足 裏 ほくろ 意味。 足の裏にあるほくろから占う7つの運勢

【ほくろ占い】手足の指にある意味は?親指/人指し指/中指/薬指/小指

足 裏 ほくろ 意味

足の裏にほくろができるとびっくりしますよね。 ほくろができるとガンの証拠だと言われたり、ほくろを刺激するとガンになるなど、ほくろには健康にまつわる怖い噂がたくさん言われているため、足の裏にほくろができると珍しさのあまり、何か病気なのではないかと思うものです。 しかし、ほくろは、紫外線によって反応したメラニン色素が多く含まれる細胞が集合することによってできるものですから、一概にガンや病気だとは言えません。 一方、足の裏のほくろは、ほくろ占いの中でも珍しいもので、自分の性格や運勢がわかるとも言われています。 そこで今回は、足の裏にほくろが示すその人の性格や特徴、そこからわかる運勢について占いの観点から7つのポイントとアドバイスをお伝えすると共に、足の裏にほくろができてしまう理由についても解説します。 足の裏にあるほくろから占う3つの基本性格 ではまずは、足の裏にあるほくろから運勢を読み取る「ほくろ占い」から。 場所は関係なく足の裏にほくろがある人はこんな基本性格があるという3つの傾向とアドバイスについてお話しします。 うまい儲け話に乗らない事 足の裏にほくろがある人の特徴として注意しなくてはいけないのが、がっつきすぎるところがある点です。 がつがつするのは、よいことです。 仕事や勉強に対して貪欲に取り組む姿勢は自分を成長させます。 しかし、あまりにがっつきすぎて、あやしげな儲け話やハイリスクな話に乗ってしまいやすいところもあります。 ですから、儲け話には注意をしなくてはいけません。 猪突猛進は危険です 足の裏にほくろがある人は、何かに集中をしていると他のことが見えなくなることがあります。 いわゆる、猪突猛進タイプなのです。 猪突猛進タイプの人は、正しい方向に進んでいる時にはよいのですが、誤った方向に進んでしまうと途中でとまることができなくなってしまいます。 一つのことに目が向くと他のことが見えなくなることが多いと感じる人は、常に冷静であることを意識するようにしましょう。 ポジティブ思考を活かしましょう ここまで見ると、足の裏にほくろがある人は、よく考えずに行動に起こしてしまう軽率な人なのではないかと思われるかもしれませんが、よい面ももちろんあります。 足の裏にほくろがある人は、とにかくポジティブ思考なのです。 ポジティブ思考であるがゆえに、ちょっとやそっとのことでは簡単にへこたれません。 それゆえ、失敗しても前向きに考えることができるのです。 しかし、失敗を反省せずに前を向くのはよくありませんので、失敗をしたらしっかりと反省してから前を向くようにしましょう。 足の裏のほくろの位置から占う4つの運勢 では次に足の裏のほくろの位置からみる、その人の性格や運勢の傾向についてお話しします。 足の裏のつま先のほくろは失言に注意しましょう 足の裏にほくろがある人は、行動力があると言いましたが、それと同じように 発言力もあります。 特に足の裏のつま先にほくろがある人は、例えば会議の場などで、自分が思いついたことに自信をもって即座に発言をしたり、友達との会話で自分の意見をすべて相手にズバズバと言ってしまうこともあります。 そのため、たまに失言をしてしまうことも多々発生するでしょう。 言葉は発したあとで後悔をしても消すことができません。 訂正をしたとしても相手の記憶には残ってしまいます。 失言で失敗することが多いという人は、ものの言い方に細心の注意を払いましょう。 