携帯 から テレビ に 繋ぐ ケーブル。 AmazonプライムビデオをFireTVStick買わずにTVで見る方法まとめ

ノートパソコンをテレビに接続する方法: 11 ステップ (画像あり)

携帯 から テレビ に 繋ぐ ケーブル

iPhoneの画面をテレビに映し出すには、「有線(ケーブル)でつなぐ」方法と、「無線でつなぐ」方法の2つがあります。 有線は接続がラク。 対して無線は、ケーブルの長さなどに影響されないので、ゲームなど複数人で1台のスマホを使って遊ぶ際に便利ですよ。 有線(ケーブル)でつなぐ パソコンやレコーダー、ゲーム機などでも使われている、デジタル家電の映像と音声をデジタルテレビに送るためのケーブル「HDMIケーブル」を使って、iPhoneとテレビをつなげます。 ただ、iPhoneにはHDMIケーブルをつなげられる端子がありません。 そのため、専用アダプタ「Apple Lightning Digital AVアダプタ」を用いてHDMIケーブルと接続する必要があります。 接続してしまえば、細かな設定は一切必要なく、iPhoneとテレビをつなぐだけでテレビ画面にiPhoneの画面を表示できます。 iPhone +専用アダプタ+HDMIケーブル+テレビの順でつなげればOK 無線でつなぐ 「Apple TV」(8,856円/アップル)という専用の無線アダプタを経由させ、iPhoneとテレビを接続します。 まず「Apple TV」とテレビをHDMIケーブルで接続し、Wi-Fiにつなぎます。 次にiPhoneも同じWi-Fiにつなげ、画面の下部を上にスワイプ。 すると「コントロールセンター」が出るので「AirPlay」をタップし、「ミラーリング」をオンにしましょう。 これでiPhoneの画面をテレビに映すことができるようになります。 ちなみに「Apple TV」は単体でも利用できます。 iTunesで販売されている映画やミュージックビデオを購入・視聴したり、「Netflix」「バンダイチャンネル」などの動画配信サービスの視聴もできますよ。 Androidの場合 Android スマホも、接続がラクな「有線(ケーブル)でつなぐ」方法と、ケーブルがわずらわしくない「無線でつなぐ」方法、2つのやり方でスマホの画面をテレビに映し出すことができます。 有線(ケーブル)でつなぐ 「HDMIケーブル」を使います。 スマホ本体にHDMI端子がある機種は、直接HDMIケーブルでテレビと接続できます。 HDMI端子がない機種は、専用アダプタを用いて、スマホのMicro USB端子とテレビのHDMI端子を接続します。 専用アダプタは「MHL変換アダプタ」などの名称で、1,500円~3,000円程度で販売されています。 無線でつなぐ スマホとテレビ、双方が、「Miracast」(画面の情報を無線で通信するための規格)に対応している場合は、Wi-Fiでダイレクトに接続し、スマホの画面情報をテレビに転送することができます。 テレビが「Miracast」に対応していない場合は、「Wireless Display Adapter」(7,538円/マイクロソフト)、「Miracastレシーバー LDT-MRC02」(オープン価格/エレコム)など、様々なメーカーから販売されている「Miracasアダプタ」を用います。 (スマホは「Miracast」に対応している必要があります) MiracasアダプタとテレビをHDMIケーブルで接続し、Wi-Fiでアダプタとスマホを接続すればOK。 ケーブルでつないだときと同じように、スマホの画面をテレビに映し出すことができます。 大画面ならではの鮮明さと迫力で楽しめる 写真を大画面で楽しむ テレビに接続したら、さっそく写真や動画を見てみましょう。 スマホのアルバムアプリから写真を選択すると、テレビにも表示されます。 最近のスマホカメラは4K撮影に対応していたりと、画質がとてもいいので、テレビ画面に映しても画質が荒くなることはほとんどありません。 むしろスマホで見るより鮮明に見られるところが、大画面ならでは。 家族みんなで、スマホで撮った写真を振り返るのにぴったりです。 撮影動画はもちろん、映画やドラマも! 写真だけでなく、動画も再生できます。 自分で撮った動画はもちろん、「dTV」や「hulu」などの動画配信サービスの作品もテレビで見ることができます(別途申し込みが必要です。 映画やドラマは、スマホだと画面が小さくて疲れてしまうことがありますが、テレビなら問題なく楽しめますよね。 もちろんYouTubeの動画を見ることもできますよ。

