塾生マイページ 河合塾。 本科の学費

「個人情報の保護に関する事項」について

塾生マイページ 河合塾

そのため、入塾金は含まれておりません。 ・お支払いになる授業料には、正規授業のための教材・テキスト代、学習・進学・生活指導その他の諸費用が含まれています。 個人で使用する画材・教材および美術館見学などの課外授業に関わる費用は含まれておりません。 ・上記年間授業料は4月入塾の金額です。 5月以降に入塾される場合は、河合塾美術研究所までお問い合わせください。 入塾月によって年間授業料が異なります。 ・各講習の講習受講料は授業料に含みません。 各講習申込時に、別途受講料が必要となります。 三菱UFJ銀行をご利用の場合は、振込手数料は河合塾が負担いたします。 他行をご利用の場合は、振込手数料をご負担ください。 なお、河合塾校舎窓口ではお支払いになれません。 ・金融機関の窓口で10万円を超える現金でのお振り込みの場合は、手続きを行う方の本人確認書類(運転免許証など)が必要です。 学費などのお振り込みをご本人に代わって保護者様が行う場合は、円滑にお手続きを進めるために、生徒ご本人の確認書類もご用意されることをおすすめします。 また、本人確認に加え、職業や取引目的などの確認(取引時確認)が必要となる場合があります。 詳細は、各金融機関窓口へお問い合わせください。 ・ATMでは、10万円を超える現金でのお振り込みができませんのでご注意ください。 ・預貯金口座からお振り込みを行う場合は、ATM・窓口いずれにおいてもご本人確認は不要です。 詳細は、金融機関窓口へお問い合わせください。 ・インターネットバンキングご利用の契約を金融機関とされている方は、インターネット振込もご利用になれます。 郵送でお届けする「お申込内容のご案内」に記載の「振込番号と生徒ご本人氏名」を入力してください。 ただし、振込手数料はお客様負担となります。 ・ゆうちょ銀行からは現金によるお振り込みができません。 詳細は、ゆうちょ銀行窓口へお問い合わせください。 入塾金免除対象者 2020 年度 2019 年度 2013~2018 年度 免除額 必要書類など• 入塾金免除対象者 免除額 必要書類など 本人のご兄弟・姉妹が、2020年度に下記のいずれかの入塾手続を完了されている場合。 または、2013~2019年度に下記のいずれかに在籍されていた場合。 電話・窓口申込をご利用ください。 複数の免除対象に該当する場合は、そのうちいずれか一つが適用されます。 ・入塾金免除対象者に該当する場合は、「入塾申込書」の該当項目欄に必ずご記入ください。 入塾申込後のお申し出による返金には応じられませんのでご注意ください。 ・上記以外の河合塾グループに在籍の場合についてはお問い合わせください。 河合塾奨学基金制度(奨学金の貸与) 本制度は、河合塾美術研究所本科へ入塾を希望しながら、経済的理由により学習を継続することが困難な方を、河合塾が奨学基金生として認定するものです。 選考により奨学基金生として認定されると、入塾後に河合塾から奨学金が貸与されます。 ただし、成績優秀者やスポーツ推薦などの免除や公立高等学校の授業料無償化や高等学校等就学支援金制度は対象外です。 印鑑が必要です。 返金 提出された書類を確認のうえ、「振込口座連絡票」をお送りします。 返金先口座を記入し、ご返送ください。 河合塾到着後、10日程度でご指定の金融機関口座へ返金します。 手続期限 初回授業開始日の前日17:00 必要書類• 印鑑が必要です。 返金 提出された書類を確認のうえ、「振込口座連絡票」をお送りします。 返金先口座を記入し、ご返送ください。 河合塾到着後、10日程度でご指定の金融機関口座へ返金します。 補欠・追加合格で大学・大学校に入学した場合の学費返金制度 初回授業開始日の前日17:00までに補欠・追加合格で大学・大学校に入学した場合、入塾金を含む、お支払いされた学費の全額を返金します。 手続期限 初回授業開始日の前日17:00 必要書類• 印鑑が必要です。 文部科学省所轄の大学・短大(通信制大学を除く)、および文部科学省が大学卒と同等の扱いを認めている大学校(防衛医科大など)を指し、専修学校・各種学校・外国の大学は除きます。 手続方法• (提出がない場合は当制度は適用されません。 返金先口座を記入し、ご返送ください。 河合塾到着後、10日程度でご指定の金融機関口座へ返金します。 入塾辞退・退塾・返金• 入塾手続完了後から初回授業開始日の前日17:00までに入塾辞退を希望される場合は、所定の「退塾届」を校舎窓口にご提出ください。 退塾届提出後「振込口座連絡票」を保護者様宛てに郵送いたします。 必要事項をご記入・押印のうえ、ご返送ください。 前記「11」項での入塾辞退のうち、3月末日17:00までにお申し出があった場合は、入塾金を含む、お支払いになった学費の全額を返金いたします。 この規定は「特別学費返金制度」とし、入塾要項に記載します。 前記「11」項での入塾辞退のうち、3月末日17:00から初回授業開始日の前日17:00までにお申し出があった場合は、入塾金を除く、お支払いになった授業料の全額を返金いたします。 補欠・追加合格で大学・大学校に入学した方で、初回授業開始日の前日17:00までに入塾辞退のお申し出があった場合は、入塾金を含む、お支払いになった学費の全額を返金いたします。 初回授業開始日の前日17:00を過ぎて入塾辞退・退塾をされる場合は、当塾規定により退塾月に応じた授業料を返金いたします。 「振込口座連絡票」の河合塾到着確認後、10日程度で保護者様指定の金融機関口座へ返金いたします。