足の裏の指の付け根辺りのほくろは判断ミスに注意しましょう 足の裏の指の付け根辺りにほくろがある人には、特に行動力があると言われており、思い立ったらすぐに行動に起こすという特徴があるのです。 そのため、リーダーシップを取ることが多いですが、行動力があるばかりに、周囲の人達を置き去りにして自分だけがどんどん前進してしまうこともあります。 また、行動力がありすぎるばかりに、判断を誤ることもあります。 そのため、足の裏にほくろがある人は、行動を起こす前によく考えるというクセをつけましょう。 足の裏のかかとのほくろはインドアには不向きです 足の裏にほくろがある人の中でも、特にかかとにほくろがある人は、健康面において元気という特徴があります。 あまり病気にかかることもなく、生涯を健康的に過ごすことができます。 一方で、性格的に明るく元気があるため、インドアなことには不向きです。 1日中座席に座ってパソコンに向かう仕事などではなく、外出して人と接するような仕事を選ぶようにしましょう。 足の裏の土踏まずのほくろは将来大物になるかもしれません 土踏まずにはほくろができにくいと言われていますが、稀にできることがあります。 土踏まずのほくろは、足の裏のほくろの中でもとくに珍しく、 ここにほくろができる人は、将来大物になるといわれています。 土踏まずにほくろができるということは、天下の上に立つという意味があるため、会社の社長になったり、政治家になるなど、多くの人の上に立つタイプの人が多いのです。 足の裏にほくろができてしまう4つの理由 ではここからは足の裏にほくろができてしまう理由についてもお話しします。 足の裏にほくろが出来ると心配になってしまう方も多いですよね。 しかしほくろとはそもそもメラニン色素が沈着してできたもの。 メラニン色素は紫外線を浴びることによって生成されますから、足の裏に頻繁に日光を浴びる方もそうそういらっしゃらないはずです。 ですが、なぜか足の裏にほくろが出来てしまう・・・そうすると、何か重篤な病気ではないかと心配になられる方も多いことでしょう。 とはいえ普段日に当たらない足の裏にいきなりほくろが出来ていたら驚かれるのも無理はありません。 ですので足の裏にほくろができる理由には以下のものがある事を知っておいてください。 靴などの刺激 日常生活に欠かせない行動のひとつが「歩行」ですよね。 日頃から在宅でお仕事をされている方や育児や家事をしている専業主婦の方、オフィスワークで座りっぱなしの方も人間である以上歩かない日はないと言えるでしょう。 その歩行こそが足の裏への刺激になり、ほくろの原因になると言われています。 よく歩く方はもちろん、足のサイズに合っていない靴やヒールの高い靴などを日常的に使用し続けることによって足の裏への刺激が強くなり、結果として足の裏にほくろという形でできてしまうことは実はよくあることなのです。 日常的にご使用になる靴はきちんとご自分の足のサイズに見合ったものを、そして歩きやすいものを選んで不安を解消しましょう。 寝不足やストレス 足の裏のほくろといえども結局はほくろなわけですから、出来るメカニズムは他の位置にできるほくろと同じです。 つまり、 メラニン色素が上手く排出されていないがために沈着してしまう、それがたまたま足の裏のほくろだったというケースも珍しくはありません。 お肌のトラブルの原因になりがちな寝不足やストレスなどは、同じようにほくろのできる原因にもなりえます。 また、女性であれば妊娠や出産などでメラニン色素の排出が上手くコントロールできなくなったり、食生活の偏りや生理不順などでもメラニン色素の排出が不調になる可能性は十二分にあります。 