ヨーロッパ突進。 日本人の“嫌いな国ランキング”が意外? それでも韓国では「周辺国はみんな日本が嫌いだ」と反応(S

有色人種、500年の悲劇 ・アフリカ 正しい日本の歴史

ヨーロッパ突進

北海道を除いた日本全国にイノシシは生息しています。 日本には、主に ニホンイノシシと リュウキュウイノシシの2種類がいるとされています。 山間部から、平野部まで広く生息していて、雑草が茂る森林や草原、水辺の近くを好みます。 日本以外では、元はアジア、ヨーロッパに生息していましたが、家畜としてアメリカ大陸やオーストラリアで放されたところ、自然に生息するようになりました。 本州~九州にまで生息しているニホンイノシシは、オスで最大170cm、190kgにも成長します。 沖縄や奄美大島などの南西諸島のみに生息するリュウキュウイノシシは、保護の重要性を示した環境省レッドリストに掲載されており、絶滅の危惧があるとされています。 ニホンイノシシに比べて、成長しても最大でも110cm、70kgと比較的小柄なタイプのイノシシです。 イノシシの嗅覚は犬並みに発達していて、とても警戒心が強い動物です。 キバはオスメスともにありますが、オスのほうが大きな牙を持っています。 イメージ通り突進力が強く、 時速45kmという人間を遥かに越える速度で走ることができます。 また、1mくらいの物なら助走なしに飛び越えるほどのジャンプ力もあるそうです。 犬掻きで泳ぐこともでき、30kmほどの距離を泳ぐことが可能なので、瀬戸内海では、島と島をイノシシが泳いで渡る姿も報告されています。 繁殖の時期は冬で、主に春に出産します。 子供のイノシシは「ウリ坊」と呼ばれ、体毛の縦に縞模様があります。 イノシシは雑食性で、木の実や芋類、木の根などの植物性のものを食べていることが多いです。 季節の変化に合わせて、ヘビやカエル、昆虫といった動物性のものを食べることもあります。 基本的には昼行性ですが、夜間に人里に下りてきて遭遇することがあり注意が必要です。 スポンサードリンク イノシシに出会わないためには イノシシに出会わないようにするには、どうすればいいか? 山間部や、イノシシの目撃情報がある地域を歩く際には、 ・荷物に鈴をつけて音が鳴るように したり、 ・大きな声で話すように しましょう。 イノシシは警戒心が強い動物なので、人間の存在に気づいたら逃げて行くはずです。 また最近は、農作物を目当てに畑に降りてくるイノシシも増えてきています。 農作業のため、短時間でも畑や草むらに入る際は、できれば1人では行かず、なるべく大きな音を出すことを心がけて下さい。 山間部を車で移動する際も、運悪く山から下りてきたイノシシと遭遇してぶつかってしまうと、普通車でも大破してしまうことがあります。 いきなりイノシシが飛び出しても対応できるように、車で山間部を移動するときは、なるべく徐行で走りましょう。 徐行で走っていれば、イノシシ以外の猿やシカとの遭遇にも対応できますからね。 もしイノシシに出会ったら? ウリ坊 山間部を歩いていて、急にイノシシに遭遇した場合。 まず、決して背中を見せて 走って逃げてはいけません。 背中を見せて走ると、イノシシは本能的に追いかける習性があるので、とてもキケンです。 恐ろしいとは思いますが、できるだけパニックにならずに落ち着いて下さい。 大きな声や音をだしたり、石を投げたり刺激を与えてはいけません。 イノシシの目を見ながらそっと後ずさりで距離をとりましょう。 もし、食べ物を持っていたら、食べ物を手放すようにしましょう。 イノシシが食べ物に気を取られている間に、逃げられるかもしれません。 またウリ坊と言われるような、小さい子供のイノシシは見た目はかわいいですが、近くに親のイノシシがいるので、要注意です。 小さいからと、油断して写真を撮ったりしていると、近くにいる親のイノシシが怒って襲ってくる可能性があります。 ウリ坊を見つけて、どんなにかわいくても近づかないようにしましょう。 ちなみに、もしもイノシシに出会って、 ・体毛を逆立てている ・牙を鳴らして音を出している ・脚で地面をガリガリしている ・落ち着きなく動き回っている ような動きをしていた時は、イノシシの 威嚇行動です。 上記の行動を確認したら、細心の注意を払って行動するようにしましょう。 スポンサードリンク イノシシが突進してきたら!? 走って逃げても、人間よりイノシシの方が早いので勝ち目はありません。 イノシシは木登りはできないので、もし近くに登れそうな手ごろな木や遮蔽物があれば登ってみましょう。 山道を歩く際には、登りやすそうな木がないか探しておくと安心です。 もし荷物の中にイノシシが食べそうな食料があった場合は、逃げる際そこに置いておけば、食べ物に夢中になり逃げられる可能性もあります。 動物用の催涙スプレーも販売されているので、どうしても不安な人は、山道を歩く前に購入して持ち歩くことをおすすめします。 まとめ イノシシは警戒心が強く臆病なので自ら人間を襲いませんが、いきなり至近距離で出会ったり、興奮状態のイノシシに遭遇した場合は注意が必要です。 大きな牙で攻撃されケガを負い失血死してしまう事故も起きています。 イノシシに出会った場合は、刺激を与えずにゆっくり後ずさりしながら逃げましょう。 もし、襲ってきた場合は、木や遮蔽物に登るのがいいでしょう。 最近は住宅地でもイノシシの目撃情報が増えているので、思いもよらない意外なところで遭遇することも増えてきました。 街中だからと安心せずに、もしもイノシシに遭っても大丈夫なように対処方法を知っておきましょう。