次の

スマホとテレビを接続する簡単な方法!環境別のおすすめ接続方法はコレだ!【Android&iPhone】

携帯 から テレビ に 繋ぐ ケーブル

スマホの画面をテレビに映して見る方法 スマートフォンの画面をテレビに映して見るためには、 スマホとテレビをケーブルで接続すればOKです。 それだけでお使いのスマホ画面がテレビに映ります。 まず接続まえに以下の2つを確認してください。 テレビ、スマホに搭載されている映像出力方式は? 大雑把にわけて2種類。 「HDMI」か 「MHL」のどちらかだろうと思います。 ほかのこまかな方式はひとまずあまり気にしないでください。 この2つの方式にあわせることが一番簡単で安あがりなので、この方法で見ていきます。 またHDMIケーブルは高額なので、テレビと録画機(ビデオデッキ等)やテレビとゲーム機の接続で使われているケーブルを流用してもOKです(通常、録画機やゲーム機を購入するといっしょにHDMIケーブルが同梱されていたりします)。 テレビがMHL スマホもMHLならばMHLケーブルだけでOK。 ただしMHL対応のテレビは数が少ないので基本はHDMIだと考えてください。 iPhoneの場合は? iPhoneの場合、テレビの規格にかかわらず 「Lightning — Digital AVアダプタ」を用意すればOK。 いずれの場合も以上で完了です。 有線接続なので簡単に接続や設定が完了しますし、もっとも安あがりにできるマホ画面をテレビに映す方法です。 では…… スマホ画面をテレビ視聴する際の注意点は? スマホ画面のテレビ視聴は電力消費量の激しいため、充電しながらでなければほぼ不可能です。 そのため視聴時には、必ずMHLアダプタにスマホの充電用のコード(ACアダプタ)を接続する必要があります(充電用コードは純正のものでも100均のものでもOK)。 また給電しながら見たとしてもスマホの充電は緩やかに減っていきます。 これは故障ではなく、スマホ画面をテレビに映すということは、それだけ電力消費が激しいからです。 別途HDMIケーブルを用意しなければいけませんが対応機種が多いために人気のケーブルです。 使い方は以下の通り。 HDMIケーブルをテレビにつける 2. HDMIケーブルの先端とMHLアダプタを接続 3. MHLアダプタとスマホを接続 4. MHLアダプタにACアダプタを接続(ACアダプタはコンセントにさす) 価格は1500円くらい。 Amazonや楽天、ヤフーショッピングなどで購入できます。 ELECOM MHL変換ケーブル 1m ブラック MPA-MHLHD10BK こちらは別途HDMIケーブルを購入する必要ないパターン。 価格はやはりネットショッピングなどで1500円前後。 エレコム製ですので大きめの家電量販店でも販売されていることが多いです。 しかし、無線接続をするためには、それに対応したテレビである必要があるため、現行ではあまり一般的とはいえません。 まだ対応テレビが少ないのです。 そのため現時点では有線接続をオススメしています。 以上が、スマホ画面をテレビで見る方法でした。