足の裏は普段紫外線にさらされていないわけですから、どちらかというと寝不足やストレス、不摂生が原因の可能性が高いといえるでしょう。 規則正しい生活を送り、心身ともに健やかに過ごすことで足の裏のほくろの出現を抑えることは可能になります。 実は先天的にほくろがあった 生まれながらにして足の裏にほくろがある赤ちゃんも中にはいます。 赤ちゃんはお腹の中にいるので当然紫外線は浴びていませんよね。 ですが生まれつきほくろがある赤ちゃんは意外と多いものです。 顔や腕、足などに生まれつきほくろがある・・・なんて方も結構いらっしゃいますよね。 先述したようにほくろはメラニン色素が沈着が原因です。 ですから、刺激や不規則な生活、妊娠や出産などによってもともとあったメラニン色素が目に見えて沈着してきた可能性もあるのです。 生まれつき足の裏にほくろがあるのは、ほくろ占いによると非常に良いものとされています。 ですから、ある日突然足の裏にほくろが!と気づいても慌てず「これは吉兆かも?」と考えても良いでしょう。 余談ですが後天的に足の裏にほくろが出来た場合でも、ほくろ占いでは「吉」とされています。 特に土踏まずあたりにできたほくろは「二度と土を踏まない」=これから二度と失敗しないという意味になり、大器晩成型の方に多いほくろです。 足の裏のほくろも、決して悪いことばかりではないというわけですよね。 メラノーマ(皮膚がん)の可能性 さて、これまで「足の裏のほくろはほとんどの場合良性」と申し上げてきましたが、中にはやはり 皮膚がんである可能性もあります。 足の裏のほくろが皮膚がんである可能性は10万人に1人と言われており非常に低いですが、その1人に当てはまってしまう可能性は無きにしも非ずですよね。 足の裏のほくろが良性か悪性か見分けるのは、素人には非常に難しいです。 ですから、気になるのであればなるべく早急に皮膚科を受診されることをおすすめします。 日に日に大きくなっていったり出血を伴っているのであれば皮膚がんの可能性は非常に高いです。 また、皮膚がんであれば刺激を与えることは絶対にNG。 ですが足の裏は人間が生きていく上で刺激を与えざるを得ない部分ですよね。 ですから、少しでも「なんだかおかしい」と思うところがあればすぐに皮膚科を受診してください。 また、気にしないよう努めていても「やっぱり気になる」というのであればやはりお医者様に行かれることをおすすめします。 気になりだすと止まらないのが人間というもの。 足の裏のほくろが気になってストレスになってしまうくらいならキチンとお医者様に診ていただいて「大丈夫だよ」と太鼓判を押してもらい、肩の荷を下ろしてしまいましょう。 さて、足の裏のほくろはいろいろ気になってしまうかもしれませんが、足の裏のほくろを見ると、その人の運勢が見えてきます。 今回お伝えした通り、足の裏にほくろができる人は、行動力があるとか、積極的、ポジティブ、元気はつらつ、などとても力強い特徴が多い傾向にあります。 これは、力強く地面を踏む足の裏にほくろができるというところが由来になっています。 足の裏にほくろができると、珍しいあまりに心配になる人もいるかもしれませんが、自分の性格が行動力があるということを示しているので、ポジティブに捉えてよいのです。 一方で、行動力があるという性格にはリスクもあります。 自分の性格を十分に把握した上で、注意すべき点は常に意識をするということが大切です。 足の裏にほくろがある人は「冷静になること」、「客観性を持ったものの見方」を意識して身につけるようにしましょう。

