タイ 入国 制限。 分からないと思いますが、

日本とタイの相互入国制限緩和について。タイのトラベルバブル構想続報。

タイ 入国 制限

この記事の目次• 7月に外国人の入国再開!! 5月29日の報道によると、新型コロナウイルス対策の制限緩和策として、タイ外務省が 7月から条件付きで、外国人の入国を認めると発表したようです。 この7月に関して、タイ政府により国際線旅客便の空港発着が6月30日まで禁止されていることが根拠ですが、実際に7月1日からタイ航空も国際線の運行を再開すると発表しています。 しかし、入国するためには厳しい条件があるため、一般の観光旅行者を広く受け入れる訳ではありません。 <関連記事はこちらからどうぞ> 7月入国のための条件とは!? 第一に、労働許可証(ワークパーミット)を所持している、もしくは労働省や他の政府機関からの許可を得た外国人に入国が認められます。 また、対象となる外国人は、自国のタイ大使館で入国の申請を行い、大使館が申請を受理するかを検討するようです。 また、10万ドル(約1,080万円)をカバーする医療保険と診断書が必要で、タイ入国後は14日間の隔離検疫の対象となります。 つまりビジネス利用で、出発前72時間以内に出された新型コロナウイルスに感染していないことを証明する が必要になるということです。 しかもワークパーミットを所持しているということは、一時帰国している外国人の再入国という形なので、新規でワークパーミットを発行する人は対象外だと思います。 よって、あとは国際線の運行再開次第かもしれません。 <関連記事はこちらからどうぞ> 観光旅行の解禁は10月が濃厚!? 一部の情報にもありますが、一般的な旅行が再開されるのは 10月ではないか!? という説が濃厚です。 あくまで予測なので、確定ではありません。 しかし、タイの旅行代理店の中には、10月発着の航空券や旅行商品の販売を始めているとの話を聞こえてきたので、現実味はあると思います。 よって、7月から条件付きで入国を再開、段階的に条件を解除し、10月頃には一般の観光旅行が解禁されると多数の有識者も考えているようです。 <関連記事はこちらからどうぞ> タイ旅行業界が7月から外国人旅行者の受け入れを政府に要請!! バンコクポストの報道では、未曾有の大打撃を受けているタイ観光業の現状から、タイ旅行業協会(ATTA)はタイ政府に対し、7月から外国人旅行者の受け入れを要請するようです。 健康証明書の提示と到着時に無料の検査を行うことで、14日間の隔離検疫なしで、タイ入国を可能にするように求めています。 また、早期に受け入れを行う国は、中国、韓国、香港、台湾、ベトナムで、新型コロナウイルスの感染拡大が収束しつつある国に限定されるでしょう。 そして、この要求は、6月1日、タイ旅行業協会会長がタイ観光再開、活性化のための条件を示した書簡として、プラユット首相らタイ政府に提出された模様です。 <関連記事はこちらからどうぞ> 日本政府が外国からの入国緩和!? 空港での水際対策として実施している入国拒否について、日本政府は、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの4か国と緩和にむけた交渉に入る方針を固めました。 条件面で折り合いがつけば、相互にビジネス関係者などの受け入れが再開されます。 再開時期は早ければ夏前と言われているので、7月頃の可能性が高いでしょう。 もちろん自国で受けたPCR検査で陰性が証明されているなど、一定の条件をクリアしたビジネス関係者と条件はありますが、これにより国際的な人の往来に兆しが見えてきました。 <関連記事はこちらからどうぞ> そうだ タイに行こう!! 評判が良く、安心して購入することができる で、お得に航空券を予約しましょう。 サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。 リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。 <人気の予約サイト Surprice! (サプライス)はこちらからどうぞ> アジアのホテル予約はアゴダに決まり!! ホテル予約は、圧倒的なシェアを誇るがおすすめです。 アジアのホテルでは掲載件数もダントツで、幅広い条件の宿泊施設を探すことができます。 また、掲載数の多さだけではなく、リーズナブルな料金やポイントシステムの充実も魅力でしょう。 加えて、最近では日本の宿泊予約でも強みを発揮すると評判の予約サイトです。 <アゴダ(agoda)お得なホテル予約はこちらからどうぞ> さいごに 初めはビジネス関係者の7月入国からスタート、その後段階的に規制が緩和され、本格的な再開は10月頃が濃厚ではないかと予測されています。 タイ旅行に行きたくてうずうずしている人も多いでしょう。 一時は年内は絶望との声も聞こえてきましたが、意外にも早期に再開される可能性を 期待したいと思います。 <関連記事はこちらからどうぞ>.

