古川 恵一 総裁。 【兵庫】神戸山口組幹部・古川恵一総裁が 機関銃で10発 撃たれ死亡 ヒットマン確保 激化する神戸戦争

尼崎で古川恵一元組長が襲撃される。犯人の弘道会・三木一郎とは?

古川 恵一 総裁

兵庫・尼崎市で11月27日午後5時ごろ、「神戸山口組」の幹部で、傘下組織「三代目古川組」の古川恵一総裁(59)が自動小銃で10発以上銃撃され、死亡した。 銃撃した男は現場から車で逃走。 その後、京都市の路上で見つかった際、警察官に拳銃を突きつけたため、銃刀法違反などの容疑で現行犯逮捕された。 逮捕されたのは、「山口組」傘下の元暴力団組員・朝比奈久徳容疑者(52)。 事件当時、古川幹部は親戚が経営する飲食店で食事をしていた。 そこに朝比奈容疑者が現れ、古川幹部を外に連れ出すと、すぐさま自動小銃を10発以上発砲したという。 現場近くにいた人は「動かない。 手も足も大の字で寝たまま。 お店の前で倒れているという感じ」と当時の様子を話した。 街中での犯行に衝撃が広がる 今回の事件があったのは、尼崎駅から500mほどのところにある商店街の一角…マンションなどが立ち並び、27日夕方も買い物客や帰宅途中の人がいたという。 現場近くの人; パンパンパンってちょっと間を空けて、5回か6回ぐらいかな。 すごい響いてましたね。 金属音みたいなガシャーンって音 28日朝、現場近くの小学校では、児童に付き添う多くの保護者の姿が… 小学生の保護者; すごく怖かったですね。 帰りも学校が終わってから連れて帰ると思います 人通りも多い住宅街に響いた、乾いた銃声。 それは、軍隊でも使用される自動小銃によるものだった。 凶器となった自動小銃は、軍隊や自衛隊などでも採用されているもの。 弾薬が自動的に装填されるため、間を置かず連続して撃つことが可能で、高い殺傷能力を持つという。 今回の事件では、日本では一般に出回るはずのないこうした凶器が使われた。 その背景には、山口組の分裂があると見られている。 山口組の分裂騒動が背景に... 過去にも事件が起きていた 全国最大の暴力団である「山口組」は2015年8月に分裂し、一方が「神戸山口組」を結成。 さらに2017年4月神戸山口組から離脱した勢力が「任侠山口組」を立ち上げ、「山口組」「神戸山口組」「任侠山口組」の三つ巴の対立が激化しているのだ。 古川総裁が神戸山口組系の幹部だったのに対して、逮捕された朝比奈容疑者は、山口組系の組員だったという過去もある。 また、山口組と神戸山口組をめぐる事件は、これまでも起きている。 2019年8月、神戸市の防犯カメラに映った、フルフェイスのヘルメットを被る人物。 この際に銃を向けたワゴン車には、山口組系の組員が乗っていた。 ヘルメット姿の人物は窓越しに発砲しそのままスクーターで逃走している。 さらに10月、神戸市で今度は神戸山口組系の組員2人が銃撃される事件も発生した。 現場を偶然通りかかった、車のドライブレコーダーの映像には、「パン」という銃声音が鳴り響いたあと、路肩に横たわる人物が。 その脇には、仲間とみられる面々が「救急車!」などと助けを求める姿が映っていた。 山口組をめぐっては2019年10月、今後の抗争のキーマンとされるナンバー2、高山清司若頭が出所。 司忍組長とともに、組織を束ねるナンバー1とナンバー2が5年ぶりに揃ったことになる。 このタイミングで起きた事件は、今後の抗争をどう左右することになるのだろうか。 これまで以上の取り締まりが求められる 加藤綾子キャスター: 自動小銃が住宅街で使われたことが恐ろしいんですけれども、そもそもそういった銃が出回っているということ自体も、本当に恐ろしいですよね。 ジャーナリスト・柳澤秀夫氏: 自動小銃はそもそも戦争のときに使うもの。 暴力団が持っていて、実際に住宅街で使ったとは正直ものすごくショックです。 暴力団抗争は刃物を使ったり、拳銃を使ったりというのは一般のパターンだったと思うんですけど、こういうものを使い始めたということは、抗争そのもののフェーズがちょっと変わったのかなという印象を持ちます。 そう考えると、暴力団に対する対策も必要なんですけれども、こういったものが海外から入ってきていることは十分想定されますから、水際での取り締まりもこれまで以上にしていく必要があるんじゃないかなと思いますね。 フジテレビ・風間晋解説委員: 容疑者が捕まった際に、拳銃も持っていたわけですよね。 拳銃を持っていたにもかかわらず、あえて自動小銃を使ったというところは、やはりメッセージ性があると思うんですよね。 これだけ殺傷能力が高いものを持ってるぞということを見せようとしたのかなと思います。 ジャーナリスト・柳澤秀夫氏: 至近距離だと、自動小銃使う必要ないですからね。 フジテレビ・風間晋解説委員: 至近距離だと扱いにくいし、隠しにくいですから。 ジャーナリスト・柳澤秀夫氏: メッセージ性は確かにありますよね。 (Live News it! 11月28日放送より).