次の

足の裏にあるほくろから占う7つの運勢

足 裏 ほくろ 意味

足の裏にできるほくろは、ほくろ占いでは「行動力がありすぎるが故にトラブルが起こる」ことを意味しています。 足の裏にほくろがある人は、発言力と同じく行動力にも優れており、全体的にアグレッシブな性格の人が多いようです。 そのため、普段はリーダーシップをとるタイプで周囲の人からも好かれる傾向にあります。 しかし、時にはそのリーダーシップが行き過ぎてしまい、周りを振り回したりミスリードしてしまったりする危険性をはらんでいます。 そんな時は自分だけの判断に頼らず、適度に周囲の意見を聞き入れようにしましょう。 このように、仲間とチームワークを大切にすることで、信頼の回復につながりますよ。 先述したように、足の裏にほくろがある人は輪の中心で指揮をとるタイプです。 そのため、周囲の人との関係も良好で、豊富な人脈に恵まれている人が多いようです。 将来的には、このような人脈と人のつながりによって、集団を取り仕切る重役を任されることになりそうです。 足の裏の中でも、特に土踏まずにほくろができた場合は、このような出世の意味合いが強くなります。 また職種に関しても、政治家や社長など、人の上に立ってリーダーシップをとる職業が多いようです。 足の裏をいくら清潔に保っていても、足の臭いが気になるという方は多いのではないでしょうか。 以下の記事では、重曹をはじめとする足の臭いを消す方法を6つ紹介しています。 足が臭くない女性は、清潔感に溢れ綺麗好きな印象を与えることができますよ。 足の裏のほくろは、「失言が多く誤解を招きやすい」性格を意味しています。 先程も述べましたが、基本的にはポジティブ思考であるため、物事の良い面ばかりを注視して、自分の考えだけで突っ走ってしまうことがあります。 自分では冗談のつもりでも、相手に冗談が通じないなど、知らぬ間に怒りを買っていることもあります。 本人には決して悪気はないのですが、自分の言動を理解してもらえない相手に遭遇した時は、関係が悪化しやすいので要注意です。 人によって好き嫌いがはっきり分かれる傾向にあるので、自分を好意的に思ってくれている人との関係を大切にすることが良い運勢を呼び寄せるカギとなります。 ファッションセンスが良い女性はとても魅力的ですが、靴のセンスは手を抜きがちになっていませんか?足元の細かい靴のセンスにまで気を遣えてこそ、本物のオシャレ上級者です。 以下の記事で紹介する靴のブランドを参考にして、自分好みのブランドを見つけてみましょう。 足の指の小指にできるほくろは、「気さくな性格だがマイペース」な性格を意味しています。 足の小指にのほくろは「軽薄ぼくろ」という異名を持つことで知られ、物事をあまり深く考えず直感的に行動するタイプの人に多いようです。 そのため、人からはマイペースな性格や空気が読めない人というレッテルを貼られ、俗に言う天然な人がこれに該当します。 このタイプの人は、奇抜な発言で場を和ませることもありますが、空気に疎い様子が人をイライラさせてしまうこともあります。 そのため、その人の運勢は周囲の人や環境により変動すると言えるでしょう。 これまで足の裏にできるほくろの意味を紹介してきましたが、手のひらにできるほくろにはまた別の意味があります。 こちらも、災難なトラブルを暗示していることが多いため、ぜひホクロ占いで意味を解釈してみましょう。 手のひらのほくろ占いについては、以下の記事を参考にしてみてください。 RELATED ARTICLE 足のほくろの意味を理解してトラブルを回避しよう 足の裏にほくろがある人は、基本的にポジティブで人から好かれやすい性格の持ち主です。 そのため、友達や人脈に恵まれ良好な人間関係を築ける人が多くいますが、人によっては八方美人やマイペースな性格に嫌悪感を抱かれてしまうことも。 一般に足の裏にほくろができた場合は、これから起こるトラブルを暗示する意味を持ちます。 発言力が高じて失言や口げんかを招いてしまったり、行動力が高じて周りの信頼を失ってしまったりする、災難への警告だと捉えるようにしましょう。 足の裏のほくろが持つこのような意味を解釈して、災難やトラブルを事前に回避できるようにしましょう。 このようなホクロ占いを上手に活用することで、豊かな人生を歩んでくださいね。