次の

AmazonプライムビデオをFireTVStick買わずにTVで見る方法まとめ

携帯 から テレビ に 繋ぐ ケーブル

(1)Fire TV Stick (2)Fire TV Stick 4K (3)Fire TV Cube (4)Chromecast (5)Chromecast Ultra (6)スマートテレビ(対応モデルのみ) (7)ブルーレイレコーダー(対応モデルのみ) (8)ゲーム機(PlayStation R Vita TV) (9)U-NEXT TV (10)Nexus Player 例えば、あなたのテレビが、アプリ対応のスマートテレビであれば、もう別の機器を用意する必要はありません。 いずれもない場合は、Fire TV Stickを購入すれば最も安く環境を揃えられます。 このように、それぞれにメリットとデメリットがありますので、特長をみていきます。 (1)Fire TV Stick — Alexa対応音声認識リモコン付属 Amazonが販売するスティック型のデバイス。 テレビのHDMI端子に挿すだけで、U-NEXTがテレビで視聴できるようになります(WiFiは必要)。 本体はコンパクトで、設置も手軽。 家の中で持ち運んで、複数のテレビで使い回せます。 U-NEXTだけでなく、AmazonプライムビデオやHulu、Netflix、Youtubeなどの動画サービスもテレビで視聴できますよ。 また、他の機器と比較して最も価格が安いです。 手軽、安価なので、コスパがよく人気です。 ただし、操作の快適性では、次項で紹介するFire TV Stick 4Kの方が優秀です。 WiFi環境でしかインターネットにもつなげないデメリットも。 価格は約2,000円高くなりますが、最高の環境で楽しみたいならFire TV Stick 4Kの方がおすすめです。 テレビのHDMI端子にFire TV Stickを挿す。 電源をコンセントにつなぐ。 インターネットには、WiFi(無線)で接続。 必ずWiFi環境が必要です(次項で詳しく解説)。 また、Fire TV Stickよりもプロセッサがパワフルです。 そのため、サクサクと快適な操作性と滑らかな映像を楽しめます。 より多くの動画を楽しみたい方におすすめ。 ただし、高機能な分、価格が高いです。 それなりの環境で、普通に視聴できれば十分というのであれば、Fire TV Stickでいいと思います。 個人的には、4Kに対応しているので、長い目で見るとFire TV Stick 4Kの方が満足度は高いと思います。 テレビのHDMI端子に専用ケーブルでつなげる。 電源をコンセントにつなぐ。 インターネットには、WiFi(無線)もしくはLANケーブル(有線)で接続。 対応している機種は、Fire TV Stick 4K、Fire TV Stick (第2世代)、Amazon Fire TV (第3世代)です。 (3)Fire TV Cube — Alexa対応音声認識リモコン付属 Fire TV StickとAlexaがセットになったCube型のデバイス。 本体にAlexaがついていることで、話しかけるだけで、動画配信サービスや対応するテレビなどを音声で操作できます。 リモコンなしでも、ハンズフリーで音声操作できることに利点があります。 例えば「アレクサ、アクション映画を探して」と話しかければ動画を探してくれますし、「アレクサ、テレビの音を大きくして」と話しかければリモコン操作なしで音を大きくしてくれます。 また、スピーカー内蔵でテレビがついていなくても、天気予報やラジオをかけられます。 なお、テレビやサウンド機器を音声操作するには、対応機器でないといけません。 詳しくは、をご覧ください。 Fire TV Stickとしては、4K・HDRにも対応。 Fire TV Stick 4Kよりもプロセッサ性能が高く、Amazon Fire TVシリーズの中では、最も高性能です。 リモコンも付属しているので、前項で紹介したFire TV Stickと同じような操作もできます。 ただし、価格は約14,980円と高価。 ハンズフリーでのAlexa操作が不要な場合は、Fire TV Stick 4Kでも十分です。 Fire TV Cubeを全てのスピーカーから30cm~60cm離れた場所に置く。 Fire TV CubeとテレビをHDMIケーブルでつなげる。 電源をコンセントにつなぐ。 インターネットには、WiFi(無線)またはイーサネットアダプタ(有線)で接続。 別途、購入しましょう。 【販売終了】Fire TV 以前は、4Kに対応したAmazon Fire TVというモデルもありました。 しかし、で4Kを視聴できるようになったので、現在は販売されていません。 Chromecastをテレビに接続することで、WiFi経由でスマホやタブレット、パソコンの画面をテレビで映し出すことができます。 Chromecastは他の機器と違って、スマホがリモコンになります。 動画を検索したり、選択したりするのもスマホです。 それをテレビに投影しているような仕組みです。 スマホをリモコンにできるなら便利と感じる人は多いでしょう。 なお、安価でコンパクトななスティック型デバイスなので、先程紹介したFire TV Stickがライバル機になります。 テレビのHDMI端子Chromecastを挿す。 電源をコンセントにつなぐ。 インターネットには、WiFi(無線)で接続。 