次の

[B!] 大学受験科 塾生マイページログイン

塾生マイページ 河合塾

そのため、入塾金は含まれておりません。 ・お支払いになる授業料には、正規授業のための教材・テキスト代、学習・進学・生活指導その他の諸費用が含まれています。 個人で使用する画材・教材および美術館見学などの課外授業に関わる費用は含まれておりません。 ・上記年間授業料は4月入塾の金額です。 5月以降に入塾される場合は、河合塾美術研究所までお問い合わせください。 入塾月によって年間授業料が異なります。 ・各講習の講習受講料は授業料に含みません。 各講習申込時に、別途受講料が必要となります。 三菱UFJ銀行をご利用の場合は、振込手数料は河合塾が負担いたします。 他行をご利用の場合は、振込手数料をご負担ください。 なお、河合塾校舎窓口ではお支払いになれません。 ・金融機関の窓口で10万円を超える現金でのお振り込みの場合は、手続きを行う方の本人確認書類(運転免許証など)が必要です。 学費などのお振り込みをご本人に代わって保護者様が行う場合は、円滑にお手続きを進めるために、生徒ご本人の確認書類もご用意されることをおすすめします。 また、本人確認に加え、職業や取引目的などの確認(取引時確認)が必要となる場合があります。 詳細は、各金融機関窓口へお問い合わせください。 ・ATMでは、10万円を超える現金でのお振り込みができませんのでご注意ください。 ・預貯金口座からお振り込みを行う場合は、ATM・窓口いずれにおいてもご本人確認は不要です。 詳細は、金融機関窓口へお問い合わせください。 ・インターネットバンキングご利用の契約を金融機関とされている方は、インターネット振込もご利用になれます。 郵送でお届けする「お申込内容のご案内」に記載の「振込番号と生徒ご本人氏名」を入力してください。 ただし、振込手数料はお客様負担となります。 ・ゆうちょ銀行からは現金によるお振り込みができません。 詳細は、ゆうちょ銀行窓口へお問い合わせください。 入塾金免除対象者 2020 年度 2019 年度 2013~2018 年度 免除額 必要書類など• 入塾金免除対象者 免除額 必要書類など 本人のご兄弟・姉妹が、2020年度に下記のいずれかの入塾手続を完了されている場合。 または、2013~2019年度に下記のいずれかに在籍されていた場合。 電話・窓口申込をご利用ください。 複数の免除対象に該当する場合は、そのうちいずれか一つが適用されます。 ・入塾金免除対象者に該当する場合は、「入塾申込書」の該当項目欄に必ずご記入ください。 入塾申込後のお申し出による返金には応じられませんのでご注意ください。 ・上記以外の河合塾グループに在籍の場合についてはお問い合わせください。 河合塾奨学基金制度(奨学金の貸与) 本制度は、河合塾美術研究所本科へ入塾を希望しながら、経済的理由により学習を継続することが困難な方を、河合塾が奨学基金生として認定するものです。 選考により奨学基金生として認定されると、入塾後に河合塾から奨学金が貸与されます。 ただし、成績優秀者やスポーツ推薦などの免除や公立高等学校の授業料無償化や高等学校等就学支援金制度は対象外です。 印鑑が必要です。 返金 提出された書類を確認のうえ、「振込口座連絡票」をお送りします。 返金先口座を記入し、ご返送ください。 河合塾到着後、10日程度でご指定の金融機関口座へ返金します。 手続期限 初回授業開始日の前日17:00 必要書類• 印鑑が必要です。 返金 提出された書類を確認のうえ、「振込口座連絡票」をお送りします。 返金先口座を記入し、ご返送ください。 河合塾到着後、10日程度でご指定の金融機関口座へ返金します。 補欠・追加合格で大学・大学校に入学した場合の学費返金制度 初回授業開始日の前日17:00までに補欠・追加合格で大学・大学校に入学した場合、入塾金を含む、お支払いされた学費の全額を返金します。 手続期限 初回授業開始日の前日17:00 必要書類• 印鑑が必要です。 文部科学省所轄の大学・短大(通信制大学を除く)、および文部科学省が大学卒と同等の扱いを認めている大学校(防衛医科大など)を指し、専修学校・各種学校・外国の大学は除きます。 手続方法• (提出がない場合は当制度は適用されません。 返金先口座を記入し、ご返送ください。 河合塾到着後、10日程度でご指定の金融機関口座へ返金します。 入塾辞退・退塾・返金• 入塾手続完了後から初回授業開始日の前日17:00までに入塾辞退を希望される場合は、所定の「退塾届」を校舎窓口にご提出ください。 退塾届提出後「振込口座連絡票」を保護者様宛てに郵送いたします。 必要事項をご記入・押印のうえ、ご返送ください。 前記「11」項での入塾辞退のうち、3月末日17:00までにお申し出があった場合は、入塾金を含む、お支払いになった学費の全額を返金いたします。 この規定は「特別学費返金制度」とし、入塾要項に記載します。 前記「11」項での入塾辞退のうち、3月末日17:00から初回授業開始日の前日17:00までにお申し出があった場合は、入塾金を除く、お支払いになった授業料の全額を返金いたします。 補欠・追加合格で大学・大学校に入学した方で、初回授業開始日の前日17:00までに入塾辞退のお申し出があった場合は、入塾金を含む、お支払いになった学費の全額を返金いたします。 初回授業開始日の前日17:00を過ぎて入塾辞退・退塾をされる場合は、当塾規定により退塾月に応じた授業料を返金いたします。 「振込口座連絡票」の河合塾到着確認後、10日程度で保護者様指定の金融機関口座へ返金いたします。

