俺ガイル ss 八幡 出ていく。 PC生活: ※ss select>やはり俺の青春ラブコメはまちがっている(八幡-川崎沙希ルート)

結衣「ヒッキーに可愛いって言ってほしかったんだもん……」八幡「う……そ、そうか……」 【俺ガイルss/アニメss】

俺ガイル ss 八幡 出ていく

雪乃「起きなさい、比企谷くん」 八幡「……」スー、スー 雪乃「……寝顔は意外とまともなのよね」 八幡「……」スー、スー 雪乃「はあ。 ……起きなさい、比企谷君。 朝よ」ペシン 八幡「……ん?んう」 雪乃「起きたかしら?」 八幡「……お前今デコピンした?」ボー 雪乃「ええ。 あなたがあまりに起きないから。 もう九時よ」 八幡「おう。 ……なあ、俺、三限の日は十二時まで寝てたいって前に言わなかったか?」 雪乃「言ったわね。 そしてそれは即却下したわ」 八幡「だったけか」 雪乃「ええ」 八幡「……おはよう、雪ノ下」 雪乃「おはよう、比企谷くん」 八幡「顔洗ってくる」テクテク 雪乃「はい」 シャー、ジャバジャバ 八幡「……」フキフキ 八幡(。 彼女とこんなのような生活を続けて、もう一年近くになる 八幡(同じ大学の別の学部に入学した俺達 八幡(大学ってのは、同じキャンパスであっても、学部学科が違えば、なかなか知り合いと顔を合わさないもんだ 八幡(ただ、俺と雪ノ下は住んでるアパートが隣同士だった。 まあ、雪ノ下のはアパートというよりマンションだが 八幡(そこで入学してしばらく経ったある日、事件が起きた 八幡(雪ノ下にストーカーが出たんだ 八幡(少し遅れて気づいた俺は、何かを考える前に走って、雪ノ下の家に向かった 八幡(インターホンを鳴らして。 玄関越しに聞こえたのは、とても怯えて憔悴しきった声だった 八幡(そして問題解決に向けて、俺は動き出した 八幡(その時に取ったいくつかの対策の一つとして、雪ノ下が俺の家に。 俺が雪ノ下の家に泊まった。 俺が現行犯で捕まえるために 八幡(以来、犯人を警察に突き出し、事件が解決した後も。 雪ノ下はなにかとうちに来るようになった 八幡(どうにも恩返しがしたかったようなので。 雪ノ下が満足するまでの間、しばらくは放っておこうと決めたのだが 雪乃「比企谷くん。 いつまで顔を洗っているの。 二人ともこたつに入ってコーヒーをすすりながら 八幡「お前、今日何限だったっけ」 雪乃「三限と、五限」 八幡「ふうん。 お前って講義と講義の間の時間、何してんの」 雪乃「読書とか、自習よ。 高校の時と変わらないわ」 八幡「相変わらずだな」 雪乃「あなたも似たようなものでしょう」 八幡「まあ、否定はしない。 でも今はたまに男とつるんでるよ」 八幡(男と言っても、親交があるのは一人だけだけど 雪乃「へえ」 八幡「何その顔」 雪乃「人間が心底驚いた時、きっとこんな顔よ」 八幡「お前な……。 俺だって、一人の時間の方が好きってだけで、別に友だち嫌いってわけじゃないからな」 雪乃「ええ、その友達ができなかっただけなのよね。 だから余計に驚いてるのよ」 八幡「あっそ。 お前、自分の言葉が結構ひどいこと知ってる?」 雪乃「さあ。 ……でも、よかったわね」 八幡(そう言ってほほ笑む雪ノ下は、意外とほんとうに嬉しそうだった 八幡「まあな。 あ、そうだ雪ノ下。 俺今日晩飯いらねえ」 雪乃「え?……いえ、別に今日も作るなんて言ってないでしょうまだ」 八幡「でも言っとかないと後から文句言われそうだしな」 雪乃「それで、理由は?」 八幡「明日、ゼミの発表でな。 準備しないといけないから、大学から何時に帰るか分からん」 雪乃「そう。 また明日」 八幡「おう。 ……あ、そうだ雪ノ下」 雪乃「何?」 八幡「朝飯、いつもさんきゅな。 美味いぞ」 雪乃「そ、そう。 じゃあまたね比企谷くんちゃんと講義受けるのよ」スタスタ 八幡「母ちゃんかよお前は。 ほいよ、じゃあまた」 雪乃(自分でも、早口で、顔が赤かったのが分かった。 あの男は、たまに卑怯。 いつも卑怯だけど、ああいうのは本当に卑怯だ スタスタ 雪乃(意図せずに顔が緩むから、できるだけやめてほしい。 ハッチはまだ、例のあの子と付き合ってないの?」 八幡カタカタ 男「そうなんだ。 なんで?」 八幡「んー」カタカタ 男「ハッチ、パソコンの世界に入りすぎ。 今は恋バナしよーぜー」 八幡「お前、先週終わらせたからってうぜえ。 俺は発表明日なんだよ」クル 男「まーまー。 コーヒー入れたからさ。 ちょっと休憩すべき」 八幡「ちゃんと砂糖入れたか?」 男「入れた入れた、たっぷりね」 八幡「っそ」ズズズ 男「それで、例の雪ノ下さんの話」 八幡(目の前でニコニコしている熊みたいな体のこの男は、ゼミの同期 八幡(基本一人でいることの多い奴なのだが、話してみると朗らかで、穏やかな奴だ 八幡(ある意味、俺が初めて獲得した貴重な同性の友人。 だって戸塚は天使で、は知り合いだしな 八幡(ただ、ケーキ作りが趣味で、好きな話は恋バナというのがたまに傷だが 八幡「別に、付き合うとか付き合わないとか、そういう対象じゃない。 だいたい、見たことあんだろ。 釣り合わないんだよ」 八幡(色んな意味で、な。 きっと、雪ノ下もそう思ってるだろう 男「ふうん?でも、はしてる」 八幡「それだって、あいつが義理人情でやってるだけだ。 別に色っぽいことなんか一つもない」 男「ハッチがそう言うなら、本当なんだろうね」 八幡「そうだよ。 勘ぐるな、めんどくさい」 男「はは、ごめんごめん。 面白いから」 八幡「なにがだよ」 男「なんでもないよ」 男 多分君は気づいてないだろうけど、この話をしてる時の君の表情って、たまに照れたように唇を尖らせる 男 それが、面白いんだ。 見てて楽しい 男「まあ、ハッチのそういうところ、結構すきだよって話」 八幡「……お前、ホモじゃねえだろうな。 俺、男は戸塚以外認めねえぞ」 男「違うよー。 僕、彼女いるし」 八幡「けっ、知ってるよ。 そら、休憩おわり。 傍には、読みかけらしい本が置いてある 八幡「いい匂いするな……ああ」 八幡(台所のコンロの上には、とん汁とおでんの入った鍋がそれぞれ置いてあった。 冷蔵庫には書置きが貼ってある 雪乃『準備、お疲れ様です。 とん汁とおでんは温めなおして食べてください。 冷蔵庫にはサラダが入ってます。 食べた食器は流しに置いといてください』 八幡(こいつ、手紙だと敬語になるんだよな…… 八幡(なんだろう。 今、俺が感じているこの気持ち。 これを言葉にしたらなんて言うのか、俺は知ってる 八幡(でもその気持ちは、今までずっと、俺を苦しめるものでしかなかった。 俺のを量産するものでしかなかった 八幡(今回も、そうなのだろうか。 それとも、違うのだろうか 八幡(まあ、どう転ぶのかはまだ分からないが 八幡(いつか、雪ノ下に伝えるときが来るのだろうか。 この気持ちを 八幡(とりあえず今は。 目の前のご飯を頂こう 八幡「……いただきます」 八幡(彼女を起こさないようにそっと声をかけて、俺はコンロに火をかけた 終 元スレ 雪乃「起きなさい、比企谷くん」八幡「……」スー、スー.

