ウルフ ドック。 Hybridwolf ハイブリットウルフ

WOLF&DOG(ウルフ&ドック)の販売店 フリスピの公式通販サイト

ウルフ ドック

メニュー• <ウルフドッグ 犬、狼との違い > ウルフドッグは、オオカミと 犬の交雑です。 ですから、その交配の過程に よって、犬に近いウルフドッグ なのかオオカミに近いのか? が変わってきます。 このようにオオカミの血がどの くらい入っているかによって、 ほぼ犬、ハーフ、ほぼオオカミ という感じになります。 オオカミはイヌ科の中では、 *攻撃的 *用心深い 警戒心が強い *慎重 *高度な社会性 群れでの絆は強い *野生では人に慣れることはまずない などの特徴があります。 一方、犬は *人 飼い主 への依存度が高い *従順・温厚 *甘えん坊 などが一般的です。 これらの特徴が混ざり合わさった のがウルフドッグです。 そして、血の濃さによって、 どちらの特徴が勝るかで性格など も変わってきます。 外見上は、血の濃さにもよりますが オオカミに近い方が、 *頭部が大きい *頭から鼻先までが直線 *歯が強靭 *肉球が楕円形 *顎骨発達 *筋肉質 などの特徴が見られます。 youtube REPORT TRUE <ウルフドッグの性格や大きさ> 種類や血の濃さなどによっても 大きさにバラつきがありますが、 通常の犬の大型犬よりは大きく、 超大型犬の部類に入ります。 しつけや訓練がうまくできなけ れば犬のように飼育するのは とても難しいと言われています。 ただし、日本国内で販売される ウルフドッグは専門のブリーダー が作出していますので、なるべく 人にも慣れやすくなるよう血筋や 血統などは考慮されているようですが。 高いと 100万円近くする場合も あるようです また、海外からの輸入の場合には、 犬代の他、さまざまな手続きなど の費用もかかり、総額で、 500,000円~ は必要になるようです。 youtube Mitsuyo Satake <飼育許可について> オオカミは特定動物に指定されて いるため飼育するには所在地の 都道府県知事の許可を受けなければ いけません。 また、飼育設備に関する規定も あります。 *一定の基準を満たした 「おり型施設」などで飼養保管 *逸走を防止できる構造及び 強度を確保 *定期的な施設の点検を実施 *第三者の接触を防止する措置 *特定動物を飼養している旨の 標識を掲示 *マイクロチップ等による 個体識別措置 など。 ただ、ウルフドッグについては 亜種間ハイブリッドとされて いて、以前はこの規制の対象外 でした。 しかし、近年はウルフドッグの 危険性が叫ばれていることも あり、 『オオカミ』としての 扱いとする都道府県が多くなって きています。 ですから、 規制や飼育許可に ついては、お住まいの都道府県 によって異なるようです。 ただ、今後この規制は厳しくなって くると考えられ、 法律で特定動物 と定められる可能性もあります。 おそらく血の濃さによって規制 が定められるのではないかと 思うのですが。 そうなると、犬のように散歩 したり遊ばせたりなどは施設外 ではできないわけですから、 犬として飼育するといった普通の 楽しみは半減すると言えます。 また、広大な敷地で動物園並みの 施設が用意できればいいですが そうでないと満足に運動をさせて あげることもできなくなると 犬にとっても激しいストレスとなります。 飼いたいと思っても慎重に検討 する必要がある犬種です。

次の

永露 元稀

ウルフ ドック

犬とオオカミの交配から生まれるウルフドッグは、人間と長らく親しんできた犬とは異なるワイルドな魅力を持つことで知られるが、アメリカでとんでもなく巨大なウルフドッグの画像が話題を呼んでいる。 後ろの女性の2倍以上もありそうに見えるユキは12歳のウルフドッグ。 生後8カ月で保健所から救い出されて以来、動物保護施設で暮らしている。 オオカミの血が80%以上もあり、たくさんのファンから引っ張りだこのユキのエピソードをご紹介しよう。 【オオカミの血を濃く引くウルフドッグ】 ユキは、およそ10年前にフロリダ州のネイブルズにある慈善団体Shy Wolfに保護されたウルフドッグだ。 彼はハイイロオオカミ タイリクオオカミ 87. 6%、ジャーマンハスキー3. 9%とオオカミの血が最も濃く、外見もかなりそれに近い。 【巨大すぎるウルフドッグとして話題に】 現在たくさんのファンに愛されている彼は、その団体のスタッフであるブリトニー・アレンさんのシェア画像がきっかけで爆発的な人気を獲得した。 確かにでかい。 伝説のオオカミとかなの!? ブリトニーさんの2倍はありそうなユキの姿は多くのユーザーの目を奪い、ネットでは巨大なウルフドッグとして話題を呼んだ。 しかし実物のユキはこれほど巨体ではないため、一部のユーザーからフォトショ疑惑をかけられた。 角度とか位置とかでも見た目変わるからね….

次の

ウルフドッグの大きさや値段は?犬や狼との違いや飼育許可など!

ウルフ ドック

サーロスウルフドッグ 身体的特徴は掛け合わされた犬種によってやや異なる。 体高66cmから81cm。 体重45Kgから70Kg。 姿形が似たハスキーなどと比べると痩せて見えるが、体毛の密集度が高いために寒冷には強い。 耳は立ち耳で顔は細長く、とは他犬種と比べても特に優れる。 性格面では身体面よりも個体差が大きいとされる。 家畜を襲うオオカミのイメージから凶暴な犬種と見られがちであるが、飼い主がとして主導権を握っていれば無闇に人畜を襲うことはない。 野生味が強いために警戒心は強い反面、自然環境で生存しようとする本能から、仲間と認めた者とは極めて良好な信頼関係が築かれる。 その結びつきの強さは、として長い歴史をもつ他犬種よりはるかに強いとされる。 飼育 [ ] 高度な社会性をもち、リーダーと認めた者には従順であるが、人間のまたはとして特化改良されてきた他犬種と比べると、馴致は困難な部類に入る。 知能は非常に高いが独立性が強く、やとして熟練した者でなければ、完全にしつけることは容易ではない。 飼育に必要な面積は1頭当たり30m 2以上、理想的な運動量は1日2 - 3時間以上とされる。 また、跳躍力が非常に高く、個体によっては2 - 3m程度の柵を軽々と飛び越えるものもある。 飼育に当たっては充分な敷地面積と設備があること、飼育者自身が飼育に時間を割けることが最低条件となる。 以上のような理由から、国内での飼育頭数は非常に少ない。 また、交配が行われているカナダやでは、飼育環境の不備による脱走や飼い主が扱いかねて放逐するケースが少なくないことから、このような犬種を交配・飼育すること自体に対する批判もある。 日本では、2015年に4頭が管理者の女性を噛んで死亡に至らせたと考えられる事件も発生している。 脚注 [ ].

次の