就活 日程調整メール。 面接日程調整メールへの返信マナー(例文・文面付き)

OG訪問のメールを送る際の書き方~日程調整・リマインド・お礼などの送り方・例文をご紹介~

就活 日程調整メール

このページのまとめ• 企業からのメールにはなるべく早く返信する• メールの本文には、宛先、挨拶、内容、締めの言葉、署名を入れる• 指定された面接日程で良いときは、その日時を本文に記載して訪問できる旨を伝える• 日程調整をお願いする際は、候補日を複数記載する• 面接当日にキャンセルしたい場合は、電話で連絡しよう 就活の際、面接の日程について応募先企業とメールのやりとりをする機会があります。 採用担当者に送るメールが採否に直接関わらなかったとしても、送信するタイミングや本文の書き方などに不安を感じている人は多いかもしれません。 ここでは、就活のメールマナーのほか、面接の日程調整をする際のメールの例文をご紹介。 当コラムを読み、ビジネスメールの基本を押さえましょう。 就活のメールマナー ここでは、就活のメールで気をつけたいポイントを確認しましょう。 24時間以内に返信する 企業からのメールには、なるべく早く返信するのが基本。 日程の確認・調整が必要ですぐに回答するのが難しい場合は、「ご連絡ありがとうございます。 」と返信するとよいでしょう。 相手の勤務時間内にメールを送る 先述のとおり企業からのメールには24時間以内に返信するのが基本ですが、「メールの確認が夜中になってしまったけれど、早く返事をした方が良いだろうから」と 深夜に送るのは避けた方がよいでしょう。 企業によっては、「生活リズムが整っていないのでは」「マナーを守れていない」と思うかもしれないからです。 メールの確認が夜遅くになってしまったときは、次の日の午前中に返信してください。 件名には用件と氏名を入れる こちらから企業に初めてメールを送る際、件名には用件と氏名を入れましょう。 そうすれば、企業側は件名を見るだけでメールの内容や誰からの連絡であるかを把握できます。 企業からのメールに返信する場合、「Re:」や件名はそのままにして送るのが正解。 件名を変えずに返信することで、企業側は何のメールに対する返信なのかをすぐに確認できます。 企業とのメールのやりとりが続いて「Re:」が多くなったら、1、2個残してあとは消しても問題ありません。 本文は宛先、挨拶、内容、締めの言葉、署名 宛先の会社名は正式名称で書き、続けて部署名や氏名を記載します。 部署名や氏名が分からないときは、代わりに「採用ご担当者様」と書いてください。 本文は「お世話になっております」といった挨拶からはじめ、名乗ってから用件を伝えます。 最後に「お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます」などの一文を入れて署名を記載してください。 就活メールでの署名には、大学名・学部名・学科名・学年、氏名、電話番号、メールアドレスを記載します。 本文と署名が区別しやすくなるよう、「-」(ハイフン)などを使って線を入れるのがおすすめです。 そのほか、「見やすくなるだろうから」と文字を太くしたり色を変えたりするのも、ビジネスメールにはふさわしくありません。 本文を読みやすくしたいときは適度な改行を心がけ、文字の装飾はしないようにしてください。 面接日程のご連絡をいただきありがとうございました。 それでは、下記の日時に貴社に伺います。 当日は何卒よろしくお願い申し上げます。 jp 面接日程の連絡に対するお礼を述べたら、 確認の意味を込めて提示された日時を記載し、訪問できることを伝えましょう。 企業が指定した面接日程で参加できない場合 ここでは、企業から面接日程を指定され、その日に行くのが難しい場合のメールの例文をご紹介します。 面接日程のご連絡をいただき誠にありがとうございます。 誠に勝手ではございますが、下記の日程で調整していただくことは可能でしょうか。 何卒よろしくお願い申し上げます。 jp 日程調整をお願いする際は、候補日を複数記載するようにしてください。 誠に勝手なお願いで恐縮ですが、下記の日程で再度調整していただくことは可能でしょうか。 何卒よろしくお願い申し上げます。 jp すでに決まっている面接日程を変更したいときは、 複数の候補日を記載するとともに、必ずお詫びの言葉を入れるようにしてください。 面接当日にキャンセルしたい場合 体調不良などの理由から、やむを得ず面接当日にキャンセルしたいと思うことがあるかもしれません。 その場合、 企業には電話で連絡するのが基本です。 「当日のキャンセルだし、電話で話すのは気まずい…」と思ったとしても、 採用担当者は面接を考慮してスケジュールを組んでいるので、負担を減らすためにも確実に伝わる電話で連絡してください。 電話をした際に採用担当者につながらなかった場合は、都合が悪くなった旨を伝言してもらい、その上で日程変更の依頼メールを送ります。 メールの内容は前項の「決定した面接日を変更したい場合」と同様ですが、「先ほどお電話しましたが、ご不在とのことでしたのでメールにてご連絡させていただいています。 」と断りを入れてから用件を伝えるとよいでしょう。 「就活のマナーに不安がある」「アドバイスをもらいながら就活を進めたい」という方は、キャリアチケットにご相談ください。 キャリアチケットは、新卒者の方を対象に就活支援を行う就職エージェントです。 当サービスでは、就活アドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、あなたに合うお仕事をご紹介。 面接日程の調整は就活アドバイザーが代行するほか、応募先企業の具体的な業務内容や社風を事前に知れるので、安心して就活を進めることができます。 書類選考なし、1次選考免除といった特別フローも用意しているため、ぜひご相談ください。

