ご教示ありがとう。 「ご指摘ありがとうございます」の意味やビジネスでの使い方を例文で解説

「ご教授」の意味と使い方とは?類語「ご教示」との違いも解説

ご教示ありがとう

ご教示の意味とは 「ご教示くださりありがとうございます。 」 仕事しているとよく見かける言葉です。 相手に求める言葉なので、間違った使い方だけは避けたい。 <ご教示の読み方> これは、 「ごきょうじ」 と読みます。 <ご教示の意味> これは、 「示して教えてください」 という意味です。 「教示」は「示して教える」という意味で、 それに「御(ご)」が付くので尊敬語になります。 実際に具体例などを示して教えてもらう場合に使います。 「私に示し教えてください」という意味です。 「見本を見せて」という時にも使います。 「教えてください(ご指導ください)」を、堅く言う言葉でもあります。 「教えて」というのは何となく嫌がる人が多いので、「ご教示」が活躍します。 ただやはり、乱用は避けたい。 上司に「行き方についてご教示お願いいたします」とメールすると、 「正門から入って、突き当たりを右に・・・」と具体的に教えてくれるはずです。 「ご教示」は敬語なので、 同僚や部下には「教えて」と言うのが一般的です。 「教示します」というと偉そうに聞こえるので気を付けたい。 「ご教示ください」はやや命令的で一方的な感じがしますので、、 「どうか教えてください」と、やわらかく言うのも良いと思います。 状況により使い分けたい。 <ご教示の使い方> ・エクセル関数の使い方についてご教示ください。 ・大変ご丁寧にご教示くださり誠にありがとうございます。 ・効率化の手法をご教示いただけませんでしょうか? 以上、ご教示の意味でした。 -- 前: 次:.

