新潟 大学 経済 科学 部。 学校推薦型選抜

新潟大学経済科学部の情報(偏差値・口コミなど)

新潟 大学 経済 科学 部

教育学部、人文学部、法学部も専門性を強化 新潟大学は13日、2020年4月に文系4学部を再編すると発表した。 教育学部、人文学部、法学部の専門性を強化するとともに、経済学部を改組して新たに「経済社会科学部(仮称)」を設置する。 4月26日、設置計画書を文部科学省に提出しており、6~8月に結果が分かるという。 もし計画通りに認可されれば、速やかに来春受験を控えた高校生などに告知していく。 経済学部は現在、「経済学科」と「経営学科」があるが、受験生には両学科の違いが分かりにくい。 だが、じっさいに入学して希望通りの学科でなかったとしても変更できないという。 そこで経済社会科学部では、1学科制にし、1年終了時に、「経済学プログラム」「経営学プログラム」のいずれかを選択できるようにする。 加えて、「学際日本学プログラム」「地域リーダープログラム」の2プログラムも新設。 経済社会科学部の学生は、上記の4プログラムの中から選択できるようになる。 留学先などでの外国人との会話の中から、日本人としてのアイデンティティを自覚し始める日本人は多い、としばしば指摘される。 そうしたなか、学際日本学プログラムでは、留学生と共に学び議論することで、ポップカルチャーを含む日本の文化や諸問題などについて理解を深めていってもらう。 地域リーダープログラムは、社会人学生とともに、地域の課題などを学び、考えていくことで、地域圏の中核を担う人材などを育成していく。 なお現在、経済学部には留学生が数名いるほか、短期留学生が20~30名いるが、今後、中国などの大学とダブルディグリープログラム協定を締結するなどして増やしていく方針だ。 社会人の学生については、夜間主コースを廃止するものの、これまで通り、朝から夜まで学べる体制を維持するほか、「まちなかキャンパス(仮)」などを設置して、働きながらも学びやすい環境を整えていく。 なお、まちなかキャンパスは、新潟駅前にある新潟大学の「駅南キャンパスときめいと」を活用するほか、古町での設置も検討していく。 一方、定数については、教育学部、人文学部、法学部で減となる一方、経済社会科学部は305名から350名へと増える。 4学部全体では20名の減となる。

次の

新潟大学が来春、「経済社会科学部(仮称)」設置へ

新潟 大学 経済 科学 部

経済科学部は、人文社会科学全体を視野に入れた経済学・経営学の学修の拡大・深化と、課題探究能力の育成により、急速に変化しつつある現代社会において、地域社会の着実な発展に貢献しうる人材を育成します。 これを実現する教育体系として、経済科学部は、従来型の経済学・経営学の2つの分野に加え、日本を含む東アジア地域を中心にグローバルな課題の解決に取り組む人材の育成を目指す「学際日本学プログラム」、地域の実際の課題の解決を多様なステークホルダーと協働しながら主導・実行できる人材の育成を目指す「地域リーダープログラム」の2プログラムを新設し、合計4つのプログラムを編成します。 本プログラムでは、経済学の多様な考え方を学び、我々が日々直面する経済問題を分析する能力を養います。 また、日本だけでなく、アジアやヨーロッパをはじめとしたグローバル経済の専門的知識も修得することができます。 経営学プログラム 私たちの生活は、企業の経済活動と密接に関係しています。 経営学プログラムでは、企業経営に関わるあらゆる現象を学問の分析対象としています。 企業の運営・管理についての理論的な学習だけでなく、企業の事例などを通じた実践的な学びから、企業の経済活動にかかわる諸問題について深く考え、的確な分析をし、課題解決を主体的に学ぶことができます。 学際日本学プログラム 学際日本学は、社会科学と人文科学の垣根を越えて、政治・経済から思想やアニメーションに至る、日本の社会と文化の幅広い問題を対象とします。 留学生との対話を積極的にカリキュラムに取り入れ、異なる境遇や価値観の人々との協働を通して、現代日本の課題を見つめなおし、積極的に情報発信する姿勢を身に付けることができます。 地域リーダープログラム 地域社会で活躍する人材には、経済学、企業経営、財政、法律、芸術などの幅広い知識だけでなく、地域の課題を把握し、自ら解決策を立てリーダーシップをもって実行できることが求められます。 本プログラムでは現代社会の現状を理解・分析し、ゼミや現役社会人との協働作業を通して、地域の経済・社会の諸課題解決を主体的に学ぶことができます。

次の

新潟大学が来春、「経済社会科学部(仮称)」設置へ

新潟 大学 経済 科学 部

こうした中、地方国立大学に求められるのは、国境や年齢の壁を越えて、学修できる環境を提供することです。 さまざまな人が学び、交流を深められる開かれた学修の場として、キャンパスに多様な人種、文化、価値観が行き交う、そんな新しい教育システムに再構築する必要があります。 2045年と予測されているシンギュラリティ(人工知能が人間の知能を超える転換点)を目前に、人間の内実を掘り下げる人文学、社会的存在としての人間のあり方を考える社会科学の必要性が高まっています。 合理的個人主義を前提としてきた経済学は、今や、多様化する嗜好や欲望にも向き合おうとしています。 グローバル化する市場経済を理解し、多様な視点から地域や国際社会の問題を考えられる人材が求められています。 新潟大学は2020年、経済科学部を新設します。 【キャンパス】五十嵐キャンパス 【大学院】現代社会文化研究科 人文社会科学の広い知識を持って社会の課題を解決できる人材をめざす 新設学部では、経済学・経営学を中心に人文社会科学の専門知識を身に付け、国際的な視野に立って地域再生など社会の課題を解決できる人材を育成します。 総合的な判断力や社会性を身に付けるために、経験豊かな社会人や異文化の留学生と共に学ぶ機会を充実。 幅広い分野で活躍できる指導者と、地方を支える中核人材の育成によって地域社会と国際社会に貢献します。 また、ゼミ形式で、現実の社会問題を根源的に考察したり解決策を模索することで、経済学の知識を常に現実の問題と結びつけ、幅広い視野を持って課題解決に取り組める能力を身に付けます。 また、ゼミ形式で、現実の社会問題について論理的に考察、解決していくことで、経営学や会計学、税法の知識を常に現実の問題と結びつけ、課題解決に取り組める能力を身に付けます。 グローバルな視点から日本をめぐる問題を理解するために、外国語の学修を重視します。 留学生をまじえたゼミで活発な議論を繰り返すことによって、粘り強い対話力と協働力、課題解決能力を身に付けます。 また、自ら思考、調査、論述する方法の修得を重視しながら、ゼミ形式で現代社会を深く分析したり、現役社会人とともに現代社会の課題を探究、解決していくことで、多様な人々と協働しながら課題解決に取り組める能力を身に付けます。 閉じる アドミッションポリシー.

次の