次の

就活の日程調整メールに返信する際のマナーとは?文面で好印象を狙おう

就活 日程調整メール

書類選考を通過し、いざ面接となった場合、面接の日程調整はどうしたらよいの?応募先企業から面接日程を打診するメールが来たけど、どう返信すればよい?と、迷う方も多いのではないでしょうか。 ここでは、面接の日程調整メールのポイントと、例文を交えて書き方や返信方法について、わかりやすく解説していきます。 面接の日程調整のメールの返信は、早めに返信 面接では複数の候補者がいることも多く、日程調整に時間がかかるとその間に他の応募者に内定が出てしまう、といったケースもあります。 また、在職中などで、やっと現職との調整がついたとしても、調整した日程がすでに埋まっている可能性もあります。 そのため、応募先企業の採用担当者から日程調整のメールを受け取ったら、自身の調整がつく範囲で、できる限り早めに対応するようにしましょう。 応募企業の日程調整に、すぐに回答できない場合は、「大変申し訳ございません。 希望の日程を自分で決められる場合は、複数候補を設定 応募先企業から面接の候補日の指定がなく、応募者が設定する場合は、可能な限り多くの候補日を設定することをおすすめします。 応募企業の採用担当者は、通常の業務を行いながら面接の時間を調整しています。 このような採用担当者の状況を考慮し、応募者側から面接希望日を伝える場合はできる限り多い日程を設定しましょう。 同じ日でも、違う時間帯(例えば、10時~11時と17時~18時など)がある場合は、その旨を伝えたほうが親切です。 提示された日程で調整できない場合は、希望日を打診 応募先企業から面接の候補日を調整されたけれど、どうしてもその日は時間の調整ができない…という場合も考えられます。 その場合は、調整できず申し訳ないという気持ちを表した上で、応募先企業から提示された日とできる限り近い日程、あるいは最短の日程を提示し、改めて調整をお願いしましょう。 この際、採用担当者に理解してもらえるよう、「諸事情により」などのあいまいな理由ではなく、調整できなかったやむを得ない理由を簡単に添えておくとよいでしょう。 日程調整のメールの例文 日程調整のメールの例文を紹介します。 ここでは、「自分から面接候補日を提示する場合」 「企業から候補日をもらって返信する場合」「調整済の日程を変更したい場合」の例文を記載しています。 ぜひ参考にしてください。 面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。 希望日程を下記に記載いたします。 日程のご調整の程、何卒よろしくお願いいたします。 ご確認・ご検討いただけますと幸いです。 ご多忙の折、大変恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 例えば、「13時~16時」とした場合、16時は面接の開始時間なのか、面接の終了希望時間なのかが分かりにくいからです。 また、「13時~」とする場合、「13時からが希望なのか」「13時以降であれば、いつでもよいのか」が分かりにくいため、状況を加えておくほうが親切です。 この度は面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。 ご指定の書類を持参の上、下記日時におうかがいさせていただきます。 貴重なお時間を頂戴することとなりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 面接担当者も選びやすくするためです。 採用担当者との認識のずれがないようにするためです。 この度は、面接日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。 たいへん恐縮なのですが、ご提示いただきました日程では出張の予定が入っており、 貴社におうかがいすることが難しい状況です。 私の都合でたいへん恐縮です。 