必ずWiFi環境が必要です(次項で詳しく解説)。 スマホでGoogle Home アプリをインストール 5. U-NEXTのアプリをインストールして視聴する (5)Chromecast Ultra 前述したChromecastの機能に加え、4K Ultra HDの映像をストリーミングできます。 4K画質をテレビで楽しみたい方はChromecast Ultraがいいでしょう。 ただし、価格は2倍ぐらい高くなります。 テレビが4KでもHDでも利用できるので、今後、4Kに買い替える予定があるのであれば、Chromecast Ultraを購入しておけばそのまま対応できます。 また、有線での接続が可能ですので、WiFi(無線)環境がなくても利用できます。 テレビのHDMI端子Chromecastを挿す。 電源をコンセントにつなぐ。 インターネットには、WiFi(無線)もしくはLANケーブル(有線)で接続。 スマホでGoogle Home アプリをインストール 5. U-NEXTのアプリをインストールして視聴する (6)スマートテレビ(対応モデルのみ) スマートテレビとは、インターネットの機能が備わっているテレビのことです。 U-NEXTのアプリを利用できる機種なら、別の機器は必要ありません。 機器の置き場をとらないので、配線などがごちゃごちゃせずに省スペースですみます。 テレビのリモコンで操作できるのもお手軽ですね。 ただし、スマートテレビの場合は、テレビ自体を買うことになるので高価です。 買い替えるタイミングであれば、一石二鳥です。 今のところ、シャープ(AQUOS)、パナソニック(VIERA)、ソニー(ブラビア)、東芝(レグザ)、HITACHI(WOOO)、LGの一部のテレビに対応しています。 対応しているテレビについては、各メーカーのサイトをご覧ください。 インターネットには、WiFi(無線)もしくはLANケーブル(有線)で接続。 テレビのアプリを起動。 U-NEXTのアプリで視聴。 リモコンで操作可能。 (7)ブルーレイレコーダー(対応モデルのみ) 対応のブルーレイレコーダーでも、U-NEXTを見れます。 現在はソニーのブラビア(一部の機器)に対応していますね。 ブルーレイレコーダーのリモコンで操作できるので、複数のリモコンを手元に置く必要がなく便利。 また、テレビの録画や番組表もブルーレイレコーダーを使っているので、別途、他の機器の電源を入れる手間も省けます。 対応しているブルーレーレコーダーについては、各メーカーのサイトをご覧ください。 ブルーレイレコーダーとテレビをHDMIケーブルで接続。 ブルーレイレコーダーとインターネット回線を接続。 WiFiか有線かは機種によって異なります。 ブルーレイレコーダー内のU-NEXTのアプリで視聴。 リモコンで操作可能。 (8)ゲーム機(PlayStation R Vita TV) PS VitaやPSP、プレイステーションのゲームアーカイブスなど、1,300本以上のゲームが遊べるデバイスです。 ゲーム以外にもU-NEXTやHuluなどの動画配信サービス、電子書籍、音楽、カラオケ、インターネット、ラジオ、写真などエンタメコンテンツがテレビで楽しめます。 また、有線での接続が可能ですので、WiFi(無線)環境がなくても利用できます。 価格が高いので動画配信サービスの視聴だけでよければ、他の機器の方が割安です。 あくまでゲームが主役のデバイスですね。 Vita TVとテレビをHDMIケーブルで接続。 インターネットには、WiFi(無線)もしくはLANケーブル(有線)で接続。 U-NEXTのアプリで視聴。 ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK)で操作可能。 (9)U-NEXT TV U-NEXTが販売する専用デバイスです。 U-NEXTの動画はもちろん、カラオケや音楽サービスにも対応しています。 また、有線での接続が可能ですので、WiFi(無線)環境がなくても利用できます。 ただし、それ以外にこれといった特徴がないんですよね。 対応しているのは、YouTubeとU-NEXTのみで、他の動画配信サービスには未対応。 それに価格も高いです。 動画の視聴だけであれば、ChromecastやFire TV Stickを購入した方がお得です。 (10)Nexus Player Nexus PlayerはGoogleが販売するAndroid TVを視聴するための機器。 前述したAir Stickと同じくテレビでU-NEXT、YouTubeをはじめとする動画配信サービスの視聴やゲーム、アプリを楽しめます。 ただし、あまり売れなかったためか現在は販売を終了しています。 購入できるとしたらオークションや在庫が残っている小売店、もしくは中古販売です。 しかし、今後もアップデートに期待できないと思うので、別の視聴機器を購入した方がいいかも。 インターネット回線 U-NEXTは、インターネットを利用した動画視聴サービスです。 そのため、必ずインターネット回線が必要です。 テレビで視聴するには、前項で紹介した機器のいずれかと、ご自宅のインターネット回線を接続する必要があります。 そのため、まず前提として自宅でインターネットの登録はしていますか?フレッツ光やeo光などのことです。 パソコンでインターネットをしているなら回線はOKですね。 インターネット回線がある場合は、以下、WiFi接続(無線)かLAN接続(有線)で接続しましょう。 