次の

豚肉の歴史

ヨーロッパ突進

ここでは、ヨーロッパ中世の統治構造の変動・解体と都市の成長、そして諸国家体系の形成史を軍事的側面からごく簡略に描き出すことが考察の主題である。 この考察の目的は、軍事技術や軍事組織、戦争の形態の変動をヨーロッパ全体の歴史的傾向のなかに位置づけてイメージするためである。 国家形成をめぐる軍事的要因については、このあとの各地での国家形成の考察でもっと立ち入って検討することになる。 1 封建騎士と領主制支配 マイケル・ハウワードによれば、中世ヨーロッパにおける軍事的・政治的支配階級の相互関係としての「封建制」は、軍事的必要を満たすものだったのと同様に、経済的必要にこたえるためのものでもあったという。 9世紀はじめには、ヨーロッパでは貨幣は稀になり、土地が唯一の富の源になった。 とはいっても、経済活動が停滞したというわけではない。 ゲルマン諸部族が森林や原野の開墾・開拓によって耕地をつくりだしていった。 人口も増加していた。 そのため、剰余生産物はあげて開墾や開拓、移住入植、新たな集落の形成のために投入・消費されたから、人口当たりの商品・貨幣流通の量は著しく小さくなったようだ。 ゆえに、土地支配を有効に組織することが、富の支配と政治権力の基礎となった。 つまり、定住した農民たちの農耕や開拓の安全を保証することが、統治と支配の条件となり、彼らから賦課としての剰余農産物あるいは賦役を取得する権利の基盤となったのだ。 今日から見れば、非常に平和的な征服であった。 軍事的優越は政治的支配につながった。 騎士の集団は、戦争や比較的まとまった区域の軍事的・政治的支配のために効果的に利用できる兵力だったから、騎士の指揮統率の権力を保有する者が最上級の統治階級となった。 カローリング王朝がフランク族の王国で安定した統治を築くうえで直面したさまざまな脅威のため、とりわけヴァイキングとマジャール人の脅威に備えるため、軍隊の機動性が重要になった。 その機動的な武力の担い手が騎乗した戦士つまり騎士 Ritter だった。 8世紀に騎乗姿勢を安定させる 鐙 あぶみがフランク族のあいだで一般化すると、その後、馬は運搬の機動性のためだけでなく、戦闘での機動性のために利用されるようになっていった。 騎乗した重武装の戦士が槍を下段に抱えて突進して、相手陣営を突き蹂躙することができた。 このように武装した騎兵は歩兵に対して圧倒的優位に立つことができた。 当時のヨーロッパでは、重装騎士の集団の突撃に対抗できる武力は容易に見つけることができなかった。 866年、フランク王シャルルは家臣たちの軍役への召集にあたって、騎馬での出仕を命じた。 軍務中に戦士が騎士として持続的に戦うためには、2頭以上の頑丈な馬と馬丁、装備(甲冑、かぶと、刀、槍、楯)を管理・運搬する補助員としての従士、偵察や援護に当たる軽装備の騎兵、護衛用の歩兵が必要だった。 というわけで、一騎の槍騎兵(重装騎士)はそれを支えるティームが必要だった。 重武装で騎乗・戦闘する能力・技術を修練することができ、高価な装備と人員の俸給をまかなうことができる富裕な専門的な戦士だけが、こうした軍事的能力を用意することができた。 戦士階級はガリアでは、こうした武力を背景に、ほぼ唯一の生産手段たる土地を支配することができた。 この階級がのちに領主身分となっていくことになった。 地方の統治を担う伯は、これまた家臣に所領を授封=分与した。 こうして上級の支配者が下級の支配者に土地支配権を認める法観念が成立した。 M.ハウワードによれば、軍事的専門化、土地保有権、忠誠義務という三重の関係が、中世の軍事的・政治的支配を支えていたという。 王や皇帝が重武装の騎士に辺境の軍事的防衛を担わせる制度は、中央アジアから古代ペルシア帝国(主要な武器は弓だった)に受け継がれ、さらに東ローマ帝国(ビザンツ)で採用されたものだという。 西ヨーロッパでは武器を弓から槍に換えて騎士制度を受け継いだようだ。 そのため地方や辺境に強力な軍事力を備えた戦士=騎士が配置されることになり、地方の軍事的分立をもたらすことになる。 そのため、ペルシア皇帝やビザンツ皇帝は、地方や辺境で分立割拠しがちな騎士領主たちを帝国レジームに従うように統制・掣肘するために難儀したという。