以下の日程であれば、おうかがいすることが可能です。 この際、できる限り最短の日程を複数提示することをおすすめします。 これにより、採用担当者側に面接希望の意欲を伝えることができるでしょう。 日程調整でお手数をお掛けしたにも関わらず、たいへん申し訳ございません。 誠に勝手なお願いで恐縮なのですが、可能であれば、以下の日程で再度ご調整を検討いただけませんでしょうか。 この際、できる限り最短の日程を複数提示することをおすすめします。 これにより、採用担当者側に面接希望の意欲を伝えることができるでしょう。 面接をキャンセルしたい場合 選考の過程で入社意欲が下がってしまった、並行して受けていた別の企業に採用が決まったなどの理由から面接を辞退したい。 または、体調を崩した、怪我をした、身内に不幸があったといった事情で、設定されている面接日程をキャンセルせざるを得ない場合については、下記の記事を参考にしてください。 メール連絡の気を付けたいマナー 在職中の場合、会社のメールは使用しない 応募先企業の営業時間内にメールを送信しようと、現職の社用メールから送信することは避けましょう。 メールを送信する際は、プライベートで使用しているメールを使用するのが無難です。 自分からメールを作成する場合、件名はわかりやすく。 メールを開かなくても、要件・誰からのメールかが分かるように 採用担当者の業務内容によっては、日々、多数のメールを処理している可能性があります。 また、採用の時期は通常の業務のメールに加え、他の応募者からのメールも受信・送信していることが考えられます。 場合によっては、メールを見逃してしまうかもしれません。 こうした状況を考慮し、件名は、わかりやすくシンプルにし、自分の名前を入れましょう。 「面接日程のご調整につきまして(陸栄治)」といったようにし、メールを確認しなくても内容がわかるように工夫することをおすすめします。 また、採用担当者からのメールに返信する際は、件名を変えず返信し、「Re:」は付けたままにしておくことをおすすめします。 件名を変えると、どんな用件でのメールのやりとりかが分からなくなってしまうからです。 同じ用件でのメール連絡が増え、「Re:」が続いてしまった場合も一目で件名が分からなくなってしまうため、「Re:」を1~2つ残し、件名は削除・変更しないようにするとよいでしょう。 返信するメールは本文を残す メールを返信する際、本文は削除せず、そのまま残しておくことをおすすめします。 採用担当者も自分も、どのような連絡をしていたのかが1通のメールで確認できるようにするためです。 宛名は、会社名+部署+フルネームの順に正式名称で メールの宛名は、会社名・部署・フルネームを記載しましょう。 ていねいな印象を与えるため、会社名の法人格や部署名を略したり、名前を苗字のみにするのは避けましょう。 会社名や部署名が長くとも、2行以内におさめるのが一般的です。 メールにはお礼の文面を入れる 応募先企業の採用担当者にメールを送信する際は、好印象を持ってもらえるよう、お礼の文面を入れましょう。 「面接の日程調整ありがとうございます」「ご返信いただき、誠にありがとうございます」と言った文面を加えることをおすすめします。 こうすることで人柄や、ビジネスマナーがある人だ、というアピールにもなるでしょう。 署名を忘れずに入れよう 応募先企業にメールを送る際には、署名を入れることをおすすめします。 署名がないと誰からのメールかが分からず、採用担当者を困らせてしまう可能性もあるからです。 また、署名があることで「メールの内容はここで終了」という意味にもなります。 署名には、名前、メールアドレス、携帯電話番号を記載し、間違いがないか念入りにチェックしましょう。 署名に使用する罫線などは、ビジネスシーンに合うシンプルなものをおすすめします。 あまりにも装飾が多く派手な罫線は、ビジネス向きでありません。 また、入れ忘れがないよう、メールソフトで自動挿入にしておくことをおすすめします。