次の

「ご返信ありがとうございます」の使い方・例文・ましたとの違い

ご教示ありがとう

「早速のご対応」という言葉をビジネスシーンや顧客側として見聞きしたことがありますか。 実際にビジネスシーンで使われることは珍しくなく、言われたりしたことがある方もいらっしゃるでしょう。 では、どのような意味を持っている言葉なのかご存知ですか。 「早速のご対応」とは、早と速が付いていることから「早く(速く)」対応してくれた、という意味のイメージを持っています。 しかし、使い方については正しい知識を持っているでしょうか。 「早速のご対応」は、ビジネスシーンで使用する側や顧客として使われる側になる言葉であるため、正しい使い方を知っておくことで役立つ時が来るかもしれません。 それでは、「早速のご対応」の意味について説明していきます。 また、似たような場面や意味合いで使用されることが多い言葉も説明しますので、比較しながら正しい使い方を学びましょう。 早速の意味 「早速」は「応じてすぐに」という意味を表します。 例えば、何か要望があってその内容がすぐに応じるべき時や、しようと思ってからすぐにやり始める時など、「行うことが定まってからすぐに対応すること」を「早速」で表します。 文に入る時や話題を変える時の起こし言葉であり、目上や目下に関わらず使用可能な言葉です。 「では、早速」といった使われ方で、テレビ・映画・舞台・アニメ・書籍などで見かけたことがある方が多いと思います。 自分が日常の中で使用しているという方もいることでしょう。 「早速」の言葉自体は身近なものですが、「早速のご対応」となるとあまり親しみがないかもしれません。 しかし、ビジネスシーンや丁寧な言葉としては適切なため「早速のご対応」が使用される場面も多くあります。 類語その1「早々」 「迅速なご対応」は「早速のご対応」よりもビジネスシーンや顧客側に対して用いられる言葉です。 また、「迅速」には行動が非常に早い・物事の進行が早いといった意味があります。 「早々」にも似たような意味がありますが、「迅速」は立場に関係なく使用できる言葉であり、「早々」と違って目上の人にも顧客に対して用いることができます。 また、相手のことを表す時も自分のことを表す時も使用できます。 ビジネスシーンや丁寧な言葉としては「早速のご対応」よりも「迅速なご対応」の方が適切と言われていますが、「早速のご対応」でも構いません。 「迅速」は物事の進行や行動が早いことを示していますが、「早速」は応じてすぐにという意味があるため、応じて今すぐに行動する場合は「早速のご対応」、応じて今すぐにではないけれど早く対応する場合は「迅速なご対応」の方が言葉の意味としては適しています。 類語その3「早急」 「早急」は非常に早いことですが、敬語表現としても使用できるのに命令系にもなってしまう言葉のため使用場面には注意が必要です。 「早急に頼む!」と上司が部下に使用することはよくあるかと思いますが、間違いではありません。 ただ、部下が上司に「早急にお願いします」と言うと少し命令系になってしまうため、部下が上司に対し「早急」を使用する時は「早急にお願い申し上げます」丁寧に聞こえるようにしましょう。 「早速」「早々」「迅速」「早急」と似たような言葉はたくさんありますが、それぞれ意味合いとしては異なる印象があり、使うことができる場面も違います。 目上の人に対しても使用できるものもあれば、目上に対しては失礼に値するものもあるため、使い分けが大事です。 無難な言い方としては「早速」と「迅速」が立場に関係なく使用できるオールマイティな言葉なので、ビジネスシーンには最適な言葉です。 「早速のご対応」は、目上の方に使用する敬語表現としては正しいです。 正しいというよりは、間違ってはいないと言った方が適切でしょう。 理由としては、敬語表現としては「迅速なご対応」が最も適しているとされているからであり、「迅速」の意味と比べると「早速のご対応」は使用できる場面が限られます。 応じて今すぐに動く場合のみ「早速のご対応」であり、数日以内に行うような早いけど間がある場合は「迅速」です。 例えば物販の取引で、入金後すぐに発送してくれたことに対しては「早速のご対応」ですが、早いけれども入金後すぐではない場合には「迅速なご対応」が適しています。 ただ、細かな話になるため一般的に早いことを示す時には「早速なご対応」でも「迅速なご対応」でも構いません。 「早速のご対応いただき、ありがとうございます」尊敬語で「もらう」の意味がある「いただく」が変化した「いただき」が加わりましたが、この使い方は間違いです。 「もらう」というのは「してもらう」「何かをもらう」の意味合いがありシーンによってどちらの意味合いになるかは違ってきますが、「ご対応」のように「ご」や「お」が付いた言葉に次いで「いただく」を付けることは敬語表現として不適切とされてきます。 「いただき」を使用する時は「ご対応」ではなく「対応」で良く、「対応」と「いただき」の間に「をして」を入れると文がまとまります。 「早速の対応をしていただき、ありがとうございます」とすれば、使用可能です。 少々難しい敬語表現のルールになりますが、相手の許可を得る言葉の「いただく」を次いで使用する時は「ご」や「お」が付く言葉は使用不可ですので覚えておきましょう。

次の

「ご教示願います」は上司に使える敬語?意味と例文、「ご教授」との違いを解説!