次の

俺ガイル3期1話の感想!5年ぶりの小町ママにバブみを感じる!

俺ガイル ss 八幡 出ていく

「俺ガイル」3期が放送間近、江口拓也インタビュー C 渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。 完 イメージを拡大 渡 航氏の人気ライトノベルのアニメ第3期「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 完」が7月9日から順次放送開始となる。 どこまでも不器用な方法で他者と向き合ってきた八幡。 同キャラクターを演じてきた江口拓也に、八幡の、そして自分自身の「他者との在り方」を聞いた。 完 イメージを拡大 良くも悪くも、自分の心に嘘をつかないところでしょうか。 自分の信条を曲げなければ、どんな行動をとってもかまわない。 そういった意味で、思考を止めないということがすごい。 こじれちゃうくらいの勢いで、いろんなことを考えて答えを出そうとする。 生きやすさみたいなものを模索している姿が、自分を持っていてかっこいいですね。 とげとげしかったり、思春期ならではのもやもやしたものを抱えがちではありますが、だいぶ丸くなったんじゃないでしょうか。 C 渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。 続 イメージを拡大 一見そうですね。 はい(笑)。 なぜなら、本人はそれを求めてないと思うんです。 自己肯定感も低いので、口ではいろいろ言うけれど、実のところ、そういう雰囲気が苦手なんだろうなと感じます。 だから周囲に人が増えても、結局葛藤してるし、ある程度の距離感を保っている。 でも、それが徐々に揺らぎ始めているから「こんなはずじゃなかった」ともどかしさを覚えている。 その葛藤がまさに青春なのですが……八幡と同じ立場になるのは嫌だなと思います(笑)。