WiFi接続(無線) WIFi(無線)ルーターを使用して、WiFi接続する方法です。 バッファローやNECのWiFiルーターを購入すれば、自宅で簡単にWiFi環境を構築できます。 我が家でも、NECのWiFiルーターでWiFi接続しています。 自宅をWiFi環境にしておけば、スマホやノートパソコンもWiFi接続できます。 配線がごちゃごちゃしないのも魅力。 どうしてもわからない人は、家電量販店で聞いたり、プロバイダに問い合わせるか、WiFiルーターを貸し出してくれるプランを利用しましょう。 無線のデメリットは、環境によっては速度が遅くなったり、画質が荒くなったりする可能性があること。 機器によってはLAN接続(有線)に対応していないので、その場合は、WiFI接続にするしかありません。 おすすめのWiFiルーター WiFiルーターの選び方は、よほど高度な環境を構築しない限りは「部屋の間取り」「通信規格」の2点に注意して、WiFiルーターを選んでおけば問題ありません。 WiFiルーターは、1LDK用、2LDK用、3LDK用、4LDK用など部屋の間取りによって、種類がわかれています。 これが、電波の届くおよその目安になります。 自宅の広さによって、合うものを購入しましょう。 より快適に使いたいなら、一つ上の間取りを購入しておくことをおすすめします。 また、WiFiルーターには、「11ac」「11n」などの通信規格があります。 何を購入すればわからないという場合は「11ac」のWiFiルーターを選んでおきましょう。 「11ac」の方が通信規格として新しく、古い規格にも対応しているので、使える機器が多くなります。 私はNECのWiFiルーターを使用しています。 友人にすすめられたのがきっかけです。 3LDKで家族3人で利用しています。 つながりにくいということもなく、動画もネットも快適で満足しています。 LAN接続(有線) LANケーブルでインターネットにつなぐ方法です。 接続したい機器にLANケーブルを挿すコネクタがついていれば、利用できます。 パソコンをインターネット接続する際におなじみの方法なので、わかりやすいのがメリットでしょう。 また、有線の方が速度や画質が、安定することもあります。 デメリットは、接続したい機器までLANケーブルを通さなければならないことです。 配線がごちゃごちゃするのと距離があれば届かない可能性もありますね。 それに、部屋毎のテレビでU-NEXTを見たいなら、その分LANケーブルを用意して接続しなければなりません。 しかし、料金も高く、手間がかかるんですよね。 持ち運びできるので、家の中でも外でもインターネットが楽しめます。 それに工事不要で、届いたらすぐに使えます。 乗り換えることで、月々のインターネット料金を安くすることもできますよ。 注意事項 テレビにHDMI端子はついてますか? 今回紹介した機器とテレビを接続するにはHDMI端子必要です。 つまり、テレビにHDMI端子が付いていない古いテレビであれば、接続できません。 テレビの裏側、または側面に「HDMI入力」と書かかれているのがHDMI端子です。 HDMIケーブルは別売りの場合が多い HDMIで接続するには、HDMIケーブルが必要です。 HDMIケーブルは本体とは別売りなっていることが多いので、付属品を確認しておきましょう。 別売りの場合、すぐに使いたい場合は、同時購入するのを忘れずに。 HDMIケーブルは、一般的なもので、約500円~1,000円程で購入できます。 購入の際は、ケーブルの長さに注意しておきましょう。 まとめ:U-NEXTをテレビで視聴する方法 自宅にU-NEXTのアプリに対応している機器があれば、すぐにでもテレビで視聴できます。 U-NEXTはテレビで視聴できる機器が多いことが素晴らしいですね。 これから購入予定であれば、Fire Stick TVかChromecastのいずれかであれば安く手に入ります。 U-NEXTを視聴するだけの目的であればどちらでもいいでしょう。 Amazonプライムビデオも視聴したいなら断然です。 もう少しパワフルさやコンテンツの充実を求めるのであれば、かを検討してみましょう。 ブルーレイレコーダーやスマートテレビは、持っている機器が対応していればラッキーですね。 ただし、動画視聴のために購入するなら動画視聴だけのためなら割高です。 このページで紹介したメリットとデメリットを元に、自分に合っているものを比較検討してみてください。 U-NEXTは、動画見放題に加え、70誌以上の雑誌が読み放題、新作をレンタルできる1,000ポイントがもらえるなど、サービス内容が充実した動画配信サービスです。 メリットとデメリットをまとめています。 現在の配信状況は公式サイトでご確認ください。 特集 簡単安い!自宅でWiFi特集 「自宅をWiFi環境にしたいけど難しそうでやりかたがわからない!」 インターネットは専門的な用語も多く、わかりにくさがあるかもしれません。 しかし、今はニーズが拡大しているため、簡単に設定できるサービスが多く、自宅をWiFi環境にすることは素人でもできます。 WiFi環境にすれば、パソコンだけでなく、テレビの大画面やスマホ、タブレット、ゲーム機でも動画を楽しめますよ。 以下ページでは、自宅をWiFi環境にする方法をわかりやすくまとめました。 すでにWiFi環境がある方も今のインターネット回線から別の方法に乗り換えることで、月額料金を安くすることもできます。

次の