ご教示ありがとう

「ご教示願います」の意味と敬語 「ご教示」の読み方は「ごきょうじ」 「ご教示」は、「 ごきょうじ」と読みます。 「ご教示願います」の意味は「知識や方法などを教えてください」 「ご教示願います」は「 知識や方法などを教えてください」といった意味で使用される言葉です。 「ご教示」は「教示」という言葉に、接頭辞の「ご」をつけた言葉で、「教示」は「知識や方法などを教え示すこと」を意味しています。 「願います」は、「願う」に丁寧語の「ます」をつけて丁寧語にしているもので、「〜をお願いします」と相手に依頼をする場面で使用することができます。 例えば、ビジネスシーンなどのかしこまった場面で、やり方がわからないというときに質問したり、対処の方法について尋ねる場合など「知識や方法などを教えてください」という意味で使われます。 「ご教示願います」の使い方と例文 「ご教示願います」は敬語だが、丁寧さに欠けるので上司など目上には不適切 「ご教示願います」は、上述したように敬語表現ではありますが、丁寧さに欠けるので上司など目上の人に使用するには不適切な表現です。 丁寧さに欠ける理由としては、 「願います」が「願う」という言葉の丁寧語であり敬語ではないという点で、あまり印象がよくない言い回しとなるという点があげられます。 「ご教示ください」も同じく上司には不適切 目上の人に「教示」をお願いする場面での「ご教示ください」も「ご教示願います同様に、丁寧さに欠ける表現です。 「ご教示ください」は、 「ください」が「くれ」の尊敬語である為に強引な印象になってしまう言い回しになります。 したがって、目上の人に使用する場合は敬語表現であっても「ご教示願います」「ご教示ください」よりも丁寧な言い回しをしたほうが望ましいといえるでしょう。 「ご教示」と「ご教授」の違い 「ご教示」は「知識や方法を教えてください」「ご教授」は「学問・技術・技能などを教えてください」 「 ご教示」は、「知識や方法などを教え示すこと」を意味する言葉で、「指示をあおぎたい」「アドバイスを求めたい」といった場合にも使用される言葉です。 「 ご教授」は、「教授」という言葉に、尊敬を表す接続語の「ご」をつけ、「くれ」の尊敬語である「ください」をつけた言葉です。 「教授」の意味は、 学術、技芸などを教えること。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用のことです。 つまり「ご教示」は、「専門的な知識や技術を教え授けてください」というような意味で使用される言葉で、楽器やスポーツなど 専門的な知識や技術をある程度の期間、継続的に教えてほしい場合に使います。 「ご教示願います」の正しい言い換え 「ご教示のほど、よろしくお願いいたします」が定番 「ご教示のほどよろしくお願いいたします」は、柔らかい印象を与える言い回しです。 「〜のほど」の意味は「 〜してくれるよう」「 〜してもらうよう」です。 「〜のほど」は、 断定をさけ、表現をやわらげる表現で、相手に何かを依頼するときに使用する言葉です。 「〜のほど」を使用すると相手に強制することなく、柔らかいイメージで相手に検討することをお願いすることができます。 例えば、「ご教示のほどよろしくお願いいたします」というように続けると、「ご教示してくれるようお願いいたします」というようなニュアンスになります。 例文 「ぜひとも今後の改善点についてご教示のほどよろしくお願いいたします」 「今後の売り上げ向上にむけてご教示のほどよろしくお願いいたします」 「もし証拠となる目撃情報があればご教示のほどよろしくお願いいたします」 「ご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」だとより丁寧 「ご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」は、「 教えてくださいますよう、どうぞよろしくお願いします」といった意味でさらに丁寧な表現になります。 「いただけますよう〜」という表現は、「〜してもらう」の謙譲語である「お(ご)〜いただく」という謙譲語使用していて、「〜ますよう」は露骨なお願いの仕方にんらないように、婉曲な命令・希望を表現す言葉として使用しています。 さらに、「どうぞ」と固く表現した「何卒」と「言わせていただきます」の謙譲語である「申し上げます」を使用した表現が、「ご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」という表現になります。 例文 「報告書の作成方法についてご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 「他にも何かご意見があればぜひご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 「何か参考になるオススメの作品があればご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご教示いただければ幸いです」が最も謙虚さが表現できる 「ご教示いただければ幸いです」は、「 教えていただければ嬉しいです」というニュアンスで、最も謙虚さが表現できる言い回しです。 「ご教示いただければ幸いです」は、「 教えていただければ嬉しいです」というニュアンスで、最も謙虚さが表現できる言い回しです。 