次の

【兵庫】神戸山口組幹部・古川恵一総裁が 機関銃で10発 撃たれ死亡 ヒットマン確保 激化する神戸戦争

古川 恵一 総裁

阪神尼崎の神田南通で発砲事件発生。 近隣の皆様ご注意ください 尼崎市役所の公式Facebookページにも以下のような注意喚起が掲載されています。 発砲し逃走したのは2人で京都市内で身柄を確保されました。 |関テレ 上記ニュースでは、京都で発砲した男が逮捕されたと情報が出ていますが、引き続き近隣にお住いの方はご注意ください。 一般の方のけが人はいないようです。 ありがとうございます) 一昨日、発砲事件で亡くなられた方のお通夜、お葬式が北竹谷連協福祉会館で行われる事になりました。 土日とも公園や近くの道路は封鎖して、警察も厳戒態勢でいてくれる予定ではあるそうですが気をつけて下さい。 土曜日17時からお通夜 日曜日10時から葬儀 参列される方が多くなるようで、葬儀後初七日等もするそうなので、終わる時間は遅くなるかと思われるそうです。 上記の状況を踏まえて、土日と竹谷小学校が機動隊の基地になる事になって、体育館と運動場が使えなくなりました。 急な連絡で申し訳ないですがご理解の程、よろしくお願いいたします。 メールの内容としては、先日の発砲事件で亡くなった「三代目古川組」古川恵一総裁のお通夜ならびにお葬式が、2019年11月30日(土)、12月1日(日)に 北竹谷連協福祉会館で執り行われるということ。 それに伴い、尼崎市立竹谷小学校が機動隊の基地になることにより、体育館と運動場が使えなくなるようです。 当日何かが起こるということは無いとは思いますが、引き続き近隣にお住いの方や近くにお越しの方はご注意ください。 ニュースジャンル別 ||||| ニュース記事一覧.

次の

なぜ古川組元総裁が「神戸山口組」幹部襲撃事件の一部始終|日刊ゲンダイDIGITAL

古川 恵一 総裁

尼崎で襲撃された古川組元組長は古川恵一元総裁 まとめると今回の襲撃については次のように言われています。 時刻は2019年7月12日の午後• 場所は阪神尼崎駅近くにある飲食店付近• 犯人は六代目山口組の弘道会関係者• 古川恵一元総裁は軽傷を負った 犯人は弘道会の三木一郎 さらにツイッターなどの情報では、犯人の「弘道会関係者」は、弘道会の「三木一郎」なる人物だとされています。 弘道会の三木一郎が神戸の古川恵一を殴り 尼崎南署に出頭したそうです — ・893 fight0Japan 転送 弘道会、三木一郎が 神戸山口組 古川恵一を殴り 尼崎南署に出頭した そうです。 らしいです。 傘で頭部を数発たたいたそうです。 逮捕容疑「傷害」 — 白くま会長 ShirokumaKaicho 役職などつけられていないことから幹部ではないと見られますが、三木一郎は「S36生 三代目弘道会若中 本部付」とされています。 三木一郎(当時46歳)は2008年6月3日に、暴力団関係者であることを隠してマンションに入居したとして、東証1部上場の港湾運送大手「上組(かみぐみ)」の元役員・森川康博容疑者(67)とともに逮捕されています。 によれば三木一郎は、山口組ナンバー2である若頭の秘書役などを務めていたといいます。 2005年から山口組は六代目体制に移行したため、2008年時点でこの「若頭」とは現在も山口組若頭を務めている高山清司を指していると思われます。 古川恵一元総裁は3月にも襲撃されていた 今回の事件で殴られた「古川組」元組長(古川恵一元総裁)は、昨年の3月にも、尼崎市神田北通4丁目の路上で襲撃されています。 2018年3月7日午後8時半頃、妻や子供とともに親族が経営する飲食店から出て、三和商店街(阪神尼崎駅そば)に差し掛かったところ、鉄パイプを持った男たちに襲撃されました。 襲撃した男たちは当初から命を取るつもりはなかったようで、古川恵一総裁(当時)の右足ばかりを狙って殴打したといいます。 しかしこの襲撃は、山口組と神戸山口組の分裂後、初めての直参幹部への襲撃だったために、関係者には大きなインパクトを残しました。 また襲撃される前にいた飲食店は、まだ六打目山口組に在籍時には山口組の幹部らと、神戸山口組に移籍後は、当時神戸山口組若頭代行を務めていた任侠山口組の織田絆誠代表と会食した場所でもあるといいます。 犯人とされる山口組関係者の3人の男は、翌年の2018年5月15日に傷害の容疑で逮捕されています。 古川組は複雑な分裂状態 この事件の当事者である古川組(ふるかわぐみ)は複雑な状況を抱えています。 三代目古川組は神戸山口組の二次団体で、20名程度の直参がいるといいます。 昨2018年に例の飲食店で、まだ二代目組長だった古川恵一は、任侠山口組設立時、本部長だった四代目真鍋組・池田幸治組長らに引退を迫られました。 池田幸治組長によれば、この時、古川恵一は引退を宣言したといいます。 そこで二代目古川組の若頭だった山崎博司が、多くの組員を引き連れて神戸山口組を割って出て、「三代目古川組組長」を名乗って任侠団体山口組に移籍し、ナンバー3格の「本部長補佐」に就任しました(現在は本部長)。 また古川組本部ビルも占有しました。 しかし一方で古川恵一は「引退を宣言した覚えはない」として、直筆の「御通知」と題する異例の文書を送ってその噂の火消に努めます。 wiki. fc2. 2018年3月7日に、先述の通り古川恵一総裁は尼崎市内で襲撃されます。 2018年7月5日、古川恵一は総裁職を退任しました。 その後、古川組は傘下の四代目琉真会の事務所を古川組本部として使用していましたが、六代目山口組に復帰した琉真会初代である仲本政弘が不法占有であるとして引渡しを要求します。 それに応じて建物は仲本政弘に引き渡されています。 そこから仲本政弘も少人数で初代琉真会を再興しました。 そのため神戸山口組と任侠山口組に分かれた古川組のみならず、その傘下の琉真会も、神戸山口組(古川組)と六代目山口組とに分かれることになりました。 以上になります。

次の