次の

豚肉の歴史

ヨーロッパ突進

興味深いアンケート調査がある。 日経リサーチが昨年10〜11月に1673人を対象に調査した、日本人の「各国・地域への友好意識」に関するアンケート結果だ。 同調査によれば、日本人が最も好きな国はオーストラリアとイギリス。 いずれも「好き」「どちらかといえば好き」という肯定的な評価が72%に達した。 3位はフランス(肯定71%)、4位はイタリア(肯定69%)で、アメリカは5位(肯定67%)だった。 そして意外な結果かもしれない。 日本人が嫌いな国トップ1〜3位は? というのも最近、両国間の葛藤が激しい韓国が嫌いな国の1位でも2位でもなかったからだ。 日本人が最も嫌いな国1位となったのは、北朝鮮だ。 「嫌い」または「どちらかといえば嫌い」と答えた人は82%にも上った。 アンケート結果を報じた『日本経済新聞』は、その理由を「北朝鮮は米国と非核化交渉の動きをみせるが、核・ミサイル開発の脅威は消えていない」と説明している。 北朝鮮に次いで否定的な評価が多かったのは、中国(否定76%)だ。 南シナ海や尖閣諸島などの外交問題が、否定的な印象につながった可能性が高いという。 そして嫌いな国3位となったのが、お隣・韓国である。 韓国に否定的な印象を持つ人は、61%。 北朝鮮や中国に比べれば大きく否定派が落ちており、4位のロシア(否定57%)とも僅差という結果になっている。 ただ嫌いな国5位のフィリピンへの否定的評価は21%しかないため、上位4カ国が圧倒的に嫌われていることが証明されたともいえるかもしれない。 年齢が高い人ほど、嫌韓傾向があるという結果だ。 韓国の反応は? 日本人が嫌う国3位という結果に、韓国はどんな反応を示したのか。 今回のアンケート調査については、韓国メディアでも「日本人が最も嫌う国は北朝鮮…韓国は3番目」(『朝鮮日報』)などと報じられているのだが、韓国ネットユーザーのコメントには以下のようなものがあった。 いずれにしても日本人が嫌いな国ランキングで1〜3位となった北朝鮮、中国、韓国。 今後も同じ傾向が続くのか、また上位のランキングに変動はあるのか、注目してみたい。 (文=S-KOREA編集部).

次の