「いただければ」は、「〜してもらう」の謙譲語である「いただく」に仮定形の「れば」を使用した表現で、「 〜してもらえれば」という意味になります。 「幸い」は、「 こうしてくれると嬉しい・ありがたいこと」を表す言葉で、 「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味になります。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」「〜していただければ幸いです」などといった方が、控えめで、柔らかい印象になります。 例文 「お忙しいところ恐縮ですが、新企画の内容についてご教示いただければ幸いです」 「今回の件について何か知っていることがあればご教示いただければ幸いです」 「資料の送付先がわからないにで、お手数ですがご教示いただければ幸いです」 「ご教示」の類語 ご指示 「ご指示」は「 ごしじ」と読みます。 意味は「 物ごとを指し示すこと、指図すること」です。 「ご指示」は「ご指示を仰ぐ」と使い、「上司などに何らかの指導や指示を受けること」を表します。 「ご助言」は「こうした方が良い」と相手の厚意から出る教えですが、「ご指示」は「こうしてほしい」という命令に近い教えのことを表します。 ・課長、ご指示を仰ぎたく存じます。 ご提示 「ご提示」は「 ごていじ」と読みます。 「ご提示」とは、「提示」という言葉に尊敬語の「ご」をつけて、尊敬語の「ください」を使用した敬語表現です。 「提示」の意味は、「 相手に差し出してみせること・考えなどを相手に示すこと」で、「ご提示ください」は、「 お見せください・考えをお示しください」という意味になります。 例えば免許証や保険証などの身分を証明する為のものを見せてもらいたいときや、特定の成果物を提出する場面や、「都合のいい日程をご提示ください」というような、考えや意見を求められるような場面で使用できます。 例文 ・研修をしたいので、都合のいい日程のご提示願います。 ・詳しいスケジュールの日程のご提示願います。 ・身分書のご提示をお願いいたします。 ご助言 「ご助言」は、「 ごじょげん」と読みます。 「ご助言」の「助言」は「 役に立つような言葉を添えて助けること、その言葉」「 口添え」を意味していて、主に目上の相手にアドバイスを求めるときに使います。 目上の人に「アドバイスください」などを使うと軽い表現となってしまうため、「ご助言」を使うことで正しい敬語でかしこまった表現をすることができます。 ただし、「ご助言ありがとうございます」というようにお礼の気持ちをつたえる場面では使用することはできないので注意してください。 例文 ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご助言をいただきたく存じます。 ・企画書についてご助言いただければ幸いです。 参考にさせていただきます。 ご指南 「ご指南」は「 ごしなん」と読みます。 「ご指南」は、 「指南」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついた言葉です。 「指南」の意味は、「 南を指すこと・教え示すこと。 教え導くこと。 また、その人」で、「指南」は「 武術・芸能などを教え示すこと」を意味しています。 「剣道を指南する」「将棋のご指南願います」といったように使います。 例文 ・是非私に、茶道の作法をご指南いただけないでしょうか。 ・お忙しい中、ご丁寧にご指南いただきありがとうございました。 ご指導 「ご指導」は、「ごしどう」と読みます。 「ご指導」は、「指導」という言葉に尊敬を表す接頭語「ご」をつけた言葉で、「指導」の意味は、「 知識・技術などを習得できるように教え導くこと」です。 例えば、目上の人に知識や技術を教えてのらうことを「ご指導いただく」というように言い表します。 例文 ・息子が無事にここまで成長してこれましたのも先生方のご指導の賜物です。 ・何かとご迷惑をおかけすると思いますが、遠慮せずに何かあれば厳しくご指導願いたく存じます。 「ご教示願います」の英語 「Please let me know. 」は「教えてください」の意 「Let me know. 」だと日常会話でも使えるカジュアルな「教えて、知らせて」という意味になります。 「Please let me know. 」と「please」を付ければ、ビジネスシーンでも使うことができます。 「教える」は「teach」「show」「advise」など 「教える」という動詞を使って表現することもできます。 その場合は、 ・teach ・show ・advise ・give advice などの動詞を使えばよいでしょう。 依頼の英語表現は「Could you please...? 」が一般的 英語の依頼表現で最もビジネスシーンで使われるのが、「Could you please...? 」になります。 していただけますか」というニュアンスです。 「I would appreciate it if you could... 」だとより丁寧 より丁寧な表現ですと「I would appreciate it if you could... 」があります。 これは日本語の「... していただけますと幸せです」に近いです。

次の