ヶ月になった月の月末までに申請し、給付は生後8週を過ぎた翌日から1歳になるまで受けられます。 出産祝い金 勤め先から出産祝い金をもらえる場合があります。 出産報告と同時に確認しておきましょう。 医療保険 帝王切開で出産した場合、加入している医療保険が適用されます。 出産手当金 健康保険に1年以上加入していて、妊娠が4ヶ月以上継続している人がもらえる手当です。 流産、早産、死産、中絶も含み、産後に申請する場合は産後56日以降。 一般的にその都度医師の証明書が必要。 また、19歳以上は児童としてカウントされないので、年齢差のある兄弟の場合は、第一子を18歳として数えます。 公務員の場合は勤務先から支給されるので、自治体と勤務先両方の申請が必要です。 届けがない場合は次回から受けられなくなることがあるので、必ず提出しましょう。 保険がきかない出産時の高額医療費の負担を軽減してくれる制度です。 多くの場合は医療機関に申し出ることで、医療機関と保険組合の間で手続きが行なわれます。 妊娠4ヶ月未満の出産には40万円、流産や死産も含まれます。 費用が42万円を超えた場合は差額分を支払います。 たいていはこの制度を利用しますが、利用しない場合は病院に費用を支払った後に手続きをして受給します。 申請をしないと受給できないので必ず記入し提出します。 この間も受給が続きます。 4ヶ月以上妊娠していれば、流産、早産、死産、中絶も含みます。 都合により産前産後で2回に分けて受給する場合は、医師の証明書を提出してその都度の申請になります。 家族でかかった医療費の実費が1年で10万円を超えると、医療費控除の還付金を受け取れる場合があります。 出産の実費用も医療費に入るので、領収書は保管しておきましょう。 還付金申請のみの場合は期間前にも受付可能です。 世帯の個人番号が必要) ・所得税額等の証明書類(扶養義務者全員のものが必要) ・健康保険証(赤ちゃんがまだ未加入の場合は、入る予定の物) ・印鑑 ・こども医療費支給申請書兼請求書 妊娠中や産後に長期入院などで医療費が高額になる場合は、高額医療費を受給できます。 高額医療費制度とは、1ヶ月に自己負担する医療費の上限を超えた場合の金額が戻る制度です。 年齢と年収によって金額が変わり、70歳未満は年収で5段階に分けられています。

次の

出産したとき

出産予定日証明書

産前産後期間の免除制度 平成31年4月から国民年金保険料の産前産後期間の免除制度が始まります 次世代育成支援の観点から国民年金第1号被保険者が出産した際には、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が始まります。 なお、産前産後期間として認められた期間は、将来、被保険者の年金額を計算する際は、保険料を納めた期間として扱われます。 国民年金保険料が免除される期間 出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。 なお多胎妊娠の場合は、出産日予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。 妊娠85日(4か月)以上の死産、流産をした方を含めます。 詳しくはをご覧ください。 身分証明書と下記のいずれか一点をご持参ください。 申請をする時期等により必要書類が異なります。 出産前の申請• 母子健康手帳• 医療機関が発行した出産の予定日などの書類• 戸籍謄(抄)本• 戸籍記載事項証明書• 出生届受理証明書• 母子健康手帳• 住民票• 医療機関が発行した出産の日等の証明書• その他出産の日を明らかにできる書類 死産・流産等の申請• 死産証明書• 死胎埋火葬許可証• 母子健康手帳• 医療機関が発行した死産等の証明書• 身分証明書のみお持ちください。 申請手続きが可能な期間 出産予定日の6か月前から申請ができます。 (例:10月1日が出産予定日の場合は4月1日から、10月2日が出産予定日の場合は4月2日から申請が可能) 出産後に申請をされる場合の申請期限はありませんが、なるべく早めのお手続きをお願いします。 申請場所 下記の場所で申請手続きが可能です。 江戸川区役所保険年金係 各事務所保険年金係 江戸川年金事務所 問合わせ 江戸川区役所国民年金係 電話:03-5662-0574 江戸川年金事務所 電話:03-3652-5106(代表) 国民年金保険料の産前産後期間の免除制度にかかるQ&Aについてはをご覧ください。

次の

出産手当金申請手続きの流れ

出産予定日証明書

平成26年07月24日 出産費貸付制度について 出産に要する費用が必要である場合に、出産育児一時金が支給されるまでの間、一時金の8割相当額を限度に無利子で貸付する制度があります。 対象者 次の1. または2. にあてはまる方が対象です。 出産予定日まで1か月以内の方• 妊娠4か月(85日)以上の方で、病院・産院等に一時的な支払を要する方 「健康保険 出産育児一時金」の直接支払制度もしくは受取代理制度を利用する場合は、貸付制度を利用することはできません。 申込方法 次の1. の書類を提出してください。 (出生証明書欄は空欄のまま提出) 添付書類• 【出産予定日まで1か月以内の方の場合】 母子手帳のコピー(母の氏名および出産予定日の確認できるページ)• 【妊娠4か月(85日)以上の方で、病院・産院等に一時的な支払を要する方の場合】 母子手帳のコピー(母の氏名および出産予定日の確認できるページ)と、医療機関等発行の出産費用の請求書等コピー 2. 貸付金の支払 受付後2週間から3週間程度で、貸付金( 最大33万円)が指定の口座に振り込まれます。 提出された書類のうち、「健康保険出産育児一時金支給申請書」が、貸付金の振込通知とともにいったん返送されます。 出産後「健康保険出産育児一時金支給申請書」を再度提出 申請書の証明欄に医師・助産師、または市区町村長の証明を受けたうえで、「健康保険出産育児一時金支給申請書」を再度提出してください。 添付書類• 合意文書(直接支払制度を利用しないことに関する合意文書)のコピー• 出産費用の領収・明細書のコピー(直接支払制度を利用していない旨が明記されたもの。 また、「産科医療補償制度」対象分娩である場合は、その旨を示すスタンプが押印されたもの) 4. 差額の入金 再受付後3週間程度で、「健康保険出産育児一時金」とすでに受けられた貸付金との差額が、指定の口座に振り込まれます。 帝王切開等での出産になりそうな場合 正常な分娩は保険診療扱いにはなりませんが、帝王切開等により保険診療扱いとなり、医療費が高額になりそうな場合、事前に「限度額適用認定証」の交付を受けていただくことによって、医療機関等での負担が軽減できます。 すべての申請書は郵送でお手続きできます 〒550-8510【個別郵便番号】 協会けんぽ大阪支部 (住所:大阪市西区靱本町1-11-7信濃橋三井ビル6階)• 個別郵便番号「 550-8510」を記載していただいた場合は、郵便の宛先住所をすべて省略することができます。

次の