ハナノナ アンドロイド。 Androidスマホで「Googleレンズ」を使う方法

休日はのんびりウォーキング…と牛丼(笑)

ハナノナ アンドロイド

その 99%の動作保証。 ファイルをコンピュータにダウンロードする場合は、必ずそれをあなたのAndroidデバイスに移動してください ステップ2:あなたのデバイス上でサードパーティのアプリを許可する。 をインストールする ハナノナ app, サードパーティのアプリが現在インストールソースとして有効になっていることを確認する必要があります。 ステップ3:ファイルマネージャに移動する あなたは今見つける必要があるでしょう ハナノナ app ダウンロードしたファイル. あなたがいったん見つけたら、 ハナノナ app ファイルをクリックしてクリックすると、通常のインストールプロセスが開始されます。 何かを求められたら、 [はい] をタップします。 ただし、画面上のすべてのプロンプトを必ず読んでください。. ステップ4:お楽しみください。 ハナノナ app があなたの携帯にインストールされました。 楽しむ! ダウンロードソース 新着情報 ハナノナ app v1. オフラインでも使える人工知能 花判定アプリ。 使い方は簡単!名前を知りたい花に、スマートフォンをかざすだけ。 人工知能が花の種類を判定し、名前を教えてくれます。 現在、判定できる花の種類は770種類。 判定結果は、写真に撮ってスマートフォンに保存することも、SNSにシェアすることもできます。 こんな方におすすめ ・庭先に咲いた花の名前が知りたい ・公園や散歩道に咲いている花の名前が知りたい ・花の写真を撮って、名前と一緒に保存したい ・花の写真に名前を添えて、友達にシェアしたい シンプルな2つのモード <サーチモード> スマートフォンの画面に写った花(複数可)を、次々と判定し名前を表示 <撮影モード> 1つの花にフォーカスし、花と花の名前を一緒に撮影 開発について ハナノナ Appは、千葉工業大学 人工知能・ソフトウェア技術研究センター(STAIR Lab. )が研究・開発しているアプリです。 幼児は目にするものの名前を周囲の人から教わりながらモノの名前を憶えていきます。 コンピュータにも同じようにたくさんの例を見せることでモノの名前をわかるようにさせることが最新の人工知能研究で可能になりました。 鍵となるのは大量の訓練データと深層学習です。 この最新の成果を応用して約35万枚の花の写真を使って花の種類を判定する人工知能を開発しています。 千葉工業大学 人工知能・ソフトウェア技術研究センター(STAIR Lab. center.