次の

足の裏のほくろで分かるあなたの性格や運勢ほくろ占い

足 裏 ほくろ 意味

足の裏のほくろは癌の可能性がある テレビやネットでそのようなことを聞いた・読んだ方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実際、私もなんとなくその情報を知っていて、足の裏のほくろを発見したときには「癌かもしれない…」と不安になりました。 なお、ここに書くことは素人の私の体験談なので、少しでも不安のある方は病院での診断をお勧めします。 きれいなものではないので…すみません。 足の裏のほくろは悪性腫瘍の可能性がある!? 足の裏にほくろを発見!! 数年前、足の裏にほくろを見つけました。 形がいびつだったので「汚れかな?」と思ってごしごし洗ってみましたが落ちませんでした。 しかし最近、一度しっかりと調べておこうと思い、皮膚科医やほくろを切除した方のブログなどをいくつか読みました。 皮膚科医の方や信頼できそうなサイトの情報でも、微妙に書かれていることが異なり、一概には言えないのですが…• メラノーマという悪性腫瘍が存在する• 日本人は足裏にメラノーマができることが多く、それがほくろに似ている• 生まれつきのものはほとんど心配ない ということがなんとなくわかりました。 また「切除して病理検査をしてみないと正確に判断できない」「ほくろがメラノーマに変化することもあるから切った方がいい」と言われ、切除手術を受けている方もいるようでした。 なお「ほくろがメラノーマに変化することもある」というのは、お医者さんによって意見は分かれているようです。 わかりやすかった皮膚科医の方のサイト ただのほくろか、メラノーマの可能性があるか、まずは自分で判断してみる 自分でもできる簡単な見分け方がある ほくろか、メラノーマの可能性があるか、見分ける基準があるようなので、まずはその情報から自分のほくろをまじまじと観察してみました。 こちらのサイトの見分け方で見ていきましょう。 特徴1 色に濃淡があり、形がいびつなもの 特徴2 直径が6mm以上のもの 特徴3 気づかないうちに出現したもの この3つの特徴のようです。 他にも見分け方はあるようですが、素人でも簡単にわかるのでまずはこの3つでチェックするといいと思います。 特徴1 色に濃淡があり、形がいびつなもの 濃淡は…どうでしょうか? ちょっとある気がします。 また、形はいびつですね。 特徴2 直径が6mm以上のもの 定規でほくろを測る日が来るとは…。 4~5mmといったところでした。 1~2mmなんて素人からすれば誤差のように感じてしまうので、不安はぬぐえません。 特徴3 気づかないうちに出現したもの これは当てはまります。 数年前に発見したので、大人になってからできたものですね。 ということで、特徴1・3が当てはまっています。 これは病院に行った方がいいだろうと判断しました。 病院で足の裏のほくろを診てもらうことにした 病院に行くまでにやったこと 足の裏のほくろを切除した方、診察を受けた方のブログを漁りました。 切除した方で共通していたのは 麻酔がめちゃくちゃ痛い ということ…。 それを考えただけで病院に行きたくなくなりました。 また、数日~1・2週間は歩くのが大変なようです。 仕事や日常生活に支障が出そうですね。 多くの方が切除を勧められていて、私もたぶん取ることになるんだろうな~と思っていたので、麻酔のことが頭を離れませんでした。 が、退職を控えていたので、この時期に診察して退職直後に手術というのが一番いいんだろうな…と考え、えいやっ!と病院に行きました。 (くろの夏のバカ騒ぎ(ライブ)までには歩けるようにしておきたいという思いも…) 病院での診察と結果 診断結果はすぐに出た 近所の皮膚科に行きました。 この際なので、他のほくろも見てもらおうと思い、受付の際に伝えました。 物心ついた時にはあったので問題ないと思うのですが、腰のあたりに相当大きな色素沈着とほくろが複数かたまってあるので、ついでに、と。 そこは女性のお医者様もいるようで、診察室に呼ばれる前に「腰の部分もあるので、女性の医師の方がいいですか?」と聞かれましたが抵抗なかったので「どちらでも構いません」と早い方を希望しました。 こういう配慮もしてもらえるのは嬉しいですね。 お医者様に事情を説明すると、すぐに高級そうなルーペのような機械で足の裏のほくろをチェック。 これが噂のダーモスコピー!?(違うかもしれません) 数秒~十秒ほど見た後 「これはほくろですね」 と。 メラノーマではなかったようです。 「皮膚の溝にも色がついているので、ただのほくろです」と説明されました。 皮膚の溝?と思って帰宅後調べてみましたが、皮膚の溝・丘でもほくろか悪性腫瘍か判断できるようです。 手術は? 今後どうすればいい?? 後はこちらからの質問攻めでした。 これは私の場合なので、参考程度に…。 交通事故にあう可能性より低いですよ。 私:癌になるのを防ぐために切除する人も多いように感じるのですが…。 医:心配であれば取ります。 私:え、こちらで取れるんですか? 大きな病院で取るのかと…。 医:ここで取れますよ。 私:数日間歩けないとかあるんですか? 医:いえ、大丈夫ですよ、歩けますよ。 私:手術しない場合、今後どうすればいいですか? たまにほくろの様子を見て異変があったらまた来ればいいですか? 医:異変があった時にはもう遅いです。 私: … ということで「検討し、切除する場合にはまた来ます」ということになりました。 なお、2箇所のほくろを確認してもらいましたが、だったので費用は千円前後だったと思います。 最後に ほくろを切除するかどうかは先延ばしにしている状況ですが(麻酔が怖すぎる)、ただのほくろだったことがわかり不安がだいぶ減りました。 足の裏のほくろが不安な方は一度病院で診断してもらうことをお勧めします。 hapim.

次の