次の

【俺ガイル×艦これSS】八幡「艦娘?」不知火「はい」

俺ガイル ss 八幡 出ていく

陽乃「ひ〜きが〜やくんっ!お姉さんとデートしよっ?」 八幡「嫌です」 陽乃「いつになっても釣れないなぁ比企谷君は」 八幡「それより雪ノ下さん、なんで総武校にいるんすか?」 陽乃「比企谷君に会いたかったから?」 八幡「そういうの勘違いするんでやめてください」 陽乃「え?別に勘違いしちゃっても良いんだよ?」 八幡「はぁ……相変わらずですね陽乃さん」 陽乃「むぅ…」 八幡 何この可愛い生物……あ、そっぽむいた何それ可愛い 八幡「で雪ノ下さんは本当は何をしに来たんですか?」 陽乃「まぁ雪乃ちゃんにママから伝言預かっててね。 あ、比企谷君に会いに来たのはホントだよ?」 八幡「はいはい、でも雪ノ下は今日は部活来ませんよ。 なんか用事があるとかなんとか」 陽乃「え?そうなの?なんだつまんないのー」 八幡 ん?何かつまらなくなる要素あった? 陽乃「じゃ、いいや。 比企谷君デーt」 八幡「嫌ですキリッ」 陽乃「まだ最後まで言ってないのにぃ〜」 八幡 やだ何可愛いんだけど昔の俺だったら即惚れして告白して振られちゃう……俺振られんのよかよ! 陽乃「じゃあさ、お姉さんとゲームしない?どうせ暇でしょ?」 八幡「まぁ暇って言ったら暇ですね……ゲームって何するんですか?」 陽乃「愛してるゲーム?」 八幡「何ですかその如何にもリア充がやってそうなゲームやりませんてかリア充爆ぜろ」 陽乃「うわぁ……」 八幡「や、ちょっその「コイツ何言ってんの〇ね」みたいな顔でこっち見ないでください泣きそうです」 陽乃「じゃあ……しよ?」 八幡「……仕方ないやりますか、でもどんなゲームか分からんので教えて下さい」 陽乃「おっけい!じゃあまずは私の真正面に座って?」 八幡「は?」 陽乃「え?私なんか変な事言った?」 八幡「いや、空耳なら良いんですけどなんか今真正面に座れと言われたような……」 陽乃「うん、そう言ったよ?」 八幡「無理です」 陽乃「もしかしてこんな美人のお姉さんの前に座るのが恥ずかしいの?ニヤニヤ」 八幡「いや、ただ座りたくないだけです」 陽乃「むぅ……早く座って!」 八幡「くっ……分かりましたよ座ればいいんでしょ座れば」 陽乃「よし!んじゃ私が愛してるって言うから比企谷君は私を見つめてて?」 八幡「それはさすがに無r」 陽乃「見ろ」 八幡「……はい 今なにかおぞましいものを見た気がする…… 」 陽乃「んじゃいくよ?」 八幡「……うっす」 陽乃「愛してる」 八幡「……」 面と向かってこんなことを言われるとは嘘でも嬉しい……というかなんかこそばゆい感じがする。 陽乃「愛してるよ」 八幡「……」 俺の心臓が通常の1. 5倍速で動いている。 ドッドッドっと拍動し、しっかりと自分でも感じることが出来る。 この音漏れてないだろうか? 陽乃「比企谷八幡君、愛してるよ」 八幡「っ……!」 今のは卑怯じゃないか!?まずいかおが紅潮してきた……汗も出てきた…… 八幡「そろそろやめませんか?」 陽乃「あと1回だけ!……ね?」 八幡「……分かりましたよ、あと1回だけですからね」 陽乃「うん!じゃあ……いくよ!」 あと1回だけ耐えればこの壁を超えられる!耐えろ比企谷八幡!耐えるんだ! 陽乃「八幡愛してる……大好き」 八幡「ドキッ!! 」 なんだ今のは!ドキってした!八幡の心臓ドキってした!何これヤバイ無理楽しい 八幡「ちょっ雪ノ下さん最後のは卑怯ですよ!」 陽乃「えへへっ」 可愛すぎる……くっ……屈するな八幡!! 八幡「じゃ、じゃあ次俺言います!」 おいおい何言ってんだ俺!? 陽乃「ふぅん、良いよ?」 八幡「そ、そんじゃいきます!」 陽乃「きて……」 八幡「愛してるよ……陽乃」 陽乃「キュンッ」 バタンッ その時何が起こったかは分からなかった。 だが少ししてその声を聞いた時分かった。 陽乃「比企谷君……好きっ……大好きっ……」 「チュッ」 八幡「!?ゆ、雪ノ下さn」 再び彼女は唇を重ねてきた。 しかも一回目とは違い長く、そして後半は陽乃さんの舌が俺の口の中に侵入してきた。 陽乃「はぅ……ん……んむっ……」 八幡「んっ……ふぅ……」 ようやく解放されて雪ノ下さんの顔を見ると彼女は照れていて、それでもしっかりとこちらを見据えながら耳元に囁いた。 陽乃「八幡……今の……私の初めてだから……ね?」 続く.

次の