次の

iPhoneをかざすと花の名前がわかるアプリが凄い!試しにワンコにもかざしてみたら・・・(笑)(2020年5月17日)|BIGLOBEニュース

ハナノナ アンドロイド

アプリ「ハナノナ」 アプリ「ハナノナ」は、 かざした花の名前を教えてくれるアプリです。 アプリの中に 人工知能が組み込まれており、非常に高い精度で多くの花を判別・分類することが可能です。 花をカメラに映すとすぐに解析してくれるので、 数秒で花の名前がわかります。 2017年3月30日にWeb版のサービス開始となりましたが、2020年4月7日(火)に晴れてiOS限定でアプリのリリースが開始されました。 という、人工知能やソフトウェアを開発・研究している機関にが開発をしたアプリということもあり、人工知能の精度が非常に優れているアプリとなっています。 現在はiPhone版しかありませんが、Androidの方はから利用可能です。 分類できる花の種類「 770種」 以前までは「406種」の花を分類可能でしたが、2020年4月11日(土)に行われたバージョンアップで分類できる花の種類が増えました。 今後も分類できる花は増えていく可能性があります。 オフラインで使用可能 アプリ版「ハナノナ」のうれしい点の1つで、 オフラインで利用することが可能です。 花の名前を知りたいときの多くは、散歩や外に出ている時になるでしょう。 そういった際に速度制限にかかっていたり、アプリを開いたままでも通信を行うことが無いので何も心配がいりません。 また、 通信を行わずにアプリ内のUIのみで花を分類することで、非常に素早い解析を可能にしています。 ハナノナの使い方 ハナノナは会員登録などの面倒な操作をする必要が無いので、すぐに使い始める事が出来ます。 アプリを使い始める際にカメラの許可だけ求められるので、必ず「OK」を選択しておいてください。 サーチモード サーチモードはハナノナの基本となるモードです。 アプリを開いてすぐにカメラが起動されているので、そこに花をかざせばすぐに花の名前が表示されます。 100%に近いほど自信のある分類となります。 下にある判定制度では、右に行けば行くほど自信のある解析結果しか表示されなくなります。 確定的な情報以外いらない場合は、判定制度をなるべく高くしておきましょう。 右上の丸い矢印では解析結果をリセットすることが可能です。 アプリを開いてすぐにサーチモードとなるので、非常に簡単に利用することができます。 また、サーチモードでは 画面に写っているいる範囲内全ての花の名前を反映することが可能です。 右下のカメラのアイコンをタップすると撮影モードに移行します。 シャッターボタンをタップすれば通常のカメラと同じように写真を撮ることが可能です。 撮影モードでは、 カメラに写っている1つの花のみを判定します。 分類した花を検索 撮影モードで撮影した花は、Wikipediaやwikimediaで検索をすることが可能です。 撮影モードで撮影をすると、画像下に「Wikipedia」と「wikimedia」の文字が表示されるので、詳細が知りたいのであれば「Wikipedia」、画像などが欲しければ「Wikimedia」をタップして下さい。 花について名前だけではなく、より詳しい情報を知ることができます。 SNSでシェア 撮影モードで撮影した花をSNSでシェアすることも出来ます。 撮影をしたら「決定」をタップします。 「シェア」をタップし、投稿したいSNSを選択すれば投稿の画面に移行するのでシェアが可能になります。 メニュー メニューも一応あります。 ほとんどの場合使うことは無いでしょう。 アプリの左上にある三本線のアイコンをタップすればメニューを開くことが可能です。

次の

AIが瞬間的に花の名前を教えてくれるアプリ「ハナノナ」を使ってみた

ハナノナ アンドロイド

ミクシィが2月19日に開始したスマートフォン(スマホ)向け無料フォトブック作成アプリの「nohana(ノハナ)」が好調だ。 開始後10日で1万8000人の登録ユーザーを集め、約25万枚の写真アップロードがあり、約6000冊のフォトブックが注文された。 フォトブックは月1冊まで送料負担のみで送付してもらえる。 2冊目以降は有料の「フリーミアム」モデル。 本業のSNS(交流サイト)「mixi」では会員減少が止まらず苦戦するなか、新たな収益源の育成が急務だが、同新規事業の責任者は「フォトブック市場で稼ぐ気はない」という。 狙いは何か。 「想定していた5倍のペース。 毎月1冊、送料負担のみで送ってもらえるフォトブック。 「誤解を恐れずに言えば、自分の嫁と子どものために考えたサービス。 家族のコミュニケーションや笑顔を増やすような家族向けサービスを作りたかった」。 大森のそんな思いは、スマホなどで撮った写真を紙のフォトブックに仕立て、毎月1冊まで90円の送料のみで家族に届けるアプリとして結実した(iOS版のみ、アンドロイド版は近日公開)。 「家族にとっての花のような存在に」「OHANAはハワイ語で家族」「『n』は『m』の次。 mixiに続きたい」……。 サービス名には、そんな思いを込めた。 企画に深く関わったのが、大森が声をかけたユーザーサービス本部 メディア統括部 デザインユニットの馬場沙織。 昨年12月、エンジニア2人とともに、大森の元へ合流、年末年始を返上して開発を急いだ。 2歳の娘がいる馬場は、こう話す。 「フォトブックを作ってみたいなと思っていても、ママには忙しくて時間がない。 スマホからフォトブックが注文できるアプリはあるけれど、ちょっとでも難しいと諦めちゃう。 できるだけ複雑さを排除し、そういう人でも簡単に気軽に利用してもらえるサービスにしたかった」.

次の