次の

タイ政府が外国人の入国制限緩和方針を発表、全3フェーズ

タイ 入国 制限

往来再開の第1弾はベトナムとなる見通しで、日本から6月下旬にもビジネス関係者が出国する。 他の3か国とも夏以降の再開を目指しており、対象の国・地域は順次拡大する。 安倍首相は18日の政府対策本部で「経済を回復軌道に乗せていく上では、国際的な人の往来を部分的、段階的に再開することも必要だ」と述べ、4か国と協議を進める考えを表明した。 日本は現在、4か国を含む111か国・地域からの外国人の入国を原則拒否している。 緩和策では、入国前にPCR検査で陰性を証明し、入国後14日間はアプリで位置情報を保存することを条件に、例外として入国を認めるとした。 対象は経営・管理者、技術者、技能実習生らに絞り、1日計200~250人程度の入国から開始する。 受け入れ空港は、成田、羽田、関西の3か所に当面は限定する方針だ。 現在は日本人を含めた入国者全員に対し、入国後14日間は自宅や宿泊施設での待機を要請しているが、14日間の移動先や接触予定者を明記した「活動計画書」を提出すれば、届け出た拠点に限って活動を認める。 公共交通機関は引き続き使わないように求める。 あわせて読みたい•

次の

分からないと思いますが、

タイ 入国 制限

過去14日以内にこれらの国へ渡航・滞在歴がある人は、医療機関で作成された新型コロナウイルス感染症の陰性を示す書類を提出する必要がある。 証明書は出発日の72時間前までに作成されたものが有効という。 これまでにタイ保健省やタイ国際航空は、危険感染症地域からの渡航者向けに健康証明書のフォーマットを提供している(文末の「メモ」参照)。 一方、タイの盤谷日本人商工会議所(JCC)は19日、日本国内では新型コロナウイルス感染症の陰性を証明する健康証明書を入手することが大変困難であるため、タイの入国がほぼ不可能となる懸念があると指摘。 その上で、在タイ日本大使館を通じて、タイ政府に運用の改善を求めていると説明した。 また、新型コロナウイルス感染症の治療で10万米ドル(約1,100万円)以上を補償する保険への加入も義務付けた。 いずれの書類を各地の空港で搭乗する際にチェックインカウンターで提示する必要がある。 もし書類がなければ、搭乗券は発券されないとしている。 CAATは、11カ国から帰国するタイ人についても、搭乗に適した体調であることを示す健康証明書と在外公館が発行する証明書の提示を求める。 各種の証明書がない場合は搭乗できないとしている。 新型コロナウイルス感染症への警戒が急激に高まる中、夜間に王宮周辺の消毒・清掃が開始された=タイ・バンコク(ネーション提供) タイ保健省はこれまでに、新型コロナウイルス感染症が、感染症法(2015年)の「危険感染症」に指定されたことを受け、中国、マカオ、香港、韓国、イタリア、イランの6カ国・地域を危険感染症地域に設定。 同感染症の陰性を示す健康証明書の提出を義務付けていたが、対象範囲を広げて実質的に入国制限を強化した。 入国の際には質問書類の「T8」を記入する必要があるほか、政府が入国後の14日間の動向を追跡するためのタイ空港公社(AOT)のアプリ「AOTエアポーツ」をダウンロードして情報を入力することが求められる。 <メモ> 各種資料のURL ・CAATの新型コロナウイルス感染症の対策ガイドライン<> ・同ガイドラインの概要版<> ・健康証明書のフォーマットサンプル タイ保健省提供<> タイ国際航空提供<> ・質問書類の「T8」<> ・AOTのアプリ「AOTエアポーツ」<>.

次の