次の

[B!] 大学受験科 塾生マイページログイン

塾生マイページ 河合塾

河合塾とは 河合塾(かわいじゅく)は、愛知県名古屋市を本拠とする日本の大手予備校、および同予備校(専修学校・各種学校)を運営する学校法人(東北地区のみ準学校法人文理学院)。 代々木ゼミナール、駿台予備学校と並ぶ三大予備校の一つである。 キャッチコピーは、「すべては一人ひとりの生徒のために」。 沿革 1933年 - 教育理念「すべては、一人ひとりの生徒のために」を掲げ、英文学者の河合逸治によって「河合英学塾」として開校。 1937年 - 「河合塾」と改称。 桜山校(名古屋市)開校。 1955年 - 学校法人として改組。 名駅校開校以後、名古屋全域に校舎を展開。 1964年 - 逸治の二男河合邦人が理事長に就任。 「株式会社学協」設立。 1968年 - チュートリアルシステム開始。 1970年 - 「英才教育研究所」(現ドルトンスクール)、「名古屋英会話センター」(現トライデント外国語・ホテル専門学校)開校。 「真貴幼稚園」開園。 美術系大学進学コース(現河合塾美術研究所)新設。 1971年 - 夜間部補習科を「グリーンコース」と改称。 Bing: 河合塾 東大・京大・早慶大など難関大や医学部をはじめ数々の大学・高校の合格実績が河合塾の自信です。 高卒生や現役生、中高一貫、海外大進学、帰国生、通信制の学生ほか、英語や幼児教育も幅広くサポート。 大学受験の予備校・塾、学校 Kei-Netは河合塾の大学入試情報サイトです。 受験生・保護者・高校の先生に入試難易度をはじめとする最新の入試情報を提供します。 大学受験にお役立てください。 河合塾マナビス 塾生OB・OGの方 大学情報・入試情報のご案内 高校グリーンコース 高校グリーンコースの塾生・保護者の方は、ログインすることで塾生マイページを利用できます。 利用にあたっては、学籍番号とパスワードが必要です 河合塾による塾生の方向けメニューのご案内。 大学受験科生はこちらのページから塾生マイページにログインできます。 大学受験の予備校、学校法人河合塾の公式サイトをご利用ください。 校舎・教室 メニュー 閉じる 河合塾で学ぶ... 河合塾(かわいじゅく)は、愛知県 名古屋市を本拠とする日本の大手予備校、および同予備校(専修学校・各種学校)を運営する学校法人(東北地区のみ準学校法人文理学院)。 代々木ゼミナール、駿台予備学校と並ぶ三大予備校の一 河合塾が作成した解答例・分析コメントを公開しています。 解答例は、受験生が教科書で学習した範囲内で解答できるものを掲載しています。 河合塾のオリジナルテキストや模試の問題と大学入試の試験問題が合致したものを紹介します。 河合塾グループは、社会に新たな教育価値を提供し、次世代人材の育成をめざしています。 グループの英知を結集した「教育研究開発活動」を核に、「進学教育事業」「教育活動支援事業」を両輪として、広く社会に貢献します。 入試難易予想ランキング表 入試難易予想ランキング表は、河合塾が予想する各大学の入試難易度(ボーダーライン)を一覧にしたものです。 志望校合格のためにどのくらいの得点や偏差値が必要になるのかを認識したうえで、受験計画を立てましょう。

次の