次の

【例文付き】面接日程調整のメール返信マナー

就活 日程調整メール

就活の面接をしていると、面接の日程をメールで返信して調整することになりますよね。 そんな時、どうやってメールを返信すればいいかわからず、悩んでいませんか? でも、大丈夫。 そんな就活生のために、わかりやすい例文をもとに、面接の日程連絡メールへの返信法を徹底的に解説いたします! 面接の日程連絡への返信方法には以下の三つのパターンがあります。 三つに分けて解説していきます。 企業の指定してきた面接日程に参加できる場合• 企業の指定してきた面接日程に参加できない場合• こちらが面接日程の候補をあげる場合 自分の該当するケースの例文を参考に、メールマナーを押さえたメールを書きましょう。 まずは最低限のマナーをおさえよう メールで基本的マナーが守られていなければ、受取り手に与える印象が悪ってしまう恐れがあります。 面接前であれば特に、今後の面接や選考にも少なからず影響しかねません。 面接は筆記試験と違い、人対人で行われるものですから初めから良い印象を持っている場合とそうでない場合には大きく差がでるのではないでしょうか。 ビジネスメールについてのマナーは意外と多くあるのです。 当たり前のようでうっかり忘れがちな最低限のマナーを今一度確認し、適切な返信メールが作成できているかどうか見直しましょう。 24時間以内返信を徹底 メールは受け取ってから24時間以内に返信することを徹底しましょう。 企業側もあなたの返事を元に日程を調整してくださるのですから、素早い返信が望ましいです。 メールは電話と違って後で返信するということもできますが、返信が遅ければ意欲がないように感じられてしまうでしょう。 スピードだけを重視し中身がないメールでは本末転倒ですが、受け取り次第検討し、迅速な返信をしましょう。 補足すると、メールは24時間365日送信できますが、企業の営業時間内に返信することもマナーとして一般的になっています。 内容を簡潔に 返信メールの内容は簡潔明瞭に、誰が見てもわかるように記載しましょう。 企業側はたくさんのメールを見ていることが予想されますから、「誰」が、「どのような要件」で送ってきたのかが分かりやすいように書くほうが相手にとってもいいですよね。 また、誤字脱字はもちろんのこと略語や婉曲しすぎた表現を使用していないでしょうか。 逆の立場に立って考えてみると、一日に何十通、何百通のメールを読まなければならない状況で内容が分かりにくいメールを見ると面倒ではないでしょうか。 送信する前にもう一度読み直して、内容を再度確認してみると良いでしょう。 相手の名前や会社名は正しく書く 相手の名前や会社名を正しく書くことは最も重要だと言っても過言ではありません。 相手の情報を名前を間違えたり省略することは大変失礼にあたります。 企業と応募者という関係でなくても名前を間違えられると嫌な気分になることは容易に予想できます。 具体例を挙げると、「株式会社」を「(株)」と記載することも省略となり失礼にあたります。 企業から送られてきたメールに「(株)」と記載があった場合でも返信する場合は略さず「株式会社」と記載します。 応募させて頂く側として、相手の情報は省略せず正しく記入するようにしましょう。 メール文頭には挨拶をいれる メールの内容を簡潔に書くことが重要だと上で述べましたが、ビジネスマナーとして冒頭部分に挨拶をいれる事も忘れてはいけません。 基本的に初回は「お世話になります。 」、二度目以降は「お世話になっております。 」と書くことが一般的のようです。 実際に会って話をする際も、突然用件から話し出す人は中々いませんし失礼になりかねません。 必ず用件の前に何かしらの挨拶はしているはずです。 いくら内容が分かりやすくても、一文挨拶があるかないかでは印象も変わってきます。 あくまでもマナーとして記載する為長く書く必要はありませんが冒頭に一言挨拶を入れるようにしましょう。 あなたの面接力は何点? 面接で話せないという人は、面接を乗り越えられるスキルがあるかどうかを試してみましょう。 今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。 質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。 結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。 無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。 設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。 これは、私がテストした時の診断結果です。 この通り、かなり詳しく教えてくれます。 